<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
新年は関西の古都へ (奈良)
 久しぶりに親しい友人と古都を歩きました。
 神戸、阪神間で暮らして一番楽しいのは、京都、奈良という古都をブラブラすることです。
 この2つのまちは、古いところと新しいところと…観光地や地域の中心地としての魅力的な部分もチャームポイントとしてあり、来訪者に良いところ取りをさせる度量の広いところが魅力です。

 三ノ宮から1Day切符を利用して、奈良方面へ。大和西大寺で乗り換えて西ノ京へ。

c0039413_12155319.jpg

 唐招提寺の工事が10年以上かかり、やっと私の好きなこの光景が戻ってきました。
しかし、「天平の甍」といわれる西側の鴟尾は、東側の鎌倉時代のものとともに収蔵庫に。
それが少しだけ寂しいです。

c0039413_1216077.jpg

 ところが、建都1300年にあたる今年、既に薬師寺の東塔が解体修理に。
 今度はこちらが10年間、工事中になるとか....うーむ、唐招提寺の金堂と薬師寺の東塔、
西ノ京というか、奈良を代表するこの二つの建築物を同時にベストコンディションで観られた時期は、この二十数年の間でたった二ヶ月ほどだったということです(T_T)
  文化財の保護ということから言うとやむを得ない事情もあったのでしょうが、奈良の街ということを考えるといかにも残念です。

 パルロワカフェ、ここも好きな空間です。ただしこれから10年もの間、せっかくの東塔が工事中。
借景のように見える薬師寺の東西の塔の姿が少し崩れるのはとても残念です。
 しかし、秋篠川沿いのサイクリングロードののどかな雰囲気にある立地と明るいお店の印象はやはり魅力があります。
c0039413_1216417.jpg

c0039413_12161899.jpg
c0039413_12162848.jpg

 このカレーはちようどワンショットのビールに似合います。

 その後、秋篠寺に行き、そこからブラブラと平城京跡を横切るように佐保路を歩きました。

 強歩ほといってもよいコースを歩いた後、ご褒美は美味しい珈琲。

c0039413_1216108.jpg

 このお店は、私の友人間、「鹿男あをによし」フリークの連中の絶賛のお店です。
c0039413_12165174.jpg

 確かに珈琲は美味しいです。豆の選び方でしょうか。嫌な味がしません。
 何種類もお奨めブレンドがあるので、次回はもう少しキレを強調したブレンドか、私のレシピであるマンデリンの単品を頼んでみたいです。

 さて、そこから、歩いて近鉄奈良駅方面に。 夜の奈良で飲む会を。
本当は、ここでもいつもご紹介する、まんぎょくに行きたかったのですが、この日は休日とは言え、月曜日なので定休日。それで、ダイニングバーの雷来へ。
 私としてはもう少し奈良町らしいところに行きたかったのですが、他のメンバーが奈良で飲んで帰るのが初体験ということで、駅に近いところがいいということでこのお店にしました。

c0039413_1217774.jpg
c0039413_12173754.jpg
c0039413_12174418.jpg
c0039413_12175114.jpg


 アルコール代がお安く、しかもワインメニューも悪くない。料理は気になるものはない、いい感じでした。
 ここもお手軽で便利で悪くないかと。

パルロワカフェ
奈良市六条町106-6
0742-33-5336
10:00~18:00(土日祝~19:00)
毎週火曜&第3水曜休


珈琲豆蔵(まめくら)
奈良市法蓮町972-1
0742-20-2666
9:00~19:00
水曜休


dining bar 雷来
奈良市小西町1-5
0742-27-2710
11:30~15:00&17:00~24:00
無休
by ktokuri | 2010-01-23 13:03 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(7)
毎年訪れるこの日
c0039413_1972866.jpg


 今年も私たちにとっての震災の日が来ました。毎年、多くのブログでこの日に多くの言葉が記されます。メディアが饒舌な一日でもあります。
 色々な話を聞き、色々な意見を読み、しかし、何かが違う気がします。毎年この感じが否めません。一つのファッションのようになっているというのでしょうか、自分の言葉でこの人たちは書いているのか、自分の心で考えているのかそんなうわすべりのものを感じます。

c0039413_1975079.jpg


私たちが体験したこと、そして今、それが自分の心にどう残っているのか、この日がどんな生き方を自分に与えたのか、そんなことを一人で考える一年で一度の区切りとしたいと思います。
by ktokuri | 2010-01-17 19:07 | 想い | Trackback | Comments(2)
新年は関西の古都へ (京都)
 お正月は風邪っぽかったので家でお休み(笑)
少し落ち着いてから、新年の少し遠出は京都/奈良に行ってきました。
まず、今回は京都から.......
 例年は年末に近喜のお豆腐と村上重本店の千枚漬けを用意するのですが、今回はそれもならず新年になってからになりました。それでまず京都....ということです。

 京都についてまず腹ごしらえ。地下鉄四条駅からすぐの楽仙楼へ。ここは水餃子が有名です。
c0039413_14203020.jpg

 まずは、お腹を落ち着かせるために、坦々麺。中国北部料理らしいメニューです。
ここの担々麺は味がとても優しいのが好きです。
 
c0039413_14204140.jpg

 黒酢の酢豚。これも北国らしい味わい。味が締まっていてとてもうれしいです。

c0039413_14204898.jpg

 ここの名物といってもいい水餃子。素朴な味ですが、やはり色々なお店の水餃子の中でも一番好きな水餃子。 

c0039413_14211870.jpg

 繁華街もお正月気分ですねえ。京都のお正月は都会の中で一番それらしく感じます。

c0039413_14213192.jpg

 丸寿の焼き芋。今日はお土産にしませんでしたが、これも好きな人が結構います。
私は松原の林商店が好みですが、ここが一番有名でしょうか。 

c0039413_14214286.jpg

 さて、正月の味というとこのお店の千枚漬けを外せません。今回は少し遅くなりましたが、やはり自家用に入手です。
 
c0039413_14215122.jpg

  あとは、お正月気分を吸いにに八坂神社へ。
 
c0039413_14221077.jpg

  そして清水までブラブラ。 

c0039413_14222025.jpg

 茶わん坂へ出かけて、ちょっと湯飲みを買いました。いつも思いますがこのお店、正月らしいネーミング(笑)



楽仙楼
京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37
075-351-4900
11:30~14:30、17:30~22:30
(土・日・祝は11:30~22:30)
月曜休(祝日は営業)
by ktokuri | 2010-01-16 14:31 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(0)
新しい年を迎えました
c0039413_0243476.jpg



 
新年明けましておめでとうございます



 新年をお祝いするのには夜、ちょっと暗い画かもしれませんが、今年は暖かい人のふれあいを大事にしていきたいと思います。
それで、みんなが集うヨーロッパを代表する広場、ブリュッセルのグランプラスにしました。
ベネチアのサン・マルコ広場 と並んで、最も愛するヨーロッパの空間です。
 昨年、多くの人たちの暖かい心に支えられました。たいしたことはできないことはわかっていますが、そのときいただいた心を私から他の人たちにお渡しして恩返しをしたいと思います。

 
この年が皆さんにとって素晴らしい一年となることを神様に祈っております

by ktokuri | 2010-01-01 00:32 | 想い | Trackback | Comments(14)