【京都 木屋町】 スコルピオーネ 吉右で川床イタリアン

 スペインから帰ってきて、まず出かけたのは京都。
 気軽に行ける、生活圏外というと、まず京都か奈良になってしまう私。
 1週間ほど仕事をした後だったので、駆け足の観光のリズムがまだ残っていたみたいで(笑)

 鴨川の川床というと、和食にワインが私の定番でしたが、今回は趣向を変えてイタリアンにしてみました。

c0039413_10133317.jpg



c0039413_1014410.jpg


川床のコースなので、まず冷えたスパークリングワイン。なかなか魅力的なスタート。 

c0039413_10143230.jpg

「亀岡で採れた真っ赤なトマトを使った冷たいトマトスープ」

 温度コントロールの行き届いた冷製のスープ。
 スペインのガスパッチョに慣れた口でしたが、それでもやはり美味しいです♪

c0039413_10145430.jpg


 コースに追加して赤ワインをいただきました。

c0039413_10152667.jpg


 夏の前菜の盛合せ
  京野菜を使った前菜。これが楽しみで、イタリアンです。

c0039413_10154780.jpg


 日が落ちた後、そろそろ夕闇が訪れてきて、川床らしいいい雰囲気になってきました。

c0039413_10161525.jpg


 パンはオリーブオイルを添えてもらってご機嫌です。

c0039413_1018765.jpg


 なによりも気に入ったのは、橋の傍らというのに、それが全く気にならずむしろアクセントになっていること。
これはちよっと意外でした。

c0039413_10182556.jpg

白イカとグリーンアスパラのブーロエパルミジャーノ 手打ちタリアテッレ

 そつのない味つけと盛りつけ。イカとアスパラの調和がポイントですね。


c0039413_101847100.jpg



c0039413_101957.jpg

フランス産豚肩ロースと夏野菜の炭火焼き
 赤ワインにはこれですね。満願寺唐辛子がまたアクセントに。

c0039413_10192441.jpg



c0039413_10193243.jpg


 ドルチェと珈琲は爽やかな味。川面の風に吹かれて、さらに美味しい。


 雰囲気と舞台設定がとても気に入りました。お皿もそれぞれ考えられてバランスがいいです。

 個人的にはもう少しそれぞれのお皿に強いアピールがあればさらにいいと思いました。
 まあ、私が味の濃いスペインから帰ってきたばかりと言うことも、そう思う一因かもしれません。
 もう一回、今度はアラカルトで挑戦でしょうか。
 

イタリア割烹 スコルピオーネ 吉右
075-354-9517
京都市下京区斉藤町140-18
ランチ 11:30~14:30(L.O.)
ディナー 17:00~22:30(L.O.)
無休
by ktokuri | 2012-08-25 10:49 | グルメ
<< 【バルセロナ】イラティは 旅人... 【マドリッド】 ボティンの子豚... >>