<   2019年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
SMART ICOCAとモバイルSuica
 本題に入る前に、今のときの話題。

いよいよお水取りの時季です。関西では春を呼ぶビックイベント。
一番盛り上がる3月12日は、仕事の都合でちょっと行けない。
せめて、はじまる3月1日は....と思ったのですが、成田への出張が入ってしまいました。
お水取りには、学生時代から行きたくて仕方ないのですが、実際、行ったことはありません。

 昨日、儀式の場?となる東大寺二月堂の動画をアップしましたので、とりあえずこの程度の参加で
今年は満足されていただきます。


さて、今日のお題。
 明日、成田に行くので、手元のiPhoneにモバイルSuicaを組み込んでおこうと考えました。
先日、東京・横浜に三泊ほどしたときに、手元のICOCAのチャージ足りなくなって、
改札での精算がややこしかったことが一つ原因。
 もともと、JR系の電子マネー&カードサービスは全国の色々な交通機関で使えるので、
モバイルSuicaなら関西でも使えるしなあと思ったりしていたので。

 関西なら、SMART ICOCAの場合は改札内のチャージ機で料金チャージができるのですが、
関東ではそんなもの置いてない(笑)。改札出て切符の販売機でSuica並にチャージすることになる。
料金の目安がつきにくい関東の公共機関&私鉄では、使いにくい感じがします。
モバイルSuicaを使うと、細かい割引金額がついた乗車区間の記録がスマホに残るのも出張等ではありがたい。
 友人達はモバイルSuicaをApple WatchやiPhoneに入れていて、移動中列車内でネットアクセスして、
チャージし楽々通過していくのに、ちょっと無様(笑)。関西ではPiTaPaのサービスが拡張して、
関西地域に限定すれば(関西では概ね不要になったチャージが、域外では必要というのはかなり残念ですが..)
とても便利になっただけに、ICOCAは今となっては詰めの甘さが感じられることになります。

c0039413_10335731.png
c0039413_10334503.jpg

 ただ、私の場合、通勤定期はSMART ICOCAを使用していて、iPhoneのカバーに貼り付けて一体化している。
これでiPhone内にモバイルSuicaをインストールして使おうとすると、2枚カードのエラーが出ないか...と心配して、
今まで使ってませんでした。よくYouTube動画やネット上の記事を調べると、1枚だけロック画面で機器無操作で
タッチのみで使える「エクスプレスカード」の設定を、iPhoneのWalletアプリで「モバイルSuica」
について解除(OFF)にしておけば、問題はなさそうです。

 日頃SMARTICOCAを使うときには、いつものままiPhoneケースに貼り付けている(iPhoneの信号を
シャッタアウトするための防磁シートは今までも挟んで使ってました)形で、タッチ。ICOCAのチャージ料に不安があるときに、
モバイルSuicaを使う。
そのときは、ICOCAのカードは外しておいて、iPhone内のモバイルSuicaをiPhone電源キーをダブルクリックし
ロック画面の正面に出しておきタッチ。あるいは、iPhoneのWalletアプリの設定で「エクスプレスカード」に
一時的に設定するかすれば、チャージ料分は使える。チャージが足りなかったら、列車乗車中にチャージをして置ければ良い。

 これで解決。東京でも、福岡でも、金沢でも、広島でも...行けそうです。
もちろん関西でも乗車中にチャージ加算しても使えます。メリットあり。

 この機会に色々モバイルSuicaの情報を調べてみると、私の今後の検討課題も出てきました。
まず、複数のモバイルSuicaを使い分けることは可能で、一人ひとつしか使えないわけではなく、
通勤用、個人使用、出張用等幾つも使い分けできるようですが、一定の制約があること。
 iPhoneの場合、「Apple ID」一つに、「一人の使用者」、「一つの支払いクレジットカード」という縛りがあるようです。
 今はAppleには「ファミリー共有」という制度があり、複数のAppleiDがサービス料金一つで使えますが、
その制度以前は一つのAppleiDを家族で共有しているパターンも結構ありました。わが家なんかもそうですね。
そうなるとそのままでは、モバイルSuicaを使えるのは家族の中で一人だけということになります。
未成年の子のiPhoneコントロールにはちょっと手間がかかりますね。うちは子どもはいないけど。

 もう一つ、買い物するときには首都圏(要はJR東日本のサービスエリア)では、
モバイルSuicaのメリットが発揮されるケースはありますが、日常生活する関西では、買い物ではこれを使ってもポイントがつきません。
まあ、これは色々な電子マネーサービス&クレジットカードポイント制度で、
一番得なものを随時決めておけば、このお店ではこれ、あのお店ではあれ..と払っている現代生活では、
そう問題はないと思いますが。
 私は日常はオリコカード→SMARTICOCAチャージで交通費を払い、
買い物は可能なところではオリコカード→au Walletを使って支払い、
Amazonや楽天はそれぞれのカードを使用して、ポイントそこそこ補充している(クレジットカードをREXやリクルートにすると
もう少しいいのかもしれませんが)ので、そう気にはしてません。
SMART ICOCAにもチャージの際、クレジットカードによってポイントがつくものと、つかないものがあるので要注意です。

 モバイルSuicaでは、圧倒的にビックカメラのビューカードにメリットがあるようですが、
関西のビックカメラでもカード作れるのかな?神戸ではビックカメラが今のところあまり縁がないので、
消極的ではありますが。モバイルSuicaにチャージ後、それを使って購入をした場合、
ビックカメラの買い物が基本10%ビックポイントサービスであることに加え、
1.5%相当のJRE POINT(クレカとしてのポイント)が貯まるので、合計で11.5%相当のポイント還元になるのは大きい。

 細かいことをしみったれみたいにいいますが、光熱水費や公共料金に至るまでカード払いにすると、
わが家では年間10万円近く倹約になってますので、気をつけやっておかないと(笑)


by ktokuri | 2019-02-28 10:37 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
ぷらりと奈良に行きました 前編
先日、ネットの旅行会社のポイントが貯まっていたのと、失効しそうな期限ポイントを合わせて使おうという魂胆で、
奈良に二泊してきました。

 まずJR奈良駅駅前の温泉付きビジネスホテルに一泊。
大阪で乗り換えて大和路快速(本当は早朝のものはJRではそう呼ばないそうな)でふらっと出かける。

 身軽なので朝にホテルに荷物を預けて、春日大社の手前、飛び火野に
この時季に特にやっている鹿寄せを観に行きました。





 奈良の鹿は近年、インバウンドの人たちに大人気。世界中で有名になってきました。
その分、観光客とのトラブルも増えてきて、怪我人、怪我鹿?が双方に出たり、
餌があちこちにあるので活動範囲も広がり、交通事故に遭うしかも増えたりしている様子。

 怪我したり、病気になった(悪いものをたべさせる観光客も増えているらしい)鹿を扶けるために、
一般財団法人奈良の鹿愛護会の方たちが募金運動をやっている。
奈良観光の魅力アップと同時に、この啓発も「鹿寄せ」につながっているようです。

 10年ほど前、「鹿男あをによし」という万城目学原作のエキセントリックなドラマをフジテレビがやって、
玉木宏、綾瀬はるか、多部未華子、柴本幸、児玉清らが出演。
これが楽しかったので、奈良の鹿にはとても親しみがあります(笑)

 鹿寄せ見学のあとは、奈良市内に住んでいる友人夫妻と猿沢の池近くで落ち合って、
東向商店街の中の奈良漬け屋さん経営の味亭山崎屋に行き、茶粥定食をいただく。
お二人とはいつも六甲山や大和路のあたりにハイキングに行かれるときに
声をかけてもらっている間柄。

 そこでの話で、ご夫妻のうち旦那さんが東大寺手前の依水園に行ったことがないとのことを聞き、
では行ってみようという勢いで、依水園と寧楽美術館へ向かって出かけました。

 


 依水園、なかなか良かったですが、生来の方向音痴が祟ってなかなか出口へのルートがわからない、
最後はスマホを取り出してGPSで脱出する有様でした(苦笑) 
私も以前、行ったときは真夏で凄い暑さでしたが、今回は早春の雰囲気でのんびり庭歩きをさせていただきました。
迷ったのはご愛敬で、とても良かったです。

 夕食を約して、私は友人の「夫婦水入らずの休暇」を尊重して、ホテルのチェックインに行きました。

 ドーミーインチェーンの「天然温泉 吉野桜の湯 御宿 野乃 奈良」 です。吉野と言ってもJR奈良駅前(笑)
オープンしてまだ2年たってないホテル。動線まですべて建物内は畳でなかなか快適です。
泊まるのにはシングルでも充分広い感じ。1階に温泉があり、部屋にはシャワーブースしかありません。
このあたりの作りは、先日お世話になった出雲駅前のドーミインと同じ感じ。

 出雲より奈良の方が一人部屋はやや広いか?出雲では最上階に温泉でしたが。 
夕食に出かける前にゆったりと露天風呂付きの温泉につからせていただきました。


by ktokuri | 2019-02-25 15:01 | 小旅行 | Trackback | Comments(0)
リュックサックを新調する
 私の物欲方向というと、昔はクラシックカメラとレンズ。最近は特定のジャンルの電子ガジェット。
ファッションとか、インテリア、車(自転車)、蔵書といった趣味はあまりありません。
そんな感じなので、服はずっと昔から同じものを着倒していて、
久しぶりに会う友人と待ち合わせしても「すぐわかるわあ」と言われる(笑)


c0039413_14524524.jpg

 カバンは使う場面を考えて、それに一番合う機能で選ぶ主義。
通勤カバンは、震災後しばらくして買った吉田カバンのTANKERの3WAYをずっと使ってます。
これは便利だから....以前は通勤路のうち、50分ほどを歩いていましたが、そのとき背負っても、電車の中でぶら下げてもバランスが良くて。たくさん物が入るし、角ばらない。
使い始めてそのうち、職場の女の子から「キムタクのカバン」と言われて少し驚きました。
聞いたらドラマでSMAPの木村拓哉が使っていたものと同じ。使う人によって輝きがまるで違うのでしょうが(苦笑)
あまりキムタクは好み・贔屓ではないんですけどね。弟の友人ですけど。 

c0039413_14524859.jpg

 通勤カバンが気にいったので、リュックもTANKERを使ってます。こちらは便利な実感はないけど、
リュックの中では服に合わせやすい。
阪神淡路大震災後、リュック(小さいサイズなのでデイバックという言い方のほうが今様なのかな)が市民権を急速に得て、
背広でもリュックという人も増えてます。さすがに私はあまりやらないけど、上がコートのときには柔軟な方が良いかと。
 
 ただ、このリュックでは物がたくさんは入らない。
私は一人で二泊ぐらいの旅行に行くのが結構好きなんですけど、これはまず無理。
いつもはでかいトートバック持っていくのですが、カメラぶら下げて写真撮るのにはちょっと肩に負担がかかります。
最近は、動画カメラ(重いのは嫌なのでアクションカム系)をぶら下げて路程を記録に残すこともあるのですが、
そうなると大きめなリュックが必要になります。

 それでAmazonで格安のリュック(2,800円)を買ったのですが、あまり便利とは言えず首をひねっておりました。
ついこの間、奈良の2つの温泉(といっても狭いビジネスホテル温泉も込みですが(笑))にブラブラと行く2泊3日旅行を敢行したのですが、
荷物をとりだすときにでしょうか....スペアのメガネをケースごとどこかに落としてしまいました。
リュックなんて物が入ればいいわ..とバカにしていたのが仇になりました。考えてみれば吉田カバンはどちらも2万数千円。
二十年以上使っているカバンはどちらも、そこそこお金をかけてます。
けちって、3万円のメガネ落とすのでは(苦笑)あきませんね。
カメラやレンズが出しにくくしていて被写体前にしてオタオタするのもみっともないし、安物はバランス悪くて肩も凝る、背負うのに手間がかかる。

 しかたないので、ネットで良さそうなリュックを物色しました。YouTubeがとりわけ参考になりました。
私の場合、街歩きしていて何か撮影したいものに遭うと急に撮影機材を出すとか、
山道も結構歩くとか、電車や満員バスに乗るので周りに大きな迷惑がかかるのは気をつけないと...とか考えて迷いに迷いました。
結局、今回入手したのは、Peak designのカバンです。Everyday Backpack 20L

c0039413_14525617.jpg

 色は、山吹色、まっ黒、灰色(写真よりもう少し黒い印象の色)、同じく灰色だが写真よりやや薄い色 があり、
そのうち、「灰色やや黒が濃い色」チャコールを選びました。

c0039413_14525420.jpg

 ポイントは上からも右・左からも開けられること。リュックのベルトの長短が簡単に動かせること。
ベルトがしっかりしていて、海外(もうあまり行くつもり無いけど)でも使えるようにファスナー管理がしっかりしていること。


c0039413_14525236.jpg
 とにかく出し入れがちゃんとできないとだめです。このバックは中に入れる仕切りがとても秀逸で、取り外したり、
空間サイズを変えたり、堅牢かつ柔軟な作り。とても気に入りました。
同じもの(30Lと大きいやつですが)を持っている友人に見せてもらったとき感じた、
背負うときのバランスの良さが素晴らしい。私はでかいカバンは街ブラするときに人迷惑なので、小さいめサイズと
背負ってじゃまになりにくいシルエットが必須。
20Lはちょっとデカイですが、小旅行を考えると仕方ありません。まあ、ガンバつて使ってみます。

 通勤カバンは24年目(最近二代目になりましたが、初代も出張のときに使ってます)。
このカバンも、もうこれで死ぬまでリュックはいらない...というようになれば良いのですが...さて。




by ktokuri | 2019-02-19 15:43 | 物と欲 | Trackback | Comments(0)
今年のバレンタインデー
 今年のあの「バレンタインデー」がやってきました。
私が必ずもらえるのは、義姉の一つだけ。
彼女は体が不自由であまり色々なところに行けないので、そのかわり私が何処かに行くと、
いつもお土産を買って届けているので、その義理チョコです(笑)

 そうは言っても、最近の流行は行き届いていて、誰でも、こんな私でも他に今年も仕事の関係や、昔の仕事関係とかでいくつか貰っています(貰えそうです)。
今年の義理チョコの流行、一番お安いところはこれかな(笑)

c0039413_11233129.jpg
 近所の特売スーパーマーケットチェーン、サンディで87円!! (笑)
 某テナントのお姉さんから、そして日頃いつも顔をみるご近所さんのおばさまから、それぞれいただきました。

 もちろん、もう少し高価なものも少しはいただいてますが。
最近はGoogleさんもちゃんと忘れないように注意喚起に検索サイトで宣伝してくれるし。

c0039413_11281815.jpg

 
まあ、日本ならではの習慣?(私の知っている限り欧米では男性が女性に花を贈るとかいうのがあったような気がします)。
Googleさんもよくおつき合いしてくれるものです。

最近は1月もそこそこ早い時期からチョコレート特設売り場がデパートや商店街にできてますよね。あんなに早くから買ってどうするの?

 一方、これは本命専門でしょうが、前回もご紹介しましたが、チョコレート・洋菓子有名ブランド店には真剣勝負の女性の行列が。
直前になると凄いことになってます。


 この習慣、たしか、私が中学生の時にはすでに庶民生活にかなり定着していたような気がします。最初に貰った一個、意外な女の子から貰ったのでよく覚えています。懐かしい想い出ですね....

by ktokuri | 2019-02-14 11:35 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
春節で商売あがったりの一週間
 この一週間、中國では旧正月、いわゆる春節です。香港の知人は、彼の地でお年玉袋を大量生産。
日頃顔を合わせる人たち未婚者と思われる皆さんを中心に友人はもとより、会社のガードマン、マンションの管理人、
昼飯を食べる食堂・行きつけのカメラ屋さんの店員まで、ご祝儀?を渡すことになるとか(笑)、大変な習慣です。

 私も今は物流の世界で仕事しているので、中国が機能停止しているこの時期は比較的暇。電話も少なくてゆっくりです。
連休にはブラブラと神戸の中華街である南京町を覗きに行きました。

 竜が踊ったりするイベントをやっているはずですが、街の中を通り抜けただけの動画なので、繁盛している様子しか
写ってませんので、お許し下さい。雨の中、とても繁盛してましたよ。時間があれば少し点心ものでも辛子ドッサリつけて
食べ歩きしたかったのですが、雨が降っているのと時間が迫っていたので諦めました。旅行者の皆さん元気ですね。

c0039413_17093314.jpg

c0039413_17093287.jpg
 その後、北野へ出かけて、ラヴィニューでオーダーしていた義姉が待ちに待っているバースデーケーキを受け取って帰ってきました。バレンタインデー直前に神戸を代表するチョコレートが得意なこのお店は凄い人。雨の中、道を渡るところまで傘の行列が...
女性の方のこの凄い想いが成就することを祈ってます(笑)

c0039413_17132116.jpg

 私もおすそ分けをもらいました。さすがにチョコレートの深みが違う。美味しかったですよ。例年は港近くのモンプリュにオーダーしていましたが、先日クリスマスケーキをモンプリュにしたので、今回はラヴィニューでよかったです。

 仕事が少し時間的に余裕があるので、パソコンのハードディスクの中を整理し軽くしたり、ホルダー内のデータを整理したり、Google DriveやDropboxのファイルを整頓したり...
 春節が終わると、米中貿易交渉が本格化します。それで不景気になるとみんな大変です。
 


by ktokuri | 2019-02-13 17:18 | 個人生活 | Trackback | Comments(2)
苦手なもの 三題
 大病をしたせいで、お酒が飲めなくなりました。
自分なりに一生分飲んだんだ(その割には少ないか(笑))と割り切って、
今は飲み会ではウーロン茶やノンアルコールビール、ジンジャエールでOKです。
割り勘負けする面はありますが(笑)

c0039413_11075683.jpg

 もともと、私には苦手なものが幾つかあります。今、すぐに思いつくのが三つほど。

まず、高いところ(笑)
 親に昔きいた話としては、子どもの時には平気だったようですが、
金沢に住んでいた小学校低学年の時、やんちゃで高い木に登っていて落ちて、
それからダメになったみたいです。
 ただ、本当に不思議なことですが、阪神淡路大震災の時、避難所にした勤労市民センターの
体育館の天井の吊し物の高所処理(落ちてきたら危ない)や水漏れしたバルブのハンドルを
絞めに行くため、むき出しの高層階へのハシゴを上がる処理...そんなときに
は全く気にならずに登っていました。周りの人が「余震がこのとき来たら、あんた終わりやで!」
と呆れていましたが、どうってことなかったのです。まあ、有効期間一週間であっという間に
その「超能力」は失われましたが(笑)。極度に緊張していたのでしょう。

 次に、大変失礼なことなのですが、「水商売の女性・風俗営業系」
 お金払って、隣に座ってもらう...とか、愛想いいように話してもらうとか..全くダメなんです。
昔は仕事で東京で色々な人に会うとき、銀座や赤坂みたいなところにも行ったり、
施設の責任者になって、忘年会していると二次会とかで、
隣に座ってくれる女性がいる店に行ったりという経験もあったのですが、全くダメ。楽しめないどころか、
ずっと座っていることさえできません。生理的にダメなんですね。
友人には「その人たちもそれで生活しているのだから全面否定は失礼だぜ」と言われるのですが、
どうしても経済活動と、そういうこととがクロスする面でダメなんですね。
スナックはおばあちゃんに限る(笑) もちろんそれ以上のサービス?のところは行ったこともありません。

 3番目は、これまた変なのですが「口の中」。長めの歯ブラシダメ、
歯医者でも奥歯の治療は麻酔。胃カメラはかならず麻酔(安定剤)をセットしないと、
大変なことに。一度でドクターストップになりました(笑)。
鼻から細い管のカメラを入れてもらってなんとかやっていたのですが、
今は「ヤク(薬)」に頼るしかありません(笑)
でも、そのカメラに今回は命を救ってもらいました。不思議な因果です。
 いつもお医者さんにはご迷惑をおかけしています。


by ktokuri | 2019-02-07 11:24 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
「温故知新」とは言うけれど...切り替えないと
c0039413_13564044.jpg

 年代として歳がかさんでくると不思議と昔のことにこだわりがちです。
昔、「今までこうしてきた」「このときはこんなに大変だった」という話を、
うなづき小僧のように聞かされてきた体験が多かったですが、気がつくと、
今は自分が同じような語り口になっています。過去のことばかりで「今は空っぽかい?」という自問が聞こえてきます。

 神戸の街の中でも大好きな場所、「高架下」商店街。
西側は以前から寂れていてちょっとアジアンテイストなディープな雰囲気が漂っていました。
それが個人的には気に入ってました。ただ都市の有効利用、街の魅力という点ではもったいない気もしてました。
耐震性は「あの阪神淡路大震災でも大丈夫だった」のだから...と思うこともありますが
(いちおう当時、倒壊家屋の処理に関わる仕事をしていました)時間経過もありますし、全国的にも密集商店街での火災例が
増加する中(私の愛すべき阪急十三や京都祇園の盛り場でも大火災が)、
防犯機能も合わせてなんらかの手を打つべきという意見も理解できます。
私の青春時代からの思い出、港町らしいレトロな雰囲気ではすまないことなのかもしれません。

 先日、高架下商店街を歩いて、いよいよ再開発・再構築に着手という雰囲気を見ながらそう思いました。


 一方では、神戸のハーバーランドのテナント商店街ビルや横浜のみなとみらいの街を思い出すと、
どこにでもあるような新たしい盛り場の特徴のなさを感じて、私の年代には居場所がないような寂しさも感じます。
トーンのなさがいいのだろうか。ヨーロッパに遊びに行き、アメリカや香港、シンガポールの商店街の様子を
YouTube等で観る時、別にこんな違和感は感じないのですが。
銀座や横浜元町、上野に行くとホッとする自分がいます(笑)

 ぜひ、神戸の高架下は、単なる雑然とした雰囲気にならず、以前の、あるいは上野や浅草のようなとは言わないまでも
テーマパーク的な発想も入れていい雰囲気を作って欲しいと思いっているのですが。
ただ、これもよくよく考えると、年代による感性の差、ゼネレーションギャップなのかもしれません。

 それでも私としては、これからさらに歳を加えるに従って、過去に依存する「みっともない年寄り」にはなりたくない、
今を語る、これからを知ろうとする感性を忘れずに持ちたいと。脳みその中はそのための経験や
過去の記憶でありたいと思うところです。


c0039413_13563511.jpg


 感性と想いとのジレンマです。はるか昔、パソコンが初めて家庭に入ってきた頃、人間をPCのメモリにたとえて、
「あの人はROMだ」「彼はRAMだ」という暗号のような喩えがありました。
「リードオンリー」は出力だけで、思うこと・知っていることを聞く相手のことは構わず、
様子も見ずに自分のしゃべりたいことをずっとしゃべり続ける人。
「ランダムアクセスメモリー」は出力も柔軟で、かつ、ちゃんとその場で取材して、受け応え。その情報も取り込んで、話をできる人。
「飲み会」用語でしたが、この言葉の世代の人間としては、今、もう一度これを思い出さないといけないと。

 神戸の高架下を歩きながら、自分の心に問いかけておりました。

 
※写真は以前、旅行で訪れた出雲市での撮影です。私のセンスの「古いイメージ」で(苦笑)


 

by ktokuri | 2019-02-06 13:59 | 街角ウオッチング | Trackback | Comments(0)
インフルエンザの季節です
 インフルエンザの流行がドンドンスピードアップ。史上最高という勢いで流行していると聞きました。
私のそこそこの長さの人生でインフルエンザになった記憶は2回あります。

 一度は遙か昔、東京オリンピック(来年じゃないよ)の時。極めて幼い歳ながらに記憶が残っています。
「新型のウイルス」とか言われて耳たぶから血を採られたのを、(未だに恨みがましく)覚えています。

 2回目は阪神淡路大震災の時。17日に災害が起こって、激甚災害のど真ん中、
職場に行って夜まで働き、自宅が燃えているのではと言われて、幾つもの火災現場をくぐり抜け、
戻ってくると自宅の一歩手前で火が止まり無事。あちこちに車の中に避難していたご近所さんを自宅に招き入れ、
寝る場所もなくなったので翌18日から4日ほど開設責任者を請け負った避難所で寝泊まりした後、
インフルエンザで4日間リタイアしました(今ならもっと寝てないとダメですね)。

 それ以来、インフルエンザかなあ...と勝手に思いこんだたことは何度かありますが、
結果として医者に診断され、断定されたことはありません。
 歳も歳なので、そろそろ本格的に用心しなければならないのですが、今年もまた、
ワクチンを打つ時期を逸しました。まあ後半のタイミングには大病も患い
それどころではなかったこともあるのですが。

 結局、かなり前になりますが仕事関係でかかわった医療関係者さんたちの飲み屋での雑談の際に
仕入れた民間療法(予防法)?に頼ってます。
そのときのグループの皆さんの中で複数回答(笑)があってのは、漢方薬でした。私は風邪っぽいと、
葛根湯を早めに飲むのですが、彼ら曰く、「補中益気湯」がお薦めでした。
でも少し高いしなあ...とネット検索して思いましたが。
 次に印象深かったのは、イソジンのうがいはあまり効果なく、お茶で十分。
喉をつねに水っぽくしておくこと。お茶を常用して一口一口、外出してもマメに口にするのが良い。
 また、うがいよりは鼻洗いの方が効果がある (ただし、水道水ですると微生物が混入することがあり、
体の中で怖いことが起こることもあるので、水は煮沸しそれをもとに希釈した生理的食塩水を作ること)
という話もありました。
c0039413_14223761.jpg
 私は、早速これは採用しましたが、生理的食塩水は長続きせず、
結局、製薬会社のお世話になってます。Amazonで常に補給してます。
朝夕毎日はしんどいので、外から帰ったときに限って、それ以外は風邪っぽいときには集中してやってます。
年末に風邪っぽさがずっと続いたのですか、集中してこれをやっていると、
なんとか納まったので、これについては効果は過信状況(笑)

 たぶん実際のところ一番効果的と思っているのは手洗いですね。
これはビオレU等のアルコールで殺菌するタイプを乱用といっていいほど
、自宅にも、自室にも、職場にも置いて、起きたときから寝る前までトイレに行くときも、
食事するときも...1日に何十回というレベルでやってます。電車に乗ったり、人混みに入ったりするとこには、
手だけではなく顔も水洗いしてその後はコレ。ちょっとアルコールで肌荒れしているかもしれません(笑)
 
 あとは睡眠時間や栄養の確保。これは当たり前か。
そうそう、昨年初めから口の中をできるだけきれいにしなければと....
そろそろ誤嚥性肺炎が怖い年頃(笑)なので、口の中をうがいするのも頻繁になってきました。

c0039413_14223474.jpg

 いつも世話になっている歯医者さんには口腔を清潔にするのにはコンクール液と奨められたのですが、
予算の都合でコスパの良いこちらにしてます。朝起きたとき、自宅外から帰ったとき、
職場でも人と会ったり、会議をした後には職場の引き出しに置いている分で、
そして寝る前に。グチュグチュやってます。
 
c0039413_14411950.jpg
 それ以外にやっているのは、できるだけ暖めること。
本当は冬の外出時は帽子をかぶるのがいいのでしょうが、背広仕事族にはなかなか生活文化的に難しいですね。
マメにしているのは、皆さんもされていると思いますが、
寒気がするときは肩甲骨のしたあたりに貼るカイロを下着に貼ること。
それと、モンベルさんのウエストウオーマー(ようは腹巻きですね)を薄手のものと、
厚手のメリノウールのものとを使い分けて愛用してます。腹巻きは風邪と言うより胃腸のガードに良さそうな感じ。

 これだけやっていても、歳は歳なので、ちょっと条件悪くなるとインフルエンザウイルスにはかなわないでしょうね。

 大流行の今年、うまく乗り切れるでしょうか?
 




 

by ktokuri | 2019-02-01 14:48 | 潤い | Trackback | Comments(0)