【京都 四条烏丸付近】 久しぶりにディボディバ(イタリア料理)に 
 年末、京都に出かけて買い出しをした後、東京から京都に帰っていた友人と烏丸大丸のイノダで待ち合わせをして、ディボディバに食事に出かけました。
 このお店は、開店当初から、本当にたまにですが足を向ける、私にはイタリア料理の原点となったお店です。昔は錦通りにありましたが、今は蛸薬師にあります。 
c0039413_19171618.jpg

 お店の雰囲気は徐々に変わってきましたが、それでも昔から通うお店には愛着があります。
c0039413_17361758.jpg

 お店の2階にご案内いただきました。今日の相方は、出版関係の人で、写真の目利きの聞く人です。話も楽しいし、私のような素人にはとても参考になる話が多いのです。
c0039413_1739641.jpg

 この日はニコンのカメラの話で盛りあがりました。彼女がD3を持ってきたもので...
c0039413_17394777.jpg

 前菜のときが一番話が盛りあがります。このお店もお手頃ワインがなくなってきて、このキャンティが一番お手軽な値段のフルボトルワインになっていました。
 梅田のサバティーニあたりよりも少しワインは高めです。京都のサバティーニは入ったことがないので知りませんが。
c0039413_17415217.jpg

 ここのパンはとても美味しいです。見ると懐かしい気がします。
c0039413_17424141.jpg

 海の香りのする牡蠣と緑野菜のスパゲッティ。
c0039413_17431543.jpg

 彼女のたってのご希望で仔牛のカツレツです。美味しいですね。しかし、少しお皿としてお値段が気になります。アラカルトでも一皿4千円を超えると、コースとの比較でちょっと気になりますね。年末とはいえ、特に肉料理ですから。
c0039413_17452860.jpg

 そしてこれは〆のエスプレッソ。定番ルールです。

 年末にお互い忙しい中、まあ久しぶりにゆっくり話が出来ました。彼女の写真観は私の価値観とほぼ同じで、サロン的な写真が苦手同士。色々な海外の写真情報を教えてもらい、楽しむ時間になりました。
 それに手元のニコンD3とニコン初?のフルサイズ用のデジタル専用レンズを拝見しましたが非常に興味深い感じでした。本格的なデジタル時代になると業務用と趣味用がはっきり分かれていく気がします。  私はマイペースでいいな。

 久しぶりのディボディバのイタリア料理も満足しました。余りついていてない一年でしたが、少し気を取り直したかな。

divo-diva
京都市中京区蛸薬師通高倉東入ル
075-256-1326
11:30~14:00、18:00~22:00
水曜日休
by ktokuri | 2008-01-03 17:52 | グルメ
<< レインボーメーカーはいかが 新年あけましておめでとうござい... >>