16年目の1月17日
 毎年来る1月17日。年を経るに従って矛盾した二つの気持ちがわき起こってきます。
多くの人の死を見てきた、立ち会ってきた私としては、この日を迎える気持ちは大事にしたい。

 しかし、一方では、饒舌なマスコミ、ファッションのように哀悼を顕すネットの表現には食傷気味でもあります。
 先日、たまたま見たドラマでは、あの震災の被災地が舞台になっていましたが、防空ずきんのようなものをかぶって逃げ回る人々の姿を見て、愕然ともしました。あのときとはまるで違う光景。

 街の中の不気味な静けさや、本当に濃い夜の闇、周りでそここで火災が広がっていく中、ただただ歩く人たちの列。そんな記憶から逃げることもできずにいます。
 
c0039413_19245465.jpg


 今でも見ることが出来る三宮の景色。この日、その翌日は、本当に悪夢のような光景でした。
 手元にあるアルバムをスキャナーでひろってみると、こんな具合。センター街も三宮神社も、本当に今、元気な姿になってよかったです。

c0039413_19245767.jpg


 今日も当時お会いした人たちの家をお訪ねしました。「今年も会えて良かった」と言ってくれたおばあちゃん。
当時は子供だったのに、今はいいお母さんになった人のおうちで、商売ものの親子丼をいただいて帰りました。
 苦しかったとき、先が見えないときに支え合った人たちとの今年のふれあい。
そんな記憶が、私の黙祷のかわりです。正午に黙祷はしましたが、ブログであまりしたり顔はしたくありません。


Contax T2 写真から直接コピー


by ktokuri | 2011-01-17 20:23 | 想い
<< 友人のセカンドハウスで親しく泊... 【新長田駅北】 タージマハルエ... >>