<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
【三宮】 ターナヴェンティセイ (イタリア料理)
 先日、震災の時に奇妙な縁で知り合ったベトナムのお兄ちゃん(知り合った当初は中学生)がわざわざ日本に訪ねてきてくれたので、彼の滞在中何回か会いました。今はパリで修行中のコックさんです。
 彼を連れて、行ったお店の1つがここ。
c0039413_21403535.jpg

いい雰囲気ですよね。黒い格子が1つのインテリアになっますし。緑のテーブルクロスは簡易セット。ヨーロッパではあきませんが、でも日本ではいい方でしょう。
c0039413_21423294.jpg

 このホタテと魚介のオードプルはパンと一緒に食べるととても美味しい。海の幸が大地の恵みと一つになって、音楽を奏でているっていうのかな、それぞれの苦手なところが消えて美しくハモっている...って感じです。これが料理の素晴らしいところ。
c0039413_21462677.jpg

 これは鱧(はも)の蒸し物。今が旬ですね。このお店のお皿は緑鮮やかな野菜が載っていて、その緑が色々な味わいに変じて、楽しめます。実は、このお皿の前に牛テールのパスタがあったのですが、なんのことはない、話と食べるとのに夢中で撮り忘れ(←断じて取り忘れはしませんが..(^^;)

 ただ、今回2人とも思って後で話題にしたこと。ここのお店は、お皿を下げるタイミングはなってないよね。2人のうち1人がまだ食べていても、平気で相手の空いた皿を下げてしまう。「早く食えよ」って言われているみたい。ワインのサーブをするのはいいのだけど、自分らで入れるペースを把握できなくて余らせているのに、ボトルにワインが残っているうちにセコンディのお皿を下げる。まあ、たしかに何も食べるものはないのだけど、お皿下げられて、ワインだけつがれる人の身にもなったら...って思いますよ。
 一流のお店なら、それなりの配慮のある場面です。ちょっとこれは残念でした。料理はそこそこ及第点だっただけに。

Casio Exlim EX-P600


ターナ ヴェンティセイ
兵庫県神戸市中央区加納町4-3-14 高木ビル2F
078-331-1626
11:30~14:45(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.22:00)
月曜日休
by ktokuri | 2005-07-28 21:54 | グルメ | Trackback | Comments(14)
【新長田】 ティフィン(インド料理)
神戸はインド人が多く住む街です。私にもインド人のお知り合いがいますが、食べ物に便利なのでここに住んでいる..と言います。
 昔、震災の時に、避難所でインドの人やトルコの人がカレー鍋を作ってくれて新長田の人たちを楽しませてくれました。お年寄りの人たちも最初は怖ず怖ずと食べなかったのに、私が無理強いするように薦めると、一口食べてから「これ美味しい」と..次々に食べるようになって、その場がとても明るくなったのを覚えています。長田のおばあちゃんやおじいちゃんはエスニック好き。
c0039413_2112196.jpg

ティフィンは長田の再開発ビルの間を通って少し古いビルの2階、でもお店に入ると雰囲気はインド...
c0039413_21153196.jpg

インドの人はきれいですね。やはり白人系の顔立ちが..でも色彩感覚はやはりアジア系ですね。お店はインド料理店によくあるあの雰囲気。
c0039413_21171862.jpg

このお店はワインがお手軽。このスペインの赤はインド料理にもよく合うし、なぜかお店のインテリアにも融け込んで違和感ないです。インドの人はあまりお酒は飲まないだろうに。
c0039413_2122277.jpg

パパダムはお酒のおつまみ。豆から作った薄い煎餅です。
c0039413_21332786.jpg

これは誰でもよく知っているサモサです。少し日本人の口に合わせているとか..中はチキンでした。
c0039413_21355114.jpg

 今日のお楽しみはこのグリル。タンドリーチキンは鶏料理の中でも特に私のお気に入りです。エビはまあまあというところですが、シークカバブーがまた大好き。赤ワインにしてよかった。ヨーグルトの甘辛いそして酸味も感じる、かむごとに変化する味を楽しみます。
c0039413_21412190.jpg

 そしてサフランライスが出てくると、楽しみにしていたカレーの登場です。今日は...
c0039413_2141582.jpg

 そう、甘くそして爽やかな酸っぱさが魅力のチキンバターカレーです。これを食べるためにティフィンを訪れるのです。来て良かったと感じさせるくつろぎのある味。
c0039413_21474639.jpg

 美味しいカレーを食べるのにナンは欠かせません。右の方はガーリック入りのナン。これもアクセントになります。
c0039413_2150668.jpg

 最後はチャイでしめましょう。ヨーグルト風味のシャーベットもシルクロード風の味で美味しいですけどね。

Casio Exlim EX-P600


TIFFIN(ティフィン)
神戸市長田区大橋町4-4-17新長田駅前ビル2F   
078-642-5711
by ktokuri | 2005-07-25 21:51 | グルメ | Trackback | Comments(17)
バーベキュー(焼肉)パーティーにお誘いいただきました
 今日は、身近なところでバーベキューパーティがあるというので、特に優しくお誘いをいただき楽しいひとときを過ごしました。
素晴らしい素材で美味しい焼き肉...そしてマッコリ、なかなかハッピーです。
皆さん、調達先の目利きが素晴らしくて、本当にいいお肉なんですよ。
ご自宅を提供いただき、その庭先でバーベキュー(焼肉)。少し暑いけど、これだけ美味しいと苦にならないのが凄いところです。
c0039413_2181914.jpg

 こんなテッチャンみたことがない....質もボリュームも...これで一頭分だそうです。凄い。
c0039413_2195255.jpg

赤身の方も素晴らしい味でした。これも納得です。素晴らしい....。
c0039413_21111010.jpg

これをマッコリと一緒にいただく....楽しい会になりました。メンバーの会話も楽しくて、ちょっと肴にされたものの、気楽な雰囲気に勝手ながらうち解けさせていただきました。
c0039413_21144818.jpg

ちゃんと食後のドルチェまでが完備...今日お誕生日のメンバーがいて、お誕生日の蝋燭までちゃんと用意されていました。

Casio Exlim EX-P600





c0039413_21155947.jpg

今回は手ぶらで参加しましたが、次回はこの写真の水月亭のマッコリを準備して臨みたいものです。
つっちゃん、次回は一緒にね..ご協力もよろしく....

Canon G-1




by ktokuri | 2005-07-23 21:21 | グルメ | Trackback(2) | Comments(17)
【JR鷹取駅前】 カジ!カジ!(イタリア料理)
 最近、鷹取駅前南広場に面したビルの2階に赤い看板が出ました。こういうものは見逃さない私。駅から歩いて30秒の至便な場所。
c0039413_2023544.jpg

 お店の中にはいると、看板には偽り(なんか派手でおざなり?と勝手に思う赤色ですから..)があり、結構シックな内装で、広々としたスペースがあります。
c0039413_20282663.jpg

 ワインも豊富。好きなキャンティやダブルッツオもありますが、今日はシーフードということで白ワインといたしました。
先日と同じくソアベであります。ブランドとしては、こちらの方が庶民派のソアベ。お手軽。
c0039413_20274548.jpg

前菜の盛り合わせは長いお皿に出てくるので、カメラに収めにくい。でも、一緒に注文したイサキの卵をボイルして添えてくれるあたり、お店として手が込んでます。味も軽快でなかなか良い感じですよ。
c0039413_20313651.jpg

 イカスミのスパゲティ。これは満足すべき味ではありました。イカスミのパスタはとても難しい料理です。このお店のものは及第点はとっていて十分なのです。しかし、これには私も思い入れがあるので、個人的には満足し切れません。パスタについては次回、別のものを注文してさらに検討したいと思います。ついでに言うなら、カメラで撮るのも難しいですね。美味しく撮れないメニューの一つです。
c0039413_2035234.jpg

c0039413_20351441.jpg

 お店曰く「イサキとアサリを蒸して、イタリア風お茶漬けを添えて」というメニュー。
好奇心から注文しましたが、なかなかいけます。アイデア...ですよ。これも。魚の風味がグーンと口に広がり、幸せになれます。
 でも次回はもう少し本格的なメニューを頼もうと思いました。そう思うぐらいかなり多彩なメニューがあります。本格的なものも多くあって、おじさんとおにいさんと2人では少し悲しかった感じです(←ちなみに私はおじさんの方です。この日の連れはベトナム人の一回り違うお兄さん)。

Casio Exlim EX-P600


トラットリア カジ!カジ!(Cazi! Cazi!)
神戸市長田区長楽町2丁目3-7内海ビル2F
078-735-5070
11:30-14:00
17:00-21:30
月曜休
by ktokuri | 2005-07-21 20:41 | グルメ | Trackback | Comments(12)
辛いこともある、嬉しいこともある...
 今日は平凡な一日の筈だった...そう、珍しく...家に帰るまでは...

昼ご飯はインド料理のメンフィルに職場の同僚と出かけ、それなりに楽しく....
夕方には仕事の調整もうまくいって、今日は楽勝...って感じかなあってね。

 ところが、家に帰る電車の中で電話....友人が亡くなった。共通の友人のというか三人みんな大学の同級生からの知らせ。東大阪で交通事故。相手は信号無視。先ほど病院の霊安室で久しぶりに対面したところ。なんで...
c0039413_21535461.jpg

 気を落としてビジネスホテルの一室で皆さんのブログを先ほど回覧。するととても楽しい記事があって...悲しいときでも人間は笑えるって、子供のときに知っていたけど、久しぶりにその気持ちを味わいましたよ。
 明日は葬儀に出て帰ります。昼からは神戸。

OlympusE-300 Sumilux50mmf1.4


by ktokuri | 2005-07-19 21:56 | 想い | Trackback | Comments(10)
【元町】 東亜食堂(中華) 街の中の中華屋さん その5
 今回は撮り置きですが、結構便利なところにあるので利用する中華料理屋さん、東亜食堂のご紹介です。ここは、私が高校生から食べに行っているお店。当時はもっとボロボロで、えっここで食べるの..っていう感じでした。それから建物はおそらく同じ。
外装・内装だけ触って、ずっと営業しています。
 三人でドカドカ2階に上がり込んだのだけど、いつものことでお店は呑気。
c0039413_2131760.jpg

 ナスと春雨がよくマッチしたお皿。上手に出来てますよね。味も美味しいのでしょうけど、実はこのときは、ちょっとわけありで緊張していて味が少し空回り。それでもこのお店のトーンは出ていたと思います。違和感なかったから。
c0039413_21331453.jpg

 エビか印象的なこのお皿。ゴーヤが効いていて、ご一緒したうちお一人はちょっと敬遠だったかも。ニガイものね...。
私はゴーヤ、結構好きなので、その分までいただきました。ごめんなさい。

 その後、ビール注文しに1階に下りている間に、誰かさんが新しいお皿を既にムシャムシャ。おかげで撮れませんでした。
誰のビール注文しに行ってるん..(--メ)というのはお下品ですから無しですが。ホホホ。一人欠けてる間に食べるとは反則ですよ...ってね。
お肉料理で、これが少し味が違っていたのですが...。
 それでその後に出てきた豚まんも撮影しませんでした。
カメラマンは常にベストを尽くさないと..それが戦場と同じ心得、気落ちしてはいけません..<反省>
本当は同伴者の中に牛バラ好きな人がいたので食べてもらいたかったのですが、また今度。ここの名物には違いないので...        

Casio Exlim EX-P600


東亜食堂  神戸市中央区下山手通3-15-6
078-331-0488
10:30~21:00
無休
by ktokuri | 2005-07-18 21:46 | グルメ | Trackback | Comments(11)
【大阪 梅田】 モード・ディ・ポンテベッキオ(イタリア料理)
 先日、大阪に行った折、前から行きたかった大阪のお店のリストの中からこのお店に行くことにしました。
他にも候補があったのですが、満席だったり所要の場所から離れていたりして....
 このお店はハービス大阪の北側向かい、明治安田生命ビルの最上階にあります。
地上150メートルの高さで6メートル高の天井という豪華な間取り。
でも夜景が見える窓は遠く、少し物足りない人もいるかもしれません。
c0039413_2029564.jpg

 少なくとも7割は女性でしょうか。姿をかわしたけど写っちゃいましたか(^^;見苦しいところちょっとすみません。青が基調のインテリアは素敵。
まずミモザをいただいたのですが、ちょっとお店の雰囲気に気を取られてでパチリを手抜かり。
c0039413_20324946.jpg

 リストランテという格式のイタリア料理屋さんで楽しみなのは自家製のパンです。ここのものも厳選されたオリーブオイルといただくと幸せになれますよ。
c0039413_20341754.jpg

 お手軽なシェナのコースを選びましたが、フォアグラととうもろこしスープの温度差を楽しむ最初の器から何か楽しめる予感。期待が高まりますね。
c0039413_20355250.jpg

 本マグロの軽いスモークと温度卵 ボッタルガ添え。硬い雰囲気のリストランテでカジュアルな雰囲気が楽しめました。
 ちょっと肩の力が抜けてとても美味しい。ワインはイタリア料理シーフード定番のソアベ・クラシッコにしました。
c0039413_20384723.jpg

 カラスミとウニがブロッコリーを捉えたパスタ。夏野菜が華麗な風味素材に捕まって、輝いていく感じです。プリマベーラのような...
c0039413_20451849.jpg

 サフラン風味のタリアテッレ。アスバラガスなのかなあ、緑の野菜が効いていて、トマトとサフランの味をうまくコントロールしてくれる。パスタにサフランですか..リゾットではよく使いますけどね。面白い食感でした。
c0039413_20485537.jpg

 アナゴの炭火焼き風味?。..って気がしたけど、焼き加減がデリーケートなのかとても美味しくて、ウームと感心してしまいました。和風とイタリア風の調和というか、生っぽいっていう声がきこえる気もしますが、私にはとても心地良かった。日本人の魚に対する愛着が感じられます。野菜の微かな風味も通奏低音のように効いていたし。
c0039413_2053386.jpg

たっぷりチェリーが添えられたスフレ。お皿の余韻を引きずる凝ったデザートでした。窓から見える夜景の空気に似合うような...
c0039413_20555111.jpg

 パンナコッタのイチジク添え。これも素晴らしいお皿でしたよ。どれもオーソドックスに味付けされているのですが、本筋がやはり一番美味しい道なんだと感心する手抜きない味わい。
c0039413_2059864.jpg

飲み物を注文したので、ちょいと追加でお皿が出てきました。これも嬉しいですね。
c0039413_210069.jpg

c0039413_2102059.jpg

 エスプレッソとカプチーノ。イタリア料理の定番です。現地のリストランテに行くと食後にはエスプレッソしか出してくれないところが結構ありますが、ここは日本ですからね、カプチーノがいただけるのもまた嬉しいですね。格式ばかり追求しないもてなし方に好感がもてました。EXLIM EX-P600

 味も美味しかったけど、お店のスタッフもよかったし、天井の高いお店の雰囲気も好感が持てました。そこそこのお値段でしょうけど、十分ではないでしょうか。あなたの大事な人と行って欲しいお店です。

Casio Exlim EX-P600


モードディ・ポンテベッキオ 大阪市北区梅田3丁目3-20
06-4795-8888
by ktokuri | 2005-07-17 21:11 | グルメ | Trackback | Comments(10)
日曜日の朝ご飯
 土曜日に続いて、日曜日の朝食です。ずばり....何も料理加工しません。
c0039413_9524644.jpg

1.土曜日にまとめて炊いた玄米ご飯は小分けされて既に冷凍庫に。これが解凍第1号。銘柄は秋田こまちです。田んぼやさんでいつも購入

2.さかなの缶詰。これはいつも買いだめしておきます。予算は100円まで。鰯、鯖、秋刀魚など青魚です。

3.お豆腐。今回はオガチャンさんに、教えていただいたOisixのものを食べてみました。人気商品の「大豆力」というもので、後ろに置いたパックに入っているので比較的日持ちします。これがいいですね。味はなかなかのものです。私はやはり京都の近喜、とか神戸では原とか少し高いけど山口とかの豆腐の方が好きですが、普通のものとは大豆の密度が違いますので、お気に入り。なんといっても家まで来てくれますから(^^; 調達機会が少ない私には便利です。

4.例によって食事前にいただくトコロテン。効果はこのところ美味しいもの食べ過ぎなのでわかりませんが、体重の増を押さえてくれているのかもしれません。

5.アロエヨーグルト。これは定番なんです。これ食べてから飲んでも胃が荒れなくなりました。

 昨夜は焼肉を食べましたので少し抑え気味。いつもならこれにキムチと納豆をつけるのですが、本日は食事後にウーロン茶とナスの浅漬け。それにニンニクの酢漬け、ブルーベリーの乾物を食べます。あと、コーヒーですが、そのときにオニオンチップを少しつまむ。そんなところでしょうか。あとはサプリメント。
                                        EXLIM EX-P600
by ktokuri | 2005-07-17 09:53 | グルメ | Trackback | Comments(6)
土曜日の朝ご飯
 毎朝、お豆腐と納豆、それにほうれん草と玄米ご飯が日課の私ですが、土曜日だけはパン食です。
朝、起きて父親、同居人、私の三人分のパンを近所のパン屋さんで買って来て、散歩に行って不在の父親と、グースカご自分の部屋で寝ていて起きてこない同居人をほおっておいて一人で朝食...。これが土曜日の私の日課。
 朝の音楽はカーペンターズ或いはヴィヴァルディかモーツアルトというところでしょうか。
珈琲を入れながらまず写真のようなメニューをいただきます。
c0039413_13334450.jpg

 一昨日、父親が避暑と称して田舎に帰ってしまったので、パンはサンドイッチ(←父親は嫌いなので...)。
でもその前に、先日から流行っている寒天ダイエットの実験のためのトコロテンをいただきます。
 そして、即席トムヤンクンスープ。いつもはイカリスーパーで売っているもう少しマシなものを食べているのですが、昨日大阪に行っていたので、買いそびれて、近くでインスタントのものを間に合わせに買ってきました。

 うーむ食べ過ぎというと食べ過ぎかもしれませんが、カロリー的にはそんなにたいしたことはありません。

ちなみに、昼食は冷蔵庫に材料準備万端(昨日の深夜、近くのライフで購入済み)で酢豚の予定です。
 これは手作りだから非公開.。.(^^; 綺麗に仕上がらないので...EXLIM EX-P600
by ktokuri | 2005-07-16 13:41 | グルメ | Trackback | Comments(11)
【東京 浅草】 飯田屋(どぜう→鰌)
神谷バーで既にできあがりかけぐらい飲んだところで、友人が到着。
さあ、それでは飯田屋へ.....って本当に行くの??..とここまでははっきりしてます。

 お勘定を済ませ、そこから歩き始めたのですが、そのあたりから記憶がはっきりしません。
急にデンキブランのアルコールが回り始めました...(◎_◎)))

 気がついたらなぜか既に飯田屋の座敷に座っていました(考えようによれば楽チンな移動)。
c0039413_3301095.jpg

 何を注文したのでしょう...ってねえ、無責任(?_?)
そうそう、「どぜう」って言うんだよねえ、って言っていたよなあ..というのは同行者の微かな記憶に残った話。
c0039413_3364242.jpg

 朝食を食べながらデジカメのデータをチェックすると出てくる出てくる手ぶれ写真の数々。
c0039413_331328.jpg
 
 デジカメで撮った写真を見ると、酔っていて手ぶれしているのですが、これはあきらかにドジョウ鍋(°°)☆\(--メ)バキッ!
そういえばネギを入れた記憶があるなあ。「またネギだわ..」って。
c0039413_3335745.jpg

 ドジョウの数が多いのに感動したことが、微かに記憶に残っています。
c0039413_3352917.jpg

 そういえば、開きでないのは少し味が苦かった記憶が蘇ってました。それでも「土の味」とでもいうのでしょうか、風味としては悪くない。このあたりだと利根川の泥かなあ。
c0039413_339365.jpg

 柳川のドジョウは開きだったことを思い出しました。味は???
こちらの方がより美味しく感じたことはなんとか思い出します。私の場合はアルコールを摂りすぎていると、甘い方が美味しく感じられる体質。
微妙な味わいではどちらに軍配が上がるのでしょうか?
 
c0039413_342896.jpg

 ドジョウ汁は一見ただのおみそ汁ですが、濃い味付けの出汁がドジョウに調和して、白い炊きあがりのご飯にとても合いそうな味でした。
残念ながらこれだけで食べたので、そこまでの感動はありませんでしたが、お酒飲んだ後には口当たりよかった筈です。
c0039413_3444494.jpg

 ここでまた不思議...この写真、なぜ曇っているのだろう。酔っぱらいの目にはこのように見えたかもしれませんが...カメラも酒飲んだ(つまるところお酒をレンズに飛ばした)わけでもないようだし(朝に調べてみましたが痕跡なし)、店を出て撮った写真はすべて緩やかな紗がかかったようなソフトフォーカス。鍋の湯気のせいかな。

 中には同行者が店の前でアカンベーをした写真(某会社の部長さんでっせ)が残ってましたが、本人は全く覚えてない?!
 その後、浅草ビューホテルに引き上げて、よせばいいのに同行者の部屋で三人で缶ビールを飲んだところは記憶の断片に残っているのですが、気がついたら私は自分の部屋で寝ていました。
 次の日に、政府のお友達がいつ帰ったかは同行者も覚えていない始末。こんなに酔ったのは人生初めてお酒をたくさん飲んだ日以来です。
 この日飲んだお酒の量を思い返しますが、ここまでアルコールが回るというのはちょっと不思議でした。
浅草のドジョウを食べたことは食べたのですが、微妙な感触が残っていないので、再度リベンジをするべきかもしれません。
 下関の河豚よりよほど危ない、中毒の危険性のある料理という気もして、腰がひけるかもしれませんが...EXLIM EX-P600

飯田屋どぜう  東京都台東区西浅草3丁目3-2
03-3843-0881
11:30~21:00
水曜定休
by ktokuri | 2005-07-15 03:54 | グルメ | Trackback | Comments(13)