<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【新長田駅南】 バル パッチーノにてスペイン風小皿料理とワインで舞い上がる
 最近、京都のスペイン料理居酒屋さん、サントレスの見事な活気あふれる空気を堪能しています。
神戸で同じことができないか...と思っていろいろ考えてみたのですが、あの雰囲気はナカナカあり得ません。
 そんなときに、地元新長田の駅南に新しいスペインバルが出来ていました。

c0039413_8394148.jpg


c0039413_8442651.jpg

 ワインも安いのです。テラノブレが1800円! 安いと思っていた立ち呑み膳ホールよりかなり安い。

c0039413_8464821.jpg

 牡蛎のエスカルゴ風バター焼き 芳しい。牡蛎でも十分に雰囲気が出るものですね。

c0039413_8484919.jpg

 豚肉のコンフィのパルマンティエ 赤ワインにはこれ...っていう感じです。

c0039413_8505166.jpg

 いずれもこの季節メニューから選びました。どれも随分お手軽です。

c0039413_8512260.jpg

 そして、秋刀魚のベッカフィーコ

c0039413_8534867.jpg

 店内の雰囲気は、スペインの街角でよく見るバルそのもの。

c0039413_8523748.jpg

 栗とキノコの赤ワイン風味のリゾット 

c0039413_852515.jpg

 イベリコ豚のオープン焼き

ちょっと期待してしまいます。もちろん、サントレスのもつホットなファミリームードや暖かいお客さんたちの声はありませんが。

c0039413_8594468.jpg

 でも、料理の創意工夫の雰囲気は似てます。

c0039413_8592666.jpg

 アルコールもとてもお手軽で、これもスペインバルらしいところです。

 お店はまだ、無名でお客さん入っていない、完全な穴場状態。
 年寄り飲み助の多い新長田ではありますが、なんとか流行って欲しいです。

c0039413_8582695.jpg


 このお店構えはなかなかケバイので、ちょっと浮いている気もしますが、本格的には違いない(笑)

 安くて美味くて、異国情緒。これが学生街なら絶対流行るのだろうけど、ここは新長田。さて。
 いいお客さんが入ってくれば、自然と空気が暖かくなるのがバルです。応援したいところです。

 一般的にはスペイン料理というとパエリアしか知らない人が大半でしょう。
 しかもそのパエリアはメニューにはなくて、美味しい各種アヒージョが主力のお薦めかな。
 今回は、注文しませんでしたが、実は前に偵察に行ったときには堪能させていただきました。
 白ワインやビールにもよく似合います。

  


バル パッチーノ
神戸市長田区若松町3-1 新長田アスタカレッジハイツ1階
078-641-0218
17時~25時
日曜日休
by ktokuri | 2012-11-10 09:11 | グルメ