<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クリスマス前は
 仕事がバタバタしていたのと、写真関係のブログに手を入れていたので、少しこちらとご無沙汰していました。
 あわただしいが、私のような人間にはちょいと大事なクリスマス前をちょっと記録に残しておきたいと思います。12月23日のことです。
c0039413_9212868.jpg

 この日は、仕事中。昼は西宮のいわしやさんに寄って、讃岐うどんを楽しみました。
c0039413_9425332.jpg

 私が天ぷらの中で一番好きな、いわしやさんの舞茸の天ぷらはもちろん注文。 
c0039413_922788.jpg

 かけあつに半熟玉子をのせてみました。
 

 仕事が終わって、妹になる人(つまり弟のフィアンセ)の実家にクリスマスプレゼントを送るため、元町通に。
c0039413_9283011.jpg

 グレゴリー コレに行きました。そこでクリスマス パニエを発送してもらいました。明日、クリスマスイブには着くでしょう。
c0039413_9285389.jpg


 さて、その後、オーストリアというかウィーン料理の葡萄舎に。
巷ではクリスマスディナーコースが流行っているのですが、職場の友人を呼び出して食べたので、そんな気にはならず、クリスマスディナーコースのないところということで、このお店を選びました。
c0039413_9314277.jpg
c0039413_932233.jpg

 相方は、いちおう独身女性ですが、微妙な関係では全くなく、お互いクリスマスのあぶれ者同士で(笑)、本番のイブには親の相手だから、ここでうまいものを食べようということです。
 トマトとチーズをアレンジした前菜は特に可愛く、味も印象的でした。
c0039413_9321092.jpg

c0039413_9322737.jpg

 このお店では、私の定番はウインナーシュニッテルンとウィーン風のパン。
パンの味は白ワインに似合います。
c0039413_932448.jpg

 マリネや小オムレツといった小皿もおいしいのでした。
c0039413_933342.jpg
c0039413_9331632.jpg

 セロリのスープ。茎や葉ではなくて、根を素材にしているのですね。
これは冬の食べ物として特にお薦めでした。記憶に残る味わい。

 かくしていよいよクリスマスを迎えました。しかし、例年のことですが当日はケーキを親と食べるだけで平凡です。毎年穏やかなクリスマスなのです。


※2つのお店は以前の記事をみていただくとして、

グレゴリー コレ神戸・元町本店
神戸市中央区元町通3-4-7
0120-888-081
AM10:30~PM7:30
定休日 毎週水曜日/水曜日が祝日の場合は営業
by ktokuri | 2008-12-29 09:56 | 個人生活
【JR神戸駅】 才谷(もつ鍋)で栄養摂ってリフレッシュ
 先日、もつ鍋の才谷さんが再開しているという噂をうけて、行ってきました。
和風もつ鍋というと、本家の山本は行きたいのですが、交通がやや不便。のれん分け?している才谷が交通至便なだけに、ついついこちらに行ってしまいます。
c0039413_22125956.jpg

 まず、突き出しはとろろ芋に玉子。これはこれで、結構お腹にたまるし、ビールのアテにも最高です。山葵をあわせると、またこれが似合うのです。
c0039413_22131650.jpg

 牛肉のたたき。もつ鍋との組み合わせというとこれでしょうか。あれもこれも食べたい人にはホルモン系のおつまみもあります。
c0039413_22133048.jpg

 そして、これが本日の主役、もつ鍋。和風のものなので、癒し系の味です。辛くもなく脂ぎってもいません。
 くちあたりがやさしい味。まろやかです。これは味噌鍋ですが、しゃぶしゃぶ風の鍋にもできます。
c0039413_22134143.jpg

 これを食べると、流石に風邪も少しましになった感じです。野菜とモツという栄養のありそうな組み合わせ。
 かなり元気になりました。よかったです。



もつ鍋 才谷 [鍋料理]
神戸市中央区古湊通1丁目2-25 ライオンズマンション神戸101
078-361-0291
17:00~23:00 LO 22:30
日・月曜日休
by ktokuri | 2008-12-18 22:19 | グルメ
【三宮】 一夜一夜 美味しい銀シャリを目指して
 先日、中国から戻ってきた昔の飲み友達を迎えて二人で飲み会をしました。
彼女は大連に長くいたので、中華と焼肉(韓国料理)以外なら何でも...ということで、お店探し。
 私が昔ドイツから帰ってきて、最初に食べたかったのは寿司や鰻の蒲焼きでしたが、それは学生時代のこと、勤め人の方には何がよいのでしょうか.....
 ということで、やはり銀シャリ―― だよねとなって、このお店、一夜一夜に。
c0039413_8283073.jpg

 ここでは、魚の一夜干しや薫製を炭火であぶって食べるのが定番です。
火であぶるのは家庭でも出来ますが、この一夜干しの作りがなかなか自家製ではうまくいきません。いつもは鮭のハラスが印象的ですが、今回は、ブリが出色でした。
c0039413_8303161.jpg
 
 そして、食べてみると、油が多い魚、淡泊な魚とそれぞれ個性的で、食べた感触に併せて、追加に色々とオーダーします。
c0039413_8313897.jpg

 そして、最後は...というかこれが本来の狙いなのですが、銀シャリ、お漬け物、お味噌汁(赤だし)をいただきます。
 これがたまりません。それまでの食事はやはり前座というべきなのでしょうか。


 ※この一年、ここのブログではグルメ専門に記事を載せてきました。
  それはそれでテーマがはっきりしてよかったのでしょうが、友人の何人かからは、本人が見えてこないので個人の目の面白さより、情報の便利さが勝っている印象を受けるとのご意見をいただきました。

  一年半ほど前、ブログのデータとして載せてきたつもりの写真に、出来不出来、芸術性?をとやかく言われて嫌気がさして、情報提供のみに割り切っておりましたが、ブログとしてはサッパリしすぎて中味が美味しくなかったことは確かでしょうね。
  もう少し、タイトルの「ライフ」―― という言葉にもつながる記事を追加しようかと思っています。そのほうが書いている私のプライベートな視点が感じられて、トータルで面白いのかもしれませんね。考えたいと思います。
  

一夜一夜
神戸市中央区中山手通1-9-12 M'sビル1F
078-325-1818
17:00~24:00(L.O.23:00) 
  金・土・祝前 17:00~02:30(L.O.01:25) 
日・祝休 
by ktokuri | 2008-12-14 08:42 | グルメ
【東京 赤坂】 グラニータで懐かしい東京・赤坂の空気を味わう
 先日、東京に行きました。色々な用事もありましたが、フェルメールとピカソとそれぞれ世界的なニュースといえる展覧会が同時に東京にあったことも出かけた理由です。
 夕食は落合シェフの名前で知られるグラナータ。銀座ではなくて赤坂TBS店へ。
c0039413_17431044.jpg

席を一緒にしてくれたのは、東京在住の大学時代の友人です。
 昔、このあたりでアルバイトをしてました。たしかこのお店があった近所に行きつけのカレー屋さんがあったはずとか、懐かしさが心を揺らします。
c0039413_1714244.jpg

 生ハムと洋梨。生ハムの味は流石ですね。果物とハムの量のバランスも良い感じ。
c0039413_17143287.jpg

 帆立の入ったパイ包み。
c0039413_17145070.jpg

 シーフード、蟹の味わいも入ったオイル系のパスタ。これは少しアルデンテが過ぎたかも。
c0039413_1715235.jpg

 牛頬肉の赤ワイン煮。一緒にとったのワインがキャンティだったので、ちょっと弱かったか。
でもバローロというわけには予算が(笑)
c0039413_17151632.jpg

 ドルチェ。高質のアイスクリーム。苺もいい感じです。
c0039413_17153656.jpg

 エスプレッソはタイミングが少し早かったですね。お忙しいのでしょう。
c0039413_17154510.jpg

 お店はカジュアルな雰囲気を出しながら、お洒落。目が届きやすいレイアウト。
 ここに政府の閣僚もやってくるとかいうけど、仰々しくない感じがよろしいですね。

グラナータTBS店
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
03-3582-3241
年中無休
11:30 ~ 22:30
ランチ 11:30 ~ 14:30(土日祝は11:30~15:00まで)
ランチタイム終了後、17:30まで休み(土日祝は17:00まで)
by ktokuri | 2008-12-06 17:28 | グルメ
【王子公園】 摩亜爺でダブルセットって...
 先日、摂津屋さんの急なお誘いで、摩亜爺さんに出かけました。
合鴨農法のアヒルさんと、上海蟹さんのダブルセットのコースです。
もちろん、例によって美味しい白酒も一緒に。
c0039413_18391611.jpg

 このお酒、美味しいのですが、あとで急に酔いが来ます。
c0039413_18393280.jpg

 お酒というと一番合うのは、当然のことながらこの上海蟹。身が少ないのですが、お酒との相性が素晴らしい、とても微妙な味です。飲む楽しみを十分に。
c0039413_18394169.jpg

 アヒルさんは北京ダックに。食べる楽しみではこちらですね。
c0039413_18395782.jpg

 青菜のお皿は火加減が素晴らしい。技の一品ですね。
c0039413_18401018.jpg

 優しい味の一品。これは癒し系のお皿ですね。
c0039413_18402171.jpg

 そして麺が素敵。揚げてあるのがスープを拾います。
c0039413_18404745.jpg

 摂津屋さんが目をつけた豚まん。エッまだ食べるの? まあ美味しいからいいけど(笑)
c0039413_1841094.jpg

 そしてデザート。マンゴーというのも中華料理らしくていいですね。

 とても素敵な料理に、美味しいお酒。暖かい店主ご夫妻のお話。いつ行っても癒される素晴らしいお店です。最近、中華料理が続いていましたが、やはりこのお店が一番よかったと思います。
創意工夫と新たな発見がいつもあるコース、暖かい空気のお店。


摩亜爺
神戸市灘区城内通2丁目5-18
078-801-1511
水曜日休
11:30~PM 2:00、17:00 ~21:30
by ktokuri | 2008-12-02 18:53 | グルメ