SMART ICOCAとモバイルSuica
 本題に入る前に、今のときの話題。

いよいよお水取りの時季です。関西では春を呼ぶビックイベント。
一番盛り上がる3月12日は、仕事の都合でちょっと行けない。
せめて、はじまる3月1日は....と思ったのですが、成田への出張が入ってしまいました。
お水取りには、学生時代から行きたくて仕方ないのですが、実際、行ったことはありません。

 昨日、儀式の場?となる東大寺二月堂の動画をアップしましたので、とりあえずこの程度の参加で
今年は満足されていただきます。


さて、今日のお題。
 明日、成田に行くので、手元のiPhoneにモバイルSuicaを組み込んでおこうと考えました。
先日、東京・横浜に三泊ほどしたときに、手元のICOCAのチャージ足りなくなって、
改札での精算がややこしかったことが一つ原因。
 もともと、JR系の電子マネー&カードサービスは全国の色々な交通機関で使えるので、
モバイルSuicaなら関西でも使えるしなあと思ったりしていたので。

 関西なら、SMART ICOCAの場合は改札内のチャージ機で料金チャージができるのですが、
関東ではそんなもの置いてない(笑)。改札出て切符の販売機でSuica並にチャージすることになる。
料金の目安がつきにくい関東の公共機関&私鉄では、使いにくい感じがします。
モバイルSuicaを使うと、細かい割引金額がついた乗車区間の記録がスマホに残るのも出張等ではありがたい。
 友人達はモバイルSuicaをApple WatchやiPhoneに入れていて、移動中列車内でネットアクセスして、
チャージし楽々通過していくのに、ちょっと無様(笑)。関西ではPiTaPaのサービスが拡張して、
関西地域に限定すれば(関西では概ね不要になったチャージが、域外では必要というのはかなり残念ですが..)
とても便利になっただけに、ICOCAは今となっては詰めの甘さが感じられることになります。

c0039413_10335731.png
c0039413_10334503.jpg

 ただ、私の場合、通勤定期はSMART ICOCAを使用していて、iPhoneのカバーに貼り付けて一体化している。
これでiPhone内にモバイルSuicaをインストールして使おうとすると、2枚カードのエラーが出ないか...と心配して、
今まで使ってませんでした。よくYouTube動画やネット上の記事を調べると、1枚だけロック画面で機器無操作で
タッチのみで使える「エクスプレスカード」の設定を、iPhoneのWalletアプリで「モバイルSuica」
について解除(OFF)にしておけば、問題はなさそうです。

 日頃SMARTICOCAを使うときには、いつものままiPhoneケースに貼り付けている(iPhoneの信号を
シャッタアウトするための防磁シートは今までも挟んで使ってました)形で、タッチ。ICOCAのチャージ料に不安があるときに、
モバイルSuicaを使う。
そのときは、ICOCAのカードは外しておいて、iPhone内のモバイルSuicaをiPhone電源キーをダブルクリックし
ロック画面の正面に出しておきタッチ。あるいは、iPhoneのWalletアプリの設定で「エクスプレスカード」に
一時的に設定するかすれば、チャージ料分は使える。チャージが足りなかったら、列車乗車中にチャージをして置ければ良い。

 これで解決。東京でも、福岡でも、金沢でも、広島でも...行けそうです。
もちろん関西でも乗車中にチャージ加算しても使えます。メリットあり。

 この機会に色々モバイルSuicaの情報を調べてみると、私の今後の検討課題も出てきました。
まず、複数のモバイルSuicaを使い分けることは可能で、一人ひとつしか使えないわけではなく、
通勤用、個人使用、出張用等幾つも使い分けできるようですが、一定の制約があること。
 iPhoneの場合、「Apple ID」一つに、「一人の使用者」、「一つの支払いクレジットカード」という縛りがあるようです。
 今はAppleには「ファミリー共有」という制度があり、複数のAppleiDがサービス料金一つで使えますが、
その制度以前は一つのAppleiDを家族で共有しているパターンも結構ありました。わが家なんかもそうですね。
そうなるとそのままでは、モバイルSuicaを使えるのは家族の中で一人だけということになります。
未成年の子のiPhoneコントロールにはちょっと手間がかかりますね。うちは子どもはいないけど。

 もう一つ、買い物するときには首都圏(要はJR東日本のサービスエリア)では、
モバイルSuicaのメリットが発揮されるケースはありますが、日常生活する関西では、買い物ではこれを使ってもポイントがつきません。
まあ、これは色々な電子マネーサービス&クレジットカードポイント制度で、
一番得なものを随時決めておけば、このお店ではこれ、あのお店ではあれ..と払っている現代生活では、
そう問題はないと思いますが。
 私は日常はオリコカード→SMARTICOCAチャージで交通費を払い、
買い物は可能なところではオリコカード→au Walletを使って支払い、
Amazonや楽天はそれぞれのカードを使用して、ポイントそこそこ補充している(クレジットカードをREXやリクルートにすると
もう少しいいのかもしれませんが)ので、そう気にはしてません。
SMART ICOCAにもチャージの際、クレジットカードによってポイントがつくものと、つかないものがあるので要注意です。

 モバイルSuicaでは、圧倒的にビックカメラのビューカードにメリットがあるようですが、
関西のビックカメラでもカード作れるのかな?神戸ではビックカメラが今のところあまり縁がないので、
消極的ではありますが。モバイルSuicaにチャージ後、それを使って購入をした場合、
ビックカメラの買い物が基本10%ビックポイントサービスであることに加え、
1.5%相当のJRE POINT(クレカとしてのポイント)が貯まるので、合計で11.5%相当のポイント還元になるのは大きい。

 細かいことをしみったれみたいにいいますが、光熱水費や公共料金に至るまでカード払いにすると、
わが家では年間10万円近く倹約になってますので、気をつけやっておかないと(笑)


# by ktokuri | 2019-02-28 10:37 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
ぷらりと奈良に行きました 前編
先日、ネットの旅行会社のポイントが貯まっていたのと、失効しそうな期限ポイントを合わせて使おうという魂胆で、
奈良に二泊してきました。

 まずJR奈良駅駅前の温泉付きビジネスホテルに一泊。
大阪で乗り換えて大和路快速(本当は早朝のものはJRではそう呼ばないそうな)でふらっと出かける。

 身軽なので朝にホテルに荷物を預けて、春日大社の手前、飛び火野に
この時季に特にやっている鹿寄せを観に行きました。





 奈良の鹿は近年、インバウンドの人たちに大人気。世界中で有名になってきました。
その分、観光客とのトラブルも増えてきて、怪我人、怪我鹿?が双方に出たり、
餌があちこちにあるので活動範囲も広がり、交通事故に遭うしかも増えたりしている様子。

 怪我したり、病気になった(悪いものをたべさせる観光客も増えているらしい)鹿を扶けるために、
一般財団法人奈良の鹿愛護会の方たちが募金運動をやっている。
奈良観光の魅力アップと同時に、この啓発も「鹿寄せ」につながっているようです。

 10年ほど前、「鹿男あをによし」という万城目学原作のエキセントリックなドラマをフジテレビがやって、
玉木宏、綾瀬はるか、多部未華子、柴本幸、児玉清らが出演。
これが楽しかったので、奈良の鹿にはとても親しみがあります(笑)

 鹿寄せ見学のあとは、奈良市内に住んでいる友人夫妻と猿沢の池近くで落ち合って、
東向商店街の中の奈良漬け屋さん経営の味亭山崎屋に行き、茶粥定食をいただく。
お二人とはいつも六甲山や大和路のあたりにハイキングに行かれるときに
声をかけてもらっている間柄。

 そこでの話で、ご夫妻のうち旦那さんが東大寺手前の依水園に行ったことがないとのことを聞き、
では行ってみようという勢いで、依水園と寧楽美術館へ向かって出かけました。

 


 依水園、なかなか良かったですが、生来の方向音痴が祟ってなかなか出口へのルートがわからない、
最後はスマホを取り出してGPSで脱出する有様でした(苦笑) 
私も以前、行ったときは真夏で凄い暑さでしたが、今回は早春の雰囲気でのんびり庭歩きをさせていただきました。
迷ったのはご愛敬で、とても良かったです。

 夕食を約して、私は友人の「夫婦水入らずの休暇」を尊重して、ホテルのチェックインに行きました。

 ドーミーインチェーンの「天然温泉 吉野桜の湯 御宿 野乃 奈良」 です。吉野と言ってもJR奈良駅前(笑)
オープンしてまだ2年たってないホテル。動線まですべて建物内は畳でなかなか快適です。
泊まるのにはシングルでも充分広い感じ。1階に温泉があり、部屋にはシャワーブースしかありません。
このあたりの作りは、先日お世話になった出雲駅前のドーミインと同じ感じ。

 出雲より奈良の方が一人部屋はやや広いか?出雲では最上階に温泉でしたが。 
夕食に出かける前にゆったりと露天風呂付きの温泉につからせていただきました。


# by ktokuri | 2019-02-25 15:01 | 小旅行 | Trackback | Comments(0)
リュックサックを新調する
 私の物欲方向というと、昔はクラシックカメラとレンズ。最近は特定のジャンルの電子ガジェット。
ファッションとか、インテリア、車(自転車)、蔵書といった趣味はあまりありません。
そんな感じなので、服はずっと昔から同じものを着倒していて、
久しぶりに会う友人と待ち合わせしても「すぐわかるわあ」と言われる(笑)


c0039413_14524524.jpg

 カバンは使う場面を考えて、それに一番合う機能で選ぶ主義。
通勤カバンは、震災後しばらくして買った吉田カバンのTANKERの3WAYをずっと使ってます。
これは便利だから....以前は通勤路のうち、50分ほどを歩いていましたが、そのとき背負っても、電車の中でぶら下げてもバランスが良くて。たくさん物が入るし、角ばらない。
使い始めてそのうち、職場の女の子から「キムタクのカバン」と言われて少し驚きました。
聞いたらドラマでSMAPの木村拓哉が使っていたものと同じ。使う人によって輝きがまるで違うのでしょうが(苦笑)
あまりキムタクは好み・贔屓ではないんですけどね。弟の友人ですけど。 

c0039413_14524859.jpg

 通勤カバンが気にいったので、リュックもTANKERを使ってます。こちらは便利な実感はないけど、
リュックの中では服に合わせやすい。
阪神淡路大震災後、リュック(小さいサイズなのでデイバックという言い方のほうが今様なのかな)が市民権を急速に得て、
背広でもリュックという人も増えてます。さすがに私はあまりやらないけど、上がコートのときには柔軟な方が良いかと。
 
 ただ、このリュックでは物がたくさんは入らない。
私は一人で二泊ぐらいの旅行に行くのが結構好きなんですけど、これはまず無理。
いつもはでかいトートバック持っていくのですが、カメラぶら下げて写真撮るのにはちょっと肩に負担がかかります。
最近は、動画カメラ(重いのは嫌なのでアクションカム系)をぶら下げて路程を記録に残すこともあるのですが、
そうなると大きめなリュックが必要になります。

 それでAmazonで格安のリュック(2,800円)を買ったのですが、あまり便利とは言えず首をひねっておりました。
ついこの間、奈良の2つの温泉(といっても狭いビジネスホテル温泉も込みですが(笑))にブラブラと行く2泊3日旅行を敢行したのですが、
荷物をとりだすときにでしょうか....スペアのメガネをケースごとどこかに落としてしまいました。
リュックなんて物が入ればいいわ..とバカにしていたのが仇になりました。考えてみれば吉田カバンはどちらも2万数千円。
二十年以上使っているカバンはどちらも、そこそこお金をかけてます。
けちって、3万円のメガネ落とすのでは(苦笑)あきませんね。
カメラやレンズが出しにくくしていて被写体前にしてオタオタするのもみっともないし、安物はバランス悪くて肩も凝る、背負うのに手間がかかる。

 しかたないので、ネットで良さそうなリュックを物色しました。YouTubeがとりわけ参考になりました。
私の場合、街歩きしていて何か撮影したいものに遭うと急に撮影機材を出すとか、
山道も結構歩くとか、電車や満員バスに乗るので周りに大きな迷惑がかかるのは気をつけないと...とか考えて迷いに迷いました。
結局、今回入手したのは、Peak designのカバンです。Everyday Backpack 20L

c0039413_14525617.jpg

 色は、山吹色、まっ黒、灰色(写真よりもう少し黒い印象の色)、同じく灰色だが写真よりやや薄い色 があり、
そのうち、「灰色やや黒が濃い色」チャコールを選びました。

c0039413_14525420.jpg

 ポイントは上からも右・左からも開けられること。リュックのベルトの長短が簡単に動かせること。
ベルトがしっかりしていて、海外(もうあまり行くつもり無いけど)でも使えるようにファスナー管理がしっかりしていること。


c0039413_14525236.jpg
 とにかく出し入れがちゃんとできないとだめです。このバックは中に入れる仕切りがとても秀逸で、取り外したり、
空間サイズを変えたり、堅牢かつ柔軟な作り。とても気に入りました。
同じもの(30Lと大きいやつですが)を持っている友人に見せてもらったとき感じた、
背負うときのバランスの良さが素晴らしい。私はでかいカバンは街ブラするときに人迷惑なので、小さいめサイズと
背負ってじゃまになりにくいシルエットが必須。
20Lはちょっとデカイですが、小旅行を考えると仕方ありません。まあ、ガンバつて使ってみます。

 通勤カバンは24年目(最近二代目になりましたが、初代も出張のときに使ってます)。
このカバンも、もうこれで死ぬまでリュックはいらない...というようになれば良いのですが...さて。




# by ktokuri | 2019-02-19 15:43 | 物と欲 | Trackback | Comments(0)
今年のバレンタインデー
 今年のあの「バレンタインデー」がやってきました。
私が必ずもらえるのは、義姉の一つだけ。
彼女は体が不自由であまり色々なところに行けないので、そのかわり私が何処かに行くと、
いつもお土産を買って届けているので、その義理チョコです(笑)

 そうは言っても、最近の流行は行き届いていて、誰でも、こんな私でも他に今年も仕事の関係や、昔の仕事関係とかでいくつか貰っています(貰えそうです)。
今年の義理チョコの流行、一番お安いところはこれかな(笑)

c0039413_11233129.jpg
 近所の特売スーパーマーケットチェーン、サンディで87円!! (笑)
 某テナントのお姉さんから、そして日頃いつも顔をみるご近所さんのおばさまから、それぞれいただきました。

 もちろん、もう少し高価なものも少しはいただいてますが。
最近はGoogleさんもちゃんと忘れないように注意喚起に検索サイトで宣伝してくれるし。

c0039413_11281815.jpg

 
まあ、日本ならではの習慣?(私の知っている限り欧米では男性が女性に花を贈るとかいうのがあったような気がします)。
Googleさんもよくおつき合いしてくれるものです。

最近は1月もそこそこ早い時期からチョコレート特設売り場がデパートや商店街にできてますよね。あんなに早くから買ってどうするの?

 一方、これは本命専門でしょうが、前回もご紹介しましたが、チョコレート・洋菓子有名ブランド店には真剣勝負の女性の行列が。
直前になると凄いことになってます。


 この習慣、たしか、私が中学生の時にはすでに庶民生活にかなり定着していたような気がします。最初に貰った一個、意外な女の子から貰ったのでよく覚えています。懐かしい想い出ですね....

# by ktokuri | 2019-02-14 11:35 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)