2019年 02月 28日 ( 1 )
SMART ICOCAとモバイルSuica
 本題に入る前に、今のときの話題。

いよいよお水取りの時季です。関西では春を呼ぶビックイベント。
一番盛り上がる3月12日は、仕事の都合でちょっと行けない。
せめて、はじまる3月1日は....と思ったのですが、成田への出張が入ってしまいました。
お水取りには、学生時代から行きたくて仕方ないのですが、実際、行ったことはありません。

 昨日、儀式の場?となる東大寺二月堂の動画をアップしましたので、とりあえずこの程度の参加で
今年は満足されていただきます。


さて、今日のお題。
 明日、成田に行くので、手元のiPhoneにモバイルSuicaを組み込んでおこうと考えました。
先日、東京・横浜に三泊ほどしたときに、手元のICOCAのチャージ足りなくなって、
改札での精算がややこしかったことが一つ原因。
 もともと、JR系の電子マネー&カードサービスは全国の色々な交通機関で使えるので、
モバイルSuicaなら関西でも使えるしなあと思ったりしていたので。

 関西なら、SMART ICOCAの場合は改札内のチャージ機で料金チャージができるのですが、
関東ではそんなもの置いてない(笑)。改札出て切符の販売機でSuica並にチャージすることになる。
料金の目安がつきにくい関東の公共機関&私鉄では、使いにくい感じがします。
モバイルSuicaを使うと、細かい割引金額がついた乗車区間の記録がスマホに残るのも出張等ではありがたい。
 友人達はモバイルSuicaをApple WatchやiPhoneに入れていて、移動中列車内でネットアクセスして、
チャージし楽々通過していくのに、ちょっと無様(笑)。関西ではPiTaPaのサービスが拡張して、
関西地域に限定すれば(関西では概ね不要になったチャージが、域外では必要というのはかなり残念ですが..)
とても便利になっただけに、ICOCAは今となっては詰めの甘さが感じられることになります。

c0039413_10335731.png
c0039413_10334503.jpg

 ただ、私の場合、通勤定期はSMART ICOCAを使用していて、iPhoneのカバーに貼り付けて一体化している。
これでiPhone内にモバイルSuicaをインストールして使おうとすると、2枚カードのエラーが出ないか...と心配して、
今まで使ってませんでした。よくYouTube動画やネット上の記事を調べると、1枚だけロック画面で機器無操作で
タッチのみで使える「エクスプレスカード」の設定を、iPhoneのWalletアプリで「モバイルSuica」
について解除(OFF)にしておけば、問題はなさそうです。

 日頃SMARTICOCAを使うときには、いつものままiPhoneケースに貼り付けている(iPhoneの信号を
シャッタアウトするための防磁シートは今までも挟んで使ってました)形で、タッチ。ICOCAのチャージ料に不安があるときに、
モバイルSuicaを使う。
そのときは、ICOCAのカードは外しておいて、iPhone内のモバイルSuicaをiPhone電源キーをダブルクリックし
ロック画面の正面に出しておきタッチ。あるいは、iPhoneのWalletアプリの設定で「エクスプレスカード」に
一時的に設定するかすれば、チャージ料分は使える。チャージが足りなかったら、列車乗車中にチャージをして置ければ良い。

 これで解決。東京でも、福岡でも、金沢でも、広島でも...行けそうです。
もちろん関西でも乗車中にチャージ加算しても使えます。メリットあり。

 この機会に色々モバイルSuicaの情報を調べてみると、私の今後の検討課題も出てきました。
まず、複数のモバイルSuicaを使い分けることは可能で、一人ひとつしか使えないわけではなく、
通勤用、個人使用、出張用等幾つも使い分けできるようですが、一定の制約があること。
 iPhoneの場合、「Apple ID」一つに、「一人の使用者」、「一つの支払いクレジットカード」という縛りがあるようです。
 今はAppleには「ファミリー共有」という制度があり、複数のAppleiDがサービス料金一つで使えますが、
その制度以前は一つのAppleiDを家族で共有しているパターンも結構ありました。わが家なんかもそうですね。
そうなるとそのままでは、モバイルSuicaを使えるのは家族の中で一人だけということになります。
未成年の子のiPhoneコントロールにはちょっと手間がかかりますね。うちは子どもはいないけど。

 もう一つ、買い物するときには首都圏(要はJR東日本のサービスエリア)では、
モバイルSuicaのメリットが発揮されるケースはありますが、日常生活する関西では、買い物ではこれを使ってもポイントがつきません。
まあ、これは色々な電子マネーサービス&クレジットカードポイント制度で、
一番得なものを随時決めておけば、このお店ではこれ、あのお店ではあれ..と払っている現代生活では、
そう問題はないと思いますが。
 私は日常はオリコカード→SMARTICOCAチャージで交通費を払い、
買い物は可能なところではオリコカード→au Walletを使って支払い、
Amazonや楽天はそれぞれのカードを使用して、ポイントそこそこ補充している(クレジットカードをREXやリクルートにすると
もう少しいいのかもしれませんが)ので、そう気にはしてません。
SMART ICOCAにもチャージの際、クレジットカードによってポイントがつくものと、つかないものがあるので要注意です。

 モバイルSuicaでは、圧倒的にビックカメラのビューカードにメリットがあるようですが、
関西のビックカメラでもカード作れるのかな?神戸ではビックカメラが今のところあまり縁がないので、
消極的ではありますが。モバイルSuicaにチャージ後、それを使って購入をした場合、
ビックカメラの買い物が基本10%ビックポイントサービスであることに加え、
1.5%相当のJRE POINT(クレカとしてのポイント)が貯まるので、合計で11.5%相当のポイント還元になるのは大きい。

 細かいことをしみったれみたいにいいますが、光熱水費や公共料金に至るまでカード払いにすると、
わが家では年間10万円近く倹約になってますので、気をつけやっておかないと(笑)


by ktokuri | 2019-02-28 10:37 | 個人生活 | Trackback | Comments(0)