【東京 浅草】 飯田屋(どぜう→鰌)
神谷バーで既にできあがりかけぐらい飲んだところで、友人が到着。
さあ、それでは飯田屋へ.....って本当に行くの??..とここまでははっきりしてます。

 お勘定を済ませ、そこから歩き始めたのですが、そのあたりから記憶がはっきりしません。
急にデンキブランのアルコールが回り始めました...(◎_◎)))

 気がついたらなぜか既に飯田屋の座敷に座っていました(考えようによれば楽チンな移動)。
c0039413_3301095.jpg

 何を注文したのでしょう...ってねえ、無責任(?_?)
そうそう、「どぜう」って言うんだよねえ、って言っていたよなあ..というのは同行者の微かな記憶に残った話。
c0039413_3364242.jpg

 朝食を食べながらデジカメのデータをチェックすると出てくる出てくる手ぶれ写真の数々。
c0039413_331328.jpg
 
 デジカメで撮った写真を見ると、酔っていて手ぶれしているのですが、これはあきらかにドジョウ鍋(°°)☆\(--メ)バキッ!
そういえばネギを入れた記憶があるなあ。「またネギだわ..」って。
c0039413_3335745.jpg

 ドジョウの数が多いのに感動したことが、微かに記憶に残っています。
c0039413_3352917.jpg

 そういえば、開きでないのは少し味が苦かった記憶が蘇ってました。それでも「土の味」とでもいうのでしょうか、風味としては悪くない。このあたりだと利根川の泥かなあ。
c0039413_339365.jpg

 柳川のドジョウは開きだったことを思い出しました。味は???
こちらの方がより美味しく感じたことはなんとか思い出します。私の場合はアルコールを摂りすぎていると、甘い方が美味しく感じられる体質。
微妙な味わいではどちらに軍配が上がるのでしょうか?
 
c0039413_342896.jpg

 ドジョウ汁は一見ただのおみそ汁ですが、濃い味付けの出汁がドジョウに調和して、白い炊きあがりのご飯にとても合いそうな味でした。
残念ながらこれだけで食べたので、そこまでの感動はありませんでしたが、お酒飲んだ後には口当たりよかった筈です。
c0039413_3444494.jpg

 ここでまた不思議...この写真、なぜ曇っているのだろう。酔っぱらいの目にはこのように見えたかもしれませんが...カメラも酒飲んだ(つまるところお酒をレンズに飛ばした)わけでもないようだし(朝に調べてみましたが痕跡なし)、店を出て撮った写真はすべて緩やかな紗がかかったようなソフトフォーカス。鍋の湯気のせいかな。

 中には同行者が店の前でアカンベーをした写真(某会社の部長さんでっせ)が残ってましたが、本人は全く覚えてない?!
 その後、浅草ビューホテルに引き上げて、よせばいいのに同行者の部屋で三人で缶ビールを飲んだところは記憶の断片に残っているのですが、気がついたら私は自分の部屋で寝ていました。
 次の日に、政府のお友達がいつ帰ったかは同行者も覚えていない始末。こんなに酔ったのは人生初めてお酒をたくさん飲んだ日以来です。
 この日飲んだお酒の量を思い返しますが、ここまでアルコールが回るというのはちょっと不思議でした。
浅草のドジョウを食べたことは食べたのですが、微妙な感触が残っていないので、再度リベンジをするべきかもしれません。
 下関の河豚よりよほど危ない、中毒の危険性のある料理という気もして、腰がひけるかもしれませんが...EXLIM EX-P600

飯田屋どぜう  東京都台東区西浅草3丁目3-2
03-3843-0881
11:30~21:00
水曜定休
by ktokuri | 2005-07-15 03:54 | グルメ
<< 土曜日の朝ご飯 【東京 浅草】 神谷バー >>