【大阪 心斎橋】 ル・ヴァンサンク (フランス料理)でパリの便りを聞く
 少し前のことですが以前紹介したヴェトナム人のお兄さんがわざわざ私を訪ねて,第二の故郷となった日本に帰ってきてくれました。彼はフランス料理のシェフを目指して,パリで修行中。京都と神戸にも一緒に行ったのですが,今回のご紹介は「日本のフランス料理を食べてみたい」とのことだったので,奮発して出かけた大阪のル・ヴァンサンクでのことです。
c0039413_18424646.jpg

このお店はかっては,「ビストロ・ヴァンサンク」と称していましたが,ビストロというよりかなりフォーマルなお店。折り目がきっちりしているところが気に入ってます。
c0039413_18435647.jpg

小さなオードブル。多面的な味でこれからのお皿が期待されます。なかなかのスターター。
c0039413_18445651.jpg

 鴨とフォアグラのテリーヌ。これは濃厚な味で,ワインが進みます。フランス料理の醍醐味ですね。
c0039413_18464972.jpg

タラの白子と菜の花のロワイヤル。こういうちょっと日本料理がかったものも,私は結構好きだったりします。春の香りがとてもお洒落。
c0039413_18481619.jpg

本日の魚料理。春の魚は夏と違って優しい感じです。お肉の皿と合わせるときには優しい方がいいかもしれません。
c0039413_18493965.jpg

 口直しのシャーベット。ちょっとフランスのメロディが聞こえてきそうな軽やかなあと味がうれしい。
c0039413_18512150.jpg

 子羊に赤ワインは私のベストの組み合わせ。赤ワインと羊の,力相撲が口の中で展開中。
c0039413_18525965.jpg

c0039413_18535375.jpg

 デザート2品。このあたりから,彼が饒舌になってきました。日本語がとても上手なのです。まあ,神戸の中学校に行っていたのだから当たり前ですが...
c0039413_185428.jpg

  珈琲もちょうどの温度で出しますし,心暖かいサービスです。ここはお店の客あしらいはとても気持ちよい感じ。
c0039413_18541217.jpg

 お店の雰囲気がいいと,料理も美味しく思えます。わざわざ来てくれたのは,彼も今回出世したみたいで,お店の主軸に近い役回りになったようです。
 震災のときに夜が怖いと半べそかいていた子が数ヶ国語を操る,パリでもそこそこ有名なお店の腕の立つスタッフとなりました。
 私には家族らしい家族がいませんが,とても大事に思う友人が何人かいます。彼もその一人。阪神大震災のときに私が責任者だった避難所に一人で辿り着いて以来のお付き合い。神様がひき合わせたと思って,いつも守ってやりたい,心は近くにいてやりたい,という想いで接してきました。
 経済的に辛くないか,寂しくないか,メールでいつも声かけしてました。でももう大丈夫そう。今度はパリジェンヌの恋人を連れてきてくれると約束してくれました。 
 パリの街にはここしばらくご無沙汰でしたが,彼から市場の話とか,夏の岩牡蠣の話とか聞くとまた行きたくなります。
 うれしい巴里の便りを聞けた晩餐でした。

Canon Ixy900is



ル・バンサンク
大阪市中央区西心斎橋1-9-31
06-6245-6223
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:00) 
ディナー 17:30~23:00(L.O.21:30) 
無休 
by ktokuri | 2007-05-21 19:07 | グルメ
<< 【JR神戸駅前】 ミーナ (イ... Drug store'... >>