【バルセロナ】イラティは 旅人にも優しい賑やかなタパス、ビンチョス
翌日の所用の段取りもちゃんとついたので、お腹が減ってきました。
 バルセロナでの宿泊ホテルは、街の真ん中の非常にいい位置に所在しています。
おかげさまで、すぐに夜の街にでかけられる(笑)
 バスク地方のBarの雰囲気を感じたいと、ビンチョス(薄切りパンの上に具をのせたもの)を食べに夜中徘徊しました。

c0039413_17193373.jpg



カウンターにめいっぱい多彩なタパスというかビンチョスが並んいます。

c0039413_1721153.jpg


カウンターにたどりつくとまず飲み物を聞かれて、お皿を渡される。その際に、ピンチョスはセルフサービスで、最後に串の数でお勘定を。串カツのような明朗会計。

c0039413_17204121.jpg


たしか1つ1.8ユーロぐらいだったような。

c0039413_17213746.jpg



押すな押すなの大盛況ですが、スペインでは居酒屋さんはちょっと飲んでは次の店に....どんどんハシゴするのが普通なので、すぐ席を譲ってくれますし、外国人には優しいです。できたら、バスク地方特産のワイン「チャコリ」がいいかもしれませんね。

c0039413_17214537.jpg



スパークリングワインのCAVA(カバ)なんかもいいかなあ。

c0039413_1722241.jpg



c0039413_17223966.jpg

c0039413_172258100.jpg


奥はレストランになっていて、バルはカウンター席のみ。

c0039413_17195989.jpg



お店の人たちは皆さん陽気で気さく、キッチンから出来た新しいピンチョスを運んでくると「欲しい人手を挙げて...」みたいに聞いてくれます。この雰囲気がいいですね。

日本の角打ち、立ち呑みとは流儀が違います。それはそれで素敵だと思いますが、こんなバールが日本にもあればうれしいですね。
 神戸なら兵庫駅北のターバンカネサなんか少し雰囲気似ているかなあ。
 お客さんの入れ替わりの速さは、日本ではあり得ない感じですが(笑)

 こういうときに食べるのはスペインのタバス、ビンチョスがいいかもしれませんね。

OLYMPUS OM-D E-M5&MZD12mm F2.0





Irati(イラティ)

Cardenal Casana 17 Barcelona
+34-933-011-990
地下鉄L3 リセウ駅から徒歩3分
by ktokuri | 2012-08-27 17:17 | 海外の食
<< 【京都 六条】 サントレス(ス... 【京都 木屋町】 スコルピオー... >>