カテゴリ:物と欲( 19 )
Sony Xperia ear duo
つい先日、Xperia Ear Duoというイヤフォンを入手しました。
前々から思っていたことですが、私の欲しいイヤフォンは2種類。
イメージは飛行機の客席での音楽聴きながらのうたた寝。きっちりノイスを取り去って、電車の中でも静寂の世界に入り込めるノイズキャンセラーのヘッドフォン。これはBose社のものを7年近く使っていて、海外への飛行機での旅程などでとても便利にさせていただいてます。今はSonyのものが良いようですが、買い換えるほどの不便さ、不満足さはありません。オープンエア型なので、本当はコンバクトなものが欲しい...とは思いますが。それは今のところノイズキャンセルはありませんが、外音が届きにくいカナル型のビクターのイヤフォンで満足してます。
 
 もう一つは、街歩きのときのお供。周辺の環境音も聞こえれば、音楽もBGMとして聞こえる。オーディオ的な特性はあまり大きなウエイトはなくて良い。聞き苦しい気になる音でない、聴き疲れをする音でない...それなら良い。できたら、少し駆け足で走っても落ちることもない...隣の人と話しながらもBGM音楽が添えられる...そんな印象のものがあれば。そういう条件なので右左独立のケーブルレスが一番。今まで、左右つながっているけど骨伝導のものや、外音が通りやすいBluetooth無線のものなど試しみましたが今ひとつ納得がいきませんでした。

c0039413_10260697.jpg

 そんなとき、YouTubeを見ていると、Sonyの女性のオーディオ開発者の方のプレゼンの動画が目に止まりました。「ジブリの映画のシーンを、その舞台設定の風景の中で、添えられた音楽と、その場の音とを併せて同時に聴いてみたい」そんな欲張りな趣旨のことを開発コンセプトにして挑んでこられたと理解しました。
前から私の考えていることと同じ。
 
 私は昔から「こんなものがあればいいなあ」というコンセプトが稚拙なりにも、曲がりなりにも実現しようとしてる方向の商品には、募金半分でも投資したくなる癖があります。オリンパスがマイクロフォーサーズで初めてミラーレスカメラを作ったときも、周りの人に「ミラー無しでこういう形でカメラを作れると思うのだけど」とさんざん言って、某カメラ会社の技術者さんを困らせたりしていたので、すぐ食いつきました。
 このSONYのイヤフォンは存在は知っていたけど、お値段も高く、コンセプトイメージもここまで近いとは知らなかったこともあって、スルーしてました。SONYのこの製品にはもう一つコンセプトがあって、AIを活用できるインターフェースになりうるように作られているのですが、プラットフォームがAndroidなので、iPhoneを使ってる私にはあまり魅力を感じなかったのも、よく調べなかった原因の一つです。

 昨日(といってもこれを書いているのはその当日)、遠出をしたときにずっとこのXperia ear duoを使って音楽を聴いていましたが、列車内で聴こうが、田舎を走る車の中で聴こうが、結構楽しい。スピーカーでいうところの「能率」がもう少し高くて、音量がもう少し出ればさらにいいのに、音源によってはやや足りないところもありますが、それでも他のイヤフォンにはない音作りでした。音質は百均並とか言っているYouTuberがいましたが、商品コンセプトの把握を考えれば自分でアホですと言っているようなものです。何を求めるのかわかっていない。蛇に足があれば便利な蛇でしょ...と言っているような。外の音とあえて混ぜて出して欲しいのですから、低音をくっきり出すというのは人間の耳の構造、聴覚神経から、不自然さの増幅となるに決まってます(まあ、たしかにデータ限られたBluetoothでしかも管から音を運ぶメカなので出したくても出せないでしょうけど)。
 Sonyではこの製品のあとに、機能が同じタイプの有線の廉価版のイヤフォンも出しましたが、商品コンセプトとしては無線、それも左右独立のイヤフォンでないとイメージどおりとはいきませんね。
 昨日は、シャンソンやヴェルディの歌劇「ドンカルロ」など、久しぶりに移動する車内で音楽三昧でした。ちゃんと車内アナウンスも聞きながら...

by ktokuri | 2019-04-05 10:27 | 物と欲 | Trackback | Comments(0)
リュックサックを新調する
 私の物欲方向というと、昔はクラシックカメラとレンズ。最近は特定のジャンルの電子ガジェット。
ファッションとか、インテリア、車(自転車)、蔵書といった趣味はあまりありません。
そんな感じなので、服はずっと昔から同じものを着倒していて、
久しぶりに会う友人と待ち合わせしても「すぐわかるわあ」と言われる(笑)


c0039413_14524524.jpg

 カバンは使う場面を考えて、それに一番合う機能で選ぶ主義。
通勤カバンは、震災後しばらくして買った吉田カバンのTANKERの3WAYをずっと使ってます。
これは便利だから....以前は通勤路のうち、50分ほどを歩いていましたが、そのとき背負っても、電車の中でぶら下げてもバランスが良くて。たくさん物が入るし、角ばらない。
使い始めてそのうち、職場の女の子から「キムタクのカバン」と言われて少し驚きました。
聞いたらドラマでSMAPの木村拓哉が使っていたものと同じ。使う人によって輝きがまるで違うのでしょうが(苦笑)
あまりキムタクは好み・贔屓ではないんですけどね。弟の友人ですけど。 

c0039413_14524859.jpg

 通勤カバンが気にいったので、リュックもTANKERを使ってます。こちらは便利な実感はないけど、
リュックの中では服に合わせやすい。
阪神淡路大震災後、リュック(小さいサイズなのでデイバックという言い方のほうが今様なのかな)が市民権を急速に得て、
背広でもリュックという人も増えてます。さすがに私はあまりやらないけど、上がコートのときには柔軟な方が良いかと。
 
 ただ、このリュックでは物がたくさんは入らない。
私は一人で二泊ぐらいの旅行に行くのが結構好きなんですけど、これはまず無理。
いつもはでかいトートバック持っていくのですが、カメラぶら下げて写真撮るのにはちょっと肩に負担がかかります。
最近は、動画カメラ(重いのは嫌なのでアクションカム系)をぶら下げて路程を記録に残すこともあるのですが、
そうなると大きめなリュックが必要になります。

 それでAmazonで格安のリュック(2,800円)を買ったのですが、あまり便利とは言えず首をひねっておりました。
ついこの間、奈良の2つの温泉(といっても狭いビジネスホテル温泉も込みですが(笑))にブラブラと行く2泊3日旅行を敢行したのですが、
荷物をとりだすときにでしょうか....スペアのメガネをケースごとどこかに落としてしまいました。
リュックなんて物が入ればいいわ..とバカにしていたのが仇になりました。考えてみれば吉田カバンはどちらも2万数千円。
二十年以上使っているカバンはどちらも、そこそこお金をかけてます。
けちって、3万円のメガネ落とすのでは(苦笑)あきませんね。
カメラやレンズが出しにくくしていて被写体前にしてオタオタするのもみっともないし、安物はバランス悪くて肩も凝る、背負うのに手間がかかる。

 しかたないので、ネットで良さそうなリュックを物色しました。YouTubeがとりわけ参考になりました。
私の場合、街歩きしていて何か撮影したいものに遭うと急に撮影機材を出すとか、
山道も結構歩くとか、電車や満員バスに乗るので周りに大きな迷惑がかかるのは気をつけないと...とか考えて迷いに迷いました。
結局、今回入手したのは、Peak designのカバンです。Everyday Backpack 20L

c0039413_14525617.jpg

 色は、山吹色、まっ黒、灰色(写真よりもう少し黒い印象の色)、同じく灰色だが写真よりやや薄い色 があり、
そのうち、「灰色やや黒が濃い色」チャコールを選びました。

c0039413_14525420.jpg

 ポイントは上からも右・左からも開けられること。リュックのベルトの長短が簡単に動かせること。
ベルトがしっかりしていて、海外(もうあまり行くつもり無いけど)でも使えるようにファスナー管理がしっかりしていること。


c0039413_14525236.jpg
 とにかく出し入れがちゃんとできないとだめです。このバックは中に入れる仕切りがとても秀逸で、取り外したり、
空間サイズを変えたり、堅牢かつ柔軟な作り。とても気に入りました。
同じもの(30Lと大きいやつですが)を持っている友人に見せてもらったとき感じた、
背負うときのバランスの良さが素晴らしい。私はでかいカバンは街ブラするときに人迷惑なので、小さいめサイズと
背負ってじゃまになりにくいシルエットが必須。
20Lはちょっとデカイですが、小旅行を考えると仕方ありません。まあ、ガンバつて使ってみます。

 通勤カバンは24年目(最近二代目になりましたが、初代も出張のときに使ってます)。
このカバンも、もうこれで死ぬまでリュックはいらない...というようになれば良いのですが...さて。




by ktokuri | 2019-02-19 15:43 | 物と欲 | Trackback | Comments(0)
アジェの写真集
c0039413_22581739.jpg

 私が一番好きな写真家というと、キャパやブレッソンでもなければサルガドでもなくて、パリの街を撮り続けたアジェです。リブロポートの「アジェ  巴黎」や岩波書店の写真集を手元に置いていましたが、どちらもぼろぼろになったので、今回、海外の書店から新たに写真集を取り寄せて、本日到着。

 私は学生時代から仕事を始めた当初に一時カメラに凝っていた時期がありました。しかし、その後、仕事ではプレス提供するための写真を撮ってはいましたが、個人的な時間にはシャッターを押すことのなかったのです。それがある偶然で、今はもうない、神戸元町の丸善の店頭で、洋書のアジェの写真集に出会いました。街の素顔を、なんの誇張もなく、素直にただただ撮っていく、その姿勢にとても感動しました。
c0039413_23175719.jpg

彼の写真をみて、「神戸の街も記録しておかないといずれは様変わりするだろう」という思いで、当時、私にはきわめて高価だったライカを思い切って買って、街の写真を撮り始めました。
 それからそう年月に余裕はありませんでした、阪神淡路大震災が起こり、私の予想を遙かに超える、瞬時に、神戸の街が様変わりしてしまったのです。
 今は、手元にはライカはなく、オリンパスとリコーのデジタルカメラがあります。とても不思議な巡り合わせではありますが、街の写真を撮る習慣はいまだに続いてます。
 その時代には、あたりまえの絵はがきの素になるような風景写真だったアジェの作品ですが、何時間も観ていても飽きない発見があります。私も今、自分が撮っている写真を十年先、二十年先に観て何か感じられればいいと思っています。
by ktokuri | 2008-02-16 23:28 | 物と欲 | Trackback | Comments(6)
【三宮 中山手】 にしむら珈琲 GPSで好奇心を満たす
お友達のsenshikibowさんのお勧めの台湾製GPSロガー,コメットDL/3 (DG-100)を買ってしまいました。今までソニーのSONY GPS-CS1Kという同じ機能のものを使っていたのですが,これに買い増しの形です。
c0039413_21474397.jpg

 GPSロガーというのは携帯していると,自分のいるところをデジタルで記録してくれるマシン。その間にデジカメで写真を撮ると,その写真が撮影された時刻がデジカメデータとして残っているので,その時どの場所にいたのかをチェックして写真に撮影した位置情報を書き込むことが可能になります。
 難しいことは別にして,ブラブラ歩いて,中山手のにしむら珈琲の本店で珈琲を飲んだのですが,
c0039413_21492167.jpg

 この写真は位置情報がデータに書き込まれていて,手元にあるLightRoom1.1で読み込んで,この写真の「位置タグ」をクリックすると,
c0039413_21503956.jpg

 サアーッとこういう地図を観ることができます(最初に出てくる絵は航空写真ですが,ワンタッチで地図に切り替えられる)。実に爽快です。地球の中すべてに対応してこれです。まあ,この地図のように残念ながら道半分だけ南にずれていますけど。
 ミサイルなら攻撃目標には誤差範囲でしょうね(軍事用にはさらに精度が上がっているようなので実際はこんな大まかな誤差は出ないようですが)

 まあ,こんなことはどうでもいいような。ここの珈琲,私は高校時代からファンで,時間のあるときにはいつもここ。
c0039413_21563051.jpg

神戸っ子はなおさら,ここが好きなようです。インドの人も,中国の人も,そしてドイツ系の人も楽しく珈琲飲んでました。


にしむら珈琲 本店
神戸市中央区中山手通1丁目26-3
078-221-1872
AM8:30~PM11:00
 
by ktokuri | 2007-07-08 21:56 | 物と欲 | Trackback | Comments(4)
ブタのキャラクター
 最近、ブタのキャラクターグッズを集めてます。モノクロブーブランドなども可愛いのでカップや名刺入れなどを使ってますが、最近はDRUG STORE'Sブランドの衣類もちょいと街歩きに使ってます。
いい年のおじさんが....という感じは否めませんが。
c0039413_20544230.jpg

これはTシャツ。インドシリーズです。私の日常服には他に孫悟空シリーズとか、ワールドカップサッカーシリーズ(以前ご紹介しました)とか、おまけにもらった腕時計とかいろいろあります。
c0039413_2102491.jpg

 今回は、このパーカーですね!このあいだこれを着て長田の街をウロウロしていると、後ろから女子高生の賑やかな声が...ひよっとして、もてたのかしら?(°°)☆\(--メ)バキッ!
by ktokuri | 2006-12-14 21:11 | 物と欲 | Trackback | Comments(6)
Sony GPS-CS1K のその後
 Sony GPS-CS1Kを入手してから10日ほどがたちました。ちょいと中間報告です。
c0039413_10305850.jpg

 以前、ご紹介したGoogle Earthとの連携はとても便利です。線の色を変えて複数のコースを識別させて標示することもこのようにできます。


 ちなみに、これは私が三宮・元町方面から自宅に主な帰るルートです。これ以上の大回りもありますが、代表例として、

 1.赤コース 三宮~元町高架通横(線路沿い)~モダン寺のところを入って、裁判所・湊川神社北側の裏道を抜けて、
  福原の色街の中を抜けて、新開地を横断、中道通方面から番町、幹線、西代、自宅

 2.黄コース 三宮~元町アーケード商店街横~JR神戸駅~湊通~永沢町~大開通一つ南
   ~西市民病院~細田線(別名 平沼商店横)~自宅

 3.緑コース 三宮~元町アーケード~湊川神社前~楠六交差点前後を南へ~
   JR線南を兵庫キャナルタウンへ~真野地区~苅藻~新長田大正筋~自宅

 以上、食事や買い物の事情や風景を見ながらゆるりと歩きます。休みの日ですと、これ以外に御崎、浜山のウイングスタジアムを回って歩く大回りコースも、港町神戸を満喫できるので楽しい散歩コースになります。
 1番早く帰れるのは赤コースでしょうか。だいたい1時間15分ぐらいで歩きます。


 さて、デジカメの画像データにGPSの位置情報を入れることは、このGPS-CS1Kで大まかながら可能になるのですが、それだけでは、数字の羅列でよほどのマニアでも地図上のイメージが湧きません。それでどうするか..Exifreaderというソフトを使えば、画像のこの情報をMapion上で確認することができます。
 また、GPS-CS1Kに添付されている地図に位置情報をもとにして、自動的に貼り付け、画像をポイントアイコンとしておくこともできるますが、ちょっと1万分の1ではスケールが荒いので、もう少し詳しい地図が欲しくなります。カシミール3Dというフリーウエアのソフトで国土地理院の公開されているデータを使う手もあるのですが、今のところ2万5千分の1です。
 しかし、Google Earthや Google Mapでは、もっと詳しい地図で画像を置くことができます。それに市販の昭文社のスーパーマップル(GPS-CS1K添付のCDが必要)やアルプス社のアトラスという地図のシリーズだと5千分の1の地図に画像アイコンが自動的に貼れます。
 残念ながらゼンリンの地図は現時点では使い物になりません。GPSというか測量のポイントが今、旧来の日本規格から、世界規格に見直されつつある中で、ゼンリンさんのパソコン用の地図は旧来の規格のままで、新規格(世界測地系)に対応していないからです。自動で貼ろうとしたらは微妙にずれてしまいます。 一番私生活で使いやすいゼンリンが対応していないのは誠に残念です。

 そんなこんなで、色々と触ってみましたが、とりあえず画像データに位置情報を埋め込んでおいて、どこの写真だったか、Exifreaderとマピオンで確認するぐらいで今の状況では充分です。それ以上のことはその時々でやればよくて、あまり凝ると続かない感じがしてます。
by ktokuri | 2006-10-15 11:03 | 物と欲 | Trackback | Comments(7)
GPS-CS1Kを買いました
 先日注文していた、GPSの自動レコーダーというべきSONYのGPS-CS1Kが昨日届きました。早速、今日使ってみました。
これは衛星からの電波を受信して地球上の定位置を確認するGPSシステム(自動車についてますよね)の一種なのですが、腰に水戸黄門のご印籠のようにぶら下げられるところが違う。
 これをぶら下げ、スイッチを入れると、15秒ごとに何時何分に地球上のどこにいたかが記録される。それとデジカメの時計を合わせておいて、専用ソフトでリンクすれば、地図上のどこで、どんな画像を撮影したかがソフトで現せるという製品です。
 いわばコロンブスの卵。単に北緯何度、東経何度をどんどん記録していくだけなのですが、使う側で色々と工夫すると面白いことができます。
c0039413_223196.jpg

 いずれ上のような使い方もするのでしょうが、今回は15秒ごとに記録した位置を航空写真や地図の上でどう表現できるのか、個人の方が開発したデータコンバートソフトを使ってテストしてみました。
c0039413_21592294.jpg

これはグーグルマップに記録した例。15秒ごとにどこを歩いていたかビジュアルに表示します。
c0039413_2242262.jpg

これはグーグルアースに貼ってみた例。神戸市北区箕谷から道場南口まで(本日の午前中一回目のお仕事)。
c0039413_22153945.jpg

これは本日の私の仕事の動きの一部。トンネル等電波が受けられないところやスイッチを切っている時間があれば少しワープします。
 結構ビジュアルで面白いと思いませんか?
by ktokuri | 2006-10-04 22:09 | 物と欲 | Trackback(1) | Comments(18)
Google Earth 日本語バージョンにはまってます
 先日、ダウンロード開始した3D機能付きのGoogle Earth 日本語バージョンにはまってます。
 面白いですね。レイヤーでちゃんと主要施設が出てきますし、自分でスポットを記入することも可能です。
c0039413_1041222.jpg

 これは私の仕事場の近く、神戸市北区 神戸電鉄箕谷駅付近の画像です。
これよりもはるかにクローズアップさせることが可能で、場合によってはビルの上の排気ファンの個数を確認することもできます。俯瞰する角度も自由自在。
私のパソコンはかなり旧式でディスプレィカードは規格としては対応しているものの、標示に時間がかかるため、あえて、充分つながらない場合はどうなるかキャプチャーしてみました。
 駅前にある いけや食堂のマーキングがちゃんと見えます。
 3D機能はきわめていいかげんですが、それでも雰囲気は出てきます。
 こういうソフトが無料で配布されるなら、ディスクトップパソコンをバージョンアップしてもいい気がしてきます。
by ktokuri | 2006-09-17 10:44 | 物と欲 | Trackback | Comments(8)
時計を買いました
 先日、珍しく時計を購入しました。主に仕事用です。日常愛用しているのはレビュートーメンのクリケットで、自分の相棒としてこれがあればもう他はいらない...という感じです。そしてどうしても秒刻みでチェックがいるときにはカシオの電波時計を使ってました。
 ところが、父親が自分が使っていた腕時計を壊してしまった(よく時計を壊す人です)ので、この夏、郷里の軽井沢に帰る折りに、この電波時計を持たせました。
 そうしていると、クリケットのコオロギ(手巻きアラーム)が鳴かなくなり、修理に出すことに。
世情でも私の仕事では、部下に時間管理を厳しくしてもらわなければならなくなって、秒単位のチェックが欠かせない状況に。
 そんなこんなで、安いクオーツの時計を買うことにしました。時計は好きなものが1つあれば(だって一度に二つは使わないでしょ)...が私の基本なんですけどね。
c0039413_11442695.jpg

 安いといっても、それなりに面白いものはないか...と考えてくうちに、格安の筈が、やや安めのMONDAINE(モンディーン)Official Swiss Railways Watchシリーズのエヴォ ビッグデイトというのにしてしまいました。
 鉄道マニアの方によく知られている、チューリッヒ駅中央口の時計をあしらったものです。
(ちなみに私は鉄道マニアではないのですが、現地に行ったことがあるので)。
 スウォッチも観ていて楽しいのですが、ちょっとチャラチャラしているし、秒針と日付が見やすいものというと、これが軽快なデザインで好いかと....
 はじめは白にしようかと思ったのですが、Barのマスターをやっている知人がしていたのを思い出して(薄明かりの職場では白の文字盤は便利なんでしょうね)、黒にしました。
 ちょっとした記念日に誰もプレゼントしてくれないので、自分で買ってきました。(^^;
 クオーツ時計でも毎日秒針はチェックしないとあやしいかもしれませんね。
by ktokuri | 2006-09-10 11:57 | 物と欲 | Trackback(1) | Comments(10)
イヤーフォンとヘッドフォン
 最近、ipodにイヤーフォンをセットして通勤してます。
 歩いて通勤する50分。その途上の風景をBGMを添えて楽しむ。これがいいですね。
朝は、ボサノバやジャズの女性ボーカル。昼休みにはモーツアルトやドビュッシーでうたた寝。
夜は本格的なジャズバンドやベートーヴェンのピアノソナタ、そして浜田真理子の歌に、プッチーニやヴェルディのオペラ。
 それを支えてくれるのはイヤーフォンやヘッドフォン。本当は一つに決めたいのですが、なかなかそんな訳にはいきません。
 昨日、飲み会のおりに周囲の皆さんに見せびらかせて刺激しましたので、バツゲームでブログでの紹介を命じられましたので、さて、書き込むことにします。

 一番気に入っているのは、ETYMOTIC RESEARCH (エティモティックリサーチ)の ER6iです。完全な耳栓で外の音はほぼ聞こえなくなります。歩行時には車が恐くてちょっとつけるのは冒険です。電車の中では音楽に集中できてかけがえのない効果が期待できますが、有事の際は怖いでしょう。音は分解能力があって、締まった音はとても魅力。耳に入れるときにとにかく奥にグッと入れなければなりませんが、さすが補聴器のメーカーだけあって耳へのフィット感は慣れればきっちりと密閉できます。
 
c0039413_20412023.jpg

 このER6iはipod用に少し低音部分で調整されて、インピーダンスも下げて能率を上げ、電池の保ちを良くするように調整されてます。これが好きか嫌いか。音だけ言えば同じ会社のER4Sというスーパースターがいますけど、ちょっと人前で聴くのは見場が悪くて、お値段も高価ですし。もちろん、ER6iもちょっといい値段しますけど、サウンドハウスあたりで買えば、少し安くなりますしね。ライバルはLPレコードのMM型カートリシッジやマイクで有名なシュアー社のカナル型イヤホンです。
 日常に使っているのはPHILIPS SBC-HS740です。amazonあたりで買えば2000円前後の手軽な値段で入手できるイアーホンです。何よりも耳にコードをかける装着法がユニークで歩いていても耳穴からずれません。これは誠に有り難いです。
c0039413_20413587.jpg

 音は低音がバリバリ出て、中音まで破綻がなくつながってくるタイプなのですが、私は好みから言うと友人が持っているAKGのK14Pのような華麗な高音が好きなので、ちよっと物足りないところがあります。私のように女性のボーカルや弦楽器にこだわる趣向でなくて、ジャズやロック主体の人には文句なくお勧めかなあ。

 今回は上の二つを買いました。ipodを買う前から、安物のMP3を使ってましたので、イヤーフォンは以前から持っていました。ここ数年はSENNHEISER MX500を使っていて、これも音には不満はないのですが、耳のかかりが悪いため歩きながらというとフィリップスのようなわけにはいきません。
c0039413_20415046.jpg

ただ、音の遮音効果などから言うとアウトドアーで使うこともできるよい製品で、WEBによってはipodに最適と薦めているのもよくわかります。

 古いというと、昔に買っていたイヤーフォンSONY MDR-E484も好きな音作りです。
c0039413_20421030.jpg

これは当時はけっこう高いお値段のイヤーフォンだったので、なぜこれ買ったのかわからなかったのですが、ソニーの製品は一般的に言ってドンシャリ型の音作りでもう一つ好きになれないものが多いのですが、これはなかなかよかったです。インターネットの世界でも頼みcomなんかでも絶賛されています。フーム、そうだったんや。
 
 家にはステレオがありますから、それなりにヘット゜フォンがあります。これは以前からの製品ですが、AKGのK66という5千円前後で入手できるものを使ってます。難しいことを言うといろいろと注文があり、お金があるリッチな人はSTAXあたりの素晴らしいヘッドフオンを入手しておられるのでしょうが、そんなに長時間使うも実績は今までないし、言ってもバイノーラル録音でもない限り本当のところ、ヘッドフォンで聴くのは音響的、医学的(生物学的?)には不自然なことでもあるので、まあ、これで満足しようというところです。
c0039413_2042024.jpg


 このところふところにはER6iとSBC-HS740を入れてipodとともに使ってます。
あとは楽しい音楽があれば言うことないですね。
by ktokuri | 2006-02-26 21:35 | 物と欲 | Trackback | Comments(8)