【奈良】 今井町のランチとお茶、藤原京の秋の花
 奈良でのイタリア料理の翌日、友人たちは三々五々となりましたが、藤原京に行きたいという友人がいたので、ご一緒させていただき、今井町~藤原京のウォーキングを楽しんでから、神戸に戻りました。

c0039413_22532812.jpg

 まず最初は今井町です。近鉄八木西口駅から歩いて、今井まちなみ交流センターへ向かいました。
c0039413_22533629.jpg

 しばらく行くと、その行く手には賑やかな声が。はて...というとたまたまですが、村祭りのだんじりが出ていました。ちょうど方向転換の作業中でした。
c0039413_22534342.jpg

 その場からすぐが、まちなみ交流センター 華甍(はないらか)です。観光客の姿が次々と。
ここで地図をもらって
c0039413_2254063.jpg

 早速ですが、腹ごしらえに、茶屋 まろうに出かけ、スパイシーなカレーをいただきました。
 美味しいです。さすがに店内に東西文化のスパイスが飾られているだけあります。

c0039413_22535175.jpg

 今井町の町並に。マンホールと電信柱がなければ時代劇ができそう。
 お祭りの日なので、提灯が各戸に掲げられていました。
 造り酒屋で、利き酒をいただいたり、神社のお祭りイベントを拝見したり...古い屋敷の中を無料で拝観したり....

c0039413_22541264.jpg

 そして、茶屋 古伊に入り、食後のデザートというか、昼休みのお屋敷の開館時間を待つ間の時間調整をいただきました。お店も町家を利用した雰囲気で、見るだけでも楽しめますが....
c0039413_22542110.jpg

 冷やしぜんざい、手作りの細やかさがあり、なかなか美味しかったです。お値段も良心的でした。
 それからしばらく今井町をウロチョロして、藤原京の方へ歩いていきました。

c0039413_22545115.jpg

 結構な距離を歩きましたが、天武、持統天皇の築いた壮大な都、藤原京はスケールもあり、その上、秋の花が咲き乱れる優美さがありました。
 満開の秋桜の道、大和三山、最北の耳成山を臨みます。

c0039413_2255032.jpg

 天香具山、持統帝に「衣ほしたり」と歌われたこの山は、まさに藤原京に隣接。

c0039413_22551020.jpg

 藤原京から近鉄橿原神宮前までのんびり歩いていくと、畝傍山を借景に本薬師寺跡には見事なホテイアオイが。
c0039413_22551947.jpg

 外来種のホテイアオイですが、こういう舞台設定では誠に風情がある日本の花と思えます。
そういうと、秋桜も外来種。額田女王も、高市皇子もこの地で過ごしながら、このような花は見たことがなかったことでしょう。
 今は西ノ京で素晴らしい伽藍と仏像を擁する薬師寺の以前の姿と思うと、なぜか郷愁を感じます。

東洋癒し茶屋 まろう
0744-29-3793
橿原市今井町2丁目5-11
11:00~17:00
火曜休


町家茶屋 古伊 (まちやちゃや ふるい)
0744-22-2135
奈良県橿原市今井町4-6-13
[月~金] 10:30~17:00
[土・日・祝] 10:30~17:30
火曜・水曜休
by ktokuri | 2009-10-27 23:21 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ktokuri.exblog.jp/tb/12762712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2009-10-28 20:21 x
藤原京、とても行きたくなりました(^^)。
今回の機材は何を使われたんですか?
やわらかな光が素敵ですね。
Commented by ktokuri at 2009-10-28 22:54
瞳さん、コメントありがとうございます。藤原京、この季節ならではの花々が眩しいぐらいでした。
今回の機種は、ワンパターンではありますが、Fuji FinePix F100fdとOlympus E-P1です。
Commented by matu at 2009-10-28 22:59 x
うーむ、最初の地図はカシミール3Dのカシバードですか?藤原京の雰囲気がよくわかって、良い感じ。
夢甍の行きずりの観光客をうまく点景で入れているのはKtokuri氏の写真のお作法ですね。オオッ、いつものパターンと思いました。
 天啓というのか、大和三山に秋の花。万葉時代に想いを馳せるのはさすがというところでしょうか。
Commented by ktokuri at 2009-10-29 22:18
matuさん、確かにカシミール3Dです。
藤原京は周辺に大和三山があって、南側には甘樫の丘もあり、心安らぐ光景です。花がない時にはただの野原でしょうけど。それでもいにしえへの想いが湧いてくるところだとおもいます。
観光客の方、確かに多かったですよ。
Commented by natsu-daisuki at 2010-01-18 23:05
はじめまして。たまたまたどり着いて拝見しています。
美しく迫力のある写真の数々、私は関東の人間ですが、時空を越えて違った土地の風景を見られるとは、不思議なものです。これからもちょくちょくお邪魔します!
Commented by ktokuri at 2010-01-21 20:02 x
natsu-daisukiさん、こんにちは。
関東の方ですか、関東の生活も、土地の風景もまた素敵だと思います。
こちらもブログ拝見させていただきます。これからもよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 【新長田 明】 秋の味のデザイン   【奈良】 イ・ルンガ(イタリア... >>