カテゴリ:カメラ( 3 )
Canon Ixy 900isで景色を....
 手に入れたIxy 900isですが、とてもよく売れているようでベストセラーランキング1位とか。しかし、マスコミでの評価は必ずしもあまり芳しくない感じです。たとえば....
 
 撮る意欲が減少したりした...とかここまで言われることないような気がします。
職場にある一つ前の世代のIxyと比べても悪い感じはしないし、使いやすいだけ良い感じです。

ブラブラとカメラを持ち出して山道へ出かけてみました。
c0039413_10574282.jpg

 紅葉はもう最後というところですが、冬の光が山にさすとほのぼのとした光景が広がります。
c0039413_10595031.jpg

 山々に水の音が響き聞こえると、冬の寒さも忘れて心が和みます。

 さて、夜、三宮に戻ってきました。人工の光も被写体として楽しいです。
c0039413_1122065.jpg

 手ぶれ防止機能と、高感度対応でちょっとした夜の街角も気軽に撮れるのが便利。
c0039413_118046.jpg

by ktokuri | 2006-12-09 11:08 | カメラ | Trackback | Comments(8)
Ixy900isで撮る山辺の道
 このところ仕事のストレスも貯まっているので、一人でブラブラIxy900isを連れて山辺の道を歩いてきました。
 いい写真を撮ろう...なんて考えずに、「おまえはどんなカメラなの?」とカメラに問うような感じで、自分の好きなシーンでカシャ、いつもの場所でカシャ...という感じです。
c0039413_237075.jpg

 大和三山のみえる田園小径。私の好きな奈良の風景です。コントラストを多少調整しましたが、もともと少し色濃い描写です(ポジモード)。このほのぼのとした光景にはリコーの淡い描写の方がいいかもしれません。
c0039413_2393440.jpg

 やや暗い商店街で、歩いていて振り返りざまにカシャ。山勘のスナップですが、手ぶれ防止機能はこういうときにはとても便利な様子。少しぶれてはいるものの、普通のカメラならぼけぼけ写真のタイミング。
c0039413_23112665.jpg

 色が濃いのは実はポジカラーのモードにしているからです。他に所有しているデジカメと差別化するのにはいい感じかもしれません。記憶色気味ですが...
c0039413_23125924.jpg

 今年はもみじはもう一つで、銀杏の黄色が目に鮮やかな感じでした。
c0039413_2314220.jpg

 例年この時季には柿が食べ頃なんですが、少し冬の到来が早いのでしょうか。柿はほとんど収穫済みでした。田畑には幾何学のアートがそこここに残っています。
c0039413_23155888.jpg

 農家の軒先はどこも開店状態。ほのぼのとしてます。
c0039413_23171348.jpg

 例年美しい夜都伎神社の紅葉。今年は訪問時期がずれたこともあって冴えはちょっとないけど、周囲がおもしろい。
c0039413_23205284.jpg

 今日は曇天のきわみ。空か白く抜けてしまう。そうするとこんな写真を撮りたくなる。
c0039413_23233699.jpg

 泣き出しそうな雨雲が覆う中、環濠集落に到着。雨だれを狙いたいがまだ降らない。
c0039413_23244211.jpg

 むしろ少し光が...天国への階段かな..
c0039413_23253042.jpg

 Ixy900isは液晶にはスミアが表示されるが、実際撮れるデータは逆光にはそこそこ強いみたい。
c0039413_23272639.jpg

 今年はどこも紅葉がもう一つですね。きれいなのをみたいなら旅行してでも観ないとダメなのかも。
c0039413_23283337.jpg

 なぜか冬のローマのアッピア街道を思い出した石畳。
c0039413_2329208.jpg

 吉野杉、視覚よりも芳しい香りがたまらない。
by ktokuri | 2006-11-25 23:31 | カメラ | Trackback | Comments(6)
Ixy 900isとGR-Digitalで「あみさき」を撮る
 仕事でバタバタしていて長期休業をしてしまいました。どうもすみません。
まだまだ悩みの種は納まってませんが、とりあえずすこしずつリハビリします。

 仕事でアクシデントがあって、バタバタしている間に憂さ晴らしにキヤノンのIxy 900isを買いました。これは一つには今まで使ってきたCasio Exlim EX-P600が少し不調気味なのと、リコーのGR-Digitalのマクロモードが超マクロ接写にウエイトがあって、お料理写真に適さない
ということが原因でした。Ixy 900isは手ぶれ補正がコンパクトデジカメでは一番よく効く機種の一つなので、これでしばらく安心..と思って一息つきました。
 ところが、昨日GR-Digitalのファームウエアがバージョンアップして、接写能力がかなり向上、なんかなあタイミング悪い....(¬_¬)
 ご近所の魚のお奨めのお店、あみさきに出かけて、二つを比較してみました。
c0039413_21374388.jpg

 Canon Ixy 900isで撮影したひらめのお造り。そこそこ美味しそうでしょ。
c0039413_2137331.jpg

 ところがこのGR-Digitalでの接写。ホワイトバランスのせいもあるけど、さらに輝いて見えます。これだけ撮れればなあ、そんなに文句ないよ。あとは腕だけ。今までだとマクロと普通撮影の境界線上でカメラが迷ってしまって往々にしてピンぼけでした。しかたないのでマニュアルフォーカスで撮影していたケースです。今回はそこそこパシッと決まってます。
c0039413_2135308.jpg

 Ixy 900isで撮った鰆のみそ漬け。手ぶれ防止も効いていてこれも悪くない。
c0039413_21403614.jpg

 GR-Digitalの接写での牡蠣フライ。いよいよ牡蠣の季節の到来ですね。
c0039413_21415414.jpg

 Ixy 900isによる撮影の鯛釜飯。このお店の名物です。美味しいですよ。
c0039413_21425267.jpg

 当然お酒も飲みます。これはひれ酒をGR-Digitalで撮影。以前のGR-Digatalなら、必ずやピンぼけになる距離での接写の写真。きっと今回ファームウエアを変更することで、通常撮影距離の最短距離付近と接写モードの最長付近の部分の担当範囲をうまく調整したのでしょう。境界の距離領域(お料理のお皿をクローズアップという距離感)でピンぼけ続出がなくなりました。最初からこうしてくれていればうれしかったのですがね。>>RICOHさん....

 まあIxy 900isも仕事に使いやすそうだから無駄にはなりませんけど。ちょっと広角モードでの周辺四隅の流れは気になりますが、いいコンパクトデジカメだと思います。

網崎鮮魚店
神戸市長田区水笠通4丁目1-1
078-611-7783
日曜休
by ktokuri | 2006-11-23 21:46 | カメラ | Trackback | Comments(10)