2005年 04月 30日 ( 2 )
神戸インフィオラータ
「インフィオラータ」とは、イタリア語で「花を敷きつめる」という意味で、道路・広場などに花びらなどにより絵模様を描くものだそうです。
 イタリアのジェンツァーノというところが本場のようですね。私も昔、ヨーロッパにいたときに観たことがあります。
ちょっと宗教色があったような記憶もあります。
 今日は散歩がてら、私がお薦めする神戸屈指のケーキ屋さん御影のダニエルのケーキを買いに行こう...と思って、
出かけましたが、途中で少し方向転換して、三宮に...
c0039413_20224459.jpg

 不思議な話ですが、ホームページで見ると、ここは一週間前に終わっているはずの場所。
どうなっているのでしょう??まあ、観られたので儲け...
c0039413_2024547.jpg

 実行委員会の人たちは、余った花を使って綺麗な飾りを作り、販売しているようでした。頭が下がります。
こういう人たちの努力で私たちはノウノウと街の息づかいを楽しんでいるのです。
c0039413_20253289.jpg

 他のゾーンを観ていないので、断定的なことは言えませんが、一つだけ気になったこと。
私は神戸ではエイリアン(この言葉は昨今、映画のせいで怪物の意味になってしまったので、エトランゼと言いましょうか)ですから、
特にそう思うのですが、神戸の魅力はやはりハイセンスなこと。ハイカラでないといけません。
学園祭やメーデーのような、あまりに手作り臭いメッセージや神戸空港のような行政チックなもの、
悪く言うと政治的なものは神戸に期待して訪れる観光客の眼には魅力を感じないのではないでしょうか。
できたら、夢のある、センスのあるもの(プロにデザインさせるとか、その道の卵といえる新進気鋭の青年にまかせるとか)
を図柄にしてはいかがでしょうか。
 あまり知られてないことですが、神戸は生花の流通の全国の拠点、だからもう少しローカルな題材でなくモダンであって欲しいと想います。
 震災も確かに思いはあります。友人や隣人を見送ったのは私も同じです。
でもそろそろもてなす余裕のある、魅力とセンスの神戸に戻らないと。
こだわりでは人を惹きつけられません。自己満足と言われないためにストイックにならないと。
                                       E-300 11-22㎜ f2.8-3.5
by ktokuri | 2005-04-30 20:41 | 街角ウオッチング
【JR新長田駅北】「あみざき」の鯛飯
 昨夜は新長田の「あみざき」さんへ押しかけ、魚の刺身やたたきをしこたま食べたあと、
ここの名物?の鯛飯を食べてきました。炭水化物系は日常避けているだけに、久しぶりに満足。
c0039413_8553016.jpg

 鯛が美味しい季節になったこともありますし、このところの不満・ストレスを一気に解消するためにも、ちょっとアトラクションが必要で....
c0039413_8575141.jpg

 たいしたことではないのですが、お釜で目の前で蒸してくれるんですわ。
これを待つ間に、何かあてを食べながら(昨日はクエの煮付け)お湯割りなんぞを飲んでいるのが楽しい。
 ここと、近くにある谷口魚店とはいいライバルで、どちらも美味しい魚料理を食べさせてくれます。

 あみざきさんのところは、一瞬入りにくい(えっ、魚屋しかないじゃない)...
というところを店の向かって左脇の通路を強引に入るとお店があります。日曜休みとともに留意点。
 遠くから行くときには予約が無難です。いつも混んでいるわけではありませんが....
神戸市長田区水笠通4-1-1  電話078-611-7783

 それにしても最近、食べ物ネタばかりが目立つ..食べて寝るのがコウベライフ??
                                 写真  Casio Exlim EX-P600
          
by ktokuri | 2005-04-30 09:06 | グルメ