<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【舞子】 ミア・アルベルゴにて海辺でミラノ風の上品なディナーをいただく
 先日、舞子の浜辺、ホテル セトレにあるイタリア料理店、ミア・アルベルゴでキャンペーンディナーメニューが出されていたので、仕事でバタバタしている合間にすかさず便乗して行ってまいりました。

c0039413_23353993.jpg


 この地は、若いときに仕事をしていたところ。なんとなく懐かしいです。
 明石海峡大橋の先には淡路島が。

c0039413_23355420.jpg


 大橋のたもとには、孫文の縁がある移情閣。日本最古のコンクリートブロック造建築物で、国の重要文化財になっています。

c0039413_233655.jpg


 中判カメラでも持ってきて、三脚を据えて撮れば様になる風景なんでしょうね。
 若いときにはハッセルブラッドなんて持って行っていましたが(笑)

c0039413_23362187.jpg


 その光景から歩いてすぐ、ホテルセトレは海に突き出した形で円形に広がっています。

c0039413_23362869.jpg


 コンパクトに整理されたデザイン。お洒落ですね。建物のさきから大橋の橋脚が見えます。

c0039413_23363835.jpg


 本格的なレストランのたたずまい。いい感じですね。

c0039413_23364599.jpg


 アミューズという形で出てきた生ハムとグリッシーニ。状態がとてもよくて最初の口を楽しませてくれます。

c0039413_23371023.jpg


 前菜の盛り合わせ。凝った肉料理と野菜の組み合わせで思わず納得。
 豚肉が素晴らしかったです。

c0039413_23372032.jpg


c0039413_23372953.jpg


 パン二品に、オリーブオイルが二種類。フォカッチャ風のパンも美味しかったけど、もうひとつもすっきりして美味しいパンでした。
 オイルは左はオレンジ風味がついています。

c0039413_23374053.jpg


 アンコウを主にしたシーフードのパスタ。麺のゆで加減とソースと具のバランスが絶妙でした。
 海辺を意識した流石の一皿。

c0039413_23374977.jpg


  そしてヴィヤベース風に処理した魚のお皿。先ほどのパスタとは違う香りが、また楽しい感じです。


c0039413_2338165.jpg


  神戸牛のミニステーキ。 遠来のお客用でしょうけど、焼き加減がよくて、ご当地の人間も十分納得です。


c0039413_23381162.jpg


c0039413_23382479.jpg


 ドルチェと珈琲。
 とても美味しかったけど、できたら珈琲はエスプレッソにしてもらって、ドルチェとは別のタイミングで欲しいところです。このあたりは、好みですが....

c0039413_2339147.jpg


以上 Canon PowerShot S95



 いやーしかし、納得ですよ。高級な雰囲気はレストランテの貫禄十分です。
神戸でも三宮、元町よりも西か東にシフトすると、また新たな発見があります。
垂水、須磨はイタリアンの激戦地と聞きます。ぜひしばらくはウロウロしたいところです。


ミア・アルベルゴ
神戸市垂水区海岸通11-1 ホテルセトレ1F
078-708-3331
11:30~15:00(L.O.14:30)
18:00~22:00(L.O.21:00)
カフェ10:00~22:00(L.O.21:00)
火曜日休(祝日・祝前日を除く)
by ktokuri | 2012-03-17 23:56 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【元町】トラットリア イタリアで イタリア家庭料理を食べて現地の雰囲気を思い出しました
 この日はちょっと変わったところで....と思って、かねてから街ブラで目をつけていたこのお店に。
イタリア国旗にひかれて、看板をチェックしていたのです(笑)

c0039413_22375117.jpg


 雑居ビルの三階はこぢんまりしたダイニングになってます。
 ここで6人までの席と、それとは別に4人までの部屋があります。

c0039413_2238161.jpg

 ここで、ローマ生まれのハンサムなパオロローディさんが作るイタリア家庭料理をいただくわけです。

c0039413_22381820.jpg


最初に出てきたのは、アンティパストミスト。
 イタリアらしい少し塩味のきいた生ハム、素敵な味のトマト、チーズ。


c0039413_22383449.jpg

 キヤンティ・ルフィーノを1本。
 
c0039413_22384363.jpg




c0039413_2239143.jpg


 ショートパスタを2種類。イタリアで食べたまんまのトマトソースと、レストランではなかなか食べられない豆のパスタ。
 これ食べながら、イタリアのテレビを眺めたり、音楽を聴いていると日本にいる感覚がなくなってきます。
部屋から出るとローマではないかと(笑)思ってしまいます。

c0039413_22393974.jpg


 パオロローディさんはてきぱき、次から次へと料理を作っていきます。手際よさにビックリ。

c0039413_224023.jpg


 1人分がこれ、たっぷりの仔羊。卵がまぶされていてこれも香ばしい。
赤ワインには良く合います。お肉の焼き方はミディアムレア。
私にはちょうどころあいで最高でした。でも、日本の一般に合わせるとなると「火を通し気味に」と言った方がいい人もいるかも。


c0039413_22402850.jpg


 ドルチェはジェラードに金柑。これも知りませんでしたがよく合います。
新たな発見でした。


c0039413_22403931.jpg


c0039413_2240493.jpg


 ランチは飛び込みでもいいみたいですが、ディナーは前日までに要予約のようです。
「こんなの作ってくださいませんか」とお願いすると、ちやんと準備してくれるとか。

c0039413_2241022.jpg


しかし、このビルの三階にこんな世界があるなんて、ちょっと想像できない感じです。


トラットリア イタリア (TRATTORIA ITALIA)
078-341-0822
神戸市中央区元町通4-6-11 シーコムビル 3F
11:30~14:30
18:00~21:30(予約のみ)
無休
by ktokuri | 2012-03-10 23:01 | グルメ | Trackback | Comments(2)