<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【中央区山手】 再度山荘でスペアリブ
先日、ブログのお仲間さんたちと話をしていると、昨年相談していた紫陽花を観に行くハイキングに行っていない...という話に。その後、
ハイキングの話→バーベキュー→山荘で食事
 と、だんだん省エネにスペックダウン(笑)。
この日は、朝一番に海外の人たちへの研修講師で休暇をとっていたので、平日にゆったりと昼食も可能に。
c0039413_1533444.jpg

 ビーナスブリッジのレストラン「トゥールドゥール」の先、13番カーブまでタクシーに乗り、そこから山道を下ること5分。早朝登山の人たちに網焼きトーストで親しまれている燈籠茶屋。その茶屋の奥に再度山荘がたたずんでいます。
 雨が降る前の湿度の高い空気ではあるけど、山の中、若葉の上を通ってきた風がここに舞い降りてきます。そして鳥の声。
 仕事から解放されていることもあり、ゆったりとした時間の流れの中に。
対角魚眼レンズで周辺がまん丸ですが、この開けた緑の緞帳をご覧下さい。
c0039413_15332999.jpg

 この山荘では平日は4人以上で貸し切りにしないと、食事ができません。これがちょっと大変かもしれませんね。
 でもシーフードを楽しみながら、白ワインを飲んでいると、ストレスがとれていくのがわかります。
仕事とは別に気遣いいらない友人たちとゆっくり出来るのはなによりです。
6人で山荘貸し切りとちょっと贅沢だったかも。
c0039413_15323575.jpg

 シーフードの後に、スペアリブが一人あたり三本。これでお腹いっぱい。
お肉食べると欲しくなる、サラダもあるし、ご飯も出る。ちょっとお茶漬けにしたりして。
 実は先日、軽井沢の高原でバーベキューしたのですが、役割分担が気になるし、ごみの始末も大変。
 ここは山荘のスタッフの方がシーフードやスペアリブを炭火で焼いてくれます。気を遣わず、アルコールもゆったりと飲めます。これも一つの楽しみ方ですね。
c0039413_1034392.jpg

 例によって、日頃の疲れが出て、白→赤→赤ワインを飲んで、後半はゆっくり睡眠グしてました。これもお約束ながら、私には貴重な時間です(笑)

 行きはタクシーであっという間でしたが、帰りは山道を歩いて、ビーナスブリッジの眺望を眺めて、ゆっくり歩き。
 そこそこ歩きましたが、元町駅までの道は、下りが多いので勢いで歩ききれます。

再度山荘(ふたたびさんそう)
神戸市中央区神戸港地方字再度谷63
078-341-2251
不定休
土日はランチがあります(平日は昼も貸し切りコースのみ)
by ktokuri | 2008-05-31 11:11 | グルメ | Trackback | Comments(14)
【新長田】 ベンヴェヌーティ(イタリア料理) 気軽で落ち着く、味と雰囲気
 世の中では神戸まつりだったのですが... このところ、仕事で週末もバタバタしていて、たまに休みがとれたときにはゆったりと休養です。それで近場にでかようということで、 例によっていつものお店、長田の下町のイタリアン ベンヴェヌーティに行きました。
c0039413_8251618.jpg

 いわしのカルパッチョ。ここの青魚のカルパッチョはどれもなかなか美味しいです。
c0039413_8252643.jpg

 ウニのスパゲッティ。 赤ワイン頼んだ後で、どうにもこれが食べたくなって....ドライのスプマンテでもグラスで頼めば良かったのですが...そのまま赤ワインで...
 それでも十分に海の香りが楽しめました。これまたよかったです。
c0039413_8253864.jpg

 生ハムとルコラのサラダ。これはインサラータ風。薄手のピザですからカリッとという感じで仕上げていますが、インサラータ風に生野菜がつくなら、私にはもう少しレアで、野菜載せて湿っぽい仕上げがいいかもしれません。まあでもワインのあてには美味しいです。
c0039413_8255287.jpg

 イベリコ豚のイタリア風おでん。料理の本当の名前はなんというのでしょうか。温かくてとてもやさしい味です。注文したライトタイプの赤ワインにベストフィットという感じでしょうか。
c0039413_826271.jpg

 アイスクリームのエスプレッソがけ。イタリア料理のドルチェでは、これが一番お手軽ですっきりした後口になるように思います。
 要は、食後のエスプレッソとドルチェを一度に味わうという横着なのですが(°°)☆\(--メ)バキッ!

 立地が今ひとつなので、お店はそんなにはやっていないけど、なかなかがんばっています。
日常にブラッと行くのにはこういうお店がいいかなあ。
 

トラットリア ベンヴェヌーティ
神戸市長田区二葉町5-1-1 アスタくにづか5番館B1
078-611-2180
11:30-14:00
17:00-22:00
水曜休
by ktokuri | 2008-05-20 08:41 | グルメ | Trackback | Comments(12)
【北区 山田町】  カフェカリークラウン(インド料理)
 このところ大忙しで、土日もお仕事。それはそれで楽しいのですが...そんなことで平日のお昼に仕事で外に出た帰り、昼食をとりました。
c0039413_1813649.jpg

 衡原ダムに行く途中に、いささか驚くほど異国風でモダン、広大な店構え。
そして店内もなかなか美しくまとめておられます。お料理の個性がうかがえるセンス。
c0039413_1815887.jpg

 昼のランチで、ナンのついたものを注文しました。840円。スープがついてます。
味が優しくて、これはいつも行く幾つかのお店とはまた違った味わい。

c0039413_1821190.jpg

 カレーはラムカレーをオーダーしました。あまり辛くなくて、それでいて、じんわり来ます。
ちょっとつけ加えてられるサフランライスがうれしいですね。フルーツを加工したピクルスが洒落ています。

 ワインもあるのですが、いかんせん仕事の昼休み。それに自動車でしか来れられそうにない立地。ちょっと残念ですが、お店はとても明るくてお洒落。味わいもこれなら納得です。

CAFE CURRY CROWN ━カフェカリークラウン━
神戸市北区山田町西下字下津井9-4
078-586-3322
7:00~21:30
by ktokuri | 2008-05-17 18:11 | グルメ | Trackback | Comments(8)
【新長田】 お昼にはこのお弁当が...西村川魚店(鰻弁当)
 最近、ひつこい風邪にやられていたので、昼飯は手抜き。そんなときに便利なのがこのお店。
c0039413_911989.jpg

 再開発のビルの地下で、少しわかりにくいところにあります。ケーズデンキの地下といえば地元ではわかるでしょうか。
 しかしお店の雰囲気は本格的。下記のお店名のリンクにある、HPでもわかるように、きわめてまじめに取り組まれてます。
c0039413_935684.jpg

 そこでこれです。家に帰ってパチリとしたのですが....
1000円で国内産の鰻を使ったお手軽なお弁当。しかし、注文してから火を通しなおしてくれて、脇にはサービスの野菜も載っていたり。
 これが我が家の愛用です。父と私といつも感謝でいただいております(笑)

c0039413_95758.jpg

 美味しそうなものが他にも... 蒲焼きも買ってみようかと思うのだけど...やはり弁当が性分にあいそうな。

 新長田には、かってとても美味しい鰻屋さんがあったのですが、今はこの市場のお店が専門店としては唯一かと...とても長田の下町らしい風情と味のお店かと思います。

 ※各月の最終日曜日には格安割引にてこのお弁当を出しているようです
  (少し中味が軽めかもしれませんが)

西村川魚店
神戸市長田区久保町5丁目1-1アスタ久二塚三番館地下1階
078-612-3980
by ktokuri | 2008-05-05 09:11 | グルメ | Trackback | Comments(12)
【新長田】 あみざき(魚料理)
 先日から風邪気味で、仕事の宴会をこなすのにやっき。それでこのページもお休み気味です。
 友人が夜に電話してきて、「今から飲みに行こう」というので、作りかけていたシチューは父親用にして、近所のあみざきさんに出かけました。
c0039413_1216116.jpg

 あぶらめのお刺身。歯ごたえがいい感じ。みずみずしさが違いますね。
c0039413_12161393.jpg

 キスの天ぷら。この柔らかさも好きです。讃岐うどん屋さんの天ぷらの定番でもありますが(笑)
c0039413_1216356.jpg

 先ほどのあぶらめの骨をうまく揚げて骨せんべえ風に...
c0039413_1216494.jpg

 鱧の湯引き。今日は歯ごたえの変化がテーマになってしまいましたか。
c0039413_1217269.jpg

 生春巻き。ここで少し魚と離れてみます。お店はほぼ魚づくしですが、少しは距離を置いたメニューもあるお店の方が好きです。
c0039413_12172154.jpg

 釜飯をここで注文。30分ほどかかります。これ待つのが楽しみ。
c0039413_12173292.jpg

 鯛の釜飯の完成です。サッパリとした仕上がりで締めると春の味わい。

あみざき
神戸市長田区水笠通4-1-1  
078-611-7783
日曜休
by ktokuri | 2008-05-03 12:24 | グルメ | Trackback | Comments(2)