ふたたびカメラクラッシュ・・・〓■●
 今日、思い立って京都に展覧会をみに行ってきました。一つは国立博物館で開かれていた「最澄と天台の国宝」展
 久しぶりに仏教文化の展覧会を観ました(先日、興福寺の国宝館には行きましたが)。文化の厚みに感心。
 もう一つは京都駅の美術館で開催されていた「よみがえる中国歴代王朝展」これも密度の濃い展覧会で感動しました。
 ただし、手元に持っていたE-300を美術館のコインロッカーから荷物を取り出す際に落下させて、再び入院させることになってしまいました。二度目ですからねえ。ちょっと重傷です。E-500買うかなあ。レンズ(14-55㎜)が無事だと良いのですが...カメラも動きはしていたのですが、ボディにはヒビがいって、ファインダー接眼ガラスが割れてしまいました。前回の修理費と今回の修理費でE-300がもう一台買えそう...(^^;
 
 三宮に帰ってから、久しぶりにカメラキチのお友達(本日は山の辺の道に中版カメラ担いで行っていたとか..)と合流して和食屋さんへ...写真談義をしていました。
 彼はここを読んでくれているのにコメントしてくれないので、ちょっと催促。
彼曰く「ここに載せているのはあなたの本来の写真じゃないから」と言います。
確かにブログ用の撮り方だから、観る人がよくわかるように撮ることが一義的で、創作として撮った写真を載せるつもりはないので、そう言われるとそうなんですけどね。
 いつも言っていることですけど「気分は岩波写真文庫」..ってことで、作品として撮っているわけではありません。そこが彼にはかんに触るようです。
写真ギャラリーのブログではないのは最初からのお約束のつもり。あくまでここのブログは「生活」を載せて、それにわかりやすい写真を、はじめからブログ用に撮っているのですから。
ここの写真で上手い下手言われるのは私には、その人の写真の価値感の押しつけなんですよね。
c0039413_2373230.jpg

 私も昔、学生時代にアルバイトで雑誌社行っていたし、今の仕事でも10年少し前は雑誌編集を結構長いことしていたから、こういう撮り方がある...って思っているのですが、彼はどうもそれが気にくわない様子。
「意図的に眼の高さに固定して撮っている」とか「説明的に撮るのは迎合的」とか責められてちょっとタジタジしました。
 
c0039413_2394991.jpg

 ちょうどこの間も他でそんな話があって、どうも理解してもらえないところなんですよね。
自分の写真の発表を展覧会でしかされてない人には理解してもらいにくいかもしれませんけど、私のように印刷物から入った人間には違った考え、写真のあり方があります。
 そういうあり方の差は、説明してもわかってもらいにくいので、いつもは適当に話し合わせて議論しないことにしているのですが、若い時からのコンクール仲間なので、ついついしつこく議論してしまいました。
 まあ、まだ若い証拠ですけど...

 ※上の二枚の写真は、彼が本日行ったであろう、白毫寺の夕方の写真です。
 山辺の道の北コースもまた行ってみたいなあ。  Casio Exlim EX-P600
by ktokuri | 2005-11-03 23:24 | 想い | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/3004844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by F at 2005-11-04 00:27 x
トックリさん、カメラ災難でしたね。

写真の件はトックリさんのおっしゃるとおりだと思います。
トックリさんの以前の写真、ライカやニコン、コンタックスで撮られていた写真とはずいぶん違う、とは思います。
銀塩で見せて頂いた写真はきついというか、もっと濃い味ですよ。
ブログで書かれている文の文体とは似合わない気が致します。
 でも、このブログの写真も、オーソドックスですが、色々技法を巡ってチャレンジされた後、ここに戻ってきたようなゆったり感があって私は好きです。
 これはこれで一つの写真ではないかと思います。
 ここで提案なのですが、せっかくカメラが毀れてくれた(失礼)のですから、しばらくライカやコンタックスで撮った写真を載せてもらうわけにはいかないのでしょうかね。
 でもそうすると本格的に写真ブログになってしまうのか...それも違うかな。
Commented by yukarin at 2005-11-04 01:18 x
カメラのレンズ無事だとイイですねー。
私は、カメラの事が詳しくないので、なんとも言えませんが・・・ここでのktokuriさんの写真・好きですよ~♪何となく、ふんわり柔らかい感じがして、こんな私でも、とっつきやすいです(^^)

コンクールとか展覧会の写真を見に行くのも好きですが・・・(見るだけですがね(笑))なんか、時々・かなり遠い世界の様な気もします。

山の辺、私も行きたいです~(**)
Commented by settuya at 2005-11-04 07:00
E300の怪我、大変やね。
おっしゃるようにここは500ゲットせよとの「神の声」(^-^)Vブイッ!

写真へのスタンスは十人十色。議論も盛り上がったことでしょうね。
ktokuriさん。まだまだ、若いv(^-^)/

Commented by MY at 2005-11-04 12:51 x
きれいなお寺の写真ですね。桜井ですか。このお寺は山辺の道のどこなのでしょう。P600というのは昔みせてもらったカシオのデジカメですね。あんな小さなカメラでこんな写真が撮れるのですから、上手いヘタの話ではないように思いますけども。
 トックリさんの本来の写真というのをみたい気がします。
とはいっても昔からあるHPで十分見ているのですけど。
Commented by moo_yoshi at 2005-11-04 15:22
E-300、とんだ災難でしたね。
ボディにヒビが入るとは重傷かもしれないですね。内部とレンズに異常がなければ良いのですが・・・
Commented by ktokuri at 2005-11-04 15:36 x
Fさん、濃い味ですか...(^^;
最近、好きで撮っているのはコンタックスなんですが、ここのブログのものとはちょっと違いますね。スナップというのは呼吸なので、観る人の好き嫌いは仕方ないと思います。残念ですがさすがに肖像権がありますから、イベントに参加している写真(先日の新長田の祭り)みたいなもの以外はなかなか載せにくいのが現状です(イベント参加のものでもご本人から問題指摘があればすぐ削除しますが)。
ブログにはわかりやすいものしか載せるつもりはないですね。
逆に言うと今はあまり個性的な、あるいは先鋭的な写真を撮る意欲がないのかもしれませんね。昨日の友人には悪いですけど。
 前、moo_yoshiさんとお茶飲みながら話をしていたのですが、効果・印象主体の写真は私は撮る気には今はならないのです。そんな気持ちを危ぶんで、昨日はお説教されたのかもしれませんが(^^;。
Commented by ktokuri at 2005-11-04 15:57 x
yukarinさん、カメラのことご心配いただき、ありがとうございます。
前回気がつかなかったのですが、「家庭の安心保険」というのに入っていて、落下カメラの修理代も対象になるようです。点検代などはだめでしょうけど。
 写真気に入っていただけたらうれしいです。
 山辺の道は、奈良~天理、天理~桜井と二つのコースにわかれていて、一般的なのは天理~桜井のコースです。それでも十数キロありますから、けっこう歩くのも大変。コツは天理でお饅頭かおはぎでも買って、カロリー不足にならないことです(°°)☆\(--メ)バキッ!。
Commented by ktokuri at 2005-11-04 16:00 x
摂津屋さん、保険が効くみたいなので俄然、「修繕」案に傾いています。
でもこの機会にE-500もいいなあ(°°)☆\(--メ)バキッ!なんてね。
ほとんど問題はないのですが、ファインダーだけがE-1、E-300に比べると悪いみたいですね。
Commented by ktokuri at 2005-11-04 16:06 x
MYさん、白毫寺は山辺の道の一番北端、奈良市内です。
桜井とはちょうど真反対なんです。
お寺の写真は難しいですね。静けさというか、聖域の雰囲気を出したいのですが、なんせ異教徒なので、うまく波長が合わなくて...
 でも昔から仏教彫刻も社寺仏閣も好きなので、宗教とは異なった、日本人の心の故郷のような感じでアプローチできればと思ってます。
Commented by ktokuri at 2005-11-04 16:07 x
moo_yoshiさん、カメラのボディは頭蓋骨は交換せざるを得ないでしょうね。それと接眼ガラスは粉々になってました。
でもカメラは動いていて、ばっちり写真が撮れるんです。このあたりはなんか映画のターミネーターのようなタフさを感じました。
Commented at 2005-11-04 20:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ktokuri at 2005-11-05 08:49
鍵さん、何も気にされることはありませんよ。そういうと確かに偶然にもそうだったのかもと想いました。
Commented by fujiko_mine8 at 2005-11-05 11:56
カメラの修理って高いんですね~ひゃ~
無事、退院することを祈ってます^^;
写真のことは未熟者のわたしには深い話はわかりませんが、
ktokuriさんの力作の一枚を是非、見せてほしいなぁとおもいました^^

Commented by ktokuri at 2005-11-05 14:18
fujikoさん、カメラ落とさないように気をつけて下さいね。
まあ、保険がきくようなら、いずれは費用はかなりの額回収できそうなのでひとまず安心です。
 力作の写真はンンどうでしょうね。写真というのも撮った時が旬だと想ってますから....
 若い時のは震災でほとんど失われてしまいましたし。
まあそのうち、力作も撮ってみましょうか。(^^;
<< 喫茶店のアベック観察 【奈良】 平宗の柿の葉寿司 >>