【神戸駅周辺】 海月食堂(中華料理)で仕事系の小宴  
c0039413_18393337.jpg

 先日のことですが、今日は何にしよう...と職場の同僚と話をしていると美味しい中華にしましょう...の声。
今日は水曜日につき、職場で楽しみに行く摩亜爺さんはお休み。
 それなら...ということで、別の職場の友人も誘って、神戸駅近くの海月食堂へ出かけました。
 たまに、一人で行くのですが、少人数とはいえ、ここで宴をするのは初めてです。
c0039413_18395773.jpg

 ご存じのように、こちらはブロガー仲間では有名なお店。「ご紹介」と書くのはおこがましい感じです。
 ここに来るお客さんはとっぱなの前菜から「えっー、ここほんまに中華なの?」という、快い違和感を感じることになるでしょう。
 この日の前菜は、アンコウの肝や貝の薫製、魚のマリネ、それに蒸し鶏だったかな。
ビール向きのあてになって、それぞれ個性が楽しいオードブルになりました。
c0039413_18425655.jpg

 そしてフカひれスープ。フカの密度も濃いし、味わいも爽やか。食感が良くて食にリズムがつきます。
c0039413_1843787.jpg

 春巻きは、ハードタイプ。これも好きな人が多いのですよね。私は家の近くの新徳園風の柔らかめのものが好きですが、これはこれでなかなかいけましたよ。味も工夫されていて変化が楽しめます。
c0039413_18431922.jpg

 エビチリソース。このあたりは確かに中華です。でもスパイシーな味わいがあって、味が色彩的。スッと何気ないお皿というのがなくて、それぞれ個性的なお皿が続きます。
c0039413_18433038.jpg

 あばら肉でしょうか。これはまた食べ応えがあって、誠に好評でした。柔らかくてかつしっかりした味わい。
c0039413_18434628.jpg

 野菜炒めもいい感じです。火の入れ方がちょうどよくて、これなんかは技の勝利でしょうか。
c0039413_18435662.jpg

 本来は、この皿は、炒飯か、焼きそばですが、あえてお願いして、このお店の評判メニューの担々麺に。私も来る度に注文するメニューなのですが、ゴマの味が柔らかく優しくて、印象的な味わいです。
c0039413_18441791.jpg

 最後のデザートも決して手を抜かないというか...このマンゴプリンはこれを楽しみにしている人も多いと聞きます。
 一番のお手軽コースで、非常に割安感があります。それでもこのお店の良さを味わうのには十分かもしれませんね。
 次回はアラカルトで行ってみたい感じです。

海月食堂
078ー361ー1858
神戸市中央区相生町4丁目8-12
12:00~14:00(lo13:45)
17:00~24:00(lo 23:30)
木曜日休
by ktokuri | 2008-01-19 19:52 | グルメ
<< 【王子公園】 パブロ(スペイン... 今年も1月17日が来ました >>