2012年 01月 01日 ( 1 )
【長崎】 浜勝(卓袱料理)で気軽に贅沢を
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年は我が国全体にとって、とても暗い一年でしたね。
 今年はぜひ明るい年になればと祈っています。
 

 私も昨年は仕事関係で色々とバタバタしました。
 そうこうしているうちに、時はたって十二月末には長崎に。

c0039413_18241330.jpg



 この春にも職場関連でこの街を一度訪れたのですが、今回は気ままに個人で出かけました。


c0039413_18243096.jpg



 既にこの記事をアップロードしたのはお正月ですが、長崎にいたときはまだクリスマスツリーでした。

c0039413_18245998.jpg



 さて、お友達のお薦めがあり、卓袱料理をいただくことに。
 卓袱料理というと贅沢な料亭で...という感じですが、「気軽なお店にしましょう」と、この浜勝さんへ。
個室でゆっくり食べられるのですが、歴史の重みのある花月などに比べて、庶民的な雰囲気で肩が凝らずにいただけました。

c0039413_17121951.jpg


 最初に、お腹に少しものが入るように身のある汁物が出るのが卓袱料理とか。

c0039413_17125330.jpg


 甘い豆料理。砂糖が贅沢品という時代の料理ですね。

c0039413_17134086.jpg


 海産物はやはり美味しいです。お刺身の味はさすがです。

c0039413_17135079.jpg


 長崎というと鯨料理も有名。

c0039413_17145352.jpg


 日本一の鯛の水揚げ量の地、長崎だけのことはあるかと。甘鯛の陶板焼き。
 明石の鯛に匹敵するかどうかは別にして、やはりご当地ものです。

c0039413_17163243.jpg


 卓袱料理はお砂糖も少し使ったやさしい味。ビールより白いワインがお似合いかと。

c0039413_17171753.jpg


 豚の角煮。これも長崎の定番のようで。沖縄料理等とはまた違って、やさしい味わいです。

c0039413_17172145.jpg


汁物とご飯の組み合わせは、やはり口がさっぱりしていいかもしれません。

c0039413_17172715.jpg


c0039413_17173177.jpg


 デザートには、おしるこも出ます。これがなかなかいけますね。私は甘党&辛党なので十分楽しめます。
 料亭の豪華な和食コースも美味しいでしょうが、この長崎の卓袱料理は懐かしさのある庶民性があるように思います。
 長崎の老舗料亭で食べると、また卓袱料理も違う印象かもしれませんが、この浜勝さんも気軽にいただけてとてもいい印象でした。
 長崎は色々と美味しいものが多く、またぜひ近いうちに行きたい街です。

Pentax K-5&DA18-135mmF3.5-5.6、Canon PowerShot S95





卓袱料理 浜勝
長崎県長崎市鍛治屋町6-50
095-826-8321
11:30AM~10:00PM(オーダーストップ 8:30PM)
by ktokuri | 2012-01-01 17:23 | 小旅行 | Trackback | Comments(6)