【京都 洛北】 萬川 和食(かな?)
 先週になりますが、友人たちとの飲み会を前にして何人かで京都の洛北をブラブラ。
昼ご飯に、京野菜とおばんさいが楽しめるお店、萬川に行きました。
外観はのれんがなければ、民家と間違えそう(^^;
c0039413_1101655.jpg

 なんでも、ご主人の自宅だった町家を改装したとか...
落ち着いた照明でゆっくり飲める雰囲気で「旬の京野菜提供店」に認定されているお店とか。
それだけにメニューも楽しい。
c0039413_1112816.jpg

 先付けはこんなおばんさい。野菜の味はさすがによく出ているようで。
c0039413_113974.jpg

 水菜のサラダ。これも気に入りましたよ。なんとなく懐かしい野菜の味がありました。
 京都の洛北は野菜の特産地。
ここでは若手の野菜作りの名人が何人かがんばっていて、彼らが作る野菜は東京のフランス料理店でも珍重されている。
c0039413_1152288.jpg

 豆乳のスープ。京都だけあって、やはりこのような和風の素材が上手に使われている。でも味はモダンですよ。
c0039413_1165020.jpg

 聖護院大根の揚げ出し。さすがに「京野菜の店」を掲げる素材の生かし方。楽しめる。
c0039413_1184093.jpg

 汁物は湯葉が主役。やはり京都の味でさわやか。

 私のような信州出身者には、都会の野菜は不味いという印象が強いのだけど、
京都のそれなりのお店は、やはり美味しい。結構楽しめるお店です。
ただし、美味しい日本酒が揃えられているが、居酒屋通いの強者にはもう少し田舎仕立ての味の方がよいのかもしれない。
しかし、それでは野菜の良さを味わうのが×
少し食べる人が試されるという感もあるような....(^^;
この店の味付けならワインも似合って、美味しそう。

Casio Exlim EX-P600



萬川
京都市北区上賀茂菖蒲園町56-3
075-781-6551
12:00~14:30
17:00~00:30
木曜休(祝日・祝前日は営業)
by ktokuri | 2005-12-18 01:21 | グルメ | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/3242445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by senshikibow at 2005-12-18 09:24
噂の揚げ出しですね。
美味しそうですね。
あぁ・・・湯葉のおつゆも美味しそう(涎・・・)
Commented by おがちゃん at 2005-12-18 12:05 x
見るからに素朴とモダンが融合しているのが分かりますね、本当に美味しそうです。
Commented by moo_yoshi at 2005-12-18 12:33
このお店、友人宅の座敷に通されたような雰囲気があって妙に落ち着けました。
決してボリュームがあるとは言えませんが、いろいろ種類も味わえて旬の素材のこだわりと、素材の持ち味を引き出す調理にも好感がもてました。
新鮮な京野菜を入手する人脈と地の利を生かされたお店のような気がします。
Commented by fujiko_mine8 at 2005-12-18 16:05
和風のあっさりとしたお料理、おいしそうです♪
どれも、体にも良さそうなものばかりですね。
豆乳のスープというのは、どんな味付けなのでしょう?
Commented by settuya at 2005-12-18 18:48
ほんとうにこういうお店はご当地のお人からの紹介でもないとなかなか行けません。めっちゃ高いとか、味付けがちょっとちゃうやん、とかね。
でもここはほんまに良かったですね。
お野菜を大事に大事に育ててくれはった農家さん。
そのお野菜を一生懸命お料理してくれはったお店のみなさん。
それだけにそのお料理をいただく側=客のわれわれがそれを味わいきれるだけの味の体験が求められてしまいますね。

それにしても、こうしたお料理でいただく「お昼からの」日本酒はなかなかのものでありましたね(^-^)Vブイッ!。


Commented by ktokuri at 2005-12-19 10:48 x
 ホッホッホ、senshikibowさんなかなかよかったでっせ。
次回は京都まで行きましょうーよ。。
最近は湯葉のおいしいところも増えましたね。
行きつけの居酒屋さんで住吉の「山口」の豆腐を食べさせてくれるところがあるので、
そこでいつも湯葉豆腐食べてます。
Commented by ktokuri at 2005-12-19 10:48 x
 おがちゃんさん、確かに店の雰囲気や食器のそろえで、ある程度、ビジュアルデータでも味がわかる感じがします。
 ちよっと遠いですが、京都北部にお越しの際にはぜひどうぞ。出先からでも電話予約した方が間違いないかもしれません。
Commented by ktokuri at 2005-12-19 10:49 x
 moo_yoshiさん、ご紹介ありがとうございました。食べるばかりでお店に上がると、うるさいご一行を地元のお店に案内するのは勇気のいることでしょうね。
 あとでご家族で出かけられて白い眼でみられなかったらいいのですが...(^^;
 野菜もこういう料理の仕方だと十分、コースの主役になれますね。
Commented by ktokuri at 2005-12-19 10:50 x
 fujikoさん、ここは私も口に合いました。
豆乳のスープですが、甘い味でした。それでも飽きるとか、料理の流れと切れることはない。
いい感じでしたよ。何かちょっと子供時代に美味しいものとして食べた記憶のある、懐かしい感じの味でした
Commented by ktokuri at 2005-12-19 10:50 x
 摂津屋さんは最後はかならずこれで〆ですね。
お酒が入ると相変わらずお店の人をからかうのが好きなので、みていてハラハラしてしまいます。
まあ、それも摂津屋さんの人徳と、上機嫌な雰囲気な許されるのかも。
Commented by yukarin at 2005-12-20 23:54 x
京野菜って、本当に深みがありますよねー。水菜のサラダの盛り方がいきな感じです(^^)てんこ盛りだし(笑)

湯葉がたっぷりな汁物も・・・。美味しそう♪
ちょっと、気になったんですが、豆乳スープの上にのってある赤い物はなんでしょう??
Commented by ktokuri at 2005-12-21 21:01
yukarin さん、京野菜はなかなかいいですよ。
おつけもので使う分には有名ですが、和洋ともに料理の食材として素晴らしい。
 それにしても豆乳スープの上に載っていたものはなんだったのでしょう。(°°)☆\(--メ)バキ
Commented by moo_yoshi at 2005-12-21 22:09
ktokuriさん、これはたぶんパプリカの粉だったように思います。
<< 梅田のバーで 京都と奈良と... >>