【東京 赤坂】ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ おのぼりさんになりきるディナー
 みなさん明けましておめでとうございます。 なかば恒例のことになっていますが、昨年12月にパソコン不調が起こって、しばらくこのブログの更新から手抜きしてました。
 年賀状の必要性もあって、年末~三が日で、システムを再インストールして、とりあえず抜本的にシステムを再構築しました。

 今年もそんなこんなで気まぐれに更新することになると思いますがよろしくお願いします。

 昨年のことになりますが、そろそろ年末かという時季に私事旅行で東京に行きました。
公私の別はいろいろですが、仕事がらみではけっこう東京に行く機会はあるのですが、全くの私用というのは年に一度あるかないか...
 いくつかの美術展、とりわけメトロポリタン美術館展は、アメリカ嫌いで、渡米の可能性がない私にとっては、またとない好機でしたので、レンプラントのフローラをはじめ、お気に入りの作品を楽しませてもらいました。日本画も竹橋の国立近代美術館でいいものが観れましたし。

 私は神戸の人間とはいえない刀自なので、センスは東京に行っても田舎もの。京都や神戸の雅やモダンな感覚もありませんので、気楽におのぼりさんらしく、東京の時間を楽しませてもらいました。
 大学時代に4年間は東京都民(一時期海外離脱はあったものの)してたし、阪神大震災のあと、一定期間は仕事で週の半分ぐらい東京という出張生活の時期もあったので、親しんできた街でもありますし。

 さて、まず宿泊地は芝公園。既にスカイツリーに家督を譲り、クラシックになってしまった東京タワーのすぐ近くです(笑)

 
c0039413_12455850.jpg


 ホテルの庭も、そろそろ歳末という時期だったのでライトアップ模様が。

c0039413_12464121.jpg


 そのホテルからはかなり離れた赤坂のレストランを予約しておりました。

c0039413_12473396.jpg


ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ。
銀座のマキシム・ド・パリとはコンセプトがかなり異なり、カジュアルで軽い感じ。
いかにも一見さんの場という感じがします。これはこれで異邦人には居心地が悪くない。
厨房も若手の方がやっていると聞きますが、なかなかいい感じでしたよ。

c0039413_12515283.jpg


 インターネットの一休レストランのバーゲン期間に予約をしたので、半額割引。
その最大の価格構成はこれかな。ドンペリのアペリティフ。
 これほど、おのぼりさんへのもてなしの企画はなかなかないかと(笑)
 ちゃんとその後もワインのボトルは頼みましたが、お手軽な赤にさせてもらいました。

c0039413_12593536.jpg


 ドンペリについてきたアミューズ。

c0039413_12555393.jpg


  フランスぺリゴール産フォアグラのガトー カカオ風味

c0039413_1313020.jpg


 野菜のテリーヌ。これも手抜き無しで美味しいです。

c0039413_132351.jpg


長崎県産真鯛と根菜の軽い煮込み、黒胡椒の香り

c0039413_1334038.jpg


牛フィレ肉のポワレ、ソースシャンピョン、トリュフのアロマをのせて

c0039413_1341067.jpg


c0039413_1341792.jpg



 ドルチェまで一気にいただきました。お店の雰囲気は、戦略がはいっきりした感じ。素人受けを狙う若者向けの野暮ったさを感じましたが、料理はとても素敵だったという印象です。
 接客も柔らかい丁寧な感じで好感がもてました。カジュアルな雰囲気と(自分のことは棚に上げて、)お客層に、予想のイメージとは少し違う感じがしましたが、私にはくつろげて、今回、私的な旅で出かけたので、TPOとして最善の環境でした。

c0039413_1343028.jpg


 コースはすべてにわたって欠点のない、バランスのとれたものでとても楽しめました。素材としても、組み合わせとしても申し分ないでしょう。
 今回は大変リーズナブルな経費で楽しませていただきましたが、一般的なメニュー値段でこのお店でくつろぐとなるとどうなのか、他のお店との比較となるとどうなのか、このあたりがこれから考えるところでしょうね。



ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ

東京都港区赤坂5-3-1 赤坂BIZタワー マキシム・ド・パリ2F
03-5545-4500
by ktokuri | 2013-01-05 14:17 | グルメ
<< 【元町】 クオーレ(イタリア料... 【新長田駅南】 バル パッチー... >>