【王子公園】 摩亜爺 (中国料理)
 さて、友人の摂津屋さんのブログのトラックバック記事を兼ねて、前回のブログの引き継ぎネタです。
 新米を味わうのもいいのですが、その新米を美味しく仕上げるためにがんばってきたアヒルさんを味わう会をいたしました。可哀想ですが、殺生は人間の食にはつきものなのです(^^;

 お店は阪急王子公園駅南の中国料理 摩亜爺さんです。
 このお店は2回目の訪問ですが、すでに何回も通っているような暖かさのあるお店。
素敵なご夫婦が、心ゆき届く、おもてなしをして下さいます。
 今回はアヒルコース
c0039413_2043249.jpg

 最初は、アヒルの冷製と薫製の一品。水菜が敷いてあります。これは最初から強烈なインパクト。食感と味覚と両方を揺さぶる感じ。
c0039413_2043474.jpg

そして北京ダック。有名な料理方法ですね。やはりアヒルと言うとこれは外せないかと。
c0039413_2044574.jpg

定番ではありますが、味噌や香料と一緒にアヒルを包んで食べると、やはりとうれしいですね。皮の食感がよろしいですし。
c0039413_204439100.jpg

最初はビールを注文しましたが、やはりここに来ると白酒がメインになります。
杯がでてきました。薩摩切子風の上品な杯。
c0039413_20475068.jpg

 そして、濾州老窖(ロシュウロウコウ)酒です。
女性的で優雅な柔らかい口あたりは白酒のイメージを一新します。
リンゴを思い浮かべる後味というか香が、飲む人を魅了します。今回は素敵なゲストも同席していて話が弾みました。
c0039413_20482017.jpg

口やすめというか、少しアヒルを離れて海老がでてきました。これはコースの妙です。
流石はご主人、お皿の組み立てが絶妙です。海老が新鮮、頭まですっかり美味しいです
c0039413_20483972.jpg

先日は空芯菜をいただきましたが、今回はもう少し濃厚な青菜。でも上品で新鮮な感覚です。
ここの青菜炒め、いつも感心します。
c0039413_20485478.jpg

鶏の炒め物。うーむ、最初のお皿もよかったけど、これはかなりピシッと来ますね。アヒルさんありがとう(でも、ごめんなさい)(^^;
c0039413_2049672.jpg

そしてアヒルの味と香りが満載の汁麺。体も温まり満足の一品です。
c0039413_20491882.jpg

 最後はマンゴープリン?。これも美味しかったですね。口元がすっきりしました。
 アヒルをテーマにした食膳でしたが、満喫しました。和食の「魚づくし」も悪くはありませんが、今回のこのコースは、ご主人の腕前とともにエスプリを感じます。
 このお店、いつも素材を探し求め、調理法をよく検討して、磨きに磨きをかけておられます。
日々同じメニュー、方法で満足されないご主人の求道心と、それをよく理解されて、私ども素人に何気ない形で平明に説明される奥様に脱帽です。


中国料理  摩亜爺
神戸市灘区城内通2丁目5-18
078-801-1511
水曜休
11:30~14:00 17:00~21:30
by ktokuri | 2006-10-01 20:54 | グルメ | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/4656289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 摩亜爺主人のBLOG at 2006-10-02 17:55
タイトル : 冬の野菜
先日この方、この方、この方達が来られました。 また、この方もこられていました。 ...... more
Commented by settuya at 2006-10-01 21:51
なんと言っても、美味いモンは旨いんですぅ。
それが人間の業だとしてもね(^ ^);;
という訳で、とってもシアワセでありましたね。
おっしゃるように、ご主人の研究熱心さ。
それを暖かく見守ってはる奥様の笑顔。
とっても素敵なご夫婦でありますね。
お料理とともに、こういうお店の雰囲気もすばらしい。
またご一緒してくださいね。
Commented by ktokuri at 2006-10-01 22:32
摂津屋さん、私の場合ははちょっとそのヴァリエーションで、人間は食べるためには生き物を殺す(植物を含めて)。
どうせ殺すのだから、美味しく食べないと....という感覚ですかね。
食べ残してゴミにして出す、なんて恥ずかしいことはしたくないですね。
それでいつも満腹→気をつけないとすぐブタになる(°°)☆\(--メ)バキッ!
Commented by senshikibow at 2006-10-01 23:43
美味しそうですねぇ・・・
参加したかったのですが、軽井沢に行っていたもので仕事が詰まっていた上に、3人体制の一人が遅い夏休みだったので抜けれませんでした。
残念!
Commented by ktokuri at 2006-10-02 08:00 x
senshikibowさん、次回はよろしく。右下の赤字のリンク先のカレンダーに私の余暇の予定を入れてますから、空欄のところならおつきあい可能かもしれません(仕事の都合上濃淡はありますが)。
また、ぜひお誘い下さい。
 軽井沢のお話はぜひ近いうちに一度聞きたいです。
Commented by mio at 2006-10-02 14:31 x
最初のお皿はぜひとも食べてみたい。
そして汁麺にも関心があります。
色鮮やかな料理の数々にちょっと幻惑されそう。
Commented by 摩亜爺主人 at 2006-10-02 15:59 x
摩亜爺主人です、先日は有難うございました。
このお店、いつも素材云々とのお褒めの言葉頂戴していますが、
この親父怠け者でできれば新しいことをしたくないのですが、
不思議なことに、食材のほうから飛んできてしまします。(笑)
多分、生産者の皆様や店におこしいただくみなさまのおかげと
思っています。

冬になると、ターサイや小松菜がおいしくなりますので
どうぞおたのしみに。
Commented by びわんちゅ at 2006-10-02 22:08 x
摂津屋さん、tokuriさん、に先駆け、いただいてまいりましたが
色々と組み合わせが変わるのを見ているだけでも、面白いものですね。

素材を生かした調理、仰るように“妙”です。
Commented by ktokuri at 2006-10-03 08:49 x
mioさん、アヒルの冷製もおいしかったですが、薫製はとりわけ印象に残りましたよ。このお皿、最初に食べたせいもありますが、とても記憶に残りました。
汁メンはちょっと意外な展開に驚かされるところがあり、またアヒルの風味を味わうにはベストの調理法と感じました。
 チャンスがあれば試してみてください。
Commented by ktokuri at 2006-10-03 08:52 x
摩亜爺主人さん、先日はごちそうさまでした。
食材の方から飛んで来るのは、ご人徳といか言いようがありませんね。
生産者の方と直接コミュニケーションをとっている努力を、いつもブログで拝見して、感心しております。
その努力が、そのまま味につなげられる腕前にも感心するしかありません。
 野菜も好きなので、また楽しみにお伺いさせていただきます。
Commented by ktokuri at 2006-10-03 08:54 x
びわんちゅさん、先日の記事、事前に拝見しては、楽しみが減ると思い、お店に行ってから、読ませていただきました。
少しずつ組み合わせが変わるのですね。なかなか興味深かったです。
これがこのお店のまた一つの魅力と感じてます。
Commented by yukarin at 2006-10-07 00:27 x
本当に美味しかったですね~。。。
ご一緒させて頂いて、ありがとうございました☆
私も、早くアップしなくては(++)。。。
旅行記が終わったらすぐアップします~♪
Commented by ktokuri at 2006-10-07 06:35
yukarin さん、確かに美味しかったですね。
ご一緒に食べたのでとても楽しかったですし。
旅行記楽しみに拝見してます。ここのお店の記事も楽しみしておきます。
Commented by 摩亜爺主人 at 2006-10-20 21:56 x
摩亜爺主人です、いつも有難うございます。

先日こちらのブログにリンクさせていただきました。
Commented by ktokuri at 2006-10-21 20:36
摩亜爺主人さん、リンクありがとうございます。私の方もリンクいたします。
とても楽しいブログで、お店の様子もよくわかります。これが本当の情報公開ですね。
<< GPS-CS1Kを買いました 【三宮】 一夜一夜 (ご飯・干... >>