<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【新長田駅北】居酒屋 一番で 定番の鱧のコースを今年二回目
c0039413_114984.jpg


 仕事で毎日夜遅く、今月に入って休み無し状態でした。
 やっと一仕事終わって、久しぶりの休みの土曜日、今年二回目の鱧コースを食べに、近くの居酒屋一番さんに行きました。

c0039413_11493330.jpg


 最初に白ワインをグラスで。お手軽な値段のフランジア。
 もう少しドン冷えにして欲しかったかなあ。

c0039413_11495089.jpg

 
 さて、まずは湯引きです。梅肉か、酢味噌か。迷うところが楽しい。

c0039413_11501118.jpg


 続きまして、鱧天。いわゆる天ぷらです(笑) カリッとした食感がよろしいです。


c0039413_11502093.jpg


 次に鱧照り。 もちろん照り焼きのことです(いちいち略すなってね)。
 なぜかこれだけ二人前でなく一人前ずつ出てきました。

c0039413_1150361.jpg


 ここらへんから日本酒冷やになります。深山霞。
 
c0039413_11504657.jpg



 お店が清潔なのが好きです。多人数でも気楽に食べられるのもよいし。
 今回は友人と二人だけでしたが。

c0039413_11505926.jpg



c0039413_115174.jpg


 さて、鱧鍋です。しゃぶしゃぶ風になっているので鱧シャブかな(笑)
 地産地消で、淡路島の鱧、タマネギで合わせてまことに結構です。
 ここのお店の鱧は美味しくてお手軽値段。いい仕入れルートを持っているのでしょうね。
 沼島あたりでしょうか?


c0039413_11511667.jpg


c0039413_11512924.jpg


 煮えてくるに従って、生唾ものです。そこで最後は軽くレモン酎ハイ。

c0039413_11513626.jpg



c0039413_11515624.jpg


 いつも食べきれない量なので、食べたことがほとんどない、〆の素麺を少しだけいただきました。
 これ美味しいです。


c0039413_1152655.jpg



c0039413_11521132.jpg



 いや、それにしても美味しいひとときでした。しかしお腹いっぱいすぎて大変です。
 これであの値段。五人いれば四人前で十分かと思います(笑)。もっと安くなりますよ。

Sony DSC-RX1R



居酒屋 一番
神戸市長田区水笠通3丁目2−3
078-631-3160 ‎
by ktokuri | 2013-07-28 12:03 | グルメ | Trackback | Comments(4)
【新長田】 よし田でワインと和風のお皿を楽しむ
c0039413_9134963.jpg


 仕事が忙しくなると、食に走る(笑)   これがいつものパターン。
 時間が惜しいので、どうしても職場か自宅のご近所に。
 そういうことで、新長田のよし田へ。

c0039413_9134588.jpg


c0039413_914880.jpg



 ここの突き出しはいつも上品で美味しい。胡麻和え、アボガドと刺身あえ。

c0039413_9141619.jpg


 生の海老チリソース。彩りの綺麗なお皿です。

c0039413_9142434.jpg


 里芋と豚肉。火加減が上手にできていて美味しい。

c0039413_9143382.jpg


 むし穴。豪華な一品。これは文句なしのお奨めです。

c0039413_9144267.jpg


 このお店の定番、豚の角煮。焼き餅が入っていて、これが肉汁に使って印象的。

 どの料理も見栄えがして、味も多彩。和風がしっかり守られているけど、ワインにとてもお似合いの味です。


上燗屋 よし田
078-766-5508
神戸市長田区水笠通3-2-3
[月~土]16:30~0:00(L.O)
[祝]16:00~22:30(L.O)
日曜休


by ktokuri | 2013-07-17 09:12 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【新長田】 焼肉 富士で 塩・山葵で焼肉を楽しむ
c0039413_910315.jpg


 私の場合、夏のスタミナ補給は焼肉、韓国料理、インド料理(笑)
 自宅近くの新長田周辺は、お店の環境がバッチリ。
 さすがに毎週は行きませんが、2週間に一回は焼肉かなあ。

c0039413_910437.jpg


 今日は、駅の南側の富士にお邪魔しました。久しぶりの2階。
 1階のファミリー仕様の雰囲気とは違って、ちょっとゆったりした感じです。
 

c0039413_910478.jpg


 まずはあぶり肉用のお肉。少し焼いてサッといただくと、美味い。独特の食感。 

c0039413_9105045.jpg


 焼き肉屋さんに行くと、すぐに頼むのがピビンバ。
 ご飯とお肉のコーディネートはお約束違反かもしれないけどやめられない。 

c0039413_9105370.jpg


 この店では、塩、山葵で食べるお肉をまずいただくのが私のやり方。
 その次に、たれをつけて食べるお肉を注文。
 味の濃さから考えて、逆はあり得ないわけだけど.....

 あんまり凝ると、一緒に行ってくれる友人がご機嫌ナナメになるから、気をつけないと(笑)

c0039413_9105776.jpg


 
c0039413_911039.jpg


 最後はお手軽なシャーベット。口が変わって美味しい。
 一般的な食べ方なんですけど、注文するお皿が、ロース、カルピから赤身系に。
 やはり年相応ということでしょうか。



焼肉 富士
050-5868-3038(予約用)
078-611-4837
神戸市長田区若松町3-1-1 フレールアスタ若松1F
17:00~23:00(L.O.22:30)
月曜休(祝日の場合翌日)
by ktokuri | 2013-07-14 09:48 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【新長田】 窓べの でワインを楽しむ
c0039413_22362289.jpg


新長田の駅南の再開発ビルの2階、とてもわかりにくいところに、ワインハウス「窓べの」が開店しました。

お店は小綺麗。清潔感があります。

c0039413_2236379.jpg



来店すると、まず泡(スプマンテ)が出てきます。サービスのウエルカムドリンクです。


c0039413_2238439.jpg


 店内には素敵なワインセラーと冷蔵庫。向かって左手のセラーには赤ワインに適温が合わせられています。
 そしてワインにはそれぞれ能書きが。なかなかやりますねえ。それぞれのワインの魅力が気になって、選ぶのも楽しみに。

c0039413_2242770.jpg


 お洒落なグラスが飾られています。ちよっと手作り風で可愛い(笑)

c0039413_22423662.jpg


 ワインの注ぎ口には、こんな小道具も。デカンタージュの代わりになって味わいが増感じです。

c0039413_2243423.jpg


 チーズにリンゴ、それをフリット仕立てに。食べると微妙な味わいが、ワインにとても似合います。

c0039413_2244405.jpg


 みかけはそんなにピンときませんが、実はかなり美味しいナポリタン。ソーセージもタマネギもデリケートに味つけされてます。

 
c0039413_22455596.jpg


 ひな鳥のロースト。これもいけます。とても芳しい。

 いずれのお皿も美味しいです。ワインを飲むのが楽しくなります。
 でも、ちょっとぜいたく言わせてもらうと、お料理は量がやや少なめ。ワインはとてもお安いのですが、料理はお値段はそこそこするので、安くて美味しい居酒屋満載の新長田の土地の感覚だと、ワインハウスとはいえうまくいくか多少不安な感じもします。
 流行って欲しいところです。ビルの2階なので宣伝しないとね。

 私には料理のお皿が美味しくて、ワインもお値段は庶民的。好きなお店です。
 
 

窓べの
神戸市長田区若松町4-4-1 アスタクエスタ南館203号
078-641-2775
日曜休?


by ktokuri | 2013-07-09 22:52 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【京都 木屋町】 仙鶴で今年も京都の夏の川床料理を楽しむ
c0039413_1042582.jpg


 7月から3週間、仕事が多忙モードになりますので、その前に恒例の京都、鴨川の川床料理を食べに、東京の友人と待ち合わせして出かけました。

c0039413_1044090.jpg


 京都の熱い空気は湿度が高くてやや苦手ですが、それをうすめるような軽やかな川の風が吹いてきました。
今年は仕事が7月に入っていて、祇園祭が楽しめないのが誠に残念です。

c0039413_1062138.jpg

c0039413_106242.jpg


 最近、京都の街で流行っている丹波ワインがここでも。白の飲み口は上品で地産地消もいいものです。

c0039413_1081349.jpg

c0039413_1081776.jpg

c0039413_1082052.jpg


 夏の料理はこういう涼やかな皿が楽しみですね。

c0039413_1010241.jpg


 隣の店の川床では舞妓さん、芸者さんが..こういうサービスもあります。東京あたりから来るとこれがまた楽しかったりします(笑)。 
 パリならセーヌ川下りのシャンソン歌手というところでしょうか。

c0039413_1012451.jpg


c0039413_10124932.jpg


c0039413_10125251.jpg


 夕暮れになってきて、光が黄金色になってきました。料理にあたる光がきれい。
 お皿のデザインもモダンでいい感じです。

c0039413_10144729.jpg

c0039413_10145610.jpg

c0039413_1015314.jpg

c0039413_10151017.jpg




c0039413_10155565.jpg


 この雰囲気で食べると蒸し物、凄く好感度高し。夕方の景色になぜか似合う料理です。

c0039413_10161332.jpg


c0039413_10162614.jpg


 ご飯とデザート。これがついていないとねえ、やはり。

 料理とワインが美味しいのはお約束ごとですが、やはりここでは京都の街の夜景が一番のご馳走ですね。

OLYMPUS Tough TG-1




京料理 仙鶴
075-341-7511
京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町177
17:00~22:00(Lo 20:30)
不定休
by ktokuri | 2013-07-06 10:22 | グルメ | Trackback | Comments(0)