カテゴリ:少し足を延ばすと( 36 )
いつもながらに美味しい奈良のプティ・パリ(フレンチ)と若草山の山焼き
 少し前のことになりますが、急に時間があったので奈良まで出かけました。
近年、阪神~近鉄の連携のせいで、神戸からも奈良は乗換がなくなって行きやすくなりましたね。
1日フリー切符も便利です。
 
c0039413_11165482.jpg


 のんびりした鹿さんを相手に一人ブラブラ。冬の夕方の光が奈良公園にはよく似合います。
山焼きを観に行くという目的でならに来たのではないのです。
昼飯をカウンターのお店でひとりで食べていると、お店の人が話しかけてきて、「今日は若草山の山焼きですよ」と言われて気がつきました(笑)
 高校時代から観に行きたかったのですが、なぜか機会がなくて。ウン十年後に観ることになるのもいいかと。

c0039413_11372912.jpg


 たしかに、そういうと、あちこちでプロ級の写真機材が場所取りで並んでいました。
 よく見る山焼きの撮影した写真は、撮影写真を多重に重ねて加工し発表するので、三脚は必須です。

c0039413_11164772.jpg


  このプティ・パリは昔からのお気に入り。奈良ですからそんなにいつも行けるわけではありませんが、奈良を訪れると夕飯は、ここか、まんぎょくか...という感じですね。
 明るくて雰囲気のあるお店。そして料理も本格的です。訪れてメニューを観るのが楽しみ。
そして5時から開いているのもメリット。遠方に帰るけど、奈良で夕食を食べたいという我が儘には好都合なお店です。
今回は山焼きの前に食事ということで、これにも好都合。
 別件で奈良にいるという大和八木の友人と合流して、夕食だけ一緒に食べてきました。
 久しぶりにお会いしたのですが、山焼きの時間が決まっているので、少し時間が短かったかな。
 でも料理はとても気に入りました。流石..

c0039413_11164056.jpg


  野菜はフレッシュな奈良の地元産。

c0039413_11163313.jpg


 この牡蠣のリゾットが特に素晴らしかったです。

c0039413_11162611.jpg


 これも産地の近い和牛。文句なく美味しかったです。満足(笑)。

c0039413_11161580.jpg

 
 さて、美味しい食事に満足して、若草山方面に駆けつけます。
 そんなに遠くまで行かなくても、県の公会堂あたりまで行けばよく見ることが出来ます。

c0039413_11162177.jpg


 最初は盛大に花火が。これはなかなかの見物です。

c0039413_1116787.jpg


c0039413_1115577.jpg


 そして山焼き。
 私は多重撮影したりしないので花火と一緒でもないし、五重塔も写ってませんが、
まあ、雰囲気はこんな感じでしょうか。
 会いたい人と一緒にいれたら、素晴らしいでしょうね。


 余談ですが、うっかりと小銭入れをレストランに忘れてきました。
お電話して確認しますと、現金書留でお送りいただきました。申し訳ないことです。
また、行ってお礼を言わないと....

ビストロ プティ パリ
0742-26-7622
奈良市小西町5 アルテ館2F
11:30~14:30(LO)
17:30~22:30(21:30LO)
火曜休
by ktokuri | 2015-02-08 11:47 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(2)
【京都 木屋町高辻】 仙鶴で川床を楽しむ
 先日、仕事のおつき合いをしている仲間で川床料理を食べに行くことになりました。
日帰りでゆったりして行くのには、貴船や高雄のお店はせわしいけど、木屋町なら街中なので神戸からでもゆったりとした時間で料理を楽しめます。
 もちろん、かなり前に予約することは必須ですが。

c0039413_935822.jpg


 その中で私がいつも行くのは仙鶴さん。田鶴のお店の別館のようです。
どちらかというと、料理というよりも、ドリンクメニューに少し洋風の雰囲気が入ってます。
今様のお洒落な雰囲気で、京都の川床を楽しむのにはよいかと思います。

c0039413_9432139.jpg


 ワインもリーズナブルなものから品揃えがあり、お値段的に背伸びしないでも楽しめます。
 それが私にはありがたいところです。

c0039413_9352299.jpg


 前菜は、海鞘を使った凝ったものです。ワインにはちょうど良いかもしれません。

c0039413_9352971.jpg


 色とりどりの前菜を楽しむのも和食ならでは。イタリアンよりちょっと小綺麗でしょう(笑)

c0039413_9354422.jpg




c0039413_9355534.jpg


 温菜やお刺身もやさしい京風の味つけです。


c0039413_9362018.jpg


 汁物もウニを添えたアクセントもあり、印象的な味わいです。

c0039413_9362883.jpg



c0039413_9364137.jpg



c0039413_9365091.jpg


 焼き物、揚げもの、お豆腐...次々とお皿が続きます。


c0039413_937314.jpg



 鱧味の香りづけと、お漬け物、ついついお茶漬け風にして食べてしまいます。

c0039413_9374515.jpg


 曇り空で、遠く比叡山の山頂は雨雲の中ですが、なんとかお天気はもって涼やかな風が川を渡って吹いてきます。


c0039413_9375780.jpg



 となりの田鶴さんのところは提灯ぶら下がって、なんとなくもう少し和風の雰囲気。

c0039413_93888.jpg


 フィニッシュはグレープフルーツのゼリー。

c0039413_9382173.jpg


 お店のスタッフも若い人たちなのですが、一生懸命。
 何回もこのお店を訪れています。ときには川床ならでは、頭上に鳥がとんで、フンが心配になったり、スズメバチが飛んできてといった、屋外、川原のスリルを味わうこともありますが、楽しいです。

c0039413_9383160.jpg



c0039413_9391350.jpg


 お店を出て、ほろ酔いでブラブラ木屋町を歩いて駅まで帰るのがまたよろしいですね。


 神戸から京都の夏を味わうために出かけるのにはちょうどよいコースと思ってます。
私は年に2~3回は川床に出かけます。
季節感を味わえますからけっこうお奨めですよ。

 

Olympus E-M5&LUMIX G 20mm/F1.7 asph、MZD 9-18mm F4.0-5.6







機器によりますが、お店のパノラマです。ひょっとして観れたらということでこちらのリンクをご覧ください。





Tazuru Annex 仙鶴
京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町177
075-341-7511
17:00~22:00(L.O.20:30)
不定休
by ktokuri | 2012-07-08 10:10 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(0)
【京都】恒例の花見は平野神社の桜
毎年恒例の京都、平野神社の桜の下での宴会。
 今年も、もちろん参加です。

 朝、仕事関連の用事をすませて、兵庫の魚卯さんへ寄り、穴子を仕入れて合流点に。

c0039413_101942.jpg


 少し京都をウロウロして、平野神社前のスーパーで買い出し。
席は有料席を予約してあるので悠々と座って花を楽しめます。
七輪や炭、網はお店で用意していただいて.....

c0039413_10185115.jpg

 
 魚卯さんの穴子は、そのまま食べるも良し、七輪の火であぶるもよしです。

c0039413_10191625.jpg


 神社の西向いのスーパーでは、お肉や飲み物を買い込んできました。
 
c0039413_10193595.jpg


野菜は家で買って洗ってくればいいのですが、ついつい忘れて、焼けるのは椎茸程度になります。

c0039413_1019434.jpg


飲み物はワイン中心に、ビールとマッコリ。

c0039413_1020118.jpg


c0039413_1020103.jpg


 湯豆腐を用意して、あげを焼いてと。

c0039413_10203912.jpg


 桜は神社の境内で十分堪能できます。

c0039413_10211062.jpg


 色々な人が桜を楽しんでいます。

c0039413_10212914.jpg


 酔い覚ましに、神社の敷地内をウロウロ。山桜あり、染井吉野あり。枝垂れ桜あり。


c0039413_10214187.jpg


 結局夕方まで桜の花の下で、パクパク、グビグビ、ウロウロ。
 帰りに観た北野中学校の桜がとても美しく、印象的です。これも毎年のことですが。

Pentax K-5&DA18-135mmF3.5-5.6


by ktokuri | 2012-04-14 10:39 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(0)
毎年恒例の花見
 毎年、恒例で出かける京都 平野神社の花見の会。今年は東日本大震災の影響が仕事に出て、とてもいける状況ではないかと思いましたが、なんとかこの日は出かけることが出来ました。行きも帰りも何度も携帯に電話がかかってきましたが(笑) それでもなんとか...よかったです。
c0039413_17225886.jpg


c0039413_17243999.jpg



c0039413_179644.jpg



c0039413_17211669.jpg


 いつものように場所をお借りしてそこで花を見ながら少し網で焼き物をしました。

c0039413_1793496.jpg

c0039413_179368.jpg


c0039413_2011196.jpg


 桜を見ながらこの3週間のことを考えました。

 地震直後、最初に出かけた同僚たちも福島の手前でストップしてしまってたどり着けずに、現地の関係者がどうなっているのかもわからずハラハラしたこと。

 一生懸命支援・救出にがんばっている人たちが、「なにやっているんだ」「遅いじゃないか」とお茶の間視点の気楽な感覚で罵倒されている様子を見て、この国の人たちはこの国難を本当に乗り切れるのかと心配になったこと。

 かくいう私も多くの人が亡くなっている窮状なのに、今の仕事が手を離せないこともあって、お手伝いにもいけず。現地とFaxのやり取りでお茶を濁しております。

 そんな世間の様相とは無関係に順調に桜は春の気配を感じているのでしょう。
我々の騒動とは隔絶した自然の歩みを感じないわけにはいきません。
 
 誘ってくださった友人の皆さんのおかげで、少し気を取り直す良い機会となりました。
c0039413_1794552.jpg



Pentax K-5 Tamron SP AF 17-50mm F2.8


by ktokuri | 2011-04-02 17:08 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(8)
カレントな話題、京都の龍馬の足跡にこと寄せて
 東京の友人が、年末にやってきました。お仕事は頭脳労働そのもの。
しかし、軽いノリがあるところが人間味があるところ。
大河ドラマの影響から、京都の龍馬の縁のあるところを回りたいとか(笑)
そういえば昔から福山のファンだったような....

 うむを言わされず、伏見の寺田屋さんまで案内させられました。
行く前に、桃山御陵前のトスカーナの食卓へ。

c0039413_1024067.jpg

 お得なランチを選びました。

c0039413_1024227.jpg

 ブルスケッタとミートソースのパスタ。

c0039413_1024787.jpg


 ここは雰囲気は庶民的ながら、味は小粋、イタリアの下町のトラットリアそのものの風情です。

トスカーナの食卓
075-622-1830
京都市伏見区魚屋町574-102 ハイツ桃山1F
11:30~14:30 17:00~23:00
火曜日不定休




c0039413_10241161.jpg

 パサージュ風の商店街をブラブラ。


c0039413_10241959.jpg


 寺田屋さんはすぐ近く。一説には火災で焼けて、違う建物だったとも言われています。
まあ、真偽のほどはどうかはわかりませんが、それはそれで...あくまでパビリオンとしての楽しみがあります。

c0039413_10242332.jpg

 お龍が龍馬に危険を知らせに裸で駆け上がってたと言われている階段。周辺には「弾痕」「刀傷」も。


c0039413_10254381.jpg




c0039413_1044330.jpg


 京阪電車で四条まで戻り、大学時代によく行った、まる捨てで珈琲を。うん十年ぶりかなあ。


c0039413_1025581.jpg

 霊山護国神社の坂本龍馬、中岡慎太郎の墓まで出かける。さらに上には桂小五郎(木戸孝允)と幾松のお墓も。

c0039413_1026177.jpg


c0039413_102662.jpg


c0039413_10261039.jpg


 年末には必ず登場する八坂神社周辺。今年ももうあと数日です。
c0039413_10262658.jpg


c0039413_10263246.jpg

 年末の京都には欠かせない南座の顔見世の看板。勘亭流の書体が季節感を出しています。

c0039413_10264099.jpg

 せっかくここまで来たのですから、痕跡もないとは言え、龍馬と中岡の遭難した近江屋跡のコンビニの前まで。

c0039413_10263651.jpg


 さて、最後の仕上げは夕食です。何を食べたかはまた次回(笑)
 
by ktokuri | 2010-12-30 10:52 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(2)
京都 ロイヤルホテルのオーストラリアフェアと錦市場の鍋祭り
 前回は奈良の話をしましたが、今回は京都です。神戸に住んでいると気軽に行ける古都。
微妙に離れているのがとても好都合。気分転換にはちょうどよい感じです。

 京都ロイヤルホテルでは、オーストラリアフェアということでバイキング。2980円で食べ放題、オーストラリアワインやビール、(なぜか国産焼酎も)飲み放題。
c0039413_1427899.jpg

 メニュー内容には、タスマニア産のサーモンやカンガルーのステーキ、ラムなどオーストラリアならではのものから、デザート系のもの、カレーやコーヒーもあって、それぞれがとても美味しかったです。
c0039413_14273484.jpg


c0039413_14274276.jpg


c0039413_14275799.jpg


c0039413_14482346.jpg


11月中までの企画なので、そうそうは京都に行けません。次の機会も逃さないようにしたいところです。
このホテルの総料理長さんがオーストラリアで腕を磨かれたのがご縁のようですから、今後も期待できそうです。



 さて、一方、この企画とは別動で錦市場では鍋祭りが企画されていました


c0039413_14404892.jpg


c0039413_1437641.jpg

 なにやら美味しそうな雰囲気が漂ってきます。
c0039413_14373790.jpg

食べたい人は、前もって切符が必要ですが、その場でも買うことができました。
c0039413_14381572.jpg

 いろいろな食べ物がありますが、今回は鳥鍋です。白菜が美味しそうです。バイキングで満腹のはずなのに美味しそうなにおいが(笑)
c0039413_1439189.jpg

c0039413_1440971.jpg

c0039413_14423118.jpg



 美味しい..と喜んで振り返ると、まわりはすごい雰囲気。鍋に気をとられて気がつきませんでした(笑)
c0039413_1442170.jpg


c0039413_14514047.jpg

他にも楽しい企画があり、子供たちも十分に楽しめます。
c0039413_14431431.jpg

c0039413_14432727.jpg


一歩出ると、京都の街はあいかわらずの賑わい。ほぼ同じ人口なのに神戸とはずいぶん違います。
観光資源の差、文化の差というのは重いものですね。でもそこに住む人たちの努力にも敬意を表したい。


京都ロイヤルホテル
オーストラリアンディナーバイキング
2010年10月12日~11月30日
食べ放題¥2,500 / 飲み放題+¥480
by ktokuri | 2010-11-21 14:52 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(1)
京都の七夕
  今週初め、所用があり京都に出かけました。用事をすませた後、イタリア料理店で食事(これは後日にレポート)、その後に酔い醒ましに「京都の七夕」の鴨川会場を覗いてみました。

c0039413_22312077.jpg

c0039413_22315123.jpg

 
 堀川会場が盛大なディスプレィと聞きましたが、今回は腹ごなし、そして酔い醒ましですからそこまで行かずに鴨川の右岸を四条から三条まで北上しました。
c0039413_22314988.jpg

c0039413_22322861.jpg

 LEDの明かりも意外と情緒がありますね。ただ少し物寂しい。昔からの灯りはそれに比べて暖かみがあります。
c0039413_22315588.jpg

 人出はまあまあというところだったでしょうか。外国の人たちが目立つように思いました。
近場の人は京都はお盆のときに訪れるのでしょうか。

c0039413_22325819.jpg

 四条に戻って街中に。そう言えば、四条河原町の阪急百貨店はこの夏で閉めることになったのですね。
私が少年時代に開店した記憶があります。そういう意味では大丸や高島屋よりも遙かに歴史は新しかったのですが...ちょっと寂しいですね。
c0039413_22332711.jpg

c0039413_22333889.jpg


 京都の夜の街をブラブラ歩くのはいつも楽しい気がします。街中も、そして街はずれも。
神戸には神戸の良さがありますが、京都には京都の風情が。夜はその街の情緒の香りが増すように思います。
by ktokuri | 2010-08-14 22:45 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(0)
新年は関西の古都へ (奈良)
 久しぶりに親しい友人と古都を歩きました。
 神戸、阪神間で暮らして一番楽しいのは、京都、奈良という古都をブラブラすることです。
 この2つのまちは、古いところと新しいところと…観光地や地域の中心地としての魅力的な部分もチャームポイントとしてあり、来訪者に良いところ取りをさせる度量の広いところが魅力です。

 三ノ宮から1Day切符を利用して、奈良方面へ。大和西大寺で乗り換えて西ノ京へ。

c0039413_12155319.jpg

 唐招提寺の工事が10年以上かかり、やっと私の好きなこの光景が戻ってきました。
しかし、「天平の甍」といわれる西側の鴟尾は、東側の鎌倉時代のものとともに収蔵庫に。
それが少しだけ寂しいです。

c0039413_1216077.jpg

 ところが、建都1300年にあたる今年、既に薬師寺の東塔が解体修理に。
 今度はこちらが10年間、工事中になるとか....うーむ、唐招提寺の金堂と薬師寺の東塔、
西ノ京というか、奈良を代表するこの二つの建築物を同時にベストコンディションで観られた時期は、この二十数年の間でたった二ヶ月ほどだったということです(T_T)
  文化財の保護ということから言うとやむを得ない事情もあったのでしょうが、奈良の街ということを考えるといかにも残念です。

 パルロワカフェ、ここも好きな空間です。ただしこれから10年もの間、せっかくの東塔が工事中。
借景のように見える薬師寺の東西の塔の姿が少し崩れるのはとても残念です。
 しかし、秋篠川沿いのサイクリングロードののどかな雰囲気にある立地と明るいお店の印象はやはり魅力があります。
c0039413_1216417.jpg

c0039413_12161899.jpg
c0039413_12162848.jpg

 このカレーはちようどワンショットのビールに似合います。

 その後、秋篠寺に行き、そこからブラブラと平城京跡を横切るように佐保路を歩きました。

 強歩ほといってもよいコースを歩いた後、ご褒美は美味しい珈琲。

c0039413_1216108.jpg

 このお店は、私の友人間、「鹿男あをによし」フリークの連中の絶賛のお店です。
c0039413_12165174.jpg

 確かに珈琲は美味しいです。豆の選び方でしょうか。嫌な味がしません。
 何種類もお奨めブレンドがあるので、次回はもう少しキレを強調したブレンドか、私のレシピであるマンデリンの単品を頼んでみたいです。

 さて、そこから、歩いて近鉄奈良駅方面に。 夜の奈良で飲む会を。
本当は、ここでもいつもご紹介する、まんぎょくに行きたかったのですが、この日は休日とは言え、月曜日なので定休日。それで、ダイニングバーの雷来へ。
 私としてはもう少し奈良町らしいところに行きたかったのですが、他のメンバーが奈良で飲んで帰るのが初体験ということで、駅に近いところがいいということでこのお店にしました。

c0039413_1217774.jpg
c0039413_12173754.jpg
c0039413_12174418.jpg
c0039413_12175114.jpg


 アルコール代がお安く、しかもワインメニューも悪くない。料理は気になるものはない、いい感じでした。
 ここもお手軽で便利で悪くないかと。

パルロワカフェ
奈良市六条町106-6
0742-33-5336
10:00~18:00(土日祝~19:00)
毎週火曜&第3水曜休


珈琲豆蔵(まめくら)
奈良市法蓮町972-1
0742-20-2666
9:00~19:00
水曜休


dining bar 雷来
奈良市小西町1-5
0742-27-2710
11:30~15:00&17:00~24:00
無休
by ktokuri | 2010-01-23 13:03 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(7)
新年は関西の古都へ (京都)
 お正月は風邪っぽかったので家でお休み(笑)
少し落ち着いてから、新年の少し遠出は京都/奈良に行ってきました。
まず、今回は京都から.......
 例年は年末に近喜のお豆腐と村上重本店の千枚漬けを用意するのですが、今回はそれもならず新年になってからになりました。それでまず京都....ということです。

 京都についてまず腹ごしらえ。地下鉄四条駅からすぐの楽仙楼へ。ここは水餃子が有名です。
c0039413_14203020.jpg

 まずは、お腹を落ち着かせるために、坦々麺。中国北部料理らしいメニューです。
ここの担々麺は味がとても優しいのが好きです。
 
c0039413_14204140.jpg

 黒酢の酢豚。これも北国らしい味わい。味が締まっていてとてもうれしいです。

c0039413_14204898.jpg

 ここの名物といってもいい水餃子。素朴な味ですが、やはり色々なお店の水餃子の中でも一番好きな水餃子。 

c0039413_14211870.jpg

 繁華街もお正月気分ですねえ。京都のお正月は都会の中で一番それらしく感じます。

c0039413_14213192.jpg

 丸寿の焼き芋。今日はお土産にしませんでしたが、これも好きな人が結構います。
私は松原の林商店が好みですが、ここが一番有名でしょうか。 

c0039413_14214286.jpg

 さて、正月の味というとこのお店の千枚漬けを外せません。今回は少し遅くなりましたが、やはり自家用に入手です。
 
c0039413_14215122.jpg

  あとは、お正月気分を吸いにに八坂神社へ。
 
c0039413_14221077.jpg

  そして清水までブラブラ。 

c0039413_14222025.jpg

 茶わん坂へ出かけて、ちょっと湯飲みを買いました。いつも思いますがこのお店、正月らしいネーミング(笑)



楽仙楼
京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37
075-351-4900
11:30~14:30、17:30~22:30
(土・日・祝は11:30~22:30)
月曜休(祝日は営業)
by ktokuri | 2010-01-16 14:31 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(0)
【京都 先斗町】 一花 (おばんざい 京都おでん)
 11月末から12月初めにかけて、非常に忙しくなる今年の仕事の流れの中、先週同様、気分転換に京都に出かけました。
 まず、六波羅蜜寺の秘仏十一面観音を観に行き、早めの夕食、それから高台寺のライトアップを眺めに出かけました。

 六波羅蜜寺の十一面観音は、7体の国宝の十一面観音(九面観音を入れると8体だが)のうち、めったに観ることができない仏像。しかし、実際に拝見した感じは「?」。芸術品としては私のピントには合いませんでした。平安時代の基準作という意味で国宝という感じでしょうか。宗教的な尊厳さは別です。異教徒の私としてはコメントできませんが。

 先斗町を四条から上がっていくと、賀茂川側の雑居ビルの1階にこじんまりとあるのが一花(いちはな)です。ぶらっと立ち入ったお店。
c0039413_15224670.jpg

 おでんといっても、個性があります。トマトは鰹節とご一緒です。
c0039413_15225342.jpg

 海老芋も美味しい。これ以外にカブに梅干しというのもいただきましたが、これも美味しいものでした。
c0039413_1523175.jpg

 秋刀魚の南蛮漬け。これも美味しくいただきました。
c0039413_15231048.jpg

 そして陶板焼きこれも肉が楽しめてなかなかよろしかったです。お洒落なお皿。
一緒に行った友人が女性なら、なおよかったのですが(笑)




c0039413_15222843.jpg

 高台寺のライトアップは雨の中となりましたが、なかなか雰囲気がありました。
 観に行くのも既に数回目ですが....
c0039413_15212850.jpg
c0039413_15213721.jpg
c0039413_15214485.jpg
c0039413_15215112.jpg
c0039413_152227.jpg
c0039413_15221065.jpg

c0039413_2057502.jpg

c0039413_1522191.jpg


 最近は人工光がうまく使われていますね。ライトアップですから、人工的なのは当たり前なのですが、その中で、オーソドックスな光のあて方と、チャレンジ精神旺盛な実験的な試みと双方があって楽しかったです。
千鳥足なので、雨も気にならなかったのも正解でした(°°)☆\(--メ)バキッ!

 ※しばらく、健康チェックと、病院通いになりそうなので、いくつかあるブログのうち、ここと裏木戸に記事をまとめようと思っています。
 そういう事情もあって、ここの記事内容が、近年続いたグルメオンリーにならないのですが、お許し下さい。


京おでん・おばんざい 一花
京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町227 紫光会館1F
075-213-1889
16:00〜23:00(LO22:00)
火曜休
by ktokuri | 2009-11-23 15:53 | 少し足を延ばすと | Trackback | Comments(7)