【マドリッド】 ボティンの子豚の丸焼きをいただく
一ヶ月ほど更新しませんでした。
 これは、一つには最後の記事のあと、すぐに個人旅行でスペインに行っていたこと。

 それと半年ほど不調で、だましだまし使っていたパソコンが、暑気あたりのせいかついにハングしてしまい、ショップ送りになったためです。
 ショップは迅速に対応してくださりすぐに修理が完了し、感謝しておりますが、いかんせんショップがお盆休みの時期でしたので、その前、修理に受け付けてもらうまでに、時間がかかりました。

 そんなこともあって、修繕後のパソコンでの再スタートは、マドリッドからです。
 以前、海外に行ったときは、帰ってから旅行記のようなものを載せていた時期もあるのですが、ここのブログに載せると、読む人によって色々と注文が多くて、煩わしくなったので今はやめています。記事はお店だけの紹介にしております。旅行のときのことはFaceBookで、書く前提がはっきりしているところで少しづつと思っているのでご容赦ください。

 さて、色々と所用があって大変な中、旅行地のマドリッドについた日は、近くのレストランで深夜に食事して寝たのですが、その翌日は西部の都市サマランカに出かけ、クタクタになって戻ってきての夜のお食事となりました。

c0039413_17584463.jpg


 夜の8時に開店。これでもスペインでは早い方です。開店直前にはそこそこ人が並んでいました。
世界最古の現役レストランというギネスブックの触れ込みも人気のもとでしょうが、肉料理の評判も上々。
私のようにスペイン語で電話をかけられない人間には、インターネットで(今回はお店ではなく旅行社サイトからの予約としましたが)日本から予約できるのもメリットです。

c0039413_1759385.jpg


 下から上に撮影しているブレブレ写真ですが、こんなところを下って洞窟のような部屋に案内されました。
ヘミングウェイの好きな部屋は2階だとか旅行ガイドに書いてありましたが。

c0039413_17591658.jpg

 
 ちょうど同じときに入ってきた中国の人?でしょうか、流ちょうな英語で注文をしていました。
こういうレストランに行くと、ちゃんと英会話ができれば困らないのでしょうね。私は英語ダメ、ドイツ語が少々ということで、まるで役に立ちません。度胸と片言のスペイン語で勝負です(笑)
 サマランカのような地方都市に行くと、大学生さんは別にして英語がみんなに伝わるかきわめて怪しそうでしたが。

c0039413_17593323.jpg

 ワインは定番のリオハのものが注文したコースについてました。ありがたい。
非常にリーズナブルなお値段になります。
スペインではワインはとても安いです。良質なものでもそこそこで極めてお手軽。


c0039413_17594884.jpg


 最初はスペインの代表的な冷たいスープ、ガスパッチョです。
 私はこれが大好きで学生時代スペインに出かけたときに、
こればかり注文していました。冬にはなくて不自由しましたが(笑)


c0039413_18015.jpg


 ここの名物の子豚の丸焼き。もちろん何人もでシェアした結果のお皿です。
香ばしくとても美味しかったです。日本語のメニューもあるので、
時間をかけて観光専門で回るなら、簡易コースではなく、色々なお皿を見てみるのもいいかもしれませんね。
肉料理ならどれもそこそこ美味しいとの評判ですから。


c0039413_18092.jpg

 冷たいジェラード。肉料理のあとには特に美味しい。

 このあと、写真には撮りませんでしたがエスプレッソをいただきました。
スペインは飲み物、ジュースや珈琲がとても美味しいです。
珈琲を楽しむなら、エスプレッソではちょっともったいなくて、本当はミルク珈琲が美味しくお奨めなのですが、「食後は、軽く」がお約束ですからね。



ボティン (Botin)
Cuchilleros 17, Madrid, Spain 
+34-913-663-026
13:00-16:00 20:00-24:00
無休
by ktokuri | 2012-08-18 20:24 | 海外の食
<< 【京都 木屋町】 スコルピオー... 【京都】キッチンカンラ(和風&... >>