<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
【新長田】自宅近くのお店の本店、隠れ家キッチン NO.B(イタリアン)に初めて行きました

 しばらく通っていましたが、そのうちお休みに。そのとき、そのお店に本店があることを知りました。
それから少したって、自宅近所のお店はあらためて開店しました。新装開店以来、ちょっと風変わりなメニューシステムになったので(これはいずれご紹介します)、元々の本店はどうなのかちょっと興味が生じました。

 それでこちらのお店にお邪魔することに。

c0039413_20534457.jpg

c0039413_20542127.jpg
大半のお客様が女性。賑やかな雰囲気がいいですね。みんな笑顔で、楽しんでいる。

c0039413_20535497.jpg
ワインリストはお手軽なものもいろいろあります。好みの構成。

c0039413_20542619.jpg
キノコと鶏のアヒージョ。最近、流行のメニューですが、あるとついつい頼んでしまいます。

c0039413_20543057.jpg
タリアータ。柔らかくて食べやすいです。

c0039413_20534016.jpg
アマトリチャーナ。これもイタリアで震災被災した地域の料理で、一時有名になりましたね。

c0039413_20534946.jpg
上にはロフト席があるとか聴きました。

 新長田らしい気軽さ、お手軽さが魅力。料理を楽しく食べて、おしゃべりをする雰囲気がこの店のお客さんのスタイルですね。それには、イタリア風、スペイン風の料理がとても似合います。

 あまり座席数が多くないのと、イスが支店同様ちょっと座りにくいのが、お客さんの平均年齢より高い私と友人には少し気になりましたが、近くの人たちにはとても魅力的な存在でしょう。
 私も、ちょっと気分を変えて、少し遠出(といっても近いのですが(笑))するときには、使ってみてもと思います。
ただし、よほど早く行かないと、席が少なくて、お客さんの来訪数は多そうなので、座るのは難しいかな。

  


隠れ家キッチン NO.B
078-955-4680
神戸市長田区日吉町2-1-2 アスタピア 110-2
17:30~27:00(L.O.26:30)
日曜日・第一月曜日定休



by ktokuri | 2017-04-27 21:14 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【新長田】居酒屋 楽 で新長田の割安感を味わう
 庶民の街では、何処かにそれらしい駅前居酒屋さんがあります。
この新長田でも、それぞれの人の行きつけのお店があります。
駅前というと、JR新長田には広場があり、直近というには距離がありますが
私の心当たりにも3~4のお店がその駅前飲みのお店になるでしょう。
c0039413_06253596.jpg

c0039413_06265098.jpg
たとえば、このお店、楽は駅から少し南に下った雑居ビルの2階にあります。
狭いようでいて、実はけっこう広い空間です。             
              
c0039413_06265467.jpg
新長田では、お刺身が美味しくないとなかなか評価されないと思います。
もちろん、ここのお造りもお薦めです。                 
ただ、私個人は、美味しいお刺身は魚屋さんで買ってきて、自宅で一人で食べるのが好き。
居酒屋さんでワイワイやるときには野菜系、お肉系を楽しむのが趣向です。       

c0039413_06271269.jpg

ここの鶏の唐揚げは安くて、美味しい。       
まさにお手軽な街のお手軽なお店のお手軽な料理です。


c0039413_06271535.jpg

フキ
c0039413_06273288.jpg

豚しゃぶサラダにはキノコも
c0039413_06273516.jpg
サルサ風ピザ

  お手軽値段で、楽しくうちわで気軽に飲むノリのときに、私は使ってます。
 お洒落やグルメっぽいことはないかもしれませんが、スタッフの方も若くて活気があります。
 「今日は、このお店の気分」という選択肢があるので、ちょくちょく使います。
ただし、7時ごろはとても混んでいるので、ちょっと注意が必要ですが。
 

居酒屋 楽
神戸市長田区若松町4丁目4-1 アスタ・クエスタ南棟201
078-642-5751
17:00~25:00
日曜・祝日定休




by ktokuri | 2017-04-23 06:42 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【ご案内】こちらのブログの雑記帳を新たに作りました
c0039413_23502385.jpg

 以前からこのブログの裏舞台になるブログを作ってきました。電子ガジェットやデジタルコンテンツを紹介する裏木戸が以前からあります。

 それに写真主体のブログもあります。こちらは今回作ったブログに統合するつもりです。

 その今回作ったものというのは、以前は携帯電話でアップしていたブログの代わりに作った生活雑感のブログの後継ブログです 。
 
c0039413_23592128.jpg
 既に見ていただいている方も多いのですが、まだの方は、とりとめのない雑記帳ですが、お時間のあるときにご覧ください。色々なものを統合して言ってますが、とりあえず今まで読んでいただいている方がいるので三つのブログが並行することになるかもしれません。いずれは二つにしたいと思ってますが。


by ktokuri | 2017-04-22 00:00 | 想い | Trackback | Comments(0)
【西代】ル・プロンク -Le Plonk-(イタリア風ワインバー)で小皿料理はいかがでしょうか
 山陽電鉄西代駅は、かっては高架の構造でした。しかし、阪神淡路大震災で大きな
ダメージを受け、地下駅に変貌しました。私たち現地住民は、昔の、階段をブツブツ
文句言いながら歩いて上がっていた、風通しの良い旧駅のホームを懐かしく思い出し
ます。
c0039413_19075664.jpg

 新しい西代駅の階段を上がって、西側に出るとすぐに別の下りの階段をみつけるこ
とができます。あるいは、地下駅からのエレベータを出て、西に行くとすぐに目に入
るお店があります。いずれもこのお店の顔です。
c0039413_19094754.jpg
c0039413_19105551.jpg
 駅近の交通至便さ、そして県立文化体育館から数分の位置にあることもあり、昼のランチタイムは、
スポーツ教室参加の女性や近所の人たちで賑わっているようです。
おしゃれなお店の雰囲気と、女性のみのスタッフ(時には男性のアシストもあるかも?)
の愛想の良さも人気の秘密でしょう。

c0039413_19104564.jpg
小皿が魅力的なだけに、前菜の盛り合わせもお薦めです。野菜中心(これ)とお肉中心のものとがあります。
c0039413_19105085.jpg
ウルグアイのワイン。ラベルが可愛いですね。
 夜は少し落ち着いた感じ。このしっとり感の中で、タパス(小皿)料理とワインを楽しむのが、普段使いでしょうか。
c0039413_19124039.jpg
c0039413_19130330.jpg
ピザやパスタももちろんあります。
c0039413_19132424.jpg

 本格的に食べたい人にはお肉料理も選べますよ。
  とにかく、駅から近いのが魅力ですし、居心地も良いです。

ル・プロンク -Le Plonk-(イタリア風ワインバー)
神戸市長田区御屋敷通2-6-17
078-641-8807
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.22:30)
月曜定休(ランチはやっているみたい)





by ktokuri | 2017-04-20 19:33 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【新開地】こだわりや隠れ家(居酒屋)で友人に快気祝いにつきあってもらいました
 神戸の街で一番シュールな場所というと何処でしょう? 色々な場所が候補に挙がることでしょう。
神戸港の倉庫街、JRの高架商店街、高速神戸から新開地の地下街。そして新開地商店街。私のセンスならこんなところでしょうか。
 レトロな雰囲気とともにモダンな雰囲気もあり、良い意味での街の雑然さも魅力です。
 今月、大腸にポリプがあって、1日入院して簡単な内視鏡手術しました。
 しぱらく禁酒を余儀なくさせられましたが、お医者さんに解禁してもらって早速....しばらくは色々なお店に行きそうです(笑)
 多くのお酒飲みが新開地が好き。私もそのうちの一人です。
それでもっとも新開地らしいお店を目指していくことに(笑) 



c0039413_11145417.jpg


 JR神戸駅か西へブラブラ歩いて行く、そこそこの時間で新開地の商店街へ(→動画あり)

その下にこのお店はあります。
c0039413_11152504.jpg

 お店には「離れ」という別室があり、今夜はここに。
c0039413_11152831.jpg

メニューは、圧倒されるほど多彩です。本日のお薦めだけでこれだけ。
本編のメニューも凄くて焼き物だけで3ページもあります。


c0039413_11145917.jpg

c0039413_11160296.jpg
c0039413_11160516.jpg
牡蠣のアヒージョ。流行のものも取り入れていて。
c0039413_11162208.jpg
ワインも廉価でたくさんの種類があります。
c0039413_11160048.jpg
ハラス。
c0039413_11153182.jpg
桜肉のカルパッチョ。

c0039413_11145717.jpg
煮穴子も大きい。
c0039413_11161819.jpg
アヒージョは美味しいので、トラフグのものも食べてしまいました(笑)


とにかく、安くて美味しいメニューがあって、それが素早く出てきます。
新開地というと、玄人好みの老舗居酒屋も多いのですが、こういうお店もまた良しです。
ときどきはこちらまで足を運びたいものだと思いました。



こだわりや隠れ家(居酒屋)
078-511-8877
神戸市兵庫区新開地1-4-26
17:00~24:00

by ktokuri | 2017-04-15 12:10 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【新長田駅南】ボノボノ(イタリア料理)で手近に本格的な味を

 たびたび、イタリア料理です(笑)
ただ、このところというか、いつもというかイタリアンが私の定番です。
 若い頃はイタリアンを楽しもうとすると、神戸なら三宮、元町、北野まで行かないとなかなか納得する味がありませんでした。
しかし、最近は、新長田、兵庫、須磨、垂水、明石...それぞれの選択肢があります。
そして美味しいだけで無く、それぞれのお店の個性も楽しめます。

c0039413_13204432.jpg

 ボノボノはその中でも新しいお店ですが、とても本格的な味を、サラッと簡単に提供してくれる、納得のお店です。
男前のシェフが、一人で作っているイタリアンはメニューの数は多くはありませんが、とても納得の味です。
お店も小綺麗で明るく、私としては好印象です。


c0039413_13232006.jpg

 ワインリストは少し高めに見えますが、実は本格的な選択です。お手軽に楽しむなら、ハウスワインのボトルで十分。
なかなか美味しいボトルを選んでいます。でも、リストのワインは、さらにそれなりに楽しめるかと。

c0039413_13232461.jpg

前菜の盛り合わせ
 ちょっと失敗写真ですが(苦笑)、カラフルで多彩な味選びです。
それぞれの味がはもって美味しいです。


c0039413_13232803.jpg
ウニのパスタ
 クリームソースが嫌みなくウニの風味を引き立てる。
一番、お薦めのパスタです。この味がこの値段でなぜ提供できるのでしょう?




c0039413_13233127.jpg
フルメニューにすると、ちゃんとパンがついてきます。しかもフォカッチャ付き


c0039413_13233559.jpg
ハンバーグ
 この日はイタリアンとは思えない、ハンバーグがメニューにありましたので、
好奇心からついつい頼んでみました。この日のワインの相性から言うと、いつもながらの羊なのですが。
でも、ちゃんとイタリア料理の味が(笑)

 いつも気軽に、味は本格的。交通至便な場所なので、ぜひ行ってみて欲しいお店です。
ランチもなかなか評判が良いようです。私は試したことはありませんが。
ときどき臨時でお休みになりますので、必ず事前に電話してみましょう。


ボノボノ "Vono Vono" (イタリア料理)
078-647-8150
神戸市長田区若松町5-2-1 アスタプラザファースト 2F
11:30~14:30
17:30~21:00(L.O.20:30)
日祝定休





by ktokuri | 2017-04-09 13:53 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【元町 トアロード】ガッリレオ(イタリア料理)で素直に美味しく
c0039413_16504706.jpg
 先日、本当に久しぶりにお会いした友人と夕食に出かけました。昔、一緒に仕事をしていたころに出かけたお店が、
名前を変えて、再び営業しているのを見つけて一年ぐらいでしょうか。

 以前のシェフが戻ってお店を開かれたのですが、
なぜか私には、以前よりさらに味が冴え渡っているように思えます。

 神戸の人の自慢の通り、トアロードから西に露地を入ったところのビルの3階、そこまでは階段で上がります。

c0039413_16504024.jpg
彩りも美しいし、新鮮でみずみずしい野菜とシーフード中心のアンティパストミスト。


c0039413_16501436.jpg

冷菜の盛りの後には、暖かいお皿もセットされていてうれしいメニュー構成でした。

c0039413_16500539.jpg

ゴルゴンゾーラのニョッキ。素晴らしいチーズのハーモニーでした。


c0039413_16493953.jpg
ブロッコリーとシーフード、鱧でしたっけ、創作力が素敵です。

c0039413_16493106.jpg

私の好きな羊。赤ワインにはこれが一番なんです。


 海の幸と山の幸が豊かに響くような、非常に満足のいくメニューでした。
 お店の名前は正式にはGalli-Leo と書くようです。昔はガレットネロというお店だったと記憶しています。
 大事なお客さんと、豊かな時間を過ごすのにはちょうど良い、神戸らしい立地です。


ガッリレオ(イタリア料理)
078-334-7155
神戸市中央区北長狭通3-12-10 ループトアウェスト3F
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~22:00(L.O.21:30)
不定休






by ktokuri | 2017-04-02 17:20 | グルメ | Trackback | Comments(0)