YouTubeをみながら過ごす
 先日からパソコンの性能を高めるため、購入元の組み立て業者さんへ自宅のPCを送り、預かってもらってます。
このため、自宅にはまともに動くパソコンがありません。骨董品のMacとゴミのようなノートパソコンだけ(笑)
「風が吹けば桶屋が儲かる」のたとえのようですが、自室にパソコンがないと、操作作業する間に「ながら」モードで観ていた、ビデオ録画のテレビ番組も観なくなります。
 今、なんとなく観ているのは、先日もここに書いたYouTubeの番組...というかビデオコンテンツ。若い人はあたりまえかもしれませんが、私には新鮮で飽きがこないコンテンツです。

 家の中で、Wifiを利用してiPadでYouTube動画を観るのも良し、テレビにもChromecastという、一時流行った転送アダプタのようなものをつけているので、これを使ってテレビで観るのも良し。

 
c0039413_14525335.jpg


 日常はパソコンのディスプレィで観ているとソースさせ対応していれば4Kで観ることができますが、さすがにiPadや転送だとハイビジョンどまり(家のテレビはどうせ4Kに対応していないし)。でも、iPadで寝転がって観るのは楽だし、43インチのプラズマ(死語)テレビで観ると、けっこう見映えしたり、細かいところがわかったりして動画を観る目も変わって面白い。

 なによりYouTubeが面白いのは、コンテンツが庶民の手作り、情報発信ということです。そして観たいことだけズバリと見せること。もちろん作りが拙い動画も多いし、やたらとうるさかったり、タイトル倒れで全く役に立たない情報も山ほどありますが、一般の放映テレビサービスにはない面白さがあります。
 放送局の取材がお店や市場に来たら、よそいきになるし、市場ならそこの理事長が説明したりして空気が伝わらない(笑 ごめんなさい)。
庶民感覚がそのまま空気で伝わるところ、意外性に楽しみがあります。


 

 これなんか、失礼ながら有名なYouTuberの方とは言えない人のビデオなんですけど、私にはとても面白かった。地元の人の視点があって、地の面白さが伝わってくる。
 素人くささが売りになるのは、プロの作るテレビ番組でもけっこうありますよね。「鶴瓶の家族に乾杯」とか「家、ついて行ってイイですか?」なんてそんな感じしますけど。

 それともう一つの面白さは、ビデオ撮っている人の意図とは違うのでしょうが、テーマとは違う、背景となる街の光景、土地の風景や通行人のファッション、食事の様子などが自然で、そこを中心に観ていても面白いこと。
 昔、NHKのBSでミラノやパリ、ロンドン等の通行人のファッションをずっとビデオカメラで追って、ファッション評論家がコメントしていくという番組がありました。面白かったけど、さすがに天下の国営放送がやることなので、海外といえど色々問題あったのか続きませんでしたが。そのノリですよね。たとえば次のビデオは、本来は先進的なビデオカメラで街撮りする方法を探る話なのですが、ビデオの後半、香港に暮らす日本のビジネスマンのランチ事情を伝えていて面白かったです。カメラにも興味はありますが(笑)




 もちろん、YouTubeの世界でも主流は、ビデオカメラで色々と効果的な撮影をして、多機能のソフトを使って編集し、美しい映像を作り上げそれをYouTubeの場で紹介するのが本筋で、素晴らしい映像コンテンツを楽しむことができるので、もちろんこれはこれで楽しみますが、私はそのあたりはNHKさんを始めとするプロの方の作るものに、先に目がいきます。

 YouTubeでは、もちろん海外のコンテンツもドッサリあるので、その国の言葉や、風景、街の様子などの情報も手に入れることができます。これから出張や観光で行くところの地名を現地語で入れれば、色々な光景にあえますし、外国語の勉強もできます。料理方法や家事のの効率的なこなし方、パソコンのソフトの使い方も学べますし、場合によっては、購入を迷っている商品の情報や、メンテの仕方についての情報もあるかもしれません。
 iPadで観ていると、画面の右左の端を指でダブルタップすると、少し巻き戻し、少し早送りで細かくコンテンツのチェックもできます。
43インチのテレビで観ていると、けっこうそんなことも面白いですね。もっとデカイ画面で見るとどうなんでしょうねえ。


# by ktokuri | 2019-01-18 14:29 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
阪神淡路大震災から24年 いつもの能書きです
 毎年ですが、この日が来ます。どうしてもこの時期になると、被災地真っ只中で暮らしていた、そして仕事も関係していただけに被災地で親交を温めた人たちとの再会、亡くなった方の家族の方との交わりが多くなります。震災に深く関係した人たちは、「黙して語らない」「関連報道は見たくない」という人と、饒舌に「熱く語る」「関連報道はすべて録画しチェック」という人とに分かれます。

 私はというと....歳を重ねるにつれて口が重くなりました。今、自宅のパソコンを改造修理に出していることもあり、筆も重いです。多くの大変なことがあり、密度濃い記憶はありますが、「私(たち)はこんなことをやった」「たいへんだった」と情緒交えて語るのはもういいですね。これからのために、防災のための準備・個人の用心、若い人の生き方につながるような形での記録・記憶の引き継ぎ、これは大事と思うのです。しかし、仕事柄、震災や地域・街の復興にはけっこう関わってきたからこそ、簡単に口にして、よく耳にするつまらない言葉にしてしまうのは抵抗感があります。そのときの無言で頑張った多くの人たちの存在・記憶が私たちを寡黙にさせてしまいます。


c0039413_13120357.jpg


 今までのことよりも、これからの神戸の街、阪神や淡路の地はどうなるのかがとても心配。古いものを忘れず、そして新しいものを観ていきたい、そんな想いでできるだけ外に出かけて、自分の目で見るようにしたいと思います。

# by ktokuri | 2019-01-16 13:24 | 想い | Trackback | Comments(0)
通勤ツールに意外と便利 コンパクトヘッドセットを使うことに
 最近、電車内でやっていること。

 通勤電車では、今まで同様に多くの人がやっているように、iPhoneでメールチェックやてRSSリーダーによりインターネット記事の斜め読みをするのがまず第一。

 しかし、それ以外に...
・以前同様に、他のことと並行して自宅に埋蔵しているCD&ハイレゾの音楽ソースをiPhone(以前はウオークマン)に入れて持出し、通勤時に聴く

・手のツボを押したり、マッサージしたり(笑)....
 「合谷」という両手の人差し指と親指との付け根を左右5分ずつ押す
  各指の爪(薬指は除く)の付け根(三日月状の白斑のところ)や爪先を揉む
 血圧の低減に良いとか、副交感神経の活性化?とか

・長時間の乗車のときにはiPadに入れた動画(映画等をAmazonプライムビデオや自宅ビデオレコーダーから取り出し)を見る

 手のマッサージでは満員電車の中で5分間の時間管理のため音を鳴らすiPhoneのタイマーアプリを利用。ビデオや音楽を鑑賞するのにも音声が必要。AirPodsが欲しくなるけど予算外なので、手元にあるJBL等のBluetoothイヤフォンを使っておりました。
 ただ、iPadソースで音楽聴いているときに、iPhoneに電話がかかってきて返事するとき困るとか、タイマーソフトの音がならない時があるとか、なかなかうまくいかないのです。

c0039413_12170566.jpg



 対策として思いついたのが、以前、音声入力で色々書いていたときに使っていたPlantronics Explorer500という製品。職場環境が変わったので、あまり必要がなくお蔵入りしていたのを久しぶりに取り出してきました。ヘッドセットというとゴツイものを想像しますが、線のない片耳イヤフォンのようなもの。

  耳に引っ掛けておけば、2台の端末を相手に、電話受けたり、複数のアプリの音を鳴らしたり、自由自在。耳に聞こえる音はみんな回部にはサイレントモードにして伝えてくれ、マイクでこちらのしゃべりもノイズリダクション機能で雑音消した上で拾ってくれる。
電話の受電はラクラク、Siriと連携すればかける方もできる。
「モノラルなので」と無意識に敬遠していた音楽も、どうせ通勤電車の中でそんなにハイファイで聴くわけもなく、むしろ片耳がフリーで、街のアナウンスを聞き逃すこともなく、歩行の安全性の確保につながり、人迷惑をかけることも少なくなる。

 自宅でゴロゴロとiPadで家庭内wifi使って、録画済みのビデオ番組やオンディマンドサービスを観ていても、片耳空いているので、部屋のチャイムを逃したり、お湯が湧いているのを忘れることもない。

 しばらくはこれですかね。あまりずっと着けていると、補聴器と間違えられそうですが(笑)
 
 


# by ktokuri | 2019-01-11 06:14 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
恐怖の(笑) 鯖ブーム
 大病の後なので、色々な文献や情報を仕入れて食生活を変えていっているのですが、大体のところ、どの病気にしてもそうでしょうが、野菜を大量に摂ること(食品になっている場合は添加物に注意、生の食材では有機栽培とか(笑))、そして、炭水化物、その他糖質控えめ。果物摂るのには両説あるが、果糖を摂りすぎない程度には摂った方が私の病気の予防には良いような。チーズやヨーグルト等、成長ホルモンが入っている乳製品は避けて、豆乳。大豆類でタンパク質を摂り、肉食を抑え気味にして(500g/週までとか)、やむを得ず足りないタンパク質は魚でフォローという話が主流のようです。

 食材として私が好きな魚というと、普通の人が普通に好きな、フグ、鰻、クエ、マグロ、あんこう、ノドクロ...このあたり以外には、青ビカリの魚の鯖、ニシン、秋刀魚、少し条件がつくけど鰯、それと川魚の鯉や鮎、ナマズあたりかなあ。もちろんシラスとかゴリとか、白魚とか、フレンチのカサゴとか趣味性の強いものも挙げたいところだけど。
   
c0039413_15070572.jpg

 
 今回の話題は、このうちの「鯖」です。私にとっては一番よく食べてきた魚。きずしとか、味噌煮とか、まる一匹焼いても美味しいし、ちょっと虫が危ないのでどうかと思うけど刺し身もある。
 
 今、国内外でけっこうブームですよね。鯖がよく食べられている。最近急に繁華街で目立つ、鯖を売りにした居酒屋さんではインバウンドの人までいていつもイッパイ。

 私が一番良く食べてきたのは缶詰の水煮。一人ぐらしで調理して、食べるのには梅干し使った梅あえにするとか、味噌煮にするとか水煮を手に入れておけば自由自在。味付けによっては、塩分が気になる、糖質が気になる...ということはありますが、味噌煮ならカリウム入っているし、梅干しも塩分抑えたものも入手できるし。いざとなれは梅肉エキスという手も。
 しかし、これも、鯖ブームのあおりを食らってか、上手に買えば100円切って、80円台で入手できたのに、今は110円台(円とドルのはなしではありません(笑))。しかたないので百均ロー☆ンに行って買ったりしてます。鰻に続いて、いっときは秋刀魚、今は鯖が心配です。困ったものですねえ。
 
 そういうとマスコミで医療・栄養番組がとても目につくようになりました。年末年始の特番では、放送局の制作経費やタレントさんのスケジュールのこともあるのでしょうが、お医者さんや大学教授が出まくりでしたね。
 この手の番組をやるたびに色々な物が消える。玉ねぎが消えた、キイウィが手に入らなくなったと思ったら、次はアボガド、そして今はえごま油が手に入りにくい。たまたまこのテレビ、NHKの「ガッテン!」を観ていましたが、油の種類でいうと同等の亜麻仁油はそこまで人気はないみたい。NHKではなぜか「えごま」ばかりが何回も強調されてアナウンスされていた。違いが細かく言うとあるのかな。番組からは観取れなかったけど。
 皆さん健康に気をつけられるのはとても良いことと思いますが、すごいですね。


 

# by ktokuri | 2019-01-10 06:54 | グルメ | Trackback | Comments(0)