リュックサックを新調する
 私の物欲方向というと、昔はクラシックカメラとレンズ。最近は特定のジャンルの電子ガジェット。
ファッションとか、インテリア、車(自転車)、蔵書といった趣味はあまりありません。
そんな感じなので、服はずっと昔から同じものを着倒していて、
久しぶりに会う友人と待ち合わせしても「すぐわかるわあ」と言われる(笑)


c0039413_14524524.jpg

 カバンは使う場面を考えて、それに一番合う機能で選ぶ主義。
通勤カバンは、震災後しばらくして買った吉田カバンのTANKERの3WAYをずっと使ってます。
これは便利だから....以前は通勤路のうち、50分ほどを歩いていましたが、そのとき背負っても、電車の中でぶら下げてもバランスが良くて。たくさん物が入るし、角ばらない。
使い始めてそのうち、職場の女の子から「キムタクのカバン」と言われて少し驚きました。
聞いたらドラマでSMAPの木村拓哉が使っていたものと同じ。使う人によって輝きがまるで違うのでしょうが(苦笑)
あまりキムタクは好み・贔屓ではないんですけどね。弟の友人ですけど。 

c0039413_14524859.jpg

 通勤カバンが気にいったので、リュックもTANKERを使ってます。こちらは便利な実感はないけど、
リュックの中では服に合わせやすい。
阪神淡路大震災後、リュック(小さいサイズなのでデイバックという言い方のほうが今様なのかな)が市民権を急速に得て、
背広でもリュックという人も増えてます。さすがに私はあまりやらないけど、上がコートのときには柔軟な方が良いかと。
 
 ただ、このリュックでは物がたくさんは入らない。
私は一人で二泊ぐらいの旅行に行くのが結構好きなんですけど、これはまず無理。
いつもはでかいトートバック持っていくのですが、カメラぶら下げて写真撮るのにはちょっと肩に負担がかかります。
最近は、動画カメラ(重いのは嫌なのでアクションカム系)をぶら下げて路程を記録に残すこともあるのですが、
そうなると大きめなリュックが必要になります。

 それでAmazonで格安のリュック(2,800円)を買ったのですが、あまり便利とは言えず首をひねっておりました。
ついこの間、奈良の2つの温泉(といっても狭いビジネスホテル温泉も込みですが(笑))にブラブラと行く2泊3日旅行を敢行したのですが、
荷物をとりだすときにでしょうか....スペアのメガネをケースごとどこかに落としてしまいました。
リュックなんて物が入ればいいわ..とバカにしていたのが仇になりました。考えてみれば吉田カバンはどちらも2万数千円。
二十年以上使っているカバンはどちらも、そこそこお金をかけてます。
けちって、3万円のメガネ落とすのでは(苦笑)あきませんね。
カメラやレンズが出しにくくしていて被写体前にしてオタオタするのもみっともないし、安物はバランス悪くて肩も凝る、背負うのに手間がかかる。

 しかたないので、ネットで良さそうなリュックを物色しました。YouTubeがとりわけ参考になりました。
私の場合、街歩きしていて何か撮影したいものに遭うと急に撮影機材を出すとか、
山道も結構歩くとか、電車や満員バスに乗るので周りに大きな迷惑がかかるのは気をつけないと...とか考えて迷いに迷いました。
結局、今回入手したのは、Peak designのカバンです。Everyday Backpack 20L

c0039413_14525617.jpg

 色は、山吹色、まっ黒、灰色(写真よりもう少し黒い印象の色)、同じく灰色だが写真よりやや薄い色 があり、
そのうち、「灰色やや黒が濃い色」チャコールを選びました。

c0039413_14525420.jpg

 ポイントは上からも右・左からも開けられること。リュックのベルトの長短が簡単に動かせること。
ベルトがしっかりしていて、海外(もうあまり行くつもり無いけど)でも使えるようにファスナー管理がしっかりしていること。


c0039413_14525236.jpg
 とにかく出し入れがちゃんとできないとだめです。このバックは中に入れる仕切りがとても秀逸で、取り外したり、
空間サイズを変えたり、堅牢かつ柔軟な作り。とても気に入りました。
同じもの(30Lと大きいやつですが)を持っている友人に見せてもらったとき感じた、
背負うときのバランスの良さが素晴らしい。私はでかいカバンは街ブラするときに人迷惑なので、小さいめサイズと
背負ってじゃまになりにくいシルエットが必須。
20Lはちょっとデカイですが、小旅行を考えると仕方ありません。まあ、ガンバつて使ってみます。

 通勤カバンは24年目(最近二代目になりましたが、初代も出張のときに使ってます)。
このカバンも、もうこれで死ぬまでリュックはいらない...というようになれば良いのですが...さて。




# by ktokuri | 2019-02-19 15:43 | 物と欲 | Trackback | Comments(0)
今年のバレンタインデー
 今年のあの「バレンタインデー」がやってきました。
私が必ずもらえるのは、義姉の一つだけ。
彼女は体が不自由であまり色々なところに行けないので、そのかわり私が何処かに行くと、
いつもお土産を買って届けているので、その義理チョコです(笑)

 そうは言っても、最近の流行は行き届いていて、誰でも、こんな私でも他に今年も仕事の関係や、昔の仕事関係とかでいくつか貰っています(貰えそうです)。
今年の義理チョコの流行、一番お安いところはこれかな(笑)

c0039413_11233129.jpg
 近所の特売スーパーマーケットチェーン、サンディで87円!! (笑)
 某テナントのお姉さんから、そして日頃いつも顔をみるご近所さんのおばさまから、それぞれいただきました。

 もちろん、もう少し高価なものも少しはいただいてますが。
最近はGoogleさんもちゃんと忘れないように注意喚起に検索サイトで宣伝してくれるし。

c0039413_11281815.jpg

 
まあ、日本ならではの習慣?(私の知っている限り欧米では男性が女性に花を贈るとかいうのがあったような気がします)。
Googleさんもよくおつき合いしてくれるものです。

最近は1月もそこそこ早い時期からチョコレート特設売り場がデパートや商店街にできてますよね。あんなに早くから買ってどうするの?

 一方、これは本命専門でしょうが、前回もご紹介しましたが、チョコレート・洋菓子有名ブランド店には真剣勝負の女性の行列が。
直前になると凄いことになってます。


 この習慣、たしか、私が中学生の時にはすでに庶民生活にかなり定着していたような気がします。最初に貰った一個、意外な女の子から貰ったのでよく覚えています。懐かしい想い出ですね....

# by ktokuri | 2019-02-14 11:35 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
春節で商売あがったりの一週間
 この一週間、中國では旧正月、いわゆる春節です。香港の知人は、彼の地でお年玉袋を大量生産。
日頃顔を合わせる人たち未婚者と思われる皆さんを中心に友人はもとより、会社のガードマン、マンションの管理人、
昼飯を食べる食堂・行きつけのカメラ屋さんの店員まで、ご祝儀?を渡すことになるとか(笑)、大変な習慣です。

 私も今は物流の世界で仕事しているので、中国が機能停止しているこの時期は比較的暇。電話も少なくてゆっくりです。
連休にはブラブラと神戸の中華街である南京町を覗きに行きました。

 竜が踊ったりするイベントをやっているはずですが、街の中を通り抜けただけの動画なので、繁盛している様子しか
写ってませんので、お許し下さい。雨の中、とても繁盛してましたよ。時間があれば少し点心ものでも辛子ドッサリつけて
食べ歩きしたかったのですが、雨が降っているのと時間が迫っていたので諦めました。旅行者の皆さん元気ですね。

c0039413_17093314.jpg

c0039413_17093287.jpg
 その後、北野へ出かけて、ラヴィニューでオーダーしていた義姉が待ちに待っているバースデーケーキを受け取って帰ってきました。バレンタインデー直前に神戸を代表するチョコレートが得意なこのお店は凄い人。雨の中、道を渡るところまで傘の行列が...
女性の方のこの凄い想いが成就することを祈ってます(笑)

c0039413_17132116.jpg

 私もおすそ分けをもらいました。さすがにチョコレートの深みが違う。美味しかったですよ。例年は港近くのモンプリュにオーダーしていましたが、先日クリスマスケーキをモンプリュにしたので、今回はラヴィニューでよかったです。

 仕事が少し時間的に余裕があるので、パソコンのハードディスクの中を整理し軽くしたり、ホルダー内のデータを整理したり、Google DriveやDropboxのファイルを整頓したり...
 春節が終わると、米中貿易交渉が本格化します。それで不景気になるとみんな大変です。
 


# by ktokuri | 2019-02-13 17:18 | 個人生活 | Trackback | Comments(2)
苦手なもの 三題
 大病をしたせいで、お酒が飲めなくなりました。
自分なりに一生分飲んだんだ(その割には少ないか(笑))と割り切って、
今は飲み会ではウーロン茶やノンアルコールビール、ジンジャエールでOKです。
割り勘負けする面はありますが(笑)

c0039413_11075683.jpg

 もともと、私には苦手なものが幾つかあります。今、すぐに思いつくのが三つほど。

まず、高いところ(笑)
 親に昔きいた話としては、子どもの時には平気だったようですが、
金沢に住んでいた小学校低学年の時、やんちゃで高い木に登っていて落ちて、
それからダメになったみたいです。
 ただ、本当に不思議なことですが、阪神淡路大震災の時、避難所にした勤労市民センターの
体育館の天井の吊し物の高所処理(落ちてきたら危ない)や水漏れしたバルブのハンドルを
絞めに行くため、むき出しの高層階へのハシゴを上がる処理...そんなときに
は全く気にならずに登っていました。周りの人が「余震がこのとき来たら、あんた終わりやで!」
と呆れていましたが、どうってことなかったのです。まあ、有効期間一週間であっという間に
その「超能力」は失われましたが(笑)。極度に緊張していたのでしょう。

 次に、大変失礼なことなのですが、「水商売の女性・風俗営業系」
 お金払って、隣に座ってもらう...とか、愛想いいように話してもらうとか..全くダメなんです。
昔は仕事で東京で色々な人に会うとき、銀座や赤坂みたいなところにも行ったり、
施設の責任者になって、忘年会していると二次会とかで、
隣に座ってくれる女性がいる店に行ったりという経験もあったのですが、全くダメ。楽しめないどころか、
ずっと座っていることさえできません。生理的にダメなんですね。
友人には「その人たちもそれで生活しているのだから全面否定は失礼だぜ」と言われるのですが、
どうしても経済活動と、そういうこととがクロスする面でダメなんですね。
スナックはおばあちゃんに限る(笑) もちろんそれ以上のサービス?のところは行ったこともありません。

 3番目は、これまた変なのですが「口の中」。長めの歯ブラシダメ、
歯医者でも奥歯の治療は麻酔。胃カメラはかならず麻酔(安定剤)をセットしないと、
大変なことに。一度でドクターストップになりました(笑)。
鼻から細い管のカメラを入れてもらってなんとかやっていたのですが、
今は「ヤク(薬)」に頼るしかありません(笑)
でも、そのカメラに今回は命を救ってもらいました。不思議な因果です。
 いつもお医者さんにはご迷惑をおかけしています。


# by ktokuri | 2019-02-07 11:24 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)