カテゴリ:グルメ( 341 )
【新長田駅北】 まきの(和食)でワインとコース料理
 先日、ランチに出かけた新長田駅北のまきの さんへ夕食を食べに出かけました。
c0039413_2044896.jpg


 ちょっと場所がわかりにくいのでランチの時の記事の地図を参照してみてください。

c0039413_20445640.jpg


 居酒屋「大将」より、いっそう家庭的な手作り感覚バリバリです(笑)
それでいて美味しいワインが手軽に(2500円/フルボトル)いただけるのがよろしいです。

c0039413_20451113.jpg

c0039413_20451531.jpg

c0039413_2045186.jpg

c0039413_20453219.jpg



 本日は、2000円のコースに、おむすびだけ追加オーダー。とても楽しめました。
 小皿は1人2つです。上の写真は2人分。ワインに合うものを選んでいただいて、うれしい限りです。
 確かに和食とはいえ、とても赤ワインが楽しめるお皿でした。

 
c0039413_20472715.jpg


  そして串揚げ。これがとても丁寧に作られていて、繊細な味わい。いいですねえ。

 
c0039413_2048436.jpg


 鶏肉と豆のお皿。手がかかっていてバランスのよい味。いただいたワインに、これまたとても調和していました。

 
c0039413_20491488.jpg


 おにぎりだけコース料理に追加。お手軽なコースーで気軽に楽しめます。

 
c0039413_2049934.jpg


 小料理がいろいろあって、ここも大将とは別の意味で家庭的な手作り感がでています。
 ちょっと素人ぼい雰囲気が私にはとても好ましく思えます。
 もう少し賑わってもらいたいお店ですね。道からお店がわかりにくいのがちょっと損している。
 客にもお店にも、もったいない感じ。

 ぜひお試し下さい。


まきの(和洋総菜)
神戸市長田区松野通2-3-8
078-691-0511
火曜休?
by ktokuri | 2013-11-25 20:54 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【新長田駅北】 居酒屋 大将 で手作りのお皿でくつろぐ
 神戸のJR新長田駅というと、お好み焼きと焼肉が知られていますが、本当の売りは居酒屋さんではないかと私は思ってます。

 この居酒屋激戦区の中で、私が若いときからずっと営業しているお店が幾つかあります。
そのうちの一つがこの 
大将です。家庭的な手作り感のあるメニューと、ポンポンと手際よく出てくるお皿のタイミングが魅力。

c0039413_14505996.jpg


 まずは白ワインのハーフボトル。

c0039413_14535085.jpg


 小芋のゆず和え  まさに香ばしい。

c0039413_14541688.jpg


 私の好きな、わけぎぬた。

 
c0039413_14544164.jpg


 最近、野菜不足なので、筑前煮。これもあっさり味で食べられます。

c0039413_14552186.jpg


 どこでも注文する牡蠣フライ。 私は牡蠣フライは一番よりも大将のお皿が好みです。

c0039413_14555931.jpg


 ハーフボトルなので、赤ワインにスイッチ。お手軽なワインを赤白両方飲めます。

c0039413_14563859.jpg


 白子の天ぷら。居酒屋メニューとしては絶品です。

c0039413_1457631.jpg


 B級グルメ志向の私としてはとてもうれしい! ハンバーグ。
 デミグラソースと少し柔らかい目玉焼きがさらなる調和を(笑)

c0039413_14583728.jpg


 1個単位で注文できる、いなり寿司、焼きおにぎり、おにぎり。
私はいなり寿司派です。

 すっと出てくるお皿のタイミング。いつも明るい雰囲気のお店。
 ここは、これでとても好みのお店の個性になってます。
 今回は食べませんでしたが、お刺身や焼き魚もとても美味しいし。
 
 場所柄、一番、よし田と近接していて、いつも迷うところです。
 住宅街風の街並みなのに、ここは他にも数軒飲み屋さんが密集していて、
ちょっとした私のオアシスゾーンになってます。



大将
078-642-2776
神戸市長田区松野通1-11-26
日曜休
by ktokuri | 2013-11-16 15:01 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【三宮駅北】野菜の楽しめる割烹 あき吉で繊細な味を楽しむ
 昨日のことです。
友人と待ち合わせして、かねてから行ってみたかった三宮の割烹、あき吉に出かけました。
もちろん、だいぶ前に予約しておりましたが。
c0039413_832734.jpg



 ここは最近、人気のお店。特に女性客が多いので有名です。
c0039413_8323640.jpg


c0039413_8325335.jpg


 お店のレイアウトはカウンターがメイン。奥に6人掛けが一つあります。
厨房対面式ですが、お店の雰囲気は静かでありながら、活気が感じられてとても好ましいものでした。

c0039413_8335579.jpg


 このお店の売りは、なんといっても季節の野菜を各地から小まめに入手して、
独創的な味わいにして盛りつける。それは名のあるお店ならどこでもでしょうが、そのセンスが素晴らしい。
先付け、前菜では、それが楽しめます。

c0039413_8362924.jpg

 お店に来るまでに少し歩きましたので、まずは柚酎ハイを飲んだのですが、すぐに菊正宗の熱燗を追加。
龍力や梅錦、八重垣など私の好きな日本酒もありますが、まあ、今回は熱燗でお皿を楽しむことに。

c0039413_8392433.jpg


c0039413_8392780.jpg


 お汁ものの繊細さ、お造りの美しさと気配りを感じる盛りつけ。どちらも素晴らしいです。
 お造りにさりげなくドレッシング小皿が添えられるのも、洋風の趣向を入れていて嫌みがありません。

c0039413_840272.jpg


c0039413_840846.jpg


c0039413_8401997.jpg


 温物や焚き合わせなど、野菜の可能性をこれでもかと強く訴えるというよりも、自然と流れ出る魅力を爽やかにまとめている感じがして、好感が持てます。
 ここまでいただくと、お店の考えが自然と理解できますね。

c0039413_8423742.jpg


c0039413_8424599.jpg


Sony DSC-RX1R



 ご飯はお米の魅力を削がない香りづけで秋刀魚が使われています。おかわり自由とのことで本当はおかわりしたかったのですが、お皿ごとの味わいのつながりを壊したくなくて、我慢しました。ちよっと後悔かな(笑)

 お芋のパイもとても美味しく、イタリア料理のドルチェを彷彿とさせました。
 
 お皿も起承転結それぞれよく練られたものが用意され、料理の量とのバランスも美しかったです。
 何かアクセントになる濃いお皿があるわけではなく、それぞれのお皿が繊細に調和して美しい響きを作っている感じです。
 上質の室内合奏団の演奏で、モーツアルトの曲を聴いているような感じで、楽しい一夜となりました。


野菜割烹 あき吉
078-392-3788
神戸市中央区中山手通1-2-3 レミービル1階
11:30~と13:00~
18:00~22:00
日曜休
by ktokuri | 2013-11-10 08:48 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【元町駅北】7Stockでワインを楽しむ 気軽なお皿
元町で美味しいお店で気に入っていたクオーレ。
心配していたとおり、お客さんが少なくてすぐに閉店してしまいました。
なかなか商売は大変です。元町の駅北側は賑わいを出すのに苦労します。

そんな地域で、いつも店の前を通ると活気があるように思えるこのお店。
気になるので、入ってみました。


c0039413_10271735.jpg


c0039413_10272734.jpg


やはり、いい感じです。
優しい家庭的な雰囲気のあるお店の印象。店内の空気も穏やか。


c0039413_10273580.jpg

 ワインはグラスで赤、白 すぐに注文できるようにそれぞれ3種類が用意されているようです。


c0039413_10282653.jpg


 前菜の盛り合わせ。お店のお奨めでしたが、たしかにこれは外せないかと。
シーフード中心の大皿のものもあります。これも美味しそう。

c0039413_10283825.jpg


焼き牡蛎はこれからのシーズンものでしょうね。でもこの時季初めて楽しめました。

c0039413_1028509.jpg


白子のムニエル。白ワインには調和した素敵なメニュー。


c0039413_1029160.jpg


カツレツ。赤ワインの楽しみはこちらで帳尻合わせをさせていただきます。

c0039413_1029892.jpg


牛すじの赤ワイン煮込み。目玉焼きが添えられているのは、私のB級グルメ志向にまさにフィット。

気軽な雰囲気で入れるお店。それでいて、お店の独特な雰囲気に浸れる楽しさ。
いい空気を作ってくれますね。ロケーションとしても貴重なのでまた行きたいです。


7Stock (セブンストック )
078-332-1127
神戸市中央区北長狭通4丁目6-10 コーポドリーム1階
11:30~14:30
17:30~22:30
日曜休
by ktokuri | 2013-11-03 10:45 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【京都 荒神橋】 鴨川河畔で昭和の香りを楽しむ リバーバンク
神戸から京都に出かけるときの楽しみの一つとして、「歩く」ことがあります。
東西南北碁盤の目のようなルートがあるので、どう歩いても交通のターミナルにたどり着くことが容易です。
京都の歩く経路の中での「高速道路」は川の岸辺を歩くこと。信号なしのノンストップで歩けるのでご機嫌です。

c0039413_1646473.jpg



特に鴨川べりは、京都の南北の幹線を歩けるのでとても便利。
 気候の良いときには、北山通、北大路あたりから、京都駅近くまでブラブラ歩いていきます。

 途中でお茶を飲んだり、甘ものを味わったり、それも楽しいものです。

c0039413_1647177.jpg


 鴨川河畔で、静かな荒神橋のたもとにあるリバーバンク。
 店構えはあまりにも雑然と鄙びた印象。お洒落な京都のCafeに馴染んでいる人なら一瞬、入るのを躊躇するかもしれません。

c0039413_16465759.jpg


 店内に入ると、このお店の味わいに気がつくことになります。
 もっとも、気がつかないとすれば、あなたとこのお店のトーンとは縁がないことになりますが。

 
c0039413_16465320.jpg


 鴨川の岸辺の散歩道を行き来する人を眺めることが出来る、窓辺の席。

c0039413_1647267.jpg


 まさに橋のたもとということがよくわかります。荒神橋は鴨川に架かる橋としては、往来は一番閑散としている印象です。これがまた結構です。

c0039413_1647468.jpg

 
 本来は、レモンスカッシュやミックスジュースを注文するのが、昭和の香りのするお店への儀礼でしょうが、この日は極甘のものより、グリーンティーが欲しかったのです。

 
c0039413_16471198.jpg


 老夫婦?が仲良く接客されているようで、これがまたいい雰囲気ですね。
 コースターもとても可愛い。
 すでに50周年とか。立地と雰囲気から言ってお洒落に改装するととても流行るとは思いますが、この雰囲気に浸れるのはとても貴重です。
 何本もの映画の舞台になっているというのもよくわかります。なんとなくですが、京都という街には似合うお店ですし、この存在は必要なスパイスかと思います。
 


リバーバンク
京都市上京区荒神橋西詰め
075-223-1592
8:00AM~6:00PM
土曜休
by ktokuri | 2013-10-25 17:07 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【京都 京都駅前】 京都タワーの足下でひそやかに昼ご飯 ふるさと
 京都に昼前に電車で到着すると、ちょっと迷うことがあります。
 四条河原町ならこことか、烏丸ならあそことか昼飯ネタがあるのですが、JR京都駅だと??
 たいてい夕食は重たいものを食べますので、昼は軽くて良い。でも気に入ったものでないとね。そこが難しいのです。

c0039413_155118.jpg


 私の最近のレシピはこのお店。京都タワーのビルの地下の奥にひっそりと地味に所在するお店。
 初めての人には少し入りにくいかもしれませんが、入るとけっこう雰囲気があります。
 お客さんいっぱいという感じのお店ではありません。

c0039413_155755.jpg


 メニューは麺類と丼系です。どれ食べても、普通に美味しいし、メニューに個性もあります。けっこう手も込んでいます。


c0039413_1545574.jpg


 私のお奨めは、もち鮭茶漬け。量少なくてお手軽ですが、結構、口あたりに変化があって美味しい。

c0039413_1545253.jpg


 今回食べたのは、冷やしにしん蕎麦。 これもとても美味しかったです。丁寧に作っている感じが好感度。

 そして、このお店には一つの掟があります。
 支払いに10円未満の硬貨を使わないこと...
 
 
c0039413_15459100.jpg


 なんとなくわかるなぁという感じ。 でもルールで打ち出しているのは、ちょっと興味深いものがあります。

 

お食事処 ふるさと
075-276-4246
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1京都タワービル地下1F
by ktokuri | 2013-10-14 15:19 | グルメ | Trackback | Comments(0)
【三宮】 神戸プレジールでコウベビーフのステーキを食べてみました
 先日、「意識して神戸牛を食べたことないよね」という話になって、ステーキを食べに行く話になりました。
 ずっと以前、みそのとか、和黒とかブログをやる前どころか、それよりずっと前に行ったことはあるのですが、
それからステーキ狙いで出かけたことはありません。歳のこともあるのかなあ。友人もそのようで。
それで、日程調整、予約を入れて数日後、待ち合わせて、三宮の神戸プレジールへ。
JA兵庫が経営しているお店と聞いています。

c0039413_954411.jpg


 お店はホテルの1階、良い雰囲気のところにあります。
 週末は予約が込み入っていて、なかなかとれないとのこと。たまたま直前に予約できたのはキャンセルがあったからかもしれません。

 
c0039413_954118.jpg


 鉄板焼きコース以外に、しゃぶしゃぶやせいろ蒸しもあるようです。
 しかし、KOBE BEEFというならやはり鉄板焼きでステーキでしょう。

 コースはA~Dまであって、お肉に、フォアグラがついたり、海鮮素材、伊勢エビ、アワビなどが加わったりのようです。私はお肉狙いなので、シンプルなAコースを頼みました。

c0039413_953643.jpg


 先付けは、兵庫県産の素材を生かしたもの。今回は、下記のメニューのように篠山産のものを軸に全体がコーディネートされているようです。

 
c0039413_953298.jpg

 

 
c0039413_95281.jpg


 ごぼうのスープ。これも細心配慮で手を入れられていることがうかがわれて、口当たりのよいものでした。

 
c0039413_952333.jpg


 
c0039413_951055.jpg

 
 目の前で焼いていただけるのは、食欲が盛り上がります。お肉は但馬牛、神戸牛からまず選び、
サーロインとフィレからまた選ぶのですが、当然、牛は神戸牛(産地は同じでもランクが違うし)、
品評会で賞をとった牛とのことで、サーロインを選びました。このあたり誠に軽薄ですが(笑)

c0039413_95594.jpg


 15種類の野菜からなるサラダ。このうち8種類は兵庫県産野菜とか。

c0039413_95197.jpg

c0039413_945845.jpg


 お肉は2回に分けて、焼いて切り分けて出てきます。焼き野菜は1回です。

c0039413_945537.jpg


 そして、口直しの緑のジュース。これも油をきる感じで、いい口当たりです。

 
c0039413_945156.jpg


 ガーリックライスは兵庫県産のこしひかり。白いご飯も選択可能です。

 
c0039413_944710.jpg


 ここのお店の特徴は、デザートは応接室のような部屋に場所替えして提供されること。
 鉄板の席の回転なども考慮されているのでしょうが、雰囲気もよくて、これも楽しめる趣向です。

c0039413_944352.jpg
 

c0039413_943762.jpg


 野菜果物素材の風味がとても心地よい、プリンやアイスクリーム。
 そして美味しい珈琲。なかなか満足しました。

 食事中にはワインをいただきました。グラスで2杯。ボトルでも良かったのですが、
 ぐるなびのクーポンで1杯無料だったので(笑)
 考えたら、ステーキだけなので、ボトルは量としてもてあますかどうかぎりぎりのところ。
 1杯グラスワインの無料サービス券持参はあまり意味ないかもしれませんね。
 ボトルは4000円強からのメニューでした。

 神戸牛のステーキ、あらためて食べると、美味しいことは間違いないのですが、
 いつも食べているお肉もなかなかのものだという気がしました。
 それより、添えられている野菜の多彩な味、お店の雰囲気に魅了されました。


神戸プレジール
神戸市中央区下山手通2-11-5 ホテル the b' kobe1F
050-5788-3438
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~22:30(L.O.21:00)
月曜休
by ktokuri | 2013-10-06 09:31 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【新長田駅北】 コメダ珈琲店 神戸西代店が開店したので早速行ってみました
c0039413_7195846.jpg


 新長田駅というか、西代駅というか、ちょうど我が家から手頃なところに、名古屋で有名なコメダ珈琲店が開店しました。巨大スーパーの隣地なので、なかなかいい立地です。
 早速、昼飯を食べに行ってみました。上手く使えば気分転換の仕事場に出来そうです(笑)

c0039413_7195461.jpg


 この喫茶店の持ち味は、神戸のにしむら珈琲や京都のイノダコーヒーのように、ワイノワイノと話が出来る空間設定。
 座席のレイアウト、椅子の座り心地等がその雰囲気に合うように上手に設定されています。

c0039413_7195039.jpg


 コーヒーカップもなんとなくその雰囲気(笑)
 コーヒーの味はなかなか良好。ただし、温度がぬるかったです。
 もう少し熱くしないとね。特にサンドイッチ等の前に出すのだから、なおさら配慮が必要。
 たぶん開店当初なのでうまくいっていなかったのでしょう。
 次回を楽しみに。

c0039413_7194527.jpg


c0039413_7194030.jpg


 コメダ珈琲店の持ち味としては、食事系のメニューが充実していることです。
 このミックストーストサンドやハムサンドイッチもお値段の割にボリュームと味は充実していました。

 その後に、お出かけして、HAT神戸の県立美術館に。橋本関雪展を観てきました。
 日本画は好みなので、久しぶりにホッとしました。

c0039413_7193644.jpg


c0039413_7193060.jpg



Sony DSC-RX1R



コメダ珈琲店 西代店
神戸市長田区御屋敷通3-1-34
078-798-5196
年中無休(年末年始は別)
通常は朝7時~夜11時
by ktokuri | 2013-09-29 07:37 | グルメ | Trackback | Comments(6)
【新長田駅北】 まきの(和洋総菜)さんで家庭的なランチ 
 先日、チラシが郵便受けに入っていて、新しいお店ができるとのこと、
少し気になっていましたが、なかなか行けず、本日やっとランチに行ってきました。

c0039413_135151.jpg



 大通りから一筋入ったところ、少しわかりにくいところにあります。
 今までの経験からいうと、少し苦戦しそうなロケーションです。

c0039413_1345616.jpg


 お店は清潔、スタッフは女性ばかりのようで、好感度上々です。
 カウンターと4人がけ、2人がけのテーブルのある、明るい店内です。

c0039413_1345343.jpg


Sony DSC-RX1R



 今日いただいたのは豚の生姜焼きランチ、750円。瓶ビールもいただきました。
 味は薄味でとても美味しい。野菜も上手に使っています。
 人気はトンカツのようですが、夜はお酒に合わせていろいろなお総菜もあるようです。
 ぜひ、また夜に偵察にいかないと.....




まきの(和洋総菜)
神戸市長田区松野通2-3-8
078-691-0511
火曜休?
by ktokuri | 2013-09-16 13:19 | グルメ | Trackback | Comments(2)
【新長田駅北】 暑い日は近くでイタリアン レトロスタンツァ
 暑い日が続いています。今年は仕事もストレスが多くて、精神的になかなか回復しません。
これからもう少しすると、私的なことですが、かなり負荷のかかる旅行と、その後にハードな仕事が待っています。暑さで疲れた体に、今から考えてもしかたないのですが予知ストレスが加わって、夏バテ状態かもしれません。
 それで食に走っています(笑) アルコールはたくさんは飲めず寝てしまうので限界がありますが(笑)
幸い、最近は家の近くの新長田でいくつも選択肢がありますし。

 今日は、駅北側のレトロスタンツァに。

c0039413_9515584.jpg


 ここは開店当初より、明らかに内容が良くなってきています。その点はまず良いかと。

c0039413_9514115.jpg


 お店が小綺麗なのに、ワインも料理もお手軽値段。これもまた良しかと。

c0039413_95147100.jpg


 いわゆるお酒のアテとなるメニューも充実しています。サーモンのパテ付きのブルスケッタ。

 

c0039413_9515183.jpg


 海老とキノコのアヒージョ。 これにもパンが付いてきて、お腹にはこれで十分かも。

c0039413_952093.jpg


 冷製のポロネーゼソースのパスタ。
 ちょっと好奇心で頼んでみましたが、とても美味しく楽しめました。

c0039413_952471.jpg

Sony DSC-RX1R

 
 スペアリブのラグー。これは赤ワインとしては常道です。
 
 このお店で楽しく過ごすのには一つコツがあります。
 店内にいるお客さんの数にもよりますが、注文するとすぐに調理が始まります。
 1度にアラカルトをコースメニュー風に注文してしまうと、冷めてしまうのが気になって
 大忙しで食べないといけないことに。

 そこは、間を入れながら注文することで解決しないといけません。少しご注意を(笑)
 でも、安くて料理とワインが手軽に楽しめるいいお店だと思います。
 


Retrostanza (レトロスタンツァ)
078-643-5777
神戸市長田区水笠通4-5-2 1F
11:00~15:00
17:00~23:00
水曜休
by ktokuri | 2013-08-11 10:28 | グルメ | Trackback | Comments(2)