今年もルミナリエが終わりました
 昨年のタイトルは「今年もルミナリエが始まりました」と、「ルミナリエ撮影隊」でした。
 今年は空振りの日を一回紹介しましたが、一昨日一人でブラブラ行ってきました。今年は独りで行きたい気分だったので...
c0039413_20414197.jpg

 昨年、「ルミナリエ撮影隊」では一眼レフのデジカメ持って、結構気合い入れて撮ってましたが、今年はCanon Ixy900isをポケットに入れて、ちょっとセンチに歩いていました。なぜか端境の日だったのか、あまり混雑せずにスイスイ歩けましたけど。
 こういう人工光源を撮るのには、できるだけいいレンズが付いたカメラを使う方が切れのいい写真が撮れるので、Olympus E-500のようなカメラをぶら下げた方がよかったのでしょうけど、静かに歩くのにはIxy 900isの方が似合いでした。
c0039413_2045064.jpg

 そういえば1回目のルミナリエ、ガラガラの日に出かけ、一方通行の規制もなく行ったり来たり...あのときは震災で亡くなるのに立ち会った人の顔が次々に浮かんで悲しい記憶が蘇りましたが、一方では穏やかな光が嘘のように静かな世界を作っていて、不思議に感じながらも自分の中でちゃんと二つが調和していたことが心に残っています。
c0039413_2052085.jpg

 昨年から今年にかけては、友人が何人か亡くなったこと、事故や事件にかかわったこと、なんか不思議な時間を過ごした気がします。新しい出会いもあり、前からの友達とのつきあいもあり、孤独ではないのですが、ルミナリエの中を歩きながら思い返すうちに妙に心寂しい想いに囚われました。
 昔から親しくつきあっている友人たちとしばらく会ってないことを思い出したり、自分が大切に想う人たちとのつきあいを、さらに大事にしていきたいという気持ちが自然と強くなってきました。一年の計は元旦にあり...ですが、私の場合はこのルミナリエがそんな感じになるのでしょうか。人のつながりや今までの出会いを振り返る歳になったのかもしれませんね。もう、そこそこいい歳ですから....
c0039413_20494713.jpg

 そう、毎年のネットにルミナリエを載せるときのお約束なのですが、種明かしのような人の波を載せておきます。
c0039413_2112283.jpg

 それともう一つ、ルミナリエ以外の街の灯もお約束ごと。今回は琴ノ緒町付近を撮ってみました。一眼レフのごついレンズで撮れば、光の切れはさらによくなりますが、今年は少し曇り気味でも、こんな写真の気分でしたからいいのではないかと....

Canon Ixy900is


by ktokuri | 2006-12-21 21:06 | 想い | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/5177939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moo_yoshi at 2006-12-21 22:38
おお、きれいですね。
コンデジ片手にマイペースで見てまわるのもまた良さそうですね。
(すいていればの話ですが・・・)
いつ見ても夜空に輝く灯りには不思議な魅力を感じます。
わたしも近ければ一人でうろうろしてみたいですね。
Commented by settuya at 2006-12-22 01:23
今年のルミナリエは最終日にやっと行ってきました。

それにしても疲れましたです。
Commented by F at 2006-12-22 07:57 x
おはようございます。毎年のルミナリエご苦労様です。
三枚のルミナリエの写真は被写体が三種三様、構図が完璧。撮り慣れておられるイベントということがわかります。
このイベントのことはよく知りませんが、おそらくルミナリエの三つの顔というと、この三枚なのかなあというような確信をもったシーンキャッチのように思えました。
それに周りの人の写真を入れるのもktokuriさんらしいです。
毎年の彼の写真なら、これに、ルミナリエの光を受けてシルエットで真っ黒になった、人たちの頭やカメラを上げる腕の影が印象的な写真が加わっていたと思います。
 これが今年ないのは、ktokuriさんの文章から拝察されます。じっと立って待つことがお嫌な、歩き回りたい気分だったからなのでしょう。最後の一枚にそんな風情が写り込んでいるような気がします。
Commented by mio at 2006-12-22 09:00 x
私も昨日ルミナリエ行きました。疲れました。
私には2枚目の写真が印象的です。
見上げるようなダイナミックな写真が素敵です。
Commented by kaoruko at 2006-12-22 09:36 x
去年に比べ今年は “青” が多いのでしょうか??そんな気がします。
(といっても、今年は見にいけませんでした・・・)
去年、初めてルミナリエを見に行き静かな音楽が流れとても厳かでした。
東京は・・・お祭り気分のようなミレナリオ。。。違いを感じました。。
トックリさんのような気持ちで足を運び、光を眺める人もいると思うので
も一度その主旨を考えることが大切ですよね☆
来年はルミナリエ見に行きたいです^^ 
Commented by panchan1121 at 2006-12-22 10:49
ごぶさたでございます。
今年は、久々に帰省して家族でルミナリエに行ってきました。
で、やっぱり続けなきゃって、募金しちゃいました。

だんだん、観光行事になりつつありますし、マスコミもそうあおってますが、やっぱり、その成り立ちは伝えていきたいですね、私たち一人一人が。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 15:49 x
moo_yoshiさん、街歩きをしていて、ちょっと関心があるものを撮ろうというときには、このサイズのコンデジが一番いいですね。手ぶれ防止がついてポケットから出せる28ミリレンズ付きズームで、高感度にも対応...となるとこのixy、リコー、パナソニックぐらいになるのでしょうか。
銀塩カメラのときからですが、持つカメラによって物の目のつけどころ、視点が変わってくるというのが不思議です。新しいカメラはそういう意味で刺激になりますね。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 15:51 x
摂津屋さん、昔いたオフィスから眼下にルミナリエが見えるセクションにいたことがあり、最終日の異常さはよく知っているので、最終日に行ったことは自分の記憶ではなかったように思います。
さぞかしお疲れになったことでしょう。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 15:57 x
Fさん、ミレナリオのお葉書いただいたことありますよね。あれけっこう記憶に残ってます。たしかズマリットのグルングルンレンズだったような。
コンデジのレンズはコンパクトが命なだけに、口径が小さくどうしても光学的には最高レベルとはいかないことと思います。こういう被写体では「抜け」がやはり一歩悪くなるかと....
それでも気軽にボーッと撮るのにはコンパクトさは貴重です。特に胸ポケットに入るかどうかが一番ポイントになります。
 構図については、私のセンスでは21ミリが一番いい感じなので、ちょいとつまらない感じになります。たとえば2枚目の一番下の部分はもう少し欲しいし左右も少しもったいない...
 まあ、それでも少しキリっとした空気が得られればいいかと。
ご指摘のシャドゥを対象にした写真も撮ったのですが、まあ今回はシンプルにUPしました。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 16:00 x
mioさん、お疲れさまでした。お友達と行かれたのでしょうか?
ルミナリエいいですよね。
3枚写真を載せるとなると、1枚ぐらいは近景がアクセントになるものを載せないと単調になりますよね。そんな感じで2枚目は撮りました。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 16:04 x
kaorukoさん、確かに毎年ルミナリエの色合いは変化していて、デザインも少しずつ変わっていく感じです。
 もともと映画「太陽がいっぱい」の最後の方にも、街のにぎわいとして出てくるように、南イタリアではキリスト教のお祭りのときのイベントですから、宗教色があるのでしょうね。
 私のようなキリスト教徒には合うのかもしれません(新教/旧教の差はありますけど)。
Commented by ktokuri at 2006-12-22 16:07 x
panchan1121さん、お久しぶりです。確かにルミナリエは神戸の人には少し意味合いが違うかもしれませんね。
これと、1月17日とがありますから、間に挟まれたお正月が窮屈な季節感になってしまいましたね。神戸人のイメージからいうと...
<< 【新長田】 新沙洞 (焼き肉)... 【王子公園】 摩亜爺 (中国料... >>