<   2005年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
神戸インフィオラータ
「インフィオラータ」とは、イタリア語で「花を敷きつめる」という意味で、道路・広場などに花びらなどにより絵模様を描くものだそうです。
 イタリアのジェンツァーノというところが本場のようですね。私も昔、ヨーロッパにいたときに観たことがあります。
ちょっと宗教色があったような記憶もあります。
 今日は散歩がてら、私がお薦めする神戸屈指のケーキ屋さん御影のダニエルのケーキを買いに行こう...と思って、
出かけましたが、途中で少し方向転換して、三宮に...
c0039413_20224459.jpg

 不思議な話ですが、ホームページで見ると、ここは一週間前に終わっているはずの場所。
どうなっているのでしょう??まあ、観られたので儲け...
c0039413_2024547.jpg

 実行委員会の人たちは、余った花を使って綺麗な飾りを作り、販売しているようでした。頭が下がります。
こういう人たちの努力で私たちはノウノウと街の息づかいを楽しんでいるのです。
c0039413_20253289.jpg

 他のゾーンを観ていないので、断定的なことは言えませんが、一つだけ気になったこと。
私は神戸ではエイリアン(この言葉は昨今、映画のせいで怪物の意味になってしまったので、エトランゼと言いましょうか)ですから、
特にそう思うのですが、神戸の魅力はやはりハイセンスなこと。ハイカラでないといけません。
学園祭やメーデーのような、あまりに手作り臭いメッセージや神戸空港のような行政チックなもの、
悪く言うと政治的なものは神戸に期待して訪れる観光客の眼には魅力を感じないのではないでしょうか。
できたら、夢のある、センスのあるもの(プロにデザインさせるとか、その道の卵といえる新進気鋭の青年にまかせるとか)
を図柄にしてはいかがでしょうか。
 あまり知られてないことですが、神戸は生花の流通の全国の拠点、だからもう少しローカルな題材でなくモダンであって欲しいと想います。
 震災も確かに思いはあります。友人や隣人を見送ったのは私も同じです。
でもそろそろもてなす余裕のある、魅力とセンスの神戸に戻らないと。
こだわりでは人を惹きつけられません。自己満足と言われないためにストイックにならないと。
                                       E-300 11-22㎜ f2.8-3.5
by ktokuri | 2005-04-30 20:41 | 街角ウオッチング
【JR新長田駅北】「あみざき」の鯛飯
 昨夜は新長田の「あみざき」さんへ押しかけ、魚の刺身やたたきをしこたま食べたあと、
ここの名物?の鯛飯を食べてきました。炭水化物系は日常避けているだけに、久しぶりに満足。
c0039413_8553016.jpg

 鯛が美味しい季節になったこともありますし、このところの不満・ストレスを一気に解消するためにも、ちょっとアトラクションが必要で....
c0039413_8575141.jpg

 たいしたことではないのですが、お釜で目の前で蒸してくれるんですわ。
これを待つ間に、何かあてを食べながら(昨日はクエの煮付け)お湯割りなんぞを飲んでいるのが楽しい。
 ここと、近くにある谷口魚店とはいいライバルで、どちらも美味しい魚料理を食べさせてくれます。

 あみざきさんのところは、一瞬入りにくい(えっ、魚屋しかないじゃない)...
というところを店の向かって左脇の通路を強引に入るとお店があります。日曜休みとともに留意点。
 遠くから行くときには予約が無難です。いつも混んでいるわけではありませんが....
神戸市長田区水笠通4-1-1  電話078-611-7783

 それにしても最近、食べ物ネタばかりが目立つ..食べて寝るのがコウベライフ??
                                 写真  Casio Exlim EX-P600
          
by ktokuri | 2005-04-30 09:06 | グルメ
街角の花
 昨日の疲れ?ストレス?で、私も本日は家に引き籠もり、音楽を聴きながらWebサーフィン(死語)したり、
 昼間っからギンギンに冷やした白ワインを飲みうたた寝状態。
今日はパソコンのホルダーの中の画像をアップして誤魔化すことにします。
 友人のブログに街角の花が次々に紹介されています。私も少しやってみようかなと...
c0039413_22184369.jpg

 最初の写真は大阪の中之島公園の花壇。春も盛りで、団体行動というか、グループで美しく咲いているイメージです。
 一本一本はすごい花ではないのだけど、若々しい力を感じます。
 女性で言えば高校生、女子大生のチアガールチームというところでしょうか。
c0039413_22213283.jpg

 これと好対照なのはこの神戸ハーバーランドでみつけた花壇。
 こちらは、妖しいというか、すごみのある花が美しいというか毒々しい雰囲気を振りまいています。
 花壇を手入れしている人には恐縮ですが、ちょっと「毒キノコ」みたい。
 女性でいえばネオンの街に咲くマダムという感じです。
 たまにしか花は撮らないので、ちょっとこれから気をつけて観てみようかと...
                                         E-300 14-54㎜ f2.8-3.5
 
by ktokuri | 2005-04-29 22:27 | 街角ウオッチング
「人生は涙の泉」
 タイトルはヴェルディの歌劇「シモン・ボッカネグラ」の一節です。
今日はその涙の泉の一コマでした.....
 JR宝塚線の脱線事故の犠牲者、私の友人の娘さんのお通夜に出かけました。
最後まで、「生きているよきっと」...ってメールや携帯電話で話していたのですが、今となっては辛い思いを加えていたかと思うと申し分けなかったかと思います。
 彼女の遺影を見て、想うことはひとつ。生きている者は、生かされているのだから自分の今のひとときを大事にしなければならないと....
 文句ばかり言っていたり、何事にもネガティブに対したり、いつもの自分の姿勢が色々な意味で後悔されます。
私より遙かに若い人が天に召されなければならない、それなのに自分は生きている、なんか割り切れない、でもそれが現実...
 本当にがんばらないと...そして今の時を与えられていることに感謝しないと...
by ktokuri | 2005-04-28 23:11 | 想い
カムジャタン
 神戸のJR新長田駅周辺は、韓国・朝鮮、中国、ベトナムの皆さんがそれぞれ元気に暮らしていて、
それぞれの文化に応じたお店も並ぶ、庶民的なグルメの街。
 最近はインド料理のお店が繁盛するなどちょっと洒落た好みもある。
 今日は、この街で楽しくいただいたのが、カムジャタン。
c0039413_2173437.jpg

 ジャガイモのスープというわけだが、豚の骨付き肉を出汁に辛口の味わいになっていて、これがまた美味しい。
日頃は太りやすいため、ジャガイモは大好物にもかかわらず敬遠する私だが、これをみてしまうともうダメ。
ついつい食が進んでしまう。
c0039413_2194083.jpg

 韓国料理というとお酒は甘酸っぱいマッコリが好みなのだが、今日はベクセジュ(百歳酒)を合わせて満足。
これも少し甘みがあって、料理の辛みをうまく受け止めてくれる。
 今日のお店は、常連となりつつある、「すっからちょっから」。最近は、女性客でにぎわっていて席をとるのが大変。
 遠方からいく方は、私のように予約しましょうね。
                                        Casio Exlim EX-P600

 
by ktokuri | 2005-04-27 21:14 | グルメ
佐々木倫子 「動物のお医者さん」
「動物のお医者さん」って知ってます? 私の好きな漫画の一つです。
 この漫画は1988年1月から1993年12月まで6年間、白泉社の「花とゆめ」という雑誌に連載されました。
c0039413_2114222.jpg

 西根公輝(ハムテル)が飼い犬のチョビ、二階堂昭夫、漆原教授、菱沼聖子らとともに過ごすH大学(北海道大学?)獣医学部での生活を描いています。
 テレビで菱沼さん役を和久井映見がやっていたのを記憶してますが、コミックの楽しいイメージを崩すがいやで観ませんでした。
 私が読みふけった時代の漫画、最近は文庫本で入手できるので、ついつい買ってしまいます。
 このシリーズは漆原教授とハムテルのおばあさんが面白くてついつい読んでしまいました。今でも読むたびに、あの若い時に戻って笑える気がします。

OlympusE-300 14-54 f2.8-3.5


by ktokuri | 2005-04-26 21:17 | 潤い
ミンミン( 王民 王民 )の餃子
 「ミンミンの餃子」って言うと、中国庶民料理。私が高校生の時からのごちそう。
部活動でいい成績をあげたときには先輩におごってもらったり、思い出深いチェーン店だ。
 この店は梅田店。【大阪だけど】...っていうシリーズにするべきなんかもしれないけど、実は神戸にも京都にも店舗が広がっている。
私が昔よく通ったのはこの店と宝塚店。
比較する人もいないけど、店構えは似ていても、料理は少しずつ味も仕上げも違っている。
c0039413_175553.jpg

 実は京都の四条木屋町にもミンミンのお店があって、大学の研究室にいる頃はカオロー館とか言って、ラム肉料理をはやらせていた時期があり、当時の恋人とよく食べに行った(もちろんビーフステーキ食べるお金ないぐらい貧乏なデート)。
 その店がいつしか本流の中華料理店に戻り、そこにパソコン通信で知り合った友人たちが集まって、古いカメラを持ち合って、時には部屋を借りてスライドを映したりして色々と話し込む。
 私の友人にもそれ以来の付き合いが多い。
人生になじみ深い想い出の店を一店だけ挙げろ...って言われたら、私はミンミンの店かなあ。
c0039413_1753681.jpg

 いつも餃子とジンギスカン。この二つだけが私の定番のメニュー。回りの人が色々頼んでも、この二つ。
他人に薦めるほど特別美味しい店ではないが、ここに来ると青春時代からしばらくの年月を振り返ることが出来る...
                                           Casio Exlim EX-P600              
by ktokuri | 2005-04-24 17:25 | グルメ
【大阪だけど】天神橋筋商店街
※オバカタイチョさんの新顔の試写のトラックバック記事です。

 先日、仕事さぼって(半休)、大阪に遊びに行きました。用事はヨドバシカメラだったんですけど、友人と合流して中之島~天神橋筋商店街~中崎町と歩きました。
 南北2.6キロメートル、600店の「日本一長い商店街」と言われる天神橋筋商店街。
意識して通して歩いたのは初めてです。
c0039413_2150213.jpg

 活気ありますね。人通りが多いです。神戸にはこんなところはないように思います。
元町通りが一番近いけど、ちょっと通りが広すぎで大阪のワヤクチャに雰囲気で負けてます。
灘区の水道筋もいい雰囲気だけど、そこまで活気ないし、規模が違う。
長田区の大正筋は震災後、10年復旧しきってないし....
 
c0039413_21522748.jpg

 1丁目から6丁目まで、それぞれシンボルがあるのですね。鳥居の色も変わったりして。
神戸にこの活気わけて欲しいなあ......          E-300 14-54 f2.8-3.5
by ktokuri | 2005-04-23 21:55 | 街角ウオッチング
湊山温泉
※オバカタイチョさんの神戸歩き(サイバーショットU10編)へのトラックバック記事です。

 烏原ダムの散策コースから坂を下りほんの僅か東に進むと、神戸市立湊山小学校の校舎が見えてくる。ここは昔、平清盛が雪見の御所を設け、ごく僅かな期間、半年ほどではあるが安徳天皇と暮らしたところといわれている。今では石碑が建っている。この石碑は校庭に置かれていたものをNHK大河ドラマ「義経」の影響か?校内に入らなくても誰でも見れるように今年になって移設したようだ(学校への不審者対策の流れもあるのだろう)。
 そこから少し北に戻ると、なんとなく歩む先が温泉街の小径の表情になる。
そのつきあたりが湊山温泉。その昔、平清盛も湯治した温泉といわれており、800年以上もこんこんと涌き続けているそうな...。
c0039413_9161267.jpg

                                             E-300 14-54 f2.8-3.5
  建物の中は結構小綺麗で、畳の座敷で生ビールやソフトクリームも楽しめます。
c0039413_9313339.jpg

                                  SONY DSC-F77
 タオルは100円、今度は換えの下着も持って行くことにしよう。とにかく生きかえった気分になります。
by ktokuri | 2005-04-23 09:43 | 街角ウオッチング
烏原ダム
※オバカタイチョウさんの神戸歩きへのトラックバック記事です

 兵庫の湊山の街から歩いて7~8分....長い急な階段を一気に上ってさらに少し進むと、
別世界が広がってます。ここは今でも現役の上水道用ダム...
c0039413_3113088.jpg

 明治37年烏原貯水場建設に伴い、烏原村の98戸(人口414人)が離村を余儀なくされたと聞いてます。
 10年ほど前に瞬時に起こった新湊川の洪水の後は、付近の治水のためにも使われているようです。
 
c0039413_3131560.jpg

 ダムの回りを歩くと一周30分ほどの?ちょうどよいぐらいの散策コース。鳥の声に耳を傾けながら森林浴が楽しめます。
 ここからさらに上がると急な階段が続き六甲山縦走コースの急場、菊水山が見えてきます。
私らは当然ながらそこまではいきません。
c0039413_317918.jpg

  ダムの回りの野の花を楽しみながら、少しかいた汗を流しに湊山温泉へと向かうのでした。
                                                E-300 14-54 f2.8-3.5
by ktokuri | 2005-04-22 03:19 | ウォーキング