<   2019年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Androidのタブレットは ご禁制のHuaweiのお品 
 先日、Amazonの年に一度の大感謝祭セール、アマゾンプライムデーがありました。
この時期と年末のバーゲンのときは、私もちょっとお金を貯め込んでおいて、
がんばって消耗品(ハーブティーや常備漢方薬、コンタクトレンズの洗剤等)、日常品を買い込みます。
 今回はちょっと奮発して、以前ご紹介した、IC音声レコーダーと電子書籍を読むためのKindle fire7タブレットの新型、
そしてAndroidの端末のhuaweiのタブレットを購入しました。

 タブレットは2つ。両方合わせても2万円台...安いと言えば安い買い物です。
超お手軽なお値段。以前、友人から「もう使わなくなった」という超年代物の初期の端末を入手したことはありますが、
Androidの端末は本格的なものは初めて。
Androidの勉強のために、もう少しまともな機械を使ってみようと、
「浪費」という文字が浮かび、少し悩みましたが入手しました。

 これを、そろそろ使い始めているのですが、使ってみると、やはりiPhone&iPad使いにはいい経験です。
Android の端末もメーカーごとに、色々と癖があるようです。
残念ながら私の使っているソニーのイヤホンear duo XEA20をコントロールするアプリは、
このhuaweiのタブレットでは動きません。CPU が異質で想定外とか。

c0039413_12034693.jpg

HUAWEI MediaPad M5 lite 10 Wi-Fi 32GBモデル[10.1インチ/メモリ 3GB/ストレージ 32GB] BAH2-W19/32G


 しかし、この値段(2万円チョイ)でこれだけの表示能力と処理スピードを兼ね備えているのには驚きました。
標準的なAndroidの端末で使える機能やアプリは、このタブレットでも何の不満もなく使えます。
これならApple の高い製品を買うこともないかもしれませんね。
指紋認証の精度もむしろ私のiPhoneXより速くて正確。アメリカが怖がる理由もわかりますね。

 一番使いたかったのは、Androidでしか使えないアプリ。
音声入力とかAI系のもので面白いものが幾つかあります。
大容量のmicroSDでデータを保存できるのも、メディアの値段が凄く下がってきているたけに魅力的。
比較するとiPad Proの「特に」魅力はペンタブレットの機能ぐらいしか見いだせません。
その方面は「大活用」とはいかないので、これなら乗り換えもありかもしれませんね。



by ktokuri | 2019-08-01 12:09 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)