【三宮 南】 バル・マンチャ(スペイン料理)で冬にガスパッチョはいかが
 先日からカメラを新調して、ちよっと遊んでいたので、こちらのブログに書き込むのが少しおろそかになりました。すみません。さて、それでは本題。
c0039413_19433222.jpg

 私が一番好きなスペイン料理は、あのスペインの熱い夏に飲む、スープ、ガスパッチョ。
これには目がないのです。それにこの国の深紅の赤ワイン加われば、誠にご機嫌。
 ただ、残念なことに夏の食べ物なのです。ガスパッチョは...冬はニンニクスープが常道でしょうね。
 王子公園のパブロに続いて出かけた、スペイン料理屋さん。フラワーロード沿い、市役所の南の東遊園地の、道向かい、バル・マンチャ。名前からわかるようにラマンチャ地方の流れを受けたレストランのようです。ご店主は茶目っ気で明るい生粋のスペイン人、奥様は、可愛らしい日本女性。行きとどいて綺麗なお店とともに、素敵なご夫婦がお店を好印象に。ここで冬にガスパッチョをいただきました。
c0039413_20515343.jpg

 
c0039413_2052381.jpg

いろいろな具を浮かべると、色彩感覚は、薔薇の時代のピカソか、それともミロか...
c0039413_2053128.jpg

 そして、お決まりの赤ワインをオーダー。飲みやすい...
c0039413_2056105.jpg

 パンもオリーブオイルとトマト系のオイルが添えられていて、これだけでも美味くて、グラスが進んでしまいます。
c0039413_20563293.jpg

 お薦めの 風変わりなスクランブルエッグ。写真がブレてすみません(^^;)

c0039413_556498.jpg

ダイナミックな印象を受ける、エビのアヒージョ。しっかりしたエビの味わい。
c0039413_2058544.jpg

 最近、はまっているカツレツ。スリムな油味で、赤ワインにはぴったりの相性です。
c0039413_20585297.jpg

 スペインに行ったときにはいつも楽しみだった、コーヒー。スペインではクラシックで美味しい味わい。
c0039413_2114284.jpg

 少し街の賑わいから遠ざかって、違う雰囲気で料理を味わうのにはこのバル・ラマンチャは一押しかもしれません。
 次回は、そこここで噂されるこのお店のサングリアを飲んでみたいと思います。


VAL MANCHA(バル・マンチャ)
078-252-1714
神戸市中央区磯辺通4-2-8 田嶋ビル1階
11:30~14:30
18:00~23:00
月曜休(ランチタイムのみ営業)
by ktokuri | 2008-02-04 21:04 | グルメ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/8155460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by senshikibow at 2008-02-04 23:07
冬にガスパッチョ?って、
思わず自分の記憶違いかと思ったのですが、記憶は正しかったようですね。
野菜をブレンダーにかけて、ざる(本当はシノアですよね)で漉して、オリーブオイルと酢、塩、こしょうで味付け。
泉式が初めて作ったときは「冷たい野菜のスープ」っていう名前だったと思います。
お店によって、トマトが多いものとズッキーニやパプリカ、タマネギなどがいっぱい入ったものがありますよね。
泉式はいっぱい野菜が入ったガスパッチョが大好きです。
きりりと冷やして、夏ばてのお腹にはとってもやさしい・・・
忘年会、新年会で疲れた肝臓には冬のガスパッチョも良いかもしれません。
あぁ・・・美味しそう・・・・
Commented by monopod at 2008-02-05 00:33
こんばんはktokuriさん。
摩亜爺さんに行って参りました。
ヒラメをいただきましたが、ここも一味違う味付けで面白かったです。
私が育ったすぐ近くだったので懐かしかったです。
奥さんの話が弾んで、次回は鴨を予約させられるかも(^◇^;)
今回のお店は散歩がてら歩いていけるので、近いうちにぜひ♪
Commented by ktokuri at 2008-02-05 08:27 x
senshikibowさん、おっしゃるようにガスパッチョは冬の食べ物ではありませんね。スペインの強烈な日射し、四十数度の夏の日にいただくと、世界でこれほど美味しいものが他にあるのか...と思うほどのスープなのですが。
 このお店のご主人はとても柔軟で「ガスパッチョ、ホットにするの?」と訊ねられたので、私は眼を白黒。「そうよね、ガスパッチョはやはり冷たくないとね」とそのあと言われたので、やっと安心しました。無理な要望をされるお客さんもいるようで。
 この食べ物には私なりの思い入れや、懐かしい思い出がたくさんありますが、スペイン人には「みそ汁」みたいなもので、色々なレシピがあるようです。春になるとご店主のご母堂が来日されるそうです。その滞在期間にはあちらの郷土色の強いパエリアがいただけるかもしれないそうですが、ひょっとするとガスパッチョもいただけるチャンスがあるかもしれませんね。
最近、痛風の特効薬としてもてはやされているガスパッチョ。おっしゃるように肝臓にもとても優しい気がします。
Commented by ktokuri at 2008-02-05 08:31 x
monopodさん、摩亜爺さんに行かれたのですね。なかなかアクティブですね。
ヒラメは看板メニュー、いいですね。あのあたりでお育ちとは生粋の神戸っ子ですね。文化度高そう。
 あそこのご夫婦はとても話し上手で、これがまた「美味しい」スパイスになっている気がします。今回のお店が歩いていけるとは、これまた都会生活でモダンですね。私のところは下町生活、「ALWAYS 三丁目の夕日」環境ですが。
Commented by settuya at 2008-02-05 09:10
 スペインは暑いもんなあ。
あの日差しはえらいもんです。
だからこそ、冷たいスープなんでしょうね。
春になったら行きたいもんです。

で、ワインはどうでしたか?
Commented by ktokuri at 2008-02-06 09:43 x
摂津屋さん、そうですね。でも冬はそんなに暖かくありませんよ。
マドリードなどは、神戸よりもやや寒いくらいです。もちろん南(アフリカ側)に行けば暖かいですが。
 春に行かれるのですか.....よろしいですね。

ワインは、ブランドを選ぶこともなく、「赤ワインですね、はい...」という感じで、これが出てきました。飲みやすい感じでとても料理に似合ってましたよ。
<< 【板宿】 いろりや まんま  ... 【王子公園】 パブロ(スペイン... >>