<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
熱いですね 神戸も...夏祭りの時期ですが
 毎日暑いですね。体が暑さ慣れしていないこともあり、今週末はかなりヘトヘトに。
幼いときに北国で育った私としては、この関西の熱気にはやはりちょっと体が辛い。
c0039413_18423118.jpg

 昼間には赤いもの、黄色のものが目につきます。アツい。
c0039413_18424824.jpg

 そんなこともあって、昼食のパンを買いに行くのは早朝に。開店と同時にお買い物。
贔屓のパンの中には焼き上がっていないパンもあるのですが(^^;)


 
c0039413_18452112.jpg

まちのあちこちでは、夏祭りも実施されています。子供たちは浴衣を着る絶好のチャンス。
女の子たちは暑さにもかかわらず顔が生き生きとしています。
c0039413_18463210.jpg

 屋台、夜店が楽しみなんですね。神社のお祭りは減りましたが、今は町内会、自治会のお祭りがそれをフォローしています。
c0039413_18472393.jpg

 人の集まるところには宣伝もあり....家庭ゴミの分別が秋に変わるので、神戸市のキャラ、ワケトンとトコトンも登場。女子大生のボランティアさんたちと一緒に、キャンペーン活動をしていました。
c0039413_18494235.jpg

 北区の最北部、フルーツフラワーパークでは婦人会の皆さんの盆踊りが....
c0039413_18491658.jpg

 飛び入りの人たちも混じって、総踊り。こうなると夏の暑さも風情といえそうです。
先人の知恵でしょうか。それでも今のように熱くなってくると、流石にちょっと、「昔とはちがうで」といいたくなりますが。
by ktokuri | 2008-07-27 18:51 | 街角ウオッチング | Trackback | Comments(6)
【京都 洛北】 一和(あぶり餅) 今宮神社門前の平行状態
 暑い京都。先日、moo_yoshiさんの写真展の帰りに大徳寺に出かけました。大仙院は屋根の葺き替えで風情はもう一つでしたが、厳しい日差しを忍んで一息。そしてこの後はお決まりのパターンで今宮神社のあぶり餅を味わいにもう一歩足のばし。
c0039413_6383497.jpg

神社西門前に、参道を挟んで「かざりや」さんと、「一和」さんがあります。中学生の時にはじめて訪れ、それ以来、「当然ある」風景。一和は創業1000年、かざりやは400年とか。
c0039413_6474710.jpg
 
 白味噌のタレに黒砂糖?の隠し味。木のお皿にのせられて、風情あります。15本で500円。
 平安中期一条天皇の子が疫病を患ったときに、疫除けの願いを込めてあぶり餅を供えたのがはじまりで、この神社へ参拝した際は、無病息災を祈りあぶり餅を食べる風習とか。
c0039413_6205478.jpg

 さて、お店二軒で肝心の味の差はいかがなものでしょうか。
 私には一和さんは、少し甘めでバランスのとれたオーソドックスな味、かざりやさんは火の焦げ目が印象的な焼き方で、白みその味が印象的、メリハリのある味という記憶です。
 季節にもよりますし、食べる側のコンディションにもよりますからちょっと怪しい記憶です。一回の訪問で、両方ハシゴするような無粋なことはしませんから、少し?―― クエスチョンです(笑)
 竹串や餅の姿は少しかざりやさんの方が好みの感じなのですが、店のクラシックな雰囲気は一和さんかな。「ええと今日はどっちの順番だったっけ」と前回訪れたお店を思い出すのもたのしいものです。
 ちなみに、今回は一和さんへ。一文字屋和助、略して一和。

一和
京都府京都市北区紫野今宮町69
075-492-6852
10:00~17:00
水曜休(1日、15日の場合は翌日休)
by ktokuri | 2008-07-23 07:06 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(4)
【新長田】 ベンヴェヌーティ(イタリア料理) で故人を懐かしむ 
 昨日は葬式が二つ。同じ会場で、1時間のインターバルです。
「はしご」と言ってもこういうハシゴはあまり無い方がよい。
異教徒の私には2時間のお経漬けはちと辛い。
 仕事は休んでいた(といいなからも朝はきっちり、職場に出て仕事してましたが…)ので、家に帰り、着替えて、気分直しにイタリア料理。

 昨日食べたのは、ちょっと内緒。―― ここからは先日のメニューです。
c0039413_8471888.jpg

 昨日は白ワインでしたが、先日のワインは赤のダブルッツオ。
c0039413_848133.jpg

 ワインは色々あるのですが、いつも安いお手軽なものばかり狙っています(°°)☆\(--メ)バキッ!
c0039413_8491465.jpg

甘カレイのカルパッチョ。白ワインに似合いますが、軽口の冷えたダブルッツオでもうまく響きます。
c0039413_8503388.jpg

 モッツアレラチーズとトマトソースのパスタ。これも軽いタッチ。
c0039413_8515580.jpg

 アンチョビの入ったピザ。ワインが進みます。
c0039413_8522069.jpg

 そして、赤ワインにはこれが定番かな。子羊のグリル。

 昨日も、この日も、リフレッシュにはいいタイミンクでこのお店に入れました。
つきあってもらった友人にはちょっと唐突だったかもしれませんが。

トラットリア ベンヴェヌーティ
神戸市長田区二葉町5-1-1 アスタくにづか5番館B1
078-611-2180
11:30-14:00
17:00-22:00
水曜休
by ktokuri | 2008-07-19 08:53 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【京都 上賀茂】 今井食堂の鯖味噌定食...ビールが欲しかった
 先日、moo_yoshiさんの写真展を拝見しに、京都にブラブラ出かけました。2回出かけましたのですが、2回目は昔の記憶をもとに、懐かしく、上賀茂神社前の、今井食堂の鯖味噌定食をいただきました。
c0039413_1136775.jpg

 お店にはいると、お店のレイアウトが記憶と少し違います。そういえば昔からこんな感じだったかもしれませんが。
c0039413_11382196.jpg

 カウンターで背中合わせで食べる。さすが学生のお店です。昔ならこれでOKだったかな。
今はやはり世知辛い気がしますけど(笑)
c0039413_11331748.jpg

 この定食、ボリュームだけでなくて、鯖はもちろん、白飯も、おみそ汁の大根も美味しい。
京都というか、上賀茂というか、野菜の名産地ならではの魅力もありそうです。
ついつい、コロッケまで載せてもらいました。衣の油加減もいい感じ。
学生の住む街は、庶民のグルメの文化がちゃんと残ってますね。
c0039413_11345633.jpg

 そして、鯖味噌。油がうまく抜けてきて、誰でも食べられるような上品な味わいです。
脂ぎった鯖も美味しいのですが、こういう品のある食べ物に仕上がるなら、三日煮込む甲斐があるかと思います。
 本当はビールが飲みたい!素晴らしいアテになるでしょう。でも学生さんが目白押し。
これではやはり我慢でしょう。お持ち帰りの「鯖味噌弁当」や、「鯖の味噌煮」もありますので、
これを買って、川原に出て缶ビール―― というのもよいかもしれません。秋に企画したいなあ。

今井食堂
京都市北区上賀茂御園口町2 上賀茂神社横
075-791-6780
水曜日休
11時~17時半
by ktokuri | 2008-07-13 11:47 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(4)
【神戸 ハーバーランド】港のバーというと色々なイメージが...Tomi’s BARは
港のバーというと、神戸もなかなか。
moonlightとか、今はなき神戸ハイボールなんかもイメージかな。
 その点、このTomi’s BARは、ちょっと異質。
ハーバーランドのレストラン街、モザイクの1階。珈琲が美味しい(°°)☆\(--メ)バキッ!
c0039413_16125268.jpg

 夏にはここでジン系のロングカクテルを飲み、少し体を冷やして、店を出ればすぐ先は高浜岸壁。
c0039413_16131242.jpg

ここから三宮までのルートが好きなんです。海の風を楽しみ、かっての港の地をウロウロ。
c0039413_16191059.jpg

港町神戸の顔として時代の流れの中でときどきに大きな変貌を遂げてきたところ。
c0039413_16191989.jpg

 色々な想い出があって、忘れられない恋の記憶もあるところだけど、今は単なる酒気帯び歩行者として海を眺めながら静かにお散歩。


Tomi’s BAR
神戸市中央区東川崎町1-6-1 モザイク1F
078-360-0151
11:00~24:00(LO23:00)
第2火曜夜休み
by ktokuri | 2008-07-06 09:19 | 街角ウオッチング | Trackback | Comments(10)