<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イヤーフォンとヘッドフォン
 最近、ipodにイヤーフォンをセットして通勤してます。
 歩いて通勤する50分。その途上の風景をBGMを添えて楽しむ。これがいいですね。
朝は、ボサノバやジャズの女性ボーカル。昼休みにはモーツアルトやドビュッシーでうたた寝。
夜は本格的なジャズバンドやベートーヴェンのピアノソナタ、そして浜田真理子の歌に、プッチーニやヴェルディのオペラ。
 それを支えてくれるのはイヤーフォンやヘッドフォン。本当は一つに決めたいのですが、なかなかそんな訳にはいきません。
 昨日、飲み会のおりに周囲の皆さんに見せびらかせて刺激しましたので、バツゲームでブログでの紹介を命じられましたので、さて、書き込むことにします。

 一番気に入っているのは、ETYMOTIC RESEARCH (エティモティックリサーチ)の ER6iです。完全な耳栓で外の音はほぼ聞こえなくなります。歩行時には車が恐くてちょっとつけるのは冒険です。電車の中では音楽に集中できてかけがえのない効果が期待できますが、有事の際は怖いでしょう。音は分解能力があって、締まった音はとても魅力。耳に入れるときにとにかく奥にグッと入れなければなりませんが、さすが補聴器のメーカーだけあって耳へのフィット感は慣れればきっちりと密閉できます。
 
c0039413_20412023.jpg

 このER6iはipod用に少し低音部分で調整されて、インピーダンスも下げて能率を上げ、電池の保ちを良くするように調整されてます。これが好きか嫌いか。音だけ言えば同じ会社のER4Sというスーパースターがいますけど、ちょっと人前で聴くのは見場が悪くて、お値段も高価ですし。もちろん、ER6iもちょっといい値段しますけど、サウンドハウスあたりで買えば、少し安くなりますしね。ライバルはLPレコードのMM型カートリシッジやマイクで有名なシュアー社のカナル型イヤホンです。
 日常に使っているのはPHILIPS SBC-HS740です。amazonあたりで買えば2000円前後の手軽な値段で入手できるイアーホンです。何よりも耳にコードをかける装着法がユニークで歩いていても耳穴からずれません。これは誠に有り難いです。
c0039413_20413587.jpg

 音は低音がバリバリ出て、中音まで破綻がなくつながってくるタイプなのですが、私は好みから言うと友人が持っているAKGのK14Pのような華麗な高音が好きなので、ちよっと物足りないところがあります。私のように女性のボーカルや弦楽器にこだわる趣向でなくて、ジャズやロック主体の人には文句なくお勧めかなあ。

 今回は上の二つを買いました。ipodを買う前から、安物のMP3を使ってましたので、イヤーフォンは以前から持っていました。ここ数年はSENNHEISER MX500を使っていて、これも音には不満はないのですが、耳のかかりが悪いため歩きながらというとフィリップスのようなわけにはいきません。
c0039413_20415046.jpg

ただ、音の遮音効果などから言うとアウトドアーで使うこともできるよい製品で、WEBによってはipodに最適と薦めているのもよくわかります。

 古いというと、昔に買っていたイヤーフォンSONY MDR-E484も好きな音作りです。
c0039413_20421030.jpg

これは当時はけっこう高いお値段のイヤーフォンだったので、なぜこれ買ったのかわからなかったのですが、ソニーの製品は一般的に言ってドンシャリ型の音作りでもう一つ好きになれないものが多いのですが、これはなかなかよかったです。インターネットの世界でも頼みcomなんかでも絶賛されています。フーム、そうだったんや。
 
 家にはステレオがありますから、それなりにヘット゜フォンがあります。これは以前からの製品ですが、AKGのK66という5千円前後で入手できるものを使ってます。難しいことを言うといろいろと注文があり、お金があるリッチな人はSTAXあたりの素晴らしいヘッドフオンを入手しておられるのでしょうが、そんなに長時間使うも実績は今までないし、言ってもバイノーラル録音でもない限り本当のところ、ヘッドフォンで聴くのは音響的、医学的(生物学的?)には不自然なことでもあるので、まあ、これで満足しようというところです。
c0039413_2042024.jpg


 このところふところにはER6iとSBC-HS740を入れてipodとともに使ってます。
あとは楽しい音楽があれば言うことないですね。
by ktokuri | 2006-02-26 21:35 | 物と欲 | Trackback | Comments(8)
土曜日の焼肉
 昨日は、友人のつっちゃんを神戸のお薦め焼肉屋さんポッサムチプにご案内すべく、摂津屋さん、泉式さんとともに出かけました。
 まず丸玉食堂で初期エネルギーを追加します。
c0039413_18392759.jpg

定番の腸詰め。これは無条件でビールに合います。
c0039413_18395286.jpg

牡蠣炒め。この時季には楽しみの一皿。
c0039413_2014017.jpg

お店の雰囲気は、いつもながらに「亜細亜のお店」という感じ。これがいいのですね。
長いカウンターに、スペースゆったりの厨房。

丸玉食堂
神戸市中央区元町高架通1-124
078-331-5385
営業時間 11:00~20:30
定休日 火曜日,第1・3月曜日

さて、そのあとはまずはポッサムチプです。
ここは今更、ご紹介するまでもありません。
何度来ても飽きないお皿。
c0039413_2065999.jpg


ポッサムチプ
078-681-8888
神戸市兵庫区駅南通1丁目2-20 
月曜休

 そして、そこからブラブラ歩いて、いつものコース?の立ち飲み屋さん。
c0039413_2023257.jpg

 ここではワイン。バルバレスコとキャンティ飲んで、おつまみはおでんとローストビーフ。
c0039413_20241394.jpg

c0039413_20242972.jpg

 

Casio Exlim EX-P600  RI-COH GRデジタル


by ktokuri | 2006-02-26 20:25 | グルメ | Trackback | Comments(13)
空港開港の灯
 先日、2月16日は神戸空港開港の日でした。
ちょっとしたことで私もこれに関連する仕事があって、この週は結構バタバタしてました。
せっかくのオープンの日なのだから、ちょっと空港を観てやろうということで、以前ご紹介した高層マンションに住む友人が、マンションの展望ルームを借りてくれて、イタリアワインを持ち込みパーティーをしました。
c0039413_23413540.jpg

大学の先生や社会スポーツの有名人なども参加し16人でワイワイやってました。
私は疲れがたまっていて、ちょっとしんどかったのですが....(^^;
c0039413_23424887.jpg

 この日はあいにくの雨。ほとんど何も見えなかったのですが、徐々に雨が止んできて空港付近まで見渡せるようになってきました
(広角レンズなのでわからなくて申し訳ありません)。
c0039413_23443559.jpg

 空港以外の夜景もあいかわらず。ただ、パーティのシーンは撮影しませんでした。
探すとどこかのブログに載っているとは思いますが.....

リコー GRデジタル


by ktokuri | 2006-02-20 23:46 | 人間模様 | Trackback | Comments(11)
いかなごの季節が来ました
神戸では有名ないかなごの季節。「玉筋魚」と書くとか??
まず「新子」、そして、ちりめんじゃこほどのサイズのものが出てきて、それから時季の経過でだんだん大きくなる。
そして、もう少しすれば釘煮の季節が....これも楽しみ。
c0039413_2315658.jpg

 この新子に大根おろしをかけて食べるのが誠に美味しい。このところ毎日朝はこれ。

 ところで、今日はひょんなことから、ダニエルのケーキをいただきました。
 甘すぎず、デリケートな味で、久しぶりのケーキということもあって、美味しかったです。
 このところ、忙しくてバタバタしていましたから、甘いものが体に合ったのかもしれません。
c0039413_2320546.jpg

 昔、大学時代の同級生が失恋したときに、一緒に東京の青山のだいろ珈琲で美味しいチーズケーキを食べました。食べたあと、友人はケロッとしていたのに驚きました。
 なぜか、今日、このケーキを食べながらそのときのことを思い出しました。気分が落ち込んでいるときには甘いものがいいのかも。

Richo GRデジタル


by ktokuri | 2006-02-12 23:23 | グルメ | Trackback | Comments(10)
東京へ行き、GRデジタルを調整してもらいました
 仕事で東京へ行きました。会議は昼すぎなので、ゆっくり起きて新幹線に乗っても間に合うのですが、今日はその前に私用を済ませておきたいので、早朝の新幹線に乗りました。
 余談ですが、神戸空港が出来ればおそらく東京出張は飛行機で羽田着になるでしょう。通常の出張としては最後の新幹線での東京行きかもしれません。ちなみに、この日、車窓から見える富士山は今まで観たことがないほど美しく、ちょっとした想い出になりました。
 到着後、銀座のリコーのカメラセンターへ。
c0039413_23414150.jpg

 おっと、これはカメラセンターではありません。センターはこじんまりとしたカウンター一つの窓口でしたので、隣のギャラリーを写しておきました。
ここは、きっとリコーさんとは無関係でしょう。

 ・レリーズボタンの重さを変更(4段階のうち、最も軽い状態に。当初は2番目に重い設定になっていたようだ)
 ・接写時のピントを調整
 料金は前者が3000円(部品のバネ代?)。4台の見本機があり、それを試してみて重さを選ぶ。ちなみに、もともとピントは許容範囲のようでしたが、再調整してもらいました。
 窓口の方は皆さん丁寧で、てきぱきとなさっていてリコーさんへの私のイメージはさらに上昇。
接写で斜めに撮るときにはどうしてもピントが前後しやすいと教えて頂きました。

 それでは、銀座でショーウインドゥでも撮ってみますか。
c0039413_23471889.jpg

c0039413_23473178.jpg


 接写は、少しヒット率が上がりましたが、まあ、しかし失敗もやはり多くあります。
今、接写用に使っているカシオに比べて、焦点エリアの上側でピントが合うようです。
気をつけて使えばなんとかなるでしょう。ちなみに、↓これは翌々日の撮影です。
c0039413_23474655.jpg


 その後、会議、打ち合わせ等を政府機関内でして、帰りに少し時間が余ったので同行者が言ったことがないとのことだったので、お台場により、秋葉原のヨドバシカメラで余分な買い物をしてしまい、帰ってきました。
c0039413_23475743.jpg

 東京は遠いわけではありませんが、日帰りではやはり疲れる距離です。
c0039413_04294.jpg

GRデジタル          


by ktokuri | 2006-02-07 23:55 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(8)
父親のipod
 先日、父親用にipodを買いました。
c0039413_22361536.jpg

 昔はカメラやクラシック音楽が趣味で、若い頃には、ニッカというライカLマウント互換カメラにニッコールレンズをつけて撮り歩いたり、
レコードを集めたりしていた父親ですが、私のすぐ下の弟が生まれたときにプツリと趣味を封印。
 押し入れに写真の引き伸ばし機や三脚を放り込み、カメラも封印。音楽もすべて押し入れに入れて凍結。結局私たちが音楽を聴く時代に家にあったのはSPレコードだけでした。
 そしてただひたすら、子供たちのために働いた....お金は家族のために使った....
本人がそう申しておりますが、これは私も確かにそう想います。
 そんなことで、趣味は中断して何も老後の楽しみがない。おまけに眼を悪くして、写真はちょっと今更難しい。
 そんな父ですが、最近月刊で送られてくるクラシック音楽のCDを楽しみにするようになりました。私がダビングしたMDをガチャガチャ持ち歩いて散歩しながら聴いている..それが唯一の楽しみでした。
 ただ、MDの管理も大変で、なかなかうまくいきません。それでさすがに見かねてipodを梅田のヨドバシカメラで買ってきました。
 Video 30Gタイプです。これで数百枚ある私の家のCDも、父が買い貯めた僅かなCDも全部入ってしまって、余ります。
 
c0039413_2239355.jpg

 しかし、それは私には大変な作業の始まりでした。
 実は、このブログの更新もままならないほどずっと、この10日ほど、ずーっと、私のパソコンはCDデータの変換に使われてました。やっと、今週末でそれも終わりました。
 家の中にある500枚弱のCDは写真の通り、あっちの隅においたり、こっちのテーブルに置いたり...(^^;。
 プライベートの時間の大半はこれに使い、毎日の睡眠時間も減らして作業しました。
 さすがにヘトヘトになりましたが、まあ、趣味を抑えて、子供の本やレジャーに、自分の時間やお金を使ってきた、長年の父親の苦労を思えばこれぐらいはしかたありません。
 ちなみに、私は父親と同じには境地になれませんでした。
データー変換のおこぼれをもらおうと、ipod-nanoを一昨日、秋葉原のヨドバシカメラで買ってしまいました。 しばらくは節制生活です。
by ktokuri | 2006-02-05 22:46 | 物と欲 | Trackback | Comments(14)