【奈良】 ビストロ プティ パリ で奈良の食材を楽しむ
 先週、奈良の山辺の道を歩いてきました。
 山辺の道は、桜井~天理~奈良の山の端を辿る歴史の道です。
 ポピュラーなのは天理~桜井の南路ですが、今回は天理~奈良の北路を歩きました。

c0039413_1030461.jpg


 奈良の白毫寺に着いたのは午後5時過ぎ、そこからブラプラ公園を歩いて繁華街へ。
 その前に猿沢の池で、パチリ。

c0039413_10304077.jpg


 そこから、奈良市のさくら通、アルテ館へ。ビストロ プティ パリで夕食を食べました。

c0039413_10305422.jpg


 このお店はランチを楽しんだことがあります。
 ゆとりある空間。シェフのこだわり、料理素材も十分吟味されている。メニューも多彩。
 パイやスープの守備範囲も広い。そしてお財布にやさしいお値段。

c0039413_1032436.jpg


c0039413_10321577.jpg


c0039413_10322817.jpg


c0039413_10324223.jpg


 オードブルやスープ、メインディッシュは、それぞれ「本日の」ものが用意されています。
 キッシュやローストビーフも美味しいですが、空豆のスープも、2種類の貝を巧みに対称化させたオードブルもなかなかの工夫。


c0039413_10325763.jpg


 奈良県は山の食材が関西でも最も豊か。大和牛のほほ肉の赤ワイン煮込み。

c0039413_1033511.jpg


 ワインが少し余り気味なのを見て、いつのまにかサービスにチーズをご用意いただいていました。
 こころ配りの妙、お客への気遣いが素敵ですね。

c0039413_10331316.jpg



c0039413_103320100.jpg


Olympus E-M5&MZD12mm F2.0、LUMIX G 20mm/F1.7 asph



 デザートも凝っていて、かつお手軽値段。

 案内を見ると、パーティプランなどもあり、なかなかのお店ですが、立地が地元向きで観光客の足がむかないのかもしれません。ちょっと穴場の雰囲気が。
 グルメ激戦の地域なのですが、一つ抜きんでた魅力があるだけに頑張って欲しいです。

 大阪はもちろん、神戸からでも近鉄~阪神電車で帰れば、西神戸でもけっこう早く帰ってこれます。
 帰りも2時間かからず自宅まで帰ってきました。
 ワインで寝ていれば、尼崎で乗り換えるまでぐっすりです(笑)。
 かなりお薦めのお店ですね。

ビストロ プティ パリ
0742-26-7622
奈良市小西町5 アルテ館2F
11:30~14:30(LO)
17:30~22:30(21:30LO)
火曜休

 <試しにQRコードを作ってみました>

c0039413_1142865.jpg

by ktokuri | 2012-06-10 11:06 | グルメ
<< 【みなと元町】美味しいピザが食... 【新長田駅北】 居酒屋さんゾー... >>