正倉院と一緒に記念撮影をしました(笑)
先日、奈良に行ったときの報告の続きです。
 初日は興福寺中金堂と国宝館をめぐり、前の記事には「興福寺づくし」ということで書きませんでしたが東大寺ミュージアムによりました。そちらで、月光菩薩、日光菩薩や釈迦誕生仏のような素晴らしい天平彫刻(すみません仏さんなんですけど異教徒なので)を観て大満足。友人の車で温泉宿へ行きました。奈良奥山ドライブウエイの沿道にあり、見晴らしとお湯の良さで、私の周囲の人がよく使うところです。 その眺望は2つ前の記事の写真で実感されたと思います。
 
 翌日はまず朝、急いで正倉院展。並んで10分ほどで入れました。月曜日だったので休館日と思う人も多かったのでしょう。ただし、私達のように朝一番ではなくて、昼前の方が空いているようです。今回は素晴らしい容器、螺鈿八角箱がメインキャストでした。
 実は正倉院展の期間中、本来の宝物の蔵、東大寺の一番奥にある正倉院の建物を観ることができます。
c0039413_14574321.jpg
めったに入れないところなので緊張

c0039413_14574132.jpg
早速記念写真を撮ってもらいました。サングラスやばいかなあ

 そのあと、繁華街に出て、昼飯に。前日のランチのお店、あるかんから猿沢の池に向いてすぐの本当に小さなお店ですが、お手軽値段でランチ充実のイタリア料理店イオタに行きました。
c0039413_14575688.jpg
    カウンターだけの小さなお店

c0039413_14575896.jpg
c0039413_14575972.jpg
c0039413_14575461.jpg
c0039413_14581705.jpg
美味しかったです。ごちそうさま。

  
c0039413_14581558.jpg
   まだ、時間が早かったので、せっかくですから北円堂の特別開扉を観てきました。
 
 無着や世親、弥勒如来といった鎌倉彫刻の頂点、仏師運慶の晩年の代表作が観る人に強いインパクトを与えてました。やはりいいものはいいですね。こちらもごちそうさまでした。


by ktokuri | 2018-11-05 15:46 | 小旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ktokuri.exblog.jp/tb/29833325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 親爺の秘密基地 at 2018-11-05 17:18 x
奈良シリーズいいですなね!
Commented by ktokuri at 2018-11-11 17:07
奈良は好きな場所です。京都とはまた違う楽しみがありますね。
Commented by omachi at 2018-11-11 19:14 x
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Commented by ktokuri at 2018-11-12 08:50
omachiさん、コメントありがとうございます。
面白そうですね。早速、今週の週末でもトライします。
私も奈良時代は、日本史の上で、登場人物の個性が一番強く感じられる時代(特に男女平等に)という気がしてとても好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今回は大和路「山の辺の道」完成... 興福寺中金堂 落慶法要後はじめ... >>