<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【奈良】 今井町のランチとお茶、藤原京の秋の花
 奈良でのイタリア料理の翌日、友人たちは三々五々となりましたが、藤原京に行きたいという友人がいたので、ご一緒させていただき、今井町~藤原京のウォーキングを楽しんでから、神戸に戻りました。

c0039413_22532812.jpg

 まず最初は今井町です。近鉄八木西口駅から歩いて、今井まちなみ交流センターへ向かいました。
c0039413_22533629.jpg

 しばらく行くと、その行く手には賑やかな声が。はて...というとたまたまですが、村祭りのだんじりが出ていました。ちょうど方向転換の作業中でした。
c0039413_22534342.jpg

 その場からすぐが、まちなみ交流センター 華甍(はないらか)です。観光客の姿が次々と。
ここで地図をもらって
c0039413_2254063.jpg

 早速ですが、腹ごしらえに、茶屋 まろうに出かけ、スパイシーなカレーをいただきました。
 美味しいです。さすがに店内に東西文化のスパイスが飾られているだけあります。

c0039413_22535175.jpg

 今井町の町並に。マンホールと電信柱がなければ時代劇ができそう。
 お祭りの日なので、提灯が各戸に掲げられていました。
 造り酒屋で、利き酒をいただいたり、神社のお祭りイベントを拝見したり...古い屋敷の中を無料で拝観したり....

c0039413_22541264.jpg

 そして、茶屋 古伊に入り、食後のデザートというか、昼休みのお屋敷の開館時間を待つ間の時間調整をいただきました。お店も町家を利用した雰囲気で、見るだけでも楽しめますが....
c0039413_22542110.jpg

 冷やしぜんざい、手作りの細やかさがあり、なかなか美味しかったです。お値段も良心的でした。
 それからしばらく今井町をウロチョロして、藤原京の方へ歩いていきました。

c0039413_22545115.jpg

 結構な距離を歩きましたが、天武、持統天皇の築いた壮大な都、藤原京はスケールもあり、その上、秋の花が咲き乱れる優美さがありました。
 満開の秋桜の道、大和三山、最北の耳成山を臨みます。

c0039413_2255032.jpg

 天香具山、持統帝に「衣ほしたり」と歌われたこの山は、まさに藤原京に隣接。

c0039413_22551020.jpg

 藤原京から近鉄橿原神宮前までのんびり歩いていくと、畝傍山を借景に本薬師寺跡には見事なホテイアオイが。
c0039413_22551947.jpg

 外来種のホテイアオイですが、こういう舞台設定では誠に風情がある日本の花と思えます。
そういうと、秋桜も外来種。額田女王も、高市皇子もこの地で過ごしながら、このような花は見たことがなかったことでしょう。
 今は西ノ京で素晴らしい伽藍と仏像を擁する薬師寺の以前の姿と思うと、なぜか郷愁を感じます。

東洋癒し茶屋 まろう
0744-29-3793
橿原市今井町2丁目5-11
11:00~17:00
火曜休


町家茶屋 古伊 (まちやちゃや ふるい)
0744-22-2135
奈良県橿原市今井町4-6-13
[月~金] 10:30~17:00
[土・日・祝] 10:30~17:30
火曜・水曜休
by ktokuri | 2009-10-27 23:21 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(6)
【奈良】 イ・ルンガ(イタリア料理)で南都の夜を酔う
 友人が長い独り暮らしから何か気分が変わったのか、結婚することになり奈良で式をあげることになりました。私もそんなわけで、奈良市内のホテルに泊まり、今回は友人と相部屋にせず、独りでツインルーム使用、ゆったりとした週末をすごさせてもらいました。

 結婚式は教会で簡易にすませ、昼食立食パーティーという簡素なものだったので、夕食は、友人の楽しくいただきました。某☆付けのガイドブックで、イタリアで星をつけたレストランのシェフをしていた堀江シェフが奈良で最近オープンした、イ・ルンガです。

 夕食前には腹ごなしということもあり、佐保路を、秋篠寺から平城京跡、法華寺あたりをブラブラ。
c0039413_124917.jpg

 ちょうどお腹が空いたころに、東大寺手前にイ・ルンガが見えてきました。
目印は氷室神社で、そのすぐ東大寺側にこの店があります。
c0039413_1255265.jpg

 お店は町家風というか、武家屋敷をうまく使っています。個室にご案内されてゆったりでした。
うるさいから隔離されたわけでもなさそうです。隣はかなり賑やかなお客さんでした。

 アンティパストは豊かな味わいのサーモンとイクラ。
c0039413_1241884.jpg


 手作りのパンも美味しい。
c0039413_1242531.jpg


  アマゴのソテー。そして有名なお皿の一つ、大和牛のもも肉の岩塩包み
c0039413_1243226.jpg

c0039413_1244180.jpg


 お手軽なお値段ではありますが、ちゃんと厚みがあって料理を支えてくれるドルチェット・ダルバ。
僅かに感じられる渋みがまたよろしいです。
c0039413_124503.jpg



 大和茄子とフレッシュトマトのスパゲッテイ。リコッタチーズがちょうど快い。
c0039413_1245851.jpg



 大和牛のケッパー煮、ピエモンテ風味。もう一つは大和豚のグリル、ハーブソース添え。
 一番手軽なコースでは、これのうち、どちらかを選択します。
 堀江シェフの本籍、ピエモンテの料理。素材を大事にするイタリア料理としては、厨房で手をかけて、そこに妙味があるような気がします。
c0039413_125950.jpg

c0039413_1251696.jpg


口直しとデザート。エスプレッソ、そして小菓子。一つ一つ手を抜かず行き届いた神経が。
c0039413_1252393.jpg
c0039413_1253330.jpg
c0039413_1253931.jpg
c0039413_1254677.jpg



 のんびり千鳥足でホテルまで歩いていきました。奈良ホテル組は手前で別れて、私たち日航ホテル組は猿沢の池の畔で、少しへたり込みました(笑)
c0039413_1255880.jpg



 奈良にイタリア料理とは、食材から言うと、なるほど...納得です。素敵なレストランテ。


リストランテ イ・ルンガ
奈良市春日野16 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」内
0742-93-8300
11:30~15:00、17:30~22:00
不定休
by ktokuri | 2009-10-25 13:43 | グルメ | Trackback | Comments(8)
鉄人28号とインド料理の混在
 昨日、久しぶりに鉄人28号の横を通ると、彼を被っていたシートが取り除かれていました。
なかなかいい感じです。「ビルの街にガオー、夜のハィウェイにガオー」という歌が久しぶりに脳裏に浮かびました。
c0039413_1845278.jpg

 とてつもないプロジェクトと思いましたが、まあ、なかなか面白い雰囲気で納まってきました。
しかし、本当にいい街にするのには、住む人の心に活気が出て、明るい雰囲気にならないといけませんが。

c0039413_1851036.jpg

c0039413_1855754.jpg

 今朝は、記念式典があるとか。ホルスまでパンを買いに行くと、人が集まっていて、知っている顔も何人か。

c0039413_186133.jpg

 そういうと、先日、インド料理ティフィンに行きました。最近は空いているようですが、気軽にインド料理を楽しむのには良いお店です。 
c0039413_1862758.jpg

 タンドリーチキンを肴にインドワインを飲んで......
c0039413_1863699.jpg

c0039413_1865110.jpg

 ここのナンは本当に美味しいです。そしてブナゴストやラムといった羊系のカレーが私の贔屓。
もちろん定番のバーターチキンカレーを食べるのもよろしいですけど。

 空いているのが少し心配ですが、インド人直営だけあって味は十分満足。ぜひみなさんも鉄人見物がてらどうぞ。



TIFFIN(ティフィン)
神戸市長田区大橋町4-4-17新長田駅前ビル2F   
078-642-5711
by ktokuri | 2009-10-04 18:18 | グルメ | Trackback | Comments(6)