<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
【王子公園】 パブロ(スペイン料理)でサングリア
c0039413_11421116.jpg

 職場の同僚と二人で、美味しいサングリアを飲みに行こう...と王子公園のパブロに出かけました。
 ここのサングリアは味わい深く、満足のいく味です。
c0039413_1111465.jpg

 下町にひっそり構えている風情の隠れ家のようなスペイン料理レストラン、大人の雰囲気のお店です。お店の名前「パブロ」のように、ピカソの絵が店内に飾られています。もちろん本物ではありませんが:-)
c0039413_11113046.jpg

 キノコとショートパスタのサラダ。これはアイデアに一本とられました。
c0039413_11115777.jpg

 このアーティチーョクのオイル漬けは誠に美味しい、ワインが進みます。
c0039413_11121941.jpg

 イベリコ豚のボカディージョ パンとイベリコ豚のハーモニーは、寿司の銀シャリとネタのようなコンビネーション。
c0039413_11131081.jpg

 赤ワイン イプシス クリアンサ 爽やかな赤! ややライトタイプがシーフードにもお勧め。
c0039413_11132638.jpg

 ガルシアのタコ。メニューでは定番ですが、ここのは本格的です。食べ応えあります。
c0039413_11134819.jpg

 仔羊のチリンドロンソース。赤ワインに最高の相性。

 サングリアは大量に飲むものというより、ちょいと一口が好きな飲み方です。
辛口が好きならシェリーなんていうのもありでしょうね。
 このお店、地味ですけど、すべてにわたって本格的なスペインのバルという感じがしました。


パブロ
078-882-9558
神戸市灘区倉石通3-1-14 テイク摩耶1F
11:00~14:30(L.O.14:00)
18:00~22:30(L.O.21:30)
月、第2火休(祝日の場合営業、翌休)
by ktokuri | 2008-01-26 11:37 | グルメ | Trackback | Comments(10)
【神戸駅周辺】 海月食堂(中華料理)で仕事系の小宴  
c0039413_18393337.jpg

 先日のことですが、今日は何にしよう...と職場の同僚と話をしていると美味しい中華にしましょう...の声。
今日は水曜日につき、職場で楽しみに行く摩亜爺さんはお休み。
 それなら...ということで、別の職場の友人も誘って、神戸駅近くの海月食堂へ出かけました。
 たまに、一人で行くのですが、少人数とはいえ、ここで宴をするのは初めてです。
c0039413_18395773.jpg

 ご存じのように、こちらはブロガー仲間では有名なお店。「ご紹介」と書くのはおこがましい感じです。
 ここに来るお客さんはとっぱなの前菜から「えっー、ここほんまに中華なの?」という、快い違和感を感じることになるでしょう。
 この日の前菜は、アンコウの肝や貝の薫製、魚のマリネ、それに蒸し鶏だったかな。
ビール向きのあてになって、それぞれ個性が楽しいオードブルになりました。
c0039413_18425655.jpg

 そしてフカひれスープ。フカの密度も濃いし、味わいも爽やか。食感が良くて食にリズムがつきます。
c0039413_1843787.jpg

 春巻きは、ハードタイプ。これも好きな人が多いのですよね。私は家の近くの新徳園風の柔らかめのものが好きですが、これはこれでなかなかいけましたよ。味も工夫されていて変化が楽しめます。
c0039413_18431922.jpg

 エビチリソース。このあたりは確かに中華です。でもスパイシーな味わいがあって、味が色彩的。スッと何気ないお皿というのがなくて、それぞれ個性的なお皿が続きます。
c0039413_18433038.jpg

 あばら肉でしょうか。これはまた食べ応えがあって、誠に好評でした。柔らかくてかつしっかりした味わい。
c0039413_18434628.jpg

 野菜炒めもいい感じです。火の入れ方がちょうどよくて、これなんかは技の勝利でしょうか。
c0039413_18435662.jpg

 本来は、この皿は、炒飯か、焼きそばですが、あえてお願いして、このお店の評判メニューの担々麺に。私も来る度に注文するメニューなのですが、ゴマの味が柔らかく優しくて、印象的な味わいです。
c0039413_18441791.jpg

 最後のデザートも決して手を抜かないというか...このマンゴプリンはこれを楽しみにしている人も多いと聞きます。
 一番のお手軽コースで、非常に割安感があります。それでもこのお店の良さを味わうのには十分かもしれませんね。
 次回はアラカルトで行ってみたい感じです。

海月食堂
078ー361ー1858
神戸市中央区相生町4丁目8-12
12:00~14:00(lo13:45)
17:00~24:00(lo 23:30)
木曜日休
by ktokuri | 2008-01-19 19:52 | グルメ | Trackback | Comments(4)
今年も1月17日が来ました
c0039413_1224175.jpg

 毎年のことですが、神戸市民には特別なこの日を迎えました。私は今は仕事が早いのでこの時間には家で食事をしていますが、当時はグースカ寝ておりました。その意味では非常に幸運でした。朝早く起きていたら、どれだけの恐怖を味わっていたでしょう。
 その日のうちに火が出て私の家の付近はこの写真のように丸焼けになってしまいました。
幸い私の家も、同居人の実家も水際で火災から難を逃れ、私の家には多くの人たちが避難してくることになったのです。それは大変で、辛いことも多くありましたが、ある意味では楽しい日々でした。お金や贅沢とは無縁な生活。顔見知り程度であった人が、笑顔で遠慮なく話をすることができたひとときでした。命さえあればよい、無事でよかった、という感謝の念が続く日々でしたから、物欲が切れてしまっていたのだと思います。欲がなければ、世の中こんなにも住みやすいとは思いませんでした。
 避難所の責任者として、色々なお世話をしておりましたので、多くの方と知り合いになりました。今でも多くのおつきあいがあります。
c0039413_122632.jpg

 しばらくたって徐々にみんなの生活のリズムができてきました。街が壊れて建物が崩れているのに、それはそれで呑気にマイペースで暮らすようになってきました。
 水も十分でなく、ガスがきていないことから、お風呂は銭湯で、大変不自由な生活でしたが、「あのときはよかった」と思い出すこともあります。
 今は再び様々な欲が戻り、楽しいことも多いかわりに、ぎくしゃくすることも多くなりました。人の心は不思議なものだと思います。

※上の写真はコンタックスIIIa&ビオゴン21ミリ、下の写真はレチナIIIcというクラシックカメラで撮ってます。ちょいと色が変なのはそのままにしています。ご容赦を。
by ktokuri | 2008-01-17 05:45 | 想い | Trackback | Comments(6)
【新長田】 ベンヴェヌーティ(イタリア料理)に再び
c0039413_2115528.jpg

 今日も再び新長田のベンヴェヌーティでイタリアワインと美味しい食事をいたしました。
c0039413_21163568.jpg

 ワインもお手軽な値段で楽しめます。三宮とは違った庶民性がいいですね。
お店がわかりにくい場所にあるのが、少し気がかりですが、通い始めると隠れ家的でこれがまたよろしいです。
c0039413_21191612.jpg

 フォアグラのクロスティーニ。これ私のレシピというか、特にお気に入りです。神戸でクロスティーニを常時出してくれるお店はあまりありません。できたら、レバーペーストで少し量を増やしたものも用意してもらえるとうれしいな。
c0039413_21205590.jpg

 野菜の盛り合わせ。口が変わって、これもなかなか良い感じ。
c0039413_21215158.jpg

 ホロホロ鳥のショートパスタ。チーズを主体にしているソースですが、とても爽やかです。
c0039413_2123862.jpg

 ミラノ風のカツレツ。先日の京都のディボディーバに比べると庶民的ですが、私はこの一般的で無難なカツレツが好きです。やはりもともとのこの料理の原点のおいしさはここらへんにあるのでは。お手軽値段なのも嬉しいです。美味しいだけに、もう少し高くても量が多い方が私にはさらに嬉しいですが。
c0039413_21254683.jpg

 ガーリックトーストもいただきました。手を抜かずにワインの友としてまことに結構な味です。


トラットリア ベンヴェヌーティ
神戸市長田区二葉町5-1-1 アスタくにづか5番館B1
078-611-2180
11:30-14:00
17:00-22:00
水曜休
by ktokuri | 2008-01-06 21:26 | グルメ | Trackback | Comments(4)
レインボーメーカーはいかが
 自宅の部屋を楽しませてくれる小物というと、夏には風鈴ですが、冬にはこれといった部屋を賑わわせる季節の風物がありませんでした。
 しかし、ひとつ前の冬から、音ではなく光で、冬の朝に部屋に暖かさを送ってくれるのが、このレインボーメーカーです。ニューヨークの雑貨店、キッカーランドの製品。製造元は中国のようです。
 摂津屋さんと大阪の十三に出かけたときに、喫茶店でこの虹をみて、インターネットで探して購入しました。
c0039413_1254678.jpg

 窓に吸盤をペタンと取り付けると、太陽電池でモーターが動きはじめ、オーストリアのスワロフスキー製の2つのクリスタルがそれぞれ反対方向に回り始めます。光が散乱して、キラキラ輝く虹を描いて、部屋の中で踊りはじめまるわけです。
c0039413_12113827.jpg

c0039413_12115066.jpg

 たまに、吸盤がはずれて落下します。今のところ、幸いにもクリスタルを回転方向の逆に優しく回してやると、うまく歯車がかみ合って、再び動き出します。
 休みの日に、朝ゆっくり寝て眼を醒ますと、晴れた日にはそこここに虹が。プラネタリウムの☆のように...
 最初は慣れずにブツブツ言っていた父親も、最近は曇っていると残念そうです。
「昨日はあんなに光っていたのに」と、不自由な眼で見て、つぶやいていました。
by ktokuri | 2008-01-06 12:21 | 潤い | Trackback | Comments(6)
【京都 四条烏丸付近】 久しぶりにディボディバ(イタリア料理)に 
 年末、京都に出かけて買い出しをした後、東京から京都に帰っていた友人と烏丸大丸のイノダで待ち合わせをして、ディボディバに食事に出かけました。
 このお店は、開店当初から、本当にたまにですが足を向ける、私にはイタリア料理の原点となったお店です。昔は錦通りにありましたが、今は蛸薬師にあります。 
c0039413_19171618.jpg

 お店の雰囲気は徐々に変わってきましたが、それでも昔から通うお店には愛着があります。
c0039413_17361758.jpg

 お店の2階にご案内いただきました。今日の相方は、出版関係の人で、写真の目利きの聞く人です。話も楽しいし、私のような素人にはとても参考になる話が多いのです。
c0039413_1739641.jpg

 この日はニコンのカメラの話で盛りあがりました。彼女がD3を持ってきたもので...
c0039413_17394777.jpg

 前菜のときが一番話が盛りあがります。このお店もお手頃ワインがなくなってきて、このキャンティが一番お手軽な値段のフルボトルワインになっていました。
 梅田のサバティーニあたりよりも少しワインは高めです。京都のサバティーニは入ったことがないので知りませんが。
c0039413_17415217.jpg

 ここのパンはとても美味しいです。見ると懐かしい気がします。
c0039413_17424141.jpg

 海の香りのする牡蠣と緑野菜のスパゲッティ。
c0039413_17431543.jpg

 彼女のたってのご希望で仔牛のカツレツです。美味しいですね。しかし、少しお皿としてお値段が気になります。アラカルトでも一皿4千円を超えると、コースとの比較でちょっと気になりますね。年末とはいえ、特に肉料理ですから。
c0039413_17452860.jpg

 そしてこれは〆のエスプレッソ。定番ルールです。

 年末にお互い忙しい中、まあ久しぶりにゆっくり話が出来ました。彼女の写真観は私の価値観とほぼ同じで、サロン的な写真が苦手同士。色々な海外の写真情報を教えてもらい、楽しむ時間になりました。
 それに手元のニコンD3とニコン初?のフルサイズ用のデジタル専用レンズを拝見しましたが非常に興味深い感じでした。本格的なデジタル時代になると業務用と趣味用がはっきり分かれていく気がします。  私はマイペースでいいな。

 久しぶりのディボディバのイタリア料理も満足しました。余りついていてない一年でしたが、少し気を取り直したかな。

divo-diva
京都市中京区蛸薬師通高倉東入ル
075-256-1326
11:30~14:00、18:00~22:00
水曜日休
by ktokuri | 2008-01-03 17:52 | グルメ | Trackback | Comments(2)
新年あけましておめでとうございます  本年もよろしくお願いします
c0039413_21533813.jpg


   謹賀新年

                                      コウベライフ

                                      こうべらいふの裏木戸

                                      上方カメラ

                                      マイナーブランドの眼


      本年もよろしくお願いします



 昨年は楽しいこと、嬉しいこともあったけど、基調としては悲しいことや寂しいことが多い一年でした。
 今年は何か少しでも前の年より、より良いことがあるように祈りたいし、努めたいとも想っています。
by ktokuri | 2008-01-01 00:00 | 想い | Trackback | Comments(12)