カテゴリ:グルメ( 335 )
【六甲道】摩亜爺親爺さんの豚まん復活
最近、王子公園の中華の名店だった摩亜爺さんのご主人がお店を閉めてからの様子をブログにされてます。


 先日、摩亜爺親爺さんからメールをいただき、豚まんを作って届けていただきました。

 それから少したって、今回は再びご連絡をいただき、月に何回か開く仕事場を見学に。

c0039413_16360100.jpg


 ガレージの中から豚まんが出てくるという趣向です(笑)
 場所は阪急六甲から少し北に数分歩いたところです。
 閑静な住宅街から、湯気が(笑)

c0039413_163663.jpg


  素晴らしい手際です(こちらはアン饅)。

c0039413_16361137.jpg


 これを入れる調理器具がまた風情がありますね。
 
c0039413_16355469.jpg


 ふっくらと仕上がった豚まん。家に持って帰って食べたらとても美味しかったです。
 名店の味復活!
 やはり、これ食べられないと残念ですよねえ。
 寒いうちに大根もちが食べられるといいのですが。



 おわけいただけるのは、月に何度かのようです。 
 現場ではばら売り可ですが、正式には10個2000円からのようです。

 いずれにしても、つくるのが、不定期なので、予約する方法しかありません。
 (たまたま現場を通って湯気が出ていたら、交渉ごとになるのでしょうが(笑))

 販売サイトは
 http://mahya.sakura.ne.jp/htmltext/mahya03.php

 メールでお願いするのはこちらだそうです
摩亜爺主人 MAIL連絡先
by ktokuri | 2013-01-25 20:30 | グルメ | Trackback | Comments(4)
【新長田駅南】 バル パッチーノでホットワインをいただく
 新長田でワインのCPが高いのは....と聞かれると、ここになるのではないかと。
お手軽なワインが、たいへんお安く飲めて、料理がとても美味しい。

c0039413_11303439.jpg


 スペインのバルらしい雰囲気があります。お店の外観が変にケバイけどね(笑)

c0039413_11303965.jpg

 海老のオーロラソースのサラダ

  お料理に工夫があるし、メニューが揺れる。

 「揺れる」というのは私の造語ですが、しょっちゅうメニューが変わる、同じメニューでも中身が少しずつ変貌するという感じ。
 かって、新長田駅南、まさにこのお店の近くにあって、今は元町の名店になっているAkariさんが、かってそんな雰囲気でした。
 マスターの向上心の現れです。常に試作し、考えて料理を作る。

c0039413_11305616.jpg


 白子のフリット。鱈の味わいに、バルサミコス風味が意外に会う感じもします。

c0039413_1131850.jpg


 蝦夷鹿のタリアータ。ジビエ風の素材に強い味のソース。これは美味しかったね。

c0039413_11311629.jpg


 今日はぜひ飲んでみたい...と思っていたホットワイン。
 スパイスをいろいろ添えてくれて、楽しい味を自分で作れるようにしてもらってます。
 体がとても暖まる。のどごしが美味い。ちよっと日本酒の熱燗の飲み口でしょうか。

c0039413_11312573.jpg


 ミネストローネスープのフィットチーネ。

 「これって、どんなものだろう」と思って、興味本位で注文したのですが、美味かったです。
 冬の食事にはぜひ試したい、工夫あるお皿だと思いました。

    



今回はこれだけ。友人と二人でしたので。
 年末にちょっとのぞいたときにいただいたお皿を、写真のみ追加しておきます。





c0039413_11314745.jpg


c0039413_11315769.jpg


c0039413_1132857.jpg



 いずれもシーフードです。 新長田駅から歩いて3~4分。とても便利なのでついつい足が向いてしまいます(笑)


バル パッチーノ
神戸市長田区若松町3-1 新長田アスタカレッジハイツ1階
078-641-0218
17時~25時
by ktokuri | 2013-01-20 21:00 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【元町】 クオーレ(イタリア料理)で野菜を堪能
 年明けて、飲み歩き食べ歩きが続き、お魚もお肉もやや食傷気味。
そんなときに食べたくなった野菜メニュー。それで元町のクオーレに行きました。
ここは、イタリアンでも野菜料理が素晴らしいお店です。

c0039413_11595965.jpg

  
 
 既にご紹介のとおり、お店は元町駅の北側、かっての名店、ハイウェイの新店があったところにあります。
人通りが少ない、目立たない場所ですから、通りがかりの人が入ってくることはまずないお店です。

c0039413_1243531.jpg

  
 本日のお目当てはこのメニュー。どちらも野菜の魅力を引き出してくれそうでとても期待できそうです。

c0039413_1253958.jpg


 ワインはあっさり目の白ワイン。ワインビュッフェ(飲み放題コーナー)もありますが、ここは落ち着いたフルボトルでいただきます。
   
   
 
c0039413_126484.jpg

   
   
 
c0039413_1265396.jpg


  
  アンティパストとして、ゴボウの赤ワイン煮込み、ハーブ鶏のスピェディーノ(串焼き)をいただきました。ゴボウの味が鮮烈でワインが進むこと。


  
c0039413_13455862.jpg

  


このお店の名物とも言える「野菜のステーキ」。
 京芋、かぶら、サツマイモ、カボチャ...火加減バッチリ。
 そしてソースがバライティのある4種類。これは美味しい!

c0039413_13511972.jpg


 さて、その後は、ブイヤベース、クリームソースの小鍋。
 これも美味しいですね。魚介のスープが立体的な味わいを出して、食感的にも楽しみがあります。
   
   

c0039413_1354116.jpg

   
   
 その味わいを残して、スープを使ったリゾット。お米の素材に工夫があるようで、独特の食感が楽しい。
   
   
c0039413_1356653.jpg

   
   
 フルーツをサービスでいただきました。甘みと柔らかさが口を休めてくれます。
   
  
 
c0039413_13573486.jpg

  
   
  アホガード(アイスクリームのエスプレッソがけ)。これはいつも美味しいですね。

 それにしても野菜料理の火加減のコントロールが絶妙。
 これを楽しむためにぜひこのお店に行って欲しいですね。


クオーレ
神戸市中央区下山手通り4丁目6-6 コーワ元町1F
078-761-3501
11:30~14:00(L.O)
17:30~21:00(L.O)
水曜休
by ktokuri | 2013-01-13 12:14 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【東京 赤坂】ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ おのぼりさんになりきるディナー
 みなさん明けましておめでとうございます。 なかば恒例のことになっていますが、昨年12月にパソコン不調が起こって、しばらくこのブログの更新から手抜きしてました。
 年賀状の必要性もあって、年末~三が日で、システムを再インストールして、とりあえず抜本的にシステムを再構築しました。

 今年もそんなこんなで気まぐれに更新することになると思いますがよろしくお願いします。

 昨年のことになりますが、そろそろ年末かという時季に私事旅行で東京に行きました。
公私の別はいろいろですが、仕事がらみではけっこう東京に行く機会はあるのですが、全くの私用というのは年に一度あるかないか...
 いくつかの美術展、とりわけメトロポリタン美術館展は、アメリカ嫌いで、渡米の可能性がない私にとっては、またとない好機でしたので、レンプラントのフローラをはじめ、お気に入りの作品を楽しませてもらいました。日本画も竹橋の国立近代美術館でいいものが観れましたし。

 私は神戸の人間とはいえない刀自なので、センスは東京に行っても田舎もの。京都や神戸の雅やモダンな感覚もありませんので、気楽におのぼりさんらしく、東京の時間を楽しませてもらいました。
 大学時代に4年間は東京都民(一時期海外離脱はあったものの)してたし、阪神大震災のあと、一定期間は仕事で週の半分ぐらい東京という出張生活の時期もあったので、親しんできた街でもありますし。

 さて、まず宿泊地は芝公園。既にスカイツリーに家督を譲り、クラシックになってしまった東京タワーのすぐ近くです(笑)

 
c0039413_12455850.jpg


 ホテルの庭も、そろそろ歳末という時期だったのでライトアップ模様が。

c0039413_12464121.jpg


 そのホテルからはかなり離れた赤坂のレストランを予約しておりました。

c0039413_12473396.jpg


ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ。
銀座のマキシム・ド・パリとはコンセプトがかなり異なり、カジュアルで軽い感じ。
いかにも一見さんの場という感じがします。これはこれで異邦人には居心地が悪くない。
厨房も若手の方がやっていると聞きますが、なかなかいい感じでしたよ。

c0039413_12515283.jpg


 インターネットの一休レストランのバーゲン期間に予約をしたので、半額割引。
その最大の価格構成はこれかな。ドンペリのアペリティフ。
 これほど、おのぼりさんへのもてなしの企画はなかなかないかと(笑)
 ちゃんとその後もワインのボトルは頼みましたが、お手軽な赤にさせてもらいました。

c0039413_12593536.jpg


 ドンペリについてきたアミューズ。

c0039413_12555393.jpg


  フランスぺリゴール産フォアグラのガトー カカオ風味

c0039413_1313020.jpg


 野菜のテリーヌ。これも手抜き無しで美味しいです。

c0039413_132351.jpg


長崎県産真鯛と根菜の軽い煮込み、黒胡椒の香り

c0039413_1334038.jpg


牛フィレ肉のポワレ、ソースシャンピョン、トリュフのアロマをのせて

c0039413_1341067.jpg


c0039413_1341792.jpg



 ドルチェまで一気にいただきました。お店の雰囲気は、戦略がはいっきりした感じ。素人受けを狙う若者向けの野暮ったさを感じましたが、料理はとても素敵だったという印象です。
 接客も柔らかい丁寧な感じで好感がもてました。カジュアルな雰囲気と(自分のことは棚に上げて、)お客層に、予想のイメージとは少し違う感じがしましたが、私にはくつろげて、今回、私的な旅で出かけたので、TPOとして最善の環境でした。

c0039413_1343028.jpg


 コースはすべてにわたって欠点のない、バランスのとれたものでとても楽しめました。素材としても、組み合わせとしても申し分ないでしょう。
 今回は大変リーズナブルな経費で楽しませていただきましたが、一般的なメニュー値段でこのお店でくつろぐとなるとどうなのか、他のお店との比較となるとどうなのか、このあたりがこれから考えるところでしょうね。



ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ

東京都港区赤坂5-3-1 赤坂BIZタワー マキシム・ド・パリ2F
03-5545-4500
by ktokuri | 2013-01-05 14:17 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【新長田駅南】 バル パッチーノにてスペイン風小皿料理とワインで舞い上がる
 最近、京都のスペイン料理居酒屋さん、サントレスの見事な活気あふれる空気を堪能しています。
神戸で同じことができないか...と思っていろいろ考えてみたのですが、あの雰囲気はナカナカあり得ません。
 そんなときに、地元新長田の駅南に新しいスペインバルが出来ていました。

c0039413_8394148.jpg


c0039413_8442651.jpg

 ワインも安いのです。テラノブレが1800円! 安いと思っていた立ち呑み膳ホールよりかなり安い。

c0039413_8464821.jpg

 牡蛎のエスカルゴ風バター焼き 芳しい。牡蛎でも十分に雰囲気が出るものですね。

c0039413_8484919.jpg

 豚肉のコンフィのパルマンティエ 赤ワインにはこれ...っていう感じです。

c0039413_8505166.jpg

 いずれもこの季節メニューから選びました。どれも随分お手軽です。

c0039413_8512260.jpg

 そして、秋刀魚のベッカフィーコ

c0039413_8534867.jpg

 店内の雰囲気は、スペインの街角でよく見るバルそのもの。

c0039413_8523748.jpg

 栗とキノコの赤ワイン風味のリゾット 

c0039413_852515.jpg

 イベリコ豚のオープン焼き

ちょっと期待してしまいます。もちろん、サントレスのもつホットなファミリームードや暖かいお客さんたちの声はありませんが。

c0039413_8594468.jpg

 でも、料理の創意工夫の雰囲気は似てます。

c0039413_8592666.jpg

 アルコールもとてもお手軽で、これもスペインバルらしいところです。

 お店はまだ、無名でお客さん入っていない、完全な穴場状態。
 年寄り飲み助の多い新長田ではありますが、なんとか流行って欲しいです。

c0039413_8582695.jpg


 このお店構えはなかなかケバイので、ちょっと浮いている気もしますが、本格的には違いない(笑)

 安くて美味くて、異国情緒。これが学生街なら絶対流行るのだろうけど、ここは新長田。さて。
 いいお客さんが入ってくれば、自然と空気が暖かくなるのがバルです。応援したいところです。

 一般的にはスペイン料理というとパエリアしか知らない人が大半でしょう。
 しかもそのパエリアはメニューにはなくて、美味しい各種アヒージョが主力のお薦めかな。
 今回は、注文しませんでしたが、実は前に偵察に行ったときには堪能させていただきました。
 白ワインやビールにもよく似合います。

  


バル パッチーノ
神戸市長田区若松町3-1 新長田アスタカレッジハイツ1階
078-641-0218
17時~25時
日曜日休
by ktokuri | 2012-11-10 09:11 | グルメ | Trackback | Comments(4)
【元町】Akari(創作和食)で秋の味覚を楽しむ
c0039413_13374782.jpg


 秋は、食欲の秋。飲み会の秋(笑)
 そんなこともあって、気のおけないお友達といつものように通うAkariさんへ。
 ここに載せるのは久しぶりですが....

 ついてまず目に入ったのは栗のフリット、蜂蜜添え。ドルチェと言うよりボリューム感たっぷり。

c0039413_13394047.jpg


白ワインと思いましたが、スペインの赤ワインともよくお似合いでした。

c0039413_13415763.jpg


 旬の秋野菜、胡麻添え。せいろ蒸し風のさっぱり味でした。口の中がすっきり、ヘルシー。

c0039413_13372746.jpg


 海老とズッキーニのアヒージョ。
 とても上品で綺麗なお皿。味も美味しいです。
 私は京都のサントレスのようなB級グルメ風酒のアテのアヒージョの方が似合いますが(笑)
 白ワインならこちらがいいかも。


c0039413_1350489.jpg




c0039413_13462243.jpg


 タンシチュー。レストランのシチューとは違うけど、ワインのあてになる感じでしあげてもらっていて、きれのよい風味で、かつ重厚な味。赤ワインとの相性が抜群です。

c0039413_1348487.jpg


 口の中のイメージを換えるために、洋梨のソルベを注文。夏の記憶を揺さぶるような涼やかな味わい。


Sony DSC-RX100




 いつものおつき合いをさせていだいているお店ですが、いつお伺いしてもメニューに新たな発見があります。
ご主人と奥様との素晴らしいコレボレーションが魅力のお店ですが、もちろん日々精進しておられるメニューのバージョンアップも素敵です。
 
Akari
078-371-7225
神戸市中央区北長狭通5-7-19
17:00~22:30
月曜休
by ktokuri | 2012-10-20 13:54 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【新長田駅北】よし田(和食)でワインをゆったり
 先日来、このお店によく行きます。日曜日がお休みなのがちょっと残念ですが、家から近いのになかなかモダンなメニュー構成で、ワインもお手軽で美味しいのがお奨めです。

 
c0039413_14241970.jpg


 
c0039413_14243346.jpg


 つきだしと言っても、手抜きなしですね。洒落ていてこれだけでも満足してしまいます。

 
c0039413_14253068.jpg


 お店もシックですし。奥には座敷があります。

 
c0039413_14263196.jpg


 豆腐もここは原さんのものです。

 
c0039413_14291294.jpg


 黒板メニューの海老フライ、これも食べ応えありですね。見たよりも味もそんなに濃くなく軽快です。

 
c0039413_14303539.jpg


 トンカツサラダ。トンカツは見た目よりも薄くて新鮮な野菜に馴染みます。

 
c0039413_14325195.jpg


 アスパラガスのバター焼き。 湯がいて火を通すときの色合いが綺麗に決まってます。爽やかなグリーンの味。

 
c0039413_14342837.jpg


 ご店主からみせていただいた珍しいもの。たこの卵ですかね。きれいです。

 
c0039413_14354162.jpg


Sony DSC-RX100


 ヘルシーパスタ タカルボナーラ風。柔らかい味で、イタリアンのカルボナーラとは違った魅力があります。

 今日はホワイトソース系が多かったのですが、飲み物は赤ワイン。それでもうまく調和して美味しいです。
 家から近いので、ちょっと出かけて飲んで帰るなんというのにとても重宝しているお店です。
 メニューも豊富で、海鮮ものも充実しているので本当は白ワインも美味しいのでしょうが、ついつい赤ワインを注文してしまいます。肉料理も、野菜料理も、魚料理だけでなく満足できる感じです。
 

よし田
神戸市長田区水笠通3丁目2-3
078-766-5508
16:30-24:00
日曜休
by ktokuri | 2012-10-14 14:39 | グルメ | Trackback | Comments(4)
【元町】 クオーレ(イタリア料理)の工夫されたていねいな料理にとても満足
 昨日、三連休のなか日、奈良に出かけ、山辺の道を歩いてきました。

そこから、元町まで戻り、友人と二人で久しぶりにイタリア料理を。
 来週から忙しいので、これも少し息抜きです。

c0039413_1402930.jpg


 白身魚をマリネ風にしたてて。野菜とイチジクをまぶす。エスカベッシュではないみたいだけど。
山芋がのっていてとても気が利いた味に仕上がっています。
 このレストランは野菜の使い方が抜群。海のものに、山のものをのせて。なかなかない味です。

c0039413_1401736.jpg

 
 カポナータ。こちらも小皿もの。チーズがかかっているところが、とても魅力的に仕上がっています。
 これだけ気の利いたカポナータは滅多にない感じ。

c0039413_13595876.jpg

 
 ワインビュッフェをしているのですね。90分飲み放題で1500円。
お手軽に楽しめるワイン。料理は最高だしね。次回はこれですよ、絶対に(笑)

c0039413_13592987.jpg


 アラビアータ系のスパゲッティーニ。これが美味しいんですよ。赤ワインでもピッタリ。 

c0039413_1413017.jpg


 ポルチーニ茸のリゾット。濃厚というか、重厚な味わい。ワイン楽しめるお米料理。

c0039413_1414462.jpg


 牛肉のイチジクソース。味わいが豊か。旬な果物の薫り高い味が食欲を刺激します(笑)

 他ではない工夫された料理を楽しくいただく。このお店は久しぶりに行きましたが、期待を裏切りませんでした。
元町駅から徒歩数分。こんなところに、おちついた隠れ家のようにひっそりした店構え。
 インテリアも趣味がいいし、客あしらいも丁寧。満足度の大きなハイCPのお店ですね。


Sony DSC-RX100



クオーレ
神戸市中央区下山手通り4丁目6-6 コーワ元町1F
078-761-3501
11:30~14:00(L.O)
17:30~21:00(L.O)
水曜休
by ktokuri | 2012-10-08 14:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【京都 六条】 サントレス(スペインバル)で自由に美味しく楽しむワイン
 以前から、四条からJR京都駅まで歩いて帰るときに気になっていたお店がありました。
遠方からちょくちょく京都にやってくる京都ファンの友人と三宮で飲んでいるときに、そのお店の話が出ました。
 やっぱりねえ、いいお店なんだ...と行ってみることに。

c0039413_13275717.jpg


 サントレス、スペインバル。土日は15時からやってます。いつもお客でいっぱい。遠来のお客さんは予約しないとダメですよ。後悔します。

c0039413_1337449.jpg


 ワインは一番安いのは赤白ともにフルボトル1500円。これでも十分美味しいのです。
ご店主の品選びの勝利でしょうねえ。

 
c0039413_13392220.jpg


 タバス料理がたくさんあります。一皿330円ですよ。凄いですねえ。

c0039413_1340308.jpg


 カウンター以外にテーブル席が幾つかあります。奥のコーナーテーブルも良さそうですね。

c0039413_13421416.jpg


 この賑やかさ、雑然さが魅力ですね。スペインのビンチョス、タバスのお店をうかがうと同じ雰囲気があります。

c0039413_1344404.jpg


 子鮎のフリット。さすが京都です。

c0039413_13451225.jpg


 白ワインにはベストの選択、鰯の酢漬け。

c0039413_13455845.jpg


 スペインでさんざんお世話になったガスパッチョ。美味いですよ。ここのも。
夏の定番でしょうね。

 
c0039413_13474498.jpg


 烏賊の墨煮。バケットと一緒にいただくと誠におつな味ですね。これもスペイン料理の定番。

c0039413_1350597.jpg


 巨大マッシュルームのアヒージョ。小エビを添えているのも粋ですが、味つけが素敵です。このお店ならではの味ですね。

c0039413_1352499.jpg


 シーフードのパエリア。この間まで、パエージャと注文していたものですから。
スペイン料理には色々なものがあり、これが定番ではないのですが、日本人には懐かしい雰囲気がありますから、人気ありますね。
 とても満足できる味です。
 
 賑わいがあって、楽しい雰囲気満点のお店。もし、日本のどこかのお店を、自分の家の近くに呼んでこれるとしたら、このお店がいいかもしれません。
 気軽に入れて、それでいてお客さんに優しい人情を感じます。ご店主のお人柄がでているのでしょうかね。



サントレス (Santres)
京都市下京区烏丸五条下ル大坂町392 豊栄ビル1F
17:00~24:00(L.O.23:00)
[土・日・祝] 15:00~24:00
月曜定休
by ktokuri | 2012-09-02 13:59 | グルメ | Trackback | Comments(1)
【京都 木屋町】 スコルピオーネ 吉右で川床イタリアン

 スペインから帰ってきて、まず出かけたのは京都。
 気軽に行ける、生活圏外というと、まず京都か奈良になってしまう私。
 1週間ほど仕事をした後だったので、駆け足の観光のリズムがまだ残っていたみたいで(笑)

 鴨川の川床というと、和食にワインが私の定番でしたが、今回は趣向を変えてイタリアンにしてみました。

c0039413_10133317.jpg



c0039413_1014410.jpg


川床のコースなので、まず冷えたスパークリングワイン。なかなか魅力的なスタート。 

c0039413_10143230.jpg

「亀岡で採れた真っ赤なトマトを使った冷たいトマトスープ」

 温度コントロールの行き届いた冷製のスープ。
 スペインのガスパッチョに慣れた口でしたが、それでもやはり美味しいです♪

c0039413_10145430.jpg


 コースに追加して赤ワインをいただきました。

c0039413_10152667.jpg


 夏の前菜の盛合せ
  京野菜を使った前菜。これが楽しみで、イタリアンです。

c0039413_10154780.jpg


 日が落ちた後、そろそろ夕闇が訪れてきて、川床らしいいい雰囲気になってきました。

c0039413_10161525.jpg


 パンはオリーブオイルを添えてもらってご機嫌です。

c0039413_1018765.jpg


 なによりも気に入ったのは、橋の傍らというのに、それが全く気にならずむしろアクセントになっていること。
これはちよっと意外でした。

c0039413_10182556.jpg

白イカとグリーンアスパラのブーロエパルミジャーノ 手打ちタリアテッレ

 そつのない味つけと盛りつけ。イカとアスパラの調和がポイントですね。


c0039413_101847100.jpg



c0039413_101957.jpg

フランス産豚肩ロースと夏野菜の炭火焼き
 赤ワインにはこれですね。満願寺唐辛子がまたアクセントに。

c0039413_10192441.jpg



c0039413_10193243.jpg


 ドルチェと珈琲は爽やかな味。川面の風に吹かれて、さらに美味しい。


 雰囲気と舞台設定がとても気に入りました。お皿もそれぞれ考えられてバランスがいいです。

 個人的にはもう少しそれぞれのお皿に強いアピールがあればさらにいいと思いました。
 まあ、私が味の濃いスペインから帰ってきたばかりと言うことも、そう思う一因かもしれません。
 もう一回、今度はアラカルトで挑戦でしょうか。
 

イタリア割烹 スコルピオーネ 吉右
075-354-9517
京都市下京区斉藤町140-18
ランチ 11:30~14:30(L.O.)
ディナー 17:00~22:30(L.O.)
無休
by ktokuri | 2012-08-25 10:49 | グルメ | Trackback | Comments(0)