【長田区西代】恵宝  街の中の中華屋さん その3
街中にある中華料理屋さんの紹介シリーズの第3回です。
場所は山陽電鉄西代駅から少し板宿方面(西側)に行ったところ。幹線沿いにこのお店はあります。
蒼いエメラルドグリーンの看板。この色を観たときに既に中国を感じてしまいます。
日本人の美意識にはない深い色。そして看板には「中国料理」の文字。
これだけで感じますよね。「きっとここのお店は美味しい」と....
c0039413_18531873.jpg

予想通りというか期待通りというか、日本語がややたどたどしいおかみさんが注文をとりに出てこられます。
小綺麗でさっぱりしたお店。奥の調理場には息子さん?
c0039413_1855536.jpg

 柔らかい..あばらの煮込み。幾つかのお店、たとえば元町の東亜食堂の得意料理ですが、ここのは少し輪郭線の残った食感。
どろどろではありません。味はあっさりしていて口に後味が残りすぎずセンスがいいです。
c0039413_18574710.jpg

 その特徴がより顕著なのが、このお皿でしょうか。海鮮の炒め物。あっさりしていて少し塩味。
塩味は苦手なのですが、上手に調整されていてなかなか美味しい。
c0039413_18595120.jpg

そして、水餃子。辛みのあるタレをつけて食べますがこれは美味しい!中の具に工夫があるのでしょう。香ばしさが一口一口広がってきます。
 神戸の街角にはそこここにこんなアジアのお店が潜んでいる。やはり中国、朝鮮、インド、ベトナムの文化は深く浸透している街なんですね。
Exlim EX-P600

恵宝 兵庫県神戸市長田区西代通3丁目2-2
            078-612-8081
by ktokuri | 2005-06-22 19:04 | グルメ
<< 【元町】ラトリエのアラカルト ... 【大阪 西梅田】ブーランジェリ... >>