<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
【三宮】 一夜一夜 (ご飯・干し魚料理)
 三日ほど前、いつもお米を買っている田んぼやさんに米を買いに行くと、「新米が入ったよ」との声。
 これは美味しいお米を食べに行かなければ....ということで、昨夜いただいたのが
c0039413_1044826.jpg

今年の新米での、蛇紋岩米。これを食べに行きました。もちろん、時間的には最後の締めにいただいたのですが.... 
c0039413_1037650.jpg

 行ったお店は、三宮の一夜一夜。ここは神戸のお酒飲みなら誰でも知っている?ほど有名な人気店。
今や、東京の丸の内や銀座にも進出しています。
 東京の人は「一夜一夜は神戸にもあるの?」 (^^;ということおっしゃいます。
c0039413_10404796.jpg

 このお店は美味しい炊きたてのご飯が売りなのですが、メインで食べるのは一夜干し等の海産物、それに野菜。
 これを焼肉と同じ要領で網に炭火で焼いて食べます。
 頼んだのは金目鯛、秋刀魚、薫製のハラス、イカ、鮪のほほ肉、最後は太刀魚...ではなさそうだが?
c0039413_10444518.jpg

 次に頼んだのは、関鰺、穴子、それになんだったかな。
c0039413_10464520.jpg

 網にのせて炭火で焼きます。脂がのったところで大根おろしとお醤油で...日本人でよかった!
c0039413_1048047.jpg

 どんどん色々のせていくのですが.....ハラス(左下)は脂がのっていて特に私の好みです。これは必ず注文します。
c0039413_10493145.jpg

昨日は、職場の人の慰労会でしたから、乾杯はビールでしたが、そのあとはやはりこのメニューだと日本酒になります。お酒もすすみます。
c0039413_1050446.jpg

 さて、ご飯の準備に海苔と銀杏がでてきました。銀杏はどうするかというと
c0039413_10521455.jpg

 少し風味を持たせるために炭火にあぶって、ご飯を待ちます。
c0039413_10524432.jpg

 さて、冒頭のようにお釜で登場したご飯を盛りつけ(全部で三杯分ぐらいあるでしょうか)、おみそ汁とお漬け物でてただきます。
 日本人で良かった(2回目)!という瞬間です。珍しく祖国愛に燃えた、国粋主義の一夜でした。

Casio Exlim EX-P600



一夜一夜 神戸本店
神戸市中央区中山手通1-9-12 M'sビル1F
078-325-1818
17:00~02:30(L.O.01:25)
日・祝休
by ktokuri | 2006-09-30 10:55 | グルメ | Trackback | Comments(17)
【三宮】 イザラ(スペイン料理)
 先日、昔の職場の仲間から急に電話があって、食事をすることに。出かけたのは三宮のスペイン料理店イザラです。
 彼女が任されている新しい仕事がなかなか難しい状況にあるので、ちょっと相談相手に。

 こういうときにはこのお店のカウンター席、ちょっと声を小さく話す会話に適したレイアウト。イザラは女性のシェフさんで、お店も小綺麗。
もってこいの環境です。
c0039413_2073957.jpg

おかげでワインはおごりです。ラッキー。もちろんスペインものは赤。実は白も美味しいのだけど。
c0039413_2085030.jpg

ここはタパス(小皿)ものが楽しいお店。
和食の小粋な居酒屋さんのように、カウンターの上にお皿で並べてあります。このあたりは、スペインの居酒屋さんと同じ雰囲気。タパタパだったかな。昔よく行きました。
このソーセージは、いわゆる突き出しです。
c0039413_20102548.jpg

そしてスペイン風オムレツ。これうまいよね。赤ワインに合うんですよ。
c0039413_2011660.jpg

私がこのお店で一番好きなメニューのアヒージョ。今回は小エビのアヒージョ。
ジュウジュウいっている油の風味が独特で、なんとも言えない食感いよいよお酒がすすんでしまう。
c0039413_20131939.jpg

この羊肉の味が赤ワインとハモってまさに頂点に....
c0039413_2018277.jpg

うずら卵のクリーム煮(カルボナーラ風)。初めて食べましたが、すっきりした味わいです。可愛い風情のみかけのように、味もキュート。
 ここら辺からワインの影響で手ぶれが目立つ写真に。まあ、飲んだら手ぶれが止まる誰かさんよりはいいかな。
c0039413_20193833.jpg

ミックスパエリア。シーフードが新鮮。仕上げはやはりこれなんでしょう。私はいつもはパエリア食べることはないのです。だって、今回もそうですが、食べ過ぎ。

 「酒は百薬の長」といいますけど、まさに心のストレスにはワインと美味しい料理が一番良く効く。食事が終わる頃には、心の迷路からはすっかり抜け出していました。
 こういうときにはやはり洒落たグルメのお店でないと、縄のれんでは愚痴ばかりで盛り上がってしまうかも。
 それにしても、人の悩みを聞きながら、料理を次々にデジカメで撮るこの人は....(°°)☆\(^ ^)バキッ!
 まあ、いつも便利な相談屋さんなんだから、これくらいのことは許してもらおう..っと。

Casio Exlim EX-P600



IZARRA イザラ
神戸市中央区中山手通1-2-2レミービル2F
078-322-1303
17:30-24:00
不定休 (日曜休が多いかも)
by ktokuri | 2006-09-27 20:25 | グルメ | Trackback | Comments(10)
体感する秋の空気は
 今年は残暑がなくて、とても過ごしやすい気候。本当にありがたいのですが、秋の気温は人の寂寥感を高めます。
c0039413_21132419.jpg

 たとえば、自然の豊かな私の職場のまわりでも秋の訪れが、冬を予感させるように涼しい風となって花を揺らせてます。
c0039413_2116629.jpg

 そして夜の都会に戻ると、妙に人の足音がこだまして聞こえてくる。今年は寒い冬になるのでしょうか。
そして秋の味覚、松茸もそろそろでしょうね。
c0039413_21204113.jpg

 とりあえず、今日は秋刀魚にしておきます。予算の都合もありますので(°°)☆\(--メ)バキッ!
                                                        ....お粗末様でした。
by ktokuri | 2006-09-25 21:22 | 想い | Trackback | Comments(14)
【高速長田~新長田】 平沼商店 (焼肉)
長田で焼肉を外食する人なら、一度は耳にしたことがある平沼商店。
なんといっても長田を代表するお店です。何が?....って、
そう、その量と安さでしょうか。愛想がない、個性の強い、特徴のあるお店。
お金かかるの嫌だけど、とにかく焼肉一杯食べたいというのなら、ここは代表格かと。
c0039413_20182199.jpg

 ビールは自分で適当に冷蔵庫から持ち出すのが、常連さんの習い。
座敷だけと、排煙ダクトはないので、少しモウモウするのがまた、ここらしい。
c0039413_20184195.jpg

 盛り合わせのコース2000円/人でもお腹一杯なのに、敢えて生ものを追加。これは生レバー。
c0039413_2019531.jpg

 センマイはやはりポッサムチップとはかなり違う感じ。まあ、それでも普通の焼肉屋さんと同じランクではあります。
c0039413_20192012.jpg

 コースではまず、厚めの塩タンがどっさり出てきます。とにかくボリューム感がゴツイ。
c0039413_20201355.jpg

 そして、本隊がお出ましに。大皿にびっしり山盛り。4人では食えんで。実は大ぶりのタマネギが小さく見えます。
c0039413_20233426.jpg

 こうなるとビールではとてもダメ。やはりマッコリでないと食べ続けられません。そんなこんなで、食べることに集中し、そして飽きるまで食べる。こんな魔のゾーンという印象です。
 食べて、けっこう飲んで一人3000円+αぐらいかな。
 
ここは、焼肉のタレは専用の洗濯機を使って作るとか、ビニール容器がやたらと並んでいるタレ自動販売機(味は3種類しかないのだが、押しボタンは沢山ある)が店前に置いてある...といった数々の逸話のあるお店。
 「もうしばらくは行かんぞ...」と思っていても、またしばらくしたら行きたくなるお店です。
ここ行くと、しばらくはお魚が食べたくなります。幸い長田には美味しい魚料理のお店が多くありますが。

平沼商店
神戸市長田区川西通4-10-10
078-691-0020
17:00~20:30
日祝休
by ktokuri | 2006-09-24 20:30 | グルメ | Trackback(1) | Comments(16)
【新長田】 TIFFIN(ティフィン) インド料理
 このところ、ちょいちょい、ご近所さんのTIFFIN(ティフィン)に行きます。
神戸はインド人が昔から非常に多いところ。東京に並ぶほどの規模のインド人社会が形成されてます。一つには神戸に集められている真珠の取引に携わる人が多いとか。
 それもあって、結構「こんなところに」と思うところまでインド料理店があります。
このお店も、結構最近できた(私の時計の感覚では)のですが、そのお店が軌道に乗ったのか、今や、三宮や六甲にも姉妹店(チャルテ チャルテ)があります。
 ここ新長田では、震災のときに避難所にインド、トルコ、アフリカの人たちが炊き出しに来てくれました。私はたまたま施設の管理をする羽目になっていたのですが、このときの恩、人の情は忘れられないものがあります。そんな交流もあって、長田のエスニカン感覚は庶民化していったのでしょう。これからもできるだけ広まってもらいたいものです。
c0039413_8181283.jpg

 インド料理が美味しいこともありますが、お手軽なチリワインが非常に安価で飲めることも、一つの理由です。
c0039413_8184849.jpg

 今日は、ディナーのFコース。友人と二人なので、ペア(男同士で気持ち悪い?)で4500円のコース。これでお腹一杯になります。
 まずはサラダとサモサ。
c0039413_820238.jpg

 メニューから自由に選ぶカレー。辛くないバターカレー系がお気に入りなので、エビのバターカレーにしました。
c0039413_8222365.jpg

 カレーには、ピラフかライス、それと普通のナンとガーリックナンが付いてきます。
ガーリックナンは普通のナンを写す都合上、半分手に取ってますので、この倍あります。
c0039413_824288.jpg

 そして、焼き物。タンドリーチキンに、シークカバプ、海老と魚。これがワインに合います。

 それからチャイをいただきます。アイスクリームも食べられるので、こちらに後ろ髪を引かれますが。
 おっと、チャイを写真撮るのを忘れました。雰囲気が出ないので、
c0039413_841585.jpg

これだけ、以前の記事から流用再掲(^^;します。  これでセットの完了



もちろん、単品でワインを飲むのもお奨めです。


c0039413_8281238.jpg

 焼き物のセットを取って、
c0039413_8292359.jpg

 トマトのサラダなんていうのもあります。でもカレーも欲しいですよね。
そうなるとやはりコースの方が割安かな。

 このお店は、毎月一度、本国の味をそのままにしたカレーを出してくれる催しをやっています。メニューはそのときどきのテーマ1種類のみで、予約制ですが。お店にお願いしておくと案内の葉書が...
 こちらの方のブログを参照して下さい


TIFFIN(ティフィン)
神戸市長田区大橋町4-4-17新長田駅前ビル2F   
078-642-5711
by ktokuri | 2006-09-23 08:35 | グルメ | Trackback(1) | Comments(10)
夏の風鈴
 だんだん朝夕の風が肌寒くなりました。
それで部屋の窓にぶら下げていた風鈴を外すことにしました。
c0039413_14205189.jpg

今年は少し引退が早い感じがします。
秋風にぶら下げておくのもいいかと思いますが、これも季節ものですから。

 なんとなく万葉の歌姫、額田女王の歌を想い出します。
「君待つと わが恋ひをれば わが屋戸の すだれ動かし 秋の風吹く」

 うちの風鈴はデザインが、みてかくの如しですからこういうロマンチックな風情はないのですが、
想いの人から便りがないのは寂しいものです。なんとなくしみじみとする情景が浮かびます。
 けっきょく、これからは「食欲の秋」かな?
by ktokuri | 2006-09-21 14:22 | 想い | Trackback | Comments(10)
【三宮】 すずめ (うどん)
相性が悪い巡り合わせというものがあります。
期待して行ったらいつも定休日。
楽しみで店に入ったら、隣がヘビースモーカーで味がわからん。
間の悪い出会い。
色々なお店に出入りすると、大抵そんなお店が一つか二つはできるもの。
c0039413_2233452.jpg

私にはこのお店がそうなのかもしれません。
絶賛するファンがとても多いお店。
皆さんがたいそう褒めるのに、私のときには驚く味とまではいかない。
それには理由があるのです。お店の責任ではありません。
c0039413_22421.jpg

お店が忙しい昼飯時、11時から13時に行くのが悪い。
そんなこんなで、待っていてゆっくり茹でてくれた麺が食べられる機会がない。
もう、十回近く行くのですが、土曜日が休みということもあって、お昼時以外に出逢いのないお店です。
 いそがしいときのうどんで、麺のこしを語るのはちょっと失礼。
 これでどうこういうのはあまりに不公正、お店に申し訳立ちません。
今度は閉める直前に行ってみたい、きっと美味しいだろうと思います。そう思いながら、昼でも足の向くお店。それはやはり貴重な存在なのかもしれません。

 でも、ちよっとがっかりしたことがあります。、あるサイトで貴重なスペース使って、「店長からのひと言」のインタビューで、お客様に「待っているときには扉を閉めて下さい」って、その一言だけで終わりにしているのは、ちょっとびっくりしましたね。味を大事にしているから困っているのはわかるのだけど、敢えてインターネットで言いますか。扉に紙を貼っておく方が嫌なのかな。(お店にも貼ってあるのかもしれないけど...)。でも噂聞いて、インターネットで検索するような上滑りの人には、言っておきたい、なんてひがんで読んでしまう。ごめんなさい、ちょっと気になりました。
 評判のお店なのでやはりいつまでも謙虚でいて欲しい。
いつも美味しいものを食べに行きたいという思いのターゲットでいて欲しいと思います。
メニューも充実していて、天ぷらやおでんもあって、いいお店です、これを読んだ方も敬遠せずに、ぜひ一度足を運んでみていただいては...

すずめ
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮
078-251-1319
11:00~14:30(LO) / 17:00~20:00
土曜休
by ktokuri | 2006-09-19 22:05 | グルメ | Trackback | Comments(15)
【元町】 イグレック・ベガ (フランス料理)
 昨日はyukarin さんのご招待で、「グルメディア神戸」さんが主催するファンタジスタ倶楽部のお食事会に行かせてもらいました。
 場所は元町のイグレック・ベガです。フランス料理。
c0039413_9151057.jpg

 夜の元町駅に降りるのは久しぶりかな。いつもここには三宮から歩いてきますから。
お店はもっと南、元町通りの入口の角です。このあたりではありません。

c0039413_9154889.jpg

 きっちりとそろったクリストフのテーブルセット。開演前のコンサートのような。
さて、メニューですが、たどたどしい感想の下にご紹介します。
変に詳しいのは、メニューを持ち帰ったからです。

食前のお楽しみ   肉と魚のオードブル
c0039413_9162987.jpg

 白身のお魚は食前のシャンペンにはベストフィットでした。少しワイルドな風味のお肉は赤ワイン向きかな。美味しいコースの前奏曲として楽しめました。

 北海道産タラバ蟹とホタテ貝を丸ごとトマト詰め
爽やかトマトゼリーとアボガドのクーリソース、トマトのクロッカンを添えて
c0039413_9194295.jpg

 さすがに爽やかな味です。トマトというと夏野菜の定番で、「トマト詰め」はよくみるのですが、
タラバ蟹とホタテ貝があまり強くアピールしすぎずに、静かに口に広がるのが上品です。
 残念ながら私のお皿のトマトの薄切りは「クロッカン」とはいかず、自立してなかったので倒れてしまってました。お向かいの方のお皿を撮らせてもらいました。影が気になりますか?

長崎産車エビとしらさ海老 
身は軽く火を入れ頭はパリパリ クリスティアンにピーツのピューレとソースクリスタッセ
c0039413_111604.jpg

 これは食感のというか歯ごたえを楽しむ料理ですね。柔らかいところから、カリカリまで一つのお皿で楽しめます。贅沢。

ローズマリーの香りをつけた的鯛の低温ヴァプール
エピス風味の秋茄子のビューレとエシャロットのコンフィを添えて 
c0039413_9215089.jpg

 秋茄子がいいソースになったような、妙にハモルんですよ、鯛と。そこが美味しい。
鯛は色々な味をうまく取り入れるコンダクターみたいなものだと勝手に納得。

フランス産鴨胸肉のポアレ 
皮目パリッ!と身はジューシーに。無花果の赤ワイン煮と軽くプレゼしたロメインレタスとご一緒に 蜂蜜風味のジュ・ソース 
c0039413_11141335.jpg

いただいた赤ワインに似合うお皿でした。蒸し方というか火の加減が流石ですね。レタスにいたるまで... 無花果と鴨の組み合わせはとても好きなんです。
先ほどのハーモニーとは違って、輪郭線のキリリとした味が印象的です。

巨峰のソテーと白ブドウとラムレーズンの取り合わせ
c0039413_9263626.jpg

 デザートというと、やはり外見も大事です。かわいらしいデザインで席を賑やかにしてました。
 ブドウのデュエットが伴奏で、ラムレーズンが歌うという感じかな。今までの料理の流れのトーンを引き締めてフィニッシュでした。

コーヒー
c0039413_9272380.jpg

 エスプレッソ風味で美味しくいただきました。強いデザートの後にはこの強さがないと...

 スタッフを入れますと百人近い?盛大の会で、それも若い人がほとんどで、ちょっと面食らいましたけど、参加の皆さんも暖かい感じで、十分にくつろげました。
 主催者の方から丁寧なご挨拶、それに皆さんへのご紹介までいただき恐縮しました。



 難しいことは別にして、この集まりで熱く語られた「子供の食育より、まず大人の食育」というポリシーに賛成です。
美味しいものを美味しいと感じることができない、コンビニやインスタントの食品で育った日本人が増えています。美味しいものを食べる感性がわからない、体にいいものが心を慈しむ道理がわからない。おかげで本当の心のこもった「美味しい」がわからないお客さんを集めるお店、たとえば「創作料理」と称する得体の知れない、インテリアばかりお金使って派手なレストラン?、目先が古くなれば、お店の名前変えて、店の雰囲気変えて、の商売が増えています。それが、美味しい、良心的なお店を駆逐しています。美味しい素材にお金をかけなくても工場で作られたものを温めて、並べ直して売るお店が流行るのなら、真面目に「食」について考えるお店はどれだけ残るのでしょう。それを提供する農家も、水産業も潰れてしまいます。何が美味しいものなのか自分ではわからない。美味しいものは鞄や時計のようにブランドで食べればいい..という安易な行き方が日本の食文化を潰すのではないかという危機感をもちます。
 経済構造が変化し、がむしゃらに働くことで全てが解決するとは限らない時代に、日本はこれからはスローライフ、イタリアを見習って、ハイセンスで、豊かな物作りをしていくのが生きる道と言われますが、こんな環境で、そんな日本人が育つのでしょうか。
 ただでさえ、今の人は二極化構造。真面目な人は本当に真面目、真剣にそういうことを考える。一方では安きに流され、暮らしよい日本の社会の中で倫理や社会に縛られるのを嫌い、他人の好意が良い世の中を作ってくれるうちはそれに頼る、そんな人も年齢を問わず増えている気がします。
 本物を探して、観る眼、自分を確固として持つスタンスが必要な時代という気がします。
そんな中で、皆の情報を参考に自分の眼や足で参加するグルメ活動、いいんじゃないかな。
私には社会的な立場もあって、もともと神戸の応援団ですが、それを超えても「神戸」の食を宣伝する手伝いもしていきたい気持ちもありますし。あくまで、マイペースですけど。
結局、難しいことを饒舌に書きましたか...
 


 ということで、皆さんと楽しいお話もできて、十分に楽しめました。yukarin さんありがとうございました。とてもアクティブな方でもう少しおてんばのお嬢さんかと思ったら(失礼)、しっとりと女性らしい方だったので、ちょっと驚いてしまいました。失礼しました。このご招待はどこかでお返ししないとね。

イグレック・ベガ神戸市中央区元町通1-7-1 VEGAビル6F
078-334-1909
11:30~14:30(L.O.) ランチ
14:30~17:00
17:30~21:30(L.O.) ディナー
無休
by ktokuri | 2006-09-18 09:32 | グルメ | Trackback | Comments(20)
Google Earth 日本語バージョンにはまってます
 先日、ダウンロード開始した3D機能付きのGoogle Earth 日本語バージョンにはまってます。
 面白いですね。レイヤーでちゃんと主要施設が出てきますし、自分でスポットを記入することも可能です。
c0039413_1041222.jpg

 これは私の仕事場の近く、神戸市北区 神戸電鉄箕谷駅付近の画像です。
これよりもはるかにクローズアップさせることが可能で、場合によってはビルの上の排気ファンの個数を確認することもできます。俯瞰する角度も自由自在。
私のパソコンはかなり旧式でディスプレィカードは規格としては対応しているものの、標示に時間がかかるため、あえて、充分つながらない場合はどうなるかキャプチャーしてみました。
 駅前にある いけや食堂のマーキングがちゃんと見えます。
 3D機能はきわめていいかげんですが、それでも雰囲気は出てきます。
 こういうソフトが無料で配布されるなら、ディスクトップパソコンをバージョンアップしてもいい気がしてきます。
by ktokuri | 2006-09-17 10:44 | 物と欲 | Trackback | Comments(8)
【新長田】 沖縄食堂(居酒屋・琉球料理)
 ちょっと一杯、気楽に....というと新長田界隈では、当然のごとく居酒屋になります。
もちろん、韓国料理、ヴェトナム料理、中華料理、それにフランス料理まで一応、各国料理もありますし、無数といってもいいお好み焼き屋さんや焼肉屋さんも有力なのですが。
 さて、そんな中で、遅くまでゆっくり飲める広い居酒屋さんというと、ここ沖縄食堂が有力になります。80座席がゆったりで、広いオープンなつくりで空気がいっぱいある感じ。
c0039413_17525683.jpg

 このお店は実は琉球ワールドの一部。中には色々な売り場もあります。
c0039413_17531257.jpg

 豆腐のチャンブル(炒め物)
c0039413_17543985.jpg

ラフテー(豚三枚肉の角煮)
c0039413_17561011.jpg

スミイカと島豆腐
c0039413_1892016.jpg

「沖縄ガパ王」 最近の「商標」料理らしいのですが、魚の辛いジャンとガパオ(バジル)と挽肉を炒め、ご飯にかけるタイ料理を、ガパオを沖縄産スイートバジル」に替えたものだそうです。
結構辛い料理。カレーの雰囲気かな。
c0039413_1841922.jpg

泡盛のシークワーサー割り。甘いので飲み過ぎると後で酔いが来るのでご注意。

 オリオンビールあたりを気楽に飲んで、ゆっくりできるのがこのお店の良さでしょうか。
 ショットバーで仕上げるのとは別の夜の締め方です。

Casio Exlim EX-P600


沖縄食堂
神戸市長田区大橋町6丁目1-1 琉球ワールド 沖縄宝島1F
078-611-2516
11:00~24:00
無休
by ktokuri | 2006-09-16 18:08 | グルメ | Trackback | Comments(6)