【六甲山系】東お多福山登山口
 阪急芦屋川駅からバスでうねうねと山道を行った地点、そこに東お多福山登山口があります。
ここからちょっと汗をかいて東お多福山の山頂(697m)まで上がると、そこはまるで私の郷里の信州の高原を彷彿とします。
標高はそこそこですが、バスがかなり上まで運んでくれているので、苦痛という上りではありません。
c0039413_20554573.jpg

 見下ろせば、西宮、芦屋、神戸の大阪湾岸北西部が一望に....
木陰には高原の風が吹いてきます。
 そこから、雨ガ峠を経て風吹岩に。まさに涼やかな空気です。
c0039413_210057.jpg

 風吹岩は私のカメラの足下で、手前の石ではありません。念のため              ここまで E-300 14-54 f2.8-3.5

 本日はこのあたりでちょっとクラカメレンズで接写の練習。
 以下、エルマー65㎜f3.5です。カメラはOlympus E-300
c0039413_214844.jpg

c0039413_2142124.jpg

 色が濃いのがこのレンズの描写の美点。暗いところで撮ったのでピント難しすぎました。(^^;)
 でも不思議な話ですが、今のAF速度重視で設計されたレンズと違って、ずっしり重いガラスレンズで撮ると、モチーフに生命感があるように思います。
by ktokuri | 2005-05-04 20:55 | ウォーキング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://ktokuri.exblog.jp/tb/1695193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by obakataityo at 2005-05-05 21:13
エルマー65ってこんなにも濃いんですね。。。
前に買い掛けたんですが財政難で断念したのが悔やまれます。
Commented by ktokuri at 2005-05-05 21:18
 良いレンズですが使い方選びます。私は大好きですが...
松も馬酔木も色濃いですが、E-300とSilkyPixのせいもあります。
Commented by settuya at 2005-05-05 21:45
ライツのマクロはなかなか濃い味だしてくれますよね。
今回の信州行きで持って行ったRレンズにマクロレンズも持って行きました。これくらいのマクロレンズが手頃ですね>デジタルSLRにはね。

今日も一日ごろごろしておりました。
腰痛は大分よくなってきました。明日は仕事です。

Commented by ktokuri at 2005-05-05 21:54 x
Rレンズのマクロって105のアポ・エルマリートのレンズ?よろしいですね。
 明日は仕事でも、夜は空いているのでは...
Commented by ktokuri at 2005-05-05 21:59 x
 おっと間違えた、Rのアポ・マクロ・エルマリートは100㎜でしたね。
今回の写真では、個人的には1枚目が一番好きです。何か人生を暗示するような...高原でのカットになりました。
Commented by moo_yoshi at 2005-05-05 22:18
あまり木の繁ってない高原の写真、新鮮な感じがします。
なんといっても人物の配置が、きまってますね。
エルマーも面白そうです。E-300、いろいろ楽しめて
よろしいですねー。
Commented by ktokuri at 2005-05-05 22:25 x
>moo_yoshiさん
 おひねりをおねだりしてすみませんでした。
 でも、結構、3人の人物のポジションがよかったのでこの写真気に入ってます。
 うでというより高原が舞台だから様になるのですが...
Commented by obakataityo at 2005-05-05 23:10
一枚目の写真、しみじみ見てました。
人生は大きな荷物を背負いて、坂道を登るが如し
でしたっけ?
ふとそんな言葉を思い出しました。
Commented by ktokuri at 2005-05-05 23:20
うーむ大河ドラマ(徳川家康)してますね。
 私はそんなつもりでなくて、時の流れの中で、人は色々、様々..って感じを出したくて..
 ちょうど3人目(遠景)の人が階段を下りはじめたところでシャッター押しました。
 3人のバランスが一番良いように思ったので...

 このあたりは人によりますね。私は象徴的な絵画、たとえばフェルメールとかいったフランドルの地の芸術が好きなので、ついついわざとらしい方向に感性が行ってしまいます。
 
Commented by obakataityo at 2005-05-05 23:42
勿論人生色々はすぐにイメージしました。
人生楽ありゃ苦もあるさ。
人生には三つの坂があるそうです。「登り坂、下り坂、まさか。。。」(TVの受け売りです)
フランドル派が出てらっしゃるところはktokuriさんならではですね。
象徴的は言葉に頼らずに教義を広げるところに端を発して、大輪の華を咲かせたと聞きかじっていますが、写真表現と言う具象具体的な表現の中でも、忘れては成らない事だと思います。
一枚の写真の中でストーリーを語ることができるのなら、素晴らしい事だと思うのですが。
わざとらしいと卑下なさらずとも良いのではありませんか?
Commented by yukarin at 2005-05-06 22:22 x
コメント有難うございました(^^)嬉しかったです♪本当に綺麗な写真が一杯ですねー。感動です!!プロの方なのでしょうか??すごく、心が和みました。私は、撮るのは苦手で、見るのは好きです!!チョクチョク、見せて頂きます!!それと、下の明日香の記事を見て、今度・行ってみようと思います。
Commented by ktokuri at 2005-05-06 23:03
yukarinさん、コメント返礼いただきありがとうございます。
あなたの楽しいページでみるとワクワクしますから、こちらもまた訪ねさせていただきますよ。
私は正真正銘の素人でございます。心和んでもらえると嬉しいですね。
また、気に入られたらぜひコメント下さい。
 私もがんばってスウィートしたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 【奈良大和路】若草山~春日山原... 【奈良 明日香】ゴールデンウィ... >>