<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【新長田】 西神戸牡丹園 (中華料理)
 少し前ですが、父を連れて西神戸牡丹園に行きました。
ここはいつも端正な味付けで好きなお店の一つです。
c0039413_20321757.jpg

 紹興酒を飲みました。ホットワインみたいな感じで、結構好きなんですよ。この日は冷やでしたが...
c0039413_2033152.jpg

 春巻きは私の好きなメニューの一つです。油が過ぎずにカリッとして美味です。
c0039413_20341428.jpg

 豚のあばら煮。これは父の注文です。この日はお肉が食べたかったようなので...
c0039413_20364475.jpg

 そんなわけでもう一皿も牛肉と青菜の炒め物。少し味が似通っていましたが..
c0039413_20375661.jpg

 ここでは定評のある炒飯。ただ、代替わりされたようで、前のご主人の絶品のお皿に比べるとごくわずかに味の雰囲気が違う気がします。
それでも普通のお店に比べると、お米一粒一粒の火の通りが意識されるような仕上がりで、とても美味しいです。

Casio Exlim EX-P600


このデジカメ、Casio Exlim EX-P600 は光が十分あるところでは、好みの描写をします。
今となってはきわめて旧式のデジカメですが、キヤノンIxy900isを手に入れても、なかなかレギュラーからはずせない愛用道具です。

西神戸牡丹園  
兵庫県神戸市長田区久保町5丁目1-1-133
078-641-0005
by ktokuri | 2006-11-29 20:43 | グルメ | Trackback | Comments(5)
Ixy900isで撮る山辺の道
 このところ仕事のストレスも貯まっているので、一人でブラブラIxy900isを連れて山辺の道を歩いてきました。
 いい写真を撮ろう...なんて考えずに、「おまえはどんなカメラなの?」とカメラに問うような感じで、自分の好きなシーンでカシャ、いつもの場所でカシャ...という感じです。
c0039413_237075.jpg

 大和三山のみえる田園小径。私の好きな奈良の風景です。コントラストを多少調整しましたが、もともと少し色濃い描写です(ポジモード)。このほのぼのとした光景にはリコーの淡い描写の方がいいかもしれません。
c0039413_2393440.jpg

 やや暗い商店街で、歩いていて振り返りざまにカシャ。山勘のスナップですが、手ぶれ防止機能はこういうときにはとても便利な様子。少しぶれてはいるものの、普通のカメラならぼけぼけ写真のタイミング。
c0039413_23112665.jpg

 色が濃いのは実はポジカラーのモードにしているからです。他に所有しているデジカメと差別化するのにはいい感じかもしれません。記憶色気味ですが...
c0039413_23125924.jpg

 今年はもみじはもう一つで、銀杏の黄色が目に鮮やかな感じでした。
c0039413_2314220.jpg

 例年この時季には柿が食べ頃なんですが、少し冬の到来が早いのでしょうか。柿はほとんど収穫済みでした。田畑には幾何学のアートがそこここに残っています。
c0039413_23155888.jpg

 農家の軒先はどこも開店状態。ほのぼのとしてます。
c0039413_23171348.jpg

 例年美しい夜都伎神社の紅葉。今年は訪問時期がずれたこともあって冴えはちょっとないけど、周囲がおもしろい。
c0039413_23205284.jpg

 今日は曇天のきわみ。空か白く抜けてしまう。そうするとこんな写真を撮りたくなる。
c0039413_23233699.jpg

 泣き出しそうな雨雲が覆う中、環濠集落に到着。雨だれを狙いたいがまだ降らない。
c0039413_23244211.jpg

 むしろ少し光が...天国への階段かな..
c0039413_23253042.jpg

 Ixy900isは液晶にはスミアが表示されるが、実際撮れるデータは逆光にはそこそこ強いみたい。
c0039413_23272639.jpg

 今年はどこも紅葉がもう一つですね。きれいなのをみたいなら旅行してでも観ないとダメなのかも。
c0039413_23283337.jpg

 なぜか冬のローマのアッピア街道を思い出した石畳。
c0039413_2329208.jpg

 吉野杉、視覚よりも芳しい香りがたまらない。
by ktokuri | 2006-11-25 23:31 | カメラ | Trackback | Comments(6)
Ixy 900isとGR-Digitalで「あみさき」を撮る
 仕事でバタバタしていて長期休業をしてしまいました。どうもすみません。
まだまだ悩みの種は納まってませんが、とりあえずすこしずつリハビリします。

 仕事でアクシデントがあって、バタバタしている間に憂さ晴らしにキヤノンのIxy 900isを買いました。これは一つには今まで使ってきたCasio Exlim EX-P600が少し不調気味なのと、リコーのGR-Digitalのマクロモードが超マクロ接写にウエイトがあって、お料理写真に適さない
ということが原因でした。Ixy 900isは手ぶれ補正がコンパクトデジカメでは一番よく効く機種の一つなので、これでしばらく安心..と思って一息つきました。
 ところが、昨日GR-Digitalのファームウエアがバージョンアップして、接写能力がかなり向上、なんかなあタイミング悪い....(¬_¬)
 ご近所の魚のお奨めのお店、あみさきに出かけて、二つを比較してみました。
c0039413_21374388.jpg

 Canon Ixy 900isで撮影したひらめのお造り。そこそこ美味しそうでしょ。
c0039413_2137331.jpg

 ところがこのGR-Digitalでの接写。ホワイトバランスのせいもあるけど、さらに輝いて見えます。これだけ撮れればなあ、そんなに文句ないよ。あとは腕だけ。今までだとマクロと普通撮影の境界線上でカメラが迷ってしまって往々にしてピンぼけでした。しかたないのでマニュアルフォーカスで撮影していたケースです。今回はそこそこパシッと決まってます。
c0039413_2135308.jpg

 Ixy 900isで撮った鰆のみそ漬け。手ぶれ防止も効いていてこれも悪くない。
c0039413_21403614.jpg

 GR-Digitalの接写での牡蠣フライ。いよいよ牡蠣の季節の到来ですね。
c0039413_21415414.jpg

 Ixy 900isによる撮影の鯛釜飯。このお店の名物です。美味しいですよ。
c0039413_21425267.jpg

 当然お酒も飲みます。これはひれ酒をGR-Digitalで撮影。以前のGR-Digatalなら、必ずやピンぼけになる距離での接写の写真。きっと今回ファームウエアを変更することで、通常撮影距離の最短距離付近と接写モードの最長付近の部分の担当範囲をうまく調整したのでしょう。境界の距離領域(お料理のお皿をクローズアップという距離感)でピンぼけ続出がなくなりました。最初からこうしてくれていればうれしかったのですがね。>>RICOHさん....

 まあIxy 900isも仕事に使いやすそうだから無駄にはなりませんけど。ちょっと広角モードでの周辺四隅の流れは気になりますが、いいコンパクトデジカメだと思います。

網崎鮮魚店
神戸市長田区水笠通4丁目1-1
078-611-7783
日曜休
by ktokuri | 2006-11-23 21:46 | カメラ | Trackback | Comments(10)
奈良で茶粥と森林浴
 先週のことですが、お友達の摂津屋さんと奈良に行きました。
私の仕事がバタバタしていたので最後まで行けるかどうか不安でしたが、なんとか決行できました。
 摂津屋さん、ご心配おかけしました。m(__)m
 目指すは奈良の春日奥山原始林です。
c0039413_2129565.jpg

 JR奈良~近鉄奈良駅のコースです。結果としては、緑の風を吸って、リフレッシュ、ストレス解消となりました。
 <詳しいコースはこちらをチェックしてください>

 それに摂津屋さん記事で全体の雰囲気をお知りくださいね。

 さて、そのときの昼食ですが、奈良の茶粥をいただこう....と予てより噂のCafe暖暖に出かけました。
「奈良にはうまいものなし」と学生時代には言っておりました。柿の葉寿司と、茶粥、それに湖月の甘物ぐらいかと....
 しかし、最近はいろいろあるみたいです。あれやこれやと迷った末に、この奈良町の奥の暖暖までJR奈良駅から歩いていきました。
考えてみればもう少し近いところもあったのですが、ならまち、それも元興寺のあたりがどうなっているのか知りたい気持ちもありました。
c0039413_21442680.jpg

 この古い町家の中に「ならどっとFM」局のサテライトスタジオもあれば、工芸品店やこの喫茶、夜にはバーもあるようです。奥には保育の表示?も。
c0039413_21413423.jpg

 ここで、茶粥を頼みました。さっそく並べられた一式。
c0039413_225935.jpg

お汁物がけんちん汁風でなかなか優雅な味でした。
c0039413_2141118.jpg

ここで、午前中からビールを飲みながら、ほうじ茶の茶粥が煮えるのを待ちます。
c0039413_2140126.jpg

目の前には坪庭が広がり、ゆったりとしたやや早い昼飯。このあとの急傾斜の若草山の登りも忘れて、暢気に過ごしておりました。
c0039413_21443850.jpg

お膳に好くっていただきますが、ちょっと写真ではおいしさが出てなくて恐縮ですけど、さっぱりした良い味です。
 
c0039413_2144885.jpg

デザートにはこの放送局の称号、「ならどっとこむ」の和菓子がついていました(わらび餅も選択可)。
 
 このお店、隠れ家的な位置づけでなかなかよろしいです。一度は行ってみましょう。
茶房 暖暖
奈良市西新屋町43  
0742-24-9081
10時~17時
月曜休
by ktokuri | 2006-11-07 21:52 | ウォーキング | Trackback | Comments(10)