カテゴリ:個人生活( 28 )
では、夕方、退社後のお供は?
 昨日、朝はPodcastを聴く...と書きましたら、早速、「帰りはどうするの?」という突っ込みをいただきました(笑)
帰りはPodcastは聴きませんよ。今頃から早秋にかけて、夕方、黄昏どきが一番美しい季節。

 この時期には好きな音楽を聴きながら、季節を楽しみたい。
晩春の緑と調和する夕日を観ながらモーツアルトのクラリネット協奏曲。
初夏のヘルマンヘッセの小説に出てくるような「アーベント」には、ビル・エバンスのピアノ。
夏の蒸し暑さは残りながらも、昼の暑さが緩みホッとする時間にくつろぎながらアリソン・クラウスの歌を聴きたい。
ダイアナ・クラールもいいかも。たまには中島みゆきとユーミンとかもね。
暑気払いには、ホットなジャズ。

c0039413_11462988.jpg

そんな聴き方を生かすための投資として手に入れたのがSonyの Xperia Ear Duo XEA20JPです。
c0039413_12004219.jpg

 このイヤフォンは音楽と外の環境音がとても綺麗に溶け込むような特殊設計がされていて、季節の風景にBGMの音楽がのり、美しい雰囲気を出します。
 電車の中は音楽はあまり向かないので、Ankerのお手軽なカナル型のイヤフォンを使って
Amazon Prime VideoからダウンロードしたビデオコンテンツをiPad Proで観ていますが、
歩くときの僅かな時間はしっかり楽しんでいます。
 

by ktokuri | 2019-05-31 12:17 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
朝の通勤にPodCastを聴く
 通勤で歩く時間と電車に乗っている時間が待ち時間等入れて、全部で1時間ほどあります。
今までの仕事の通勤では一番遠い。まあ、昔は世田谷から神田御茶ノ水まで大学に通い、西宮仁川から京都今出川まで大学院に通っていたりしたのですから未体験ではないのですが、この歳ですから少し状況が違います。
 この時間をうまく利用しないと...。以前から、手元のiPhoneXに音楽CDやネット購入のハイレゾデータを入れて、ジャズやクラシックを楽しんでいたのですが、朝、仕事の前は音楽に没頭すると、ボーッと(←親爺ギャグ)していて仕事のスタートがゆっくりになったり、中途半端に職場に着いてしまうと、途中で音楽を切るのがとても残念だったりすることもあって、他のメディアも混合してみようと考えるようになりました。
 
c0039413_10134829.jpg

 ラジオを聴くのも良いのですが、どうも時刻的に通勤時の番組がそぐわないのと、途中で止めるのも少し何かなあということもありました。それで思いついたのがPodCast。いわゆる、ネットラジオ。ネット上に配信保存されている番組(音声 音楽 動画)を、スマホやパソコン タブレットなどにダウンロードして聴くことができるサービスです。動画もありますが、主流は音声・音楽で、データが軽いので気軽にダウンロードできます。
 私がiPhoneで使っているPodcast用のRSSRadioというアプリは、登録している番組は新しいデータが番組サイトに追加されると、それを検知して自動的にダウンロード。ちょうどハードディスクビデオデッキでテレビ番組を観るため、連続ドラマを番組名で指定して予約録画するような感じと思っていただければ。そして聴きたいときに聴きたい部分を聴く。少し速い速度で聞いたり、空白時間を自動的につめて聞いたりという機能もこのアプリなら使えます。
 PodcastにもNHKの定時放送のニュースや英語バイリンガルのニュース会話、日経トレンディなど定番といえるものもあります。また、それ以外に色々なキャラの人たちが主催する番組、昔のラジオのディスクジョッキのような聞き流し用の番組もあります。趣味系のものからIT系のものまで色々あり、自由に選んで、過去のものからダウンロードほやほやのものまで録音された日時を考慮して選んで聴く、そのときのテーマを見て選んで楽しむということが可能です。まだ聴いてはいませんが、ジャズのピアノソロのものなどもあり楽しめそう。海外のものは私は語学力がほぼすり切れているのでダメですが、会話能力維持に使ったり、音楽を選んで聴くこともできて使い方はその人そのひと様々でいけそうです。
c0039413_10023663.jpg

 私の興味のあるITやオーディオ、カメラ系の情報は最近は、雑誌やまとまったWeb記事ではスピード感がないというか、時間が経過していて鮮度が悪いときが多く、興味のある多くの情報は視覚(YouTube)、聴覚(このPodcastのようなもの)から入ってくるものが一番早いのです。
 好きな音楽は散歩のような余裕のある時間や、家でお茶飲みながら聴くことが増えました。これはこれで心の健康維持のため良いのです。




by ktokuri | 2019-05-30 10:57 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
あんこの和菓子 に対する欲求
c0039413_15365297.jpg
 病気になってから、お酒をやめました。病から回復後もお酒断ち以外には、食生活では特別に何か...ということはないのですが、最近、和菓子、特にあんこのものを好むようになりました。「糖質」とか「砂糖」というのではなく、あんこの和菓子だけ(笑)。クリームものの洋菓子やチョコレート、スポンジケーキ、甘い飲み物には全く関心がありません。
羊羹になるとすでに若干食傷気味です。

 以前、仕事で知り合った女性が「無性にチョコレートが食べたくなる」と言っていました。その女性はいろいろ調べて医療機関に行って相談したみたいですが、結局、マグネシウム不足だったようです。
 あんこにも、そういうものがあるのか...たとえば、がん細胞は糖質で育つと聞きますが、その中でも特にあんこを狙い撃ちして増殖するとかあるのか...と調べてみたのですが、特になく、タンパク質が足りないかも...というぐらいでした。豆腐を中心にタンパク質は豆乳や納豆、それに肉か魚を毎日食べているのです。たしかに朝食、昼食を中心に糖質制限しているので、その反動があるのかもしれません。体重はやや軽いままですし。夕食でも米飯は二日に一度玄米食べるぐらいにしてますから。でも、外食ではパスタもバエリアも食べているし、ノンアルコールなのでジンジャエールも、ときには飲みますし。さて、どうなんでしょう。
 そういう中で、少し暑くなって、葛まんじゅうや、わらび餅が美味しい季節になりました。当分、和菓子系のみの甘物好みは続きそうです。毎日食べる..は控えたいところですが。
by ktokuri | 2019-05-28 15:52 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
「4Kテレビ」を勉強する
 先日から、4Kテレビを購入しようと、色々調べておりました。
私と同じマンションの別室に住む、義姉は生まれつき身体が不自由で、寝返りをうつのがやっと。
旅行にもなかなか行けませんので、せめて「旅行に行った感」を味わってもらえればとの思いでのお買い物です。

 最初は有機ELのテレビを買おうと思ったのですが、これには大きな問題が。
テレビを置く部屋と視聴距離から考えて有機ELの4Kテレビの最小サイズ55インチはちょっと厳しい。
結局、43インチの液晶4Kテレビにターゲットを絞ることになりました。
例外的に40インチもありますが、概ね43インチが4Kテレビ最小サイズなんですね。知りませんでした。
4K放送には今までの視聴距離よりもかなり短くてもいい、詳細な画面なので短い距離の方が真価を発揮するのですが、
近距離では速く動きのある画像は目が疲れることは間違いないし。

 さらに、今、出回っている4Kテレビは、4Kチューナーが入っていない(ビデオデッキや
セットトップボックス等の外付けチューナーがいる)ものも多いと知ってピックリ。
まあ、本格放送が始まったばかりのものですからねえ。
 また、私のマンションはケーブルテレビがテレビ視聴をサポートしている建物なので、そもそも4Kがアンテナ線つなぐだけで
そのまま観れるのか。マンションの管理会社に聞いても、もう一つわからないし...

 ケーブルテレビ会社に聞いたら、地上波デジタルはケーブルテレビのサポートだが、
BSデジタルはマンション建設時の設置アンテナと設備機器のサポートの様子。管理組合の持ち物。
20年近く前のマンションのアンテナで大丈夫か?と、問題山積になりました。
つながらないとなると、ケーブルテレビのセットトップボックス(チューナー)のお世話になる。
そうすると4Kチューナー内蔵のテレビの4Kチューナーは無駄になるわけで...

c0039413_15243275.jpg

 色々迷ったのですが、仮にケーブルテレビのお世話になるとしても一時のことだろう、
いずれはマンションみんなが必要になるとアンテナ設備の変更になるだろうし、4Kチューナ入りのテレビにはしましょうと決定。
本当は4Kチューナーが2つ入っているタイプがいいのでしょうが、さすがに高いし、そう必要も無いだろう。
ULTRA HD Blu-rayディスクドライブのついた4Kビデオデッキ、そのうち買うことになるだろうし。
..と割り切って、パナソニックの4Kテレビ、TH-43GX850を買うことにしました。
テレビが部屋に配達されて、BSのアンテナジャックにつないでみないと観れるかどうかがわからない(苦笑)

 緊張しながらつないでみたら、4K放送が映りました!! おもわず周囲で歓声が(笑)。古くても大丈夫でした。

 店頭で色々聞いていたときには、「新しい4Kチューナーが付いたテレビでも、外付けのハードディスクをつけても
4K放送は録画できない」と店員さんたちに複数のお店で言われてましたが、説明書よく読んだら、ちゃんと録画できるじゃないか!
4Kチューナーがついていないテレビの話、チューナーが1つしか付いていないので裏番組が録れない話等がごっちゃになって
店員さんたちも混乱しているみたい。パナソニックの相談窓口に確認したら大丈夫です、4Kでも録画できますと言われました。
なにごとにも慌て者には確認作業のノルマが..(苦笑)
 
 まあ、おかげさまで義姉の唯一の楽しみ(美味しいお菓子も楽しみではありますが)のテレビが見やすくなって、上々です。
一緒に観ていて思ったですが、これなら一つ大きい49インチでも良かったかなと。
最近のテレビは美しい映像で、しかも製品も精悍なデザインで、エコとしても経済的にも無駄がありません。
わが家の電気代大食いのプラズマテレビとは大きな違い。うちの4K化はそのプラズマが潰れるまでお預けかもしれませんが。


 


by ktokuri | 2019-05-20 16:00 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
SMART ICOCAとモバイルSuica
 本題に入る前に、今のときの話題。

いよいよお水取りの時季です。関西では春を呼ぶビックイベント。
一番盛り上がる3月12日は、仕事の都合でちょっと行けない。
せめて、はじまる3月1日は....と思ったのですが、成田への出張が入ってしまいました。
お水取りには、学生時代から行きたくて仕方ないのですが、実際、行ったことはありません。

 昨日、儀式の場?となる東大寺二月堂の動画をアップしましたので、とりあえずこの程度の参加で
今年は満足されていただきます。


さて、今日のお題。
 明日、成田に行くので、手元のiPhoneにモバイルSuicaを組み込んでおこうと考えました。
先日、東京・横浜に三泊ほどしたときに、手元のICOCAのチャージ足りなくなって、
改札での精算がややこしかったことが一つ原因。
 もともと、JR系の電子マネー&カードサービスは全国の色々な交通機関で使えるので、
モバイルSuicaなら関西でも使えるしなあと思ったりしていたので。

 関西なら、SMART ICOCAの場合は改札内のチャージ機で料金チャージができるのですが、
関東ではそんなもの置いてない(笑)。改札出て切符の販売機でSuica並にチャージすることになる。
料金の目安がつきにくい関東の公共機関&私鉄では、使いにくい感じがします。
モバイルSuicaを使うと、細かい割引金額がついた乗車区間の記録がスマホに残るのも出張等ではありがたい。
 友人達はモバイルSuicaをApple WatchやiPhoneに入れていて、移動中列車内でネットアクセスして、
チャージし楽々通過していくのに、ちょっと無様(笑)。関西ではPiTaPaのサービスが拡張して、
関西地域に限定すれば(関西では概ね不要になったチャージが、域外では必要というのはかなり残念ですが..)
とても便利になっただけに、ICOCAは今となっては詰めの甘さが感じられることになります。

c0039413_10335731.png
c0039413_10334503.jpg

 ただ、私の場合、通勤定期はSMART ICOCAを使用していて、iPhoneのカバーに貼り付けて一体化している。
これでiPhone内にモバイルSuicaをインストールして使おうとすると、2枚カードのエラーが出ないか...と心配して、
今まで使ってませんでした。よくYouTube動画やネット上の記事を調べると、1枚だけロック画面で機器無操作で
タッチのみで使える「エクスプレスカード」の設定を、iPhoneのWalletアプリで「モバイルSuica」
について解除(OFF)にしておけば、問題はなさそうです。

 日頃SMARTICOCAを使うときには、いつものままiPhoneケースに貼り付けている(iPhoneの信号を
シャッタアウトするための防磁シートは今までも挟んで使ってました)形で、タッチ。ICOCAのチャージ料に不安があるときに、
モバイルSuicaを使う。
そのときは、ICOCAのカードは外しておいて、iPhone内のモバイルSuicaをiPhone電源キーをダブルクリックし
ロック画面の正面に出しておきタッチ。あるいは、iPhoneのWalletアプリの設定で「エクスプレスカード」に
一時的に設定するかすれば、チャージ料分は使える。チャージが足りなかったら、列車乗車中にチャージをして置ければ良い。

 これで解決。東京でも、福岡でも、金沢でも、広島でも...行けそうです。
もちろん関西でも乗車中にチャージ加算しても使えます。メリットあり。

 この機会に色々モバイルSuicaの情報を調べてみると、私の今後の検討課題も出てきました。
まず、複数のモバイルSuicaを使い分けることは可能で、一人ひとつしか使えないわけではなく、
通勤用、個人使用、出張用等幾つも使い分けできるようですが、一定の制約があること。
 iPhoneの場合、「Apple ID」一つに、「一人の使用者」、「一つの支払いクレジットカード」という縛りがあるようです。
 今はAppleには「ファミリー共有」という制度があり、複数のAppleiDがサービス料金一つで使えますが、
その制度以前は一つのAppleiDを家族で共有しているパターンも結構ありました。わが家なんかもそうですね。
そうなるとそのままでは、モバイルSuicaを使えるのは家族の中で一人だけということになります。
未成年の子のiPhoneコントロールにはちょっと手間がかかりますね。うちは子どもはいないけど。

 もう一つ、買い物するときには首都圏(要はJR東日本のサービスエリア)では、
モバイルSuicaのメリットが発揮されるケースはありますが、日常生活する関西では、買い物ではこれを使ってもポイントがつきません。
まあ、これは色々な電子マネーサービス&クレジットカードポイント制度で、
一番得なものを随時決めておけば、このお店ではこれ、あのお店ではあれ..と払っている現代生活では、
そう問題はないと思いますが。
 私は日常はオリコカード→SMARTICOCAチャージで交通費を払い、
買い物は可能なところではオリコカード→au Walletを使って支払い、
Amazonや楽天はそれぞれのカードを使用して、ポイントそこそこ補充している(クレジットカードをREXやリクルートにすると
もう少しいいのかもしれませんが)ので、そう気にはしてません。
SMART ICOCAにもチャージの際、クレジットカードによってポイントがつくものと、つかないものがあるので要注意です。

 モバイルSuicaでは、圧倒的にビックカメラのビューカードにメリットがあるようですが、
関西のビックカメラでもカード作れるのかな?神戸ではビックカメラが今のところあまり縁がないので、
消極的ではありますが。モバイルSuicaにチャージ後、それを使って購入をした場合、
ビックカメラの買い物が基本10%ビックポイントサービスであることに加え、
1.5%相当のJRE POINT(クレカとしてのポイント)が貯まるので、合計で11.5%相当のポイント還元になるのは大きい。

 細かいことをしみったれみたいにいいますが、光熱水費や公共料金に至るまでカード払いにすると、
わが家では年間10万円近く倹約になってますので、気をつけやっておかないと(笑)


by ktokuri | 2019-02-28 10:37 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
今年のバレンタインデー
 今年のあの「バレンタインデー」がやってきました。
私が必ずもらえるのは、義姉の一つだけ。
彼女は体が不自由であまり色々なところに行けないので、そのかわり私が何処かに行くと、
いつもお土産を買って届けているので、その義理チョコです(笑)

 そうは言っても、最近の流行は行き届いていて、誰でも、こんな私でも他に今年も仕事の関係や、昔の仕事関係とかでいくつか貰っています(貰えそうです)。
今年の義理チョコの流行、一番お安いところはこれかな(笑)

c0039413_11233129.jpg
 近所の特売スーパーマーケットチェーン、サンディで87円!! (笑)
 某テナントのお姉さんから、そして日頃いつも顔をみるご近所さんのおばさまから、それぞれいただきました。

 もちろん、もう少し高価なものも少しはいただいてますが。
最近はGoogleさんもちゃんと忘れないように注意喚起に検索サイトで宣伝してくれるし。

c0039413_11281815.jpg

 
まあ、日本ならではの習慣?(私の知っている限り欧米では男性が女性に花を贈るとかいうのがあったような気がします)。
Googleさんもよくおつき合いしてくれるものです。

最近は1月もそこそこ早い時期からチョコレート特設売り場がデパートや商店街にできてますよね。あんなに早くから買ってどうするの?

 一方、これは本命専門でしょうが、前回もご紹介しましたが、チョコレート・洋菓子有名ブランド店には真剣勝負の女性の行列が。
直前になると凄いことになってます。


 この習慣、たしか、私が中学生の時にはすでに庶民生活にかなり定着していたような気がします。最初に貰った一個、意外な女の子から貰ったのでよく覚えています。懐かしい想い出ですね....

by ktokuri | 2019-02-14 11:35 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
春節で商売あがったりの一週間
 この一週間、中國では旧正月、いわゆる春節です。香港の知人は、彼の地でお年玉袋を大量生産。
日頃顔を合わせる人たち未婚者と思われる皆さんを中心に友人はもとより、会社のガードマン、マンションの管理人、
昼飯を食べる食堂・行きつけのカメラ屋さんの店員まで、ご祝儀?を渡すことになるとか(笑)、大変な習慣です。

 私も今は物流の世界で仕事しているので、中国が機能停止しているこの時期は比較的暇。電話も少なくてゆっくりです。
連休にはブラブラと神戸の中華街である南京町を覗きに行きました。

 竜が踊ったりするイベントをやっているはずですが、街の中を通り抜けただけの動画なので、繁盛している様子しか
写ってませんので、お許し下さい。雨の中、とても繁盛してましたよ。時間があれば少し点心ものでも辛子ドッサリつけて
食べ歩きしたかったのですが、雨が降っているのと時間が迫っていたので諦めました。旅行者の皆さん元気ですね。

c0039413_17093314.jpg

c0039413_17093287.jpg
 その後、北野へ出かけて、ラヴィニューでオーダーしていた義姉が待ちに待っているバースデーケーキを受け取って帰ってきました。バレンタインデー直前に神戸を代表するチョコレートが得意なこのお店は凄い人。雨の中、道を渡るところまで傘の行列が...
女性の方のこの凄い想いが成就することを祈ってます(笑)

c0039413_17132116.jpg

 私もおすそ分けをもらいました。さすがにチョコレートの深みが違う。美味しかったですよ。例年は港近くのモンプリュにオーダーしていましたが、先日クリスマスケーキをモンプリュにしたので、今回はラヴィニューでよかったです。

 仕事が少し時間的に余裕があるので、パソコンのハードディスクの中を整理し軽くしたり、ホルダー内のデータを整理したり、Google DriveやDropboxのファイルを整頓したり...
 春節が終わると、米中貿易交渉が本格化します。それで不景気になるとみんな大変です。
 


by ktokuri | 2019-02-13 17:18 | 個人生活 | Trackback | Comments(2)
苦手なもの 三題
 大病をしたせいで、お酒が飲めなくなりました。
自分なりに一生分飲んだんだ(その割には少ないか(笑))と割り切って、
今は飲み会ではウーロン茶やノンアルコールビール、ジンジャエールでOKです。
割り勘負けする面はありますが(笑)

c0039413_11075683.jpg

 もともと、私には苦手なものが幾つかあります。今、すぐに思いつくのが三つほど。

まず、高いところ(笑)
 親に昔きいた話としては、子どもの時には平気だったようですが、
金沢に住んでいた小学校低学年の時、やんちゃで高い木に登っていて落ちて、
それからダメになったみたいです。
 ただ、本当に不思議なことですが、阪神淡路大震災の時、避難所にした勤労市民センターの
体育館の天井の吊し物の高所処理(落ちてきたら危ない)や水漏れしたバルブのハンドルを
絞めに行くため、むき出しの高層階へのハシゴを上がる処理...そんなときに
は全く気にならずに登っていました。周りの人が「余震がこのとき来たら、あんた終わりやで!」
と呆れていましたが、どうってことなかったのです。まあ、有効期間一週間であっという間に
その「超能力」は失われましたが(笑)。極度に緊張していたのでしょう。

 次に、大変失礼なことなのですが、「水商売の女性・風俗営業系」
 お金払って、隣に座ってもらう...とか、愛想いいように話してもらうとか..全くダメなんです。
昔は仕事で東京で色々な人に会うとき、銀座や赤坂みたいなところにも行ったり、
施設の責任者になって、忘年会していると二次会とかで、
隣に座ってくれる女性がいる店に行ったりという経験もあったのですが、全くダメ。楽しめないどころか、
ずっと座っていることさえできません。生理的にダメなんですね。
友人には「その人たちもそれで生活しているのだから全面否定は失礼だぜ」と言われるのですが、
どうしても経済活動と、そういうこととがクロスする面でダメなんですね。
スナックはおばあちゃんに限る(笑) もちろんそれ以上のサービス?のところは行ったこともありません。

 3番目は、これまた変なのですが「口の中」。長めの歯ブラシダメ、
歯医者でも奥歯の治療は麻酔。胃カメラはかならず麻酔(安定剤)をセットしないと、
大変なことに。一度でドクターストップになりました(笑)。
鼻から細い管のカメラを入れてもらってなんとかやっていたのですが、
今は「ヤク(薬)」に頼るしかありません(笑)
でも、そのカメラに今回は命を救ってもらいました。不思議な因果です。
 いつもお医者さんにはご迷惑をおかけしています。


by ktokuri | 2019-02-07 11:24 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
パソコンを再整備に出していたのでブログを小休止してました。 やっと再開(笑)

 少しの間、このブログの書き込みがありませんでした。
今回はその理由。ややマニアックな話です。

 以前から課題だったパソコンの性能アップ作業。
病気治療のため遅れに遅れていましたがやっとこの2週間ほどで実施しました。
「実施」といっても自分でやると後々祟ることが、過去の痛い経験でわかっているので、
もともとパソコンを組み立てたBTO業者さんにアドバイス&作業を依頼しての実施です。
私の意向もよく理解してくれる。業界では料金がやや高めと聴きますが、それだけの値打ちは十分あります。
不調なパソコンをかかえるほど大変なことはありませんので、事業者さんを選ぶのは大事。

 私は自宅に置くパソコンは据え置き型のデスクトップパソコンを選びます。
歴代、NECの9801シリーズから、Mac、そしてWinPCに至るまでずっと...。
 ノート型やラップトップサイズはもとより、ディスクトップサイズでもメーカーの特別規格サイズに悩まされ続けたので、
純正品買い取りはダメ。BTOで信頼できる業者さんに組み立ててもらうことにしました。
今回のように、自分の趣向が変わっても、一部のパーツをバージョンアップするとでいつでも対応してもらえ、
コストパーフォーマンス面でも得です。

 ノートパソコンのように、もうアクセサリー追加ぐらいしかバージョンアップがない完成品のマシンなら
断然Macなんですが、据え置き型はWindowsマシンの方がハードウエアの中味が理解でき、
知識が管理できるので私の趣向に合ってます。Macのハードウエアは秘密のからくり箱ですから。

c0039413_13340178.png

画像のマシンは自宅のものではありません。外観は似てますがSycomの新製品

 
 今回は、「システム」と「システムを支える作業エリア」の二つのドライブを
ハードディスクからSSDという不揮発性のメモリ?のドライブに変えてもらい
、画面を表示する機能をつかさどるビデオカードを新しいものに変えました。
動画を作成するのに必要な待ち時間の短縮が主な狙いです。
 このジャンルはゲーム用のマシンが格安で出ているWindowsマシンの得意な分野です。
値段のことさえ言わなければ、今、ウワサの「メタル」というグラフィックス技術を搭載したMacが凄いのはわかっていますが、
毎回機体買い換えは流石に貧乏人には辛いので(笑)
 
  先日、Sycomから帰ってきたPCマシンを触ってみましたが、処理スピードの圧倒的な向上に驚きました。
本格的に使うのはこれからですが、とても頼もしい気がします。
 一方、システムり高度化には高度化なりの新たな配慮・設定が必要になります。
新たなシステムドライブとなったSSDはインテル製のQLC NAND採用のNVMeモデル。
M.2タイプなので速いには違いない。たしかにかなり速いのですが、ハードディスクに比べて書き込み回数寿命が短い。
そんな心配もあって、今までシステムのあるCドライブにあった、
ブラウザーのキャッシュファイルやビデオ編集ソフトの作業ファイル、メールソフトのホルダー、
ビデオやiTuneのデーター保存ホルダー等は同時に追加したやや寿命の長い普通のSSDやハードディスクに移動
、待避させることになりました。


 これ結構面倒な作業です(苦笑)。本格的にここに書き込めるのは今度の週末ぐらいからかな。



そうは言いますが、新しいマシン環境、少し触ってみたくなるのが人情。
着いた日に深夜、編集してみたビデオがこちらです。既に各方面でご紹介済みですが、こちらにも記録を残しておきます(笑)




by ktokuri | 2019-01-31 14:27 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)
YouTubeをみながら過ごす
 先日からパソコンの性能を高めるため、購入元の組み立て業者さんへ自宅のPCを送り、預かってもらってます。
このため、自宅にはまともに動くパソコンがありません。骨董品のMacとゴミのようなノートパソコンだけ(笑)
「風が吹けば桶屋が儲かる」のたとえのようですが、自室にパソコンがないと、操作作業する間に「ながら」モードで観ていた、ビデオ録画のテレビ番組も観なくなります。
 今、なんとなく観ているのは、先日もここに書いたYouTubeの番組...というかビデオコンテンツ。若い人はあたりまえかもしれませんが、私には新鮮で飽きがこないコンテンツです。

 家の中で、Wifiを利用してiPadでYouTube動画を観るのも良し、テレビにもChromecastという、一時流行った転送アダプタのようなものをつけているので、これを使ってテレビで観るのも良し。

 
c0039413_14525335.jpg


 日常はパソコンのディスプレィで観ているとソースさせ対応していれば4Kで観ることができますが、さすがにiPadや転送だとハイビジョンどまり(家のテレビはどうせ4Kに対応していないし)。でも、iPadで寝転がって観るのは楽だし、43インチのプラズマ(死語)テレビで観ると、けっこう見映えしたり、細かいところがわかったりして動画を観る目も変わって面白い。

 なによりYouTubeが面白いのは、コンテンツが庶民の手作り、情報発信ということです。そして観たいことだけズバリと見せること。もちろん作りが拙い動画も多いし、やたらとうるさかったり、タイトル倒れで全く役に立たない情報も山ほどありますが、一般の放映テレビサービスにはない面白さがあります。
 放送局の取材がお店や市場に来たら、よそいきになるし、市場ならそこの理事長が説明したりして空気が伝わらない(笑 ごめんなさい)。
庶民感覚がそのまま空気で伝わるところ、意外性に楽しみがあります。


 

 これなんか、失礼ながら有名なYouTuberの方とは言えない人のビデオなんですけど、私にはとても面白かった。地元の人の視点があって、地の面白さが伝わってくる。
 素人くささが売りになるのは、プロの作るテレビ番組でもけっこうありますよね。「鶴瓶の家族に乾杯」とか「家、ついて行ってイイですか?」なんてそんな感じしますけど。

 それともう一つの面白さは、ビデオ撮っている人の意図とは違うのでしょうが、テーマとは違う、背景となる街の光景、土地の風景や通行人のファッション、食事の様子などが自然で、そこを中心に観ていても面白いこと。
 昔、NHKのBSでミラノやパリ、ロンドン等の通行人のファッションをずっとビデオカメラで追って、ファッション評論家がコメントしていくという番組がありました。面白かったけど、さすがに天下の国営放送がやることなので、海外といえど色々問題あったのか続きませんでしたが。そのノリですよね。たとえば次のビデオは、本来は先進的なビデオカメラで街撮りする方法を探る話なのですが、ビデオの後半、香港に暮らす日本のビジネスマンのランチ事情を伝えていて面白かったです。カメラにも興味はありますが(笑)




 もちろん、YouTubeの世界でも主流は、ビデオカメラで色々と効果的な撮影をして、多機能のソフトを使って編集し、美しい映像を作り上げそれをYouTubeの場で紹介するのが本筋で、素晴らしい映像コンテンツを楽しむことができるので、もちろんこれはこれで楽しみますが、私はそのあたりはNHKさんを始めとするプロの方の作るものに、先に目がいきます。

 YouTubeでは、もちろん海外のコンテンツもドッサリあるので、その国の言葉や、風景、街の様子などの情報も手に入れることができます。これから出張や観光で行くところの地名を現地語で入れれば、色々な光景にあえますし、外国語の勉強もできます。料理方法や家事のの効率的なこなし方、パソコンのソフトの使い方も学べますし、場合によっては、購入を迷っている商品の情報や、メンテの仕方についての情報もあるかもしれません。
 iPadで観ていると、画面の右左の端を指でダブルタップすると、少し巻き戻し、少し早送りで細かくコンテンツのチェックもできます。
43インチのテレビで観ていると、けっこうそんなことも面白いですね。もっとデカイ画面で見るとどうなんでしょうねえ。


by ktokuri | 2019-01-18 14:29 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)