【王子公園】 摩亜爺 (中国料理)
 さて、友人の摂津屋さんのブログのトラックバック記事を兼ねて、前回のブログの引き継ぎネタです。
 新米を味わうのもいいのですが、その新米を美味しく仕上げるためにがんばってきたアヒルさんを味わう会をいたしました。可哀想ですが、殺生は人間の食にはつきものなのです(^^;

 お店は阪急王子公園駅南の中国料理 摩亜爺さんです。
 このお店は2回目の訪問ですが、すでに何回も通っているような暖かさのあるお店。
素敵なご夫婦が、心ゆき届く、おもてなしをして下さいます。
 今回はアヒルコース
c0039413_2043249.jpg

 最初は、アヒルの冷製と薫製の一品。水菜が敷いてあります。これは最初から強烈なインパクト。食感と味覚と両方を揺さぶる感じ。
c0039413_2043474.jpg

そして北京ダック。有名な料理方法ですね。やはりアヒルと言うとこれは外せないかと。
c0039413_2044574.jpg

定番ではありますが、味噌や香料と一緒にアヒルを包んで食べると、やはりとうれしいですね。皮の食感がよろしいですし。
c0039413_204439100.jpg

最初はビールを注文しましたが、やはりここに来ると白酒がメインになります。
杯がでてきました。薩摩切子風の上品な杯。
c0039413_20475068.jpg

 そして、濾州老窖(ロシュウロウコウ)酒です。
女性的で優雅な柔らかい口あたりは白酒のイメージを一新します。
リンゴを思い浮かべる後味というか香が、飲む人を魅了します。今回は素敵なゲストも同席していて話が弾みました。
c0039413_20482017.jpg

口やすめというか、少しアヒルを離れて海老がでてきました。これはコースの妙です。
流石はご主人、お皿の組み立てが絶妙です。海老が新鮮、頭まですっかり美味しいです
c0039413_20483972.jpg

先日は空芯菜をいただきましたが、今回はもう少し濃厚な青菜。でも上品で新鮮な感覚です。
ここの青菜炒め、いつも感心します。
c0039413_20485478.jpg

鶏の炒め物。うーむ、最初のお皿もよかったけど、これはかなりピシッと来ますね。アヒルさんありがとう(でも、ごめんなさい)(^^;
c0039413_2049672.jpg

そしてアヒルの味と香りが満載の汁麺。体も温まり満足の一品です。
c0039413_20491882.jpg

 最後はマンゴープリン?。これも美味しかったですね。口元がすっきりしました。
 アヒルをテーマにした食膳でしたが、満喫しました。和食の「魚づくし」も悪くはありませんが、今回のこのコースは、ご主人の腕前とともにエスプリを感じます。
 このお店、いつも素材を探し求め、調理法をよく検討して、磨きに磨きをかけておられます。
日々同じメニュー、方法で満足されないご主人の求道心と、それをよく理解されて、私ども素人に何気ない形で平明に説明される奥様に脱帽です。


中国料理  摩亜爺
神戸市灘区城内通2丁目5-18
078-801-1511
水曜休
11:30~14:00 17:00~21:30
by ktokuri | 2006-10-01 20:54 | グルメ
<< GPS-CS1Kを買いました 【三宮】 一夜一夜 (ご飯・干... >>