<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
久しぶりの京都駅南の水月亭
 先日、神戸・京都の友人たちと新年会パート2を京都駅南、水月亭で行いました。
パート1はご紹介をしませんでしたが、神戸 新長田駅北の居酒屋一番の鱧コースでした。
 多くのメンバーが神戸~京都の区域にいるので、特に配慮したのでしょうか(笑)
 水月亭はもう20年ほどになるでしょうか、京都では四条木屋町の珉珉とともに、
このメンバーが以前からずっと利用しているお店。

c0039413_15192883.jpg
c0039413_15192085.jpg
 今回は動画でしか撮影していなかったので、ご紹介できませんでしたが(勝手ながら
メンバーの指名手配書を作るのは禁止でして(笑))お店の雰囲気が抜群に面白い。
次回は写真で紹介させて頂きます。

c0039413_15194150.jpg

c0039413_15193371.jpg

c0039413_15195166.jpg
c0039413_15194775.jpg
c0039413_15195635.jpg
豚足や蒸し豚も美味しいし、チヂミやキムチも美味しい、もちろん焼肉も。
 それぞれ私にとってはベストの味、これが私の標準味です。
 
c0039413_15200176.jpg
 ひと通り食べて最後をキムチ鍋で閉めるのは、最初にこのお店を訪れたときからのお作法です。こういうお店がずっと商売を続けているのは、今の時代には本当にありがたい! 安いお値段共々感謝です。




水月亭 (すいげつてい)
京都府京都市南区九条河原町上ル東九条南山王町46
075-691-3783
16:00~22:00(21:00L.O)
定休日月曜日・祝日


by ktokuri | 2019-03-11 15:23 | グルメ | Trackback | Comments(0)
ぷらりと奈良に行きました 後編
 先日行った奈良。後編です。
この旅は自分にとっての気分転換の時間投資であると同時に、
私の病気の心配をしていただいた人たちにお礼と元気になった姿を見せる
旅の一つでもあります。

 今回は、奈良でお仕事をしているご夫婦にお会いしました。
最初の昼飯を東向商店街の中で食べました。
茶粥は私の患った病にはあまり良くはありませんが、まあいいいかと。

c0039413_13401353.jpg

c0039413_13400939.jpg


 奈良漬けで有名な山崎屋さんで茶粥定食。
リーズナブルなお値段で味がしっかりしている。なぜか鯖美味しい(笑)
 ここで話題になりましたのが、奈良漬け。
私はこの山崎屋さんでいつも奈良漬けを買って神戸土産にしてましたが、
地元の人のお薦めは、今西本店の奈良漬け
買ってすぐは食べられなくて、買ってから切って冷蔵庫に入れ、4~5日以上経って食べるのだとか。
地元の人の凄いこだわりです(笑) とてもついていけません。

c0039413_13401997.jpg
c0039413_13402543.jpg


 その日の夕食は、京都から友人(大学の後輩)が遊びに来たのでひとしきりあって話を。
そして奈良でも話題のイタリア料理リストランテ オルケストラータへ。

c0039413_13403013.jpg

c0039413_13404675.jpg
c0039413_13405369.jpg

 快癒祝い。リストランテなので、少しお高いけど
ここは気分を変えてありがたく、素晴らしい料理を楽しみました。


c0039413_13410130.jpg
c0039413_13410711.jpg
c0039413_13411254.jpg
c0039413_13412408.jpg


 このレストランは、客あしらいのサービスも素晴らしいし、
一つのお皿の中の味の調和と、それぞれのお皿の味の調和が素敵。
まさに交響曲を奏でるオーケストラか。ちょっと小編成の繊細なイメージはありますが。

c0039413_13413097.jpg
c0039413_13413588.jpg
c0039413_13413933.jpg

 病後の配慮でワインが飲めないのが誠に残念でした。
もう一つ楽器が加わってシンフォニックなっただろうに....
 店内には、昔、美術展・コンクールでお世話になった絹谷幸二画伯のヴェネチアと、
東大寺二月堂お水取りの絵がそれぞれ掲げられ、とても気に入りました。窓からの夜景も素敵で、
桜の季節にはとても風情がありそうです。


 翌日は、朝、東大寺講堂跡から東大寺二月堂、三月堂をブラブラして
いつも行く興福寺国宝館、東大寺ミュージアム等を巡りました。




 夕方、バスで若草山山麓?の温泉宿に。ぼーっと過ごせる時間もありがたいです。
自宅だと色々思いつくこともあってゆっくりできないので、生活環境の引き算も大事。

 
 翌日、温泉宿の送迎バスでJRの駅まで行き、そこから桜井行き電車で箸墓古墳、巻向遺跡遺跡のあたりを徘徊しました。
 観光客も他にいないところで、ゆったりとしていると頭の中がすっきりしてきます。
 ここが女王卑弥呼の居場所だったという説がかなり有力になってきていることですが、どうなのでしょうか。

c0039413_13415214.jpg
箸墓古墳

c0039413_13415736.jpg
巻向遺跡の一つ


 何かが現地に残っているというほどではないのですが、奈良の良さは、この空気感。
ぞんぶんに吸って、少しリフレッシュになりました。




奈良市東向南町5 井上ビル1階
0742-27-3715
11:15~21:00 ※ラストオーダーは20時まで
定休日月曜(祝祭日、催事の場合を除く)


奈良県奈良市春日野町101
奈良春日野国際フォーラム甍1F
LUNCH- 11:00〜 (14:00 L.O.)
DINNER- 17:30〜 (19:30 L.O.)
定 休 日- 毎週月曜日(祝日の場合は翌日に振替)
TEL. 0742-20-7321

by ktokuri | 2019-03-06 14:40 | 小旅行 | Trackback | Comments(0)
誰も観るわけではないブラブラ動画を撮り続ける理由
 先日から、日々の生活から少しはみ出たところに行くときは、
積極的にコンパクトなビデオカメラを持参しています。

 社会で色々な事業分野でドローン必要性が高まり、それに引きずられて、
高性能でコンパクトなビデオカメラの技術の分野も日進月歩
重いビデオカメラでなくても、大きなジンバルがついてなくてもブレが低減した動画が
気軽に撮れる時代となりました。

c0039413_13512252.jpg



 特にこのdji osmo pocketは凄い!

 今回、成田空港に出張した際にも、いつも持って歩いているアクションカメラ
GoPro HERO7 BLACKの代わりに、このカメラで撮影をすることにしました。
出張用のビジネスカバンのベルトにカメラ用の固定金具をつけてぶら下げただけ。
構えるほどのこともせず、撮るに任せていました。



 私は、普通の紙焼き写真が主流の時代からブログをはじめましたが、
撮りたいテーマは一貫していて、日常の光景。
今観ている、以前観て記憶に残っている光景を記録に残すこと。
綺麗な風景や幾何学的な構図、極彩色の画面...あまり食指が動くことはありません。
先ほどの「写すもの」のアクセントに欲しい程度です。

 今は何気ない光景でも、いずれは観たくても観られなくなる...この儚さがたまらないほど愛おしい。
そんな思いでネットに色々なものをアップロードしてきました

 最初の頃は自分も若かったので、時間の経過が短くても変わっていく「人」に興味が。
歳を重ねるに従って、徐々に変貌する街の写真、これはとりわけ阪神・淡路大震災でぶち壊された、
神戸の街、神戸が失ったものを今少しずつ減らしていっている他の街。
そんなところに視点が行くようになりました。
 それがこうじて最近は動画が面白い。街の風景の中に動くもの、人。
視角を変えると様々な表情を見せる街、さりげないなんのことはない風景群が、
ある日ポッカリ無くなっていく有様。日々の通勤ルートも、少しずつ表情が変わる。
私の事情で、日常が非日常に変わる。何気なく撮っていたものが後々懐かしく観ることになる。

 成田の帰りに、上野で泊まり、そこから歩いて、大学時代の下宿跡を探す。
全くの私的な行いですが、誰かにとっても通ったことのある、観たことのある思い出の地だったり、
イメージしていた場所だったりする。今は関心なくてもそう言えば...で後々観たりする。
複雑な時間軸の交錯の中で少しでも面白い接触があれば、どでかい容量の動画でも、
ゴミで終わらず、ネット隅に置いておく価値はあるのではないかと。


by ktokuri | 2019-03-05 14:00 | カメラ | Trackback | Comments(0)