【京都】キッチンカンラ(和風&洋風料理)の野菜の音楽
 暑い夏なのに祇園まつりの余韻(本当はまだ祭りは終わっていないのですが)漂う、京都の街をブラブラしていました。
 ちょっと仕事の用事もあり、出かけたのですが。
三条通で買い物して、来週からしばらく海外にでかける準備をしたり...

c0039413_163536.jpg


 そして、友人と落ち合って、京都 五条南のホテルカンラのレストラン、キッチンカンラへ。
京野菜をはじめとする、この地の食材を上手に西洋風にアレンジしたメニューが好きなお店です。

 今回も一休comさんの特別メニューで美味しくいただきました。

c0039413_16351184.jpg


 ホテルのホワイエ風のオープンな空間が、気軽に出入りできて結構好みだったりします。

c0039413_16351548.jpg


 ワインも丹波ワインですが、これがまたいけるのです。

c0039413_16441929.jpg


 小松菜の絞りたて野菜ジュースと黒ゴマのグリッシーニ

c0039413_16451269.jpg


 初夏の野菜のサラダ。きれのよい野菜の味も良いし、盛りつけた食器も美しい。

c0039413_16454619.jpg


 フォカッチャ、クルミパン。美味しいオリーブオイルがまたよろしい。

c0039413_16481486.jpg


マグロの中トロのカルパッチョ 九条ネギとみょうがのソース
シンプルなカルパッチョが今風な中で、かなり複雑な味わい。重厚なハーモニーがとても印象的でした。

c0039413_16515955.jpg


鱧のフリット。生ハムも印象的で。

c0039413_16531918.jpg


海老のカダイフ揚げ 赤万願寺のピュレ。揚加減が素晴らしい。
冬瓜も湯葉も素晴らしい食感に。

c0039413_1656891.jpg


鮎のコンフィ きゅうりとライムの爽やかな香り。

軽く揚げた鮎の味は細かく部位によって多彩。キュウリのソースとの相性が素晴らしい。

c0039413_16543962.jpg


 丹波牛ロースの炭火焼き 2色の野菜のソース
 素晴らしい食感と、和牛の魅惑的な甘い味わい。
 万願寺唐辛子はとっても素敵なコラボレーション。

c0039413_16591441.jpg

c0039413_16593647.jpg


ドルチェはテラミスですが、お決まりのものより味が引き締まって〆に良かったと思います。

お店の雰囲気、サービス、食器、食材、料理。みんなが一つのトーンになっていい響きになってます。
私の京都のイメージによく似合っていて。このまちのレストランとして好感度高いです。



ザ キッチン カンラ (THE KITCHEN KANRA)

075-344-3815
京都市下京区北町185
11:00~14:00 ランチ
14:00~17:30 カフェ
17:30~21:30 ディナー
無休
by ktokuri | 2012-07-22 17:05 | グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/18255697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 【マドリッド】 ボティンの子豚... 【三宮駅北】 サンミケーレの豪... >>